FXの勉強期間で1年は少ない【人生の一部を投資する覚悟で】



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

FXをこれから勉強しようと気合の入っている方は、書店で外人トレーダーの本を買ったり、トレーダーのブログを見て勉強される等、毎日を黙々と時間の許す限りチャートに向かっていると思います。

 

しかし僕もそうでしたが、FXを勉強していて日々感じる「疑問点」がありました。

 

・どれぐらい勉強したら稼げるようになるの?

・ある程度稼ぐにはどれぐらい勉強が必要か?

 

問い合わせで送られてくる質問で、圧倒的に多いのがこの2つ。

 

他のブログを見ても類似した内容を書かれている方も多いので、それだけ読者や他トレーダーも同じように考えている可能性が十分ある。

 

もちろん簡単じゃないし、下手すると挫折して諦める可能性も高い。

 

今回は僕の経験を踏まえた上で、冒頭2つの疑問を詳細に述べていこうと思います。読者が少しでもトレードの勉強に活かしていただけると幸いです。

 

FXを勉強して稼ぐという本質を知る【答えを自分で探す旅】

 

 

まず、FXで稼ぐまでにかかる勉強期間の話を本格的にする前に、そもそもの根本である「FXの勉強とはどのようなものか?」に焦点を当ててみましょう。

 

FXの勉強を一言で表現なら、「答えのない答え」を求める永遠の探求

 

世間一般で行われる勉強には、必ずと言っていい程に「答えありき」が前提とされています。

 

例えば受験・資格勉強の場合、事前に用意された解答と整合する・あるいは近い記述をした際、それに応じた点数がプラスされ、「100点満点中の7~8割取れば合格」といったようになる。

 

受験生からすれば「問題に対する明確な答え」が存在するのだから、後はそれを導くための思考作りや、問題を解くスピードを上げたりといった訓練を行う。

 

要は規定時間で正しい解答を導き出すため、ひたすら数をこなす勉強方法でいい。

 

しかし、FXではそういった「優等生の行う勉強方法」は全くとして通用しません。単純に答えという確固たるゴール地点がどこにも存在しないからです。

 

だから、FXには必勝法や聖杯が存在するといった「答えありきの考え」が先行していると、FXで利益を出すのは不可能に近い。

 

大きく勝つ時もあれば、逆に負けが何連敗と続く時なんていくらでもある。自分の手法が相場と全く噛み合わない時は、月単位で見てもマイナスになるかもしれません。

 

ただそれが、FXという投資で手法の優位性と相対した「不合理な一面」なんです。

 

故に、FXでは「100点満点」の手法や考え方が存在しません。存在しないという事は、勉強方法も普段行っているやり方を180°変えなければダメ。

 

答えのない状況下で、自分なりの答えを各自が脳みそを振り絞って考え、独自の解答(相場に対する優位性)を構築するって事です。

 

それを長期的に継続してきた方が、現在もトレーダーとして最前線で生き残っている。まずは、ここをしっかり押さえておきましょう。

 

どの職業でも稼ぐのに数年の勉強期間が必要!FXだけ特別はない

 

我々はお金を得るために「多種多様な職業や資格・スキル」に基づき仕事をしていますが、それらは社会に出て1~2ヶ月で身に付いたものじゃありません。

 

難易度の高い職業は、事前に突破率の難しい試験を受け、更に実務経験を数年間経てようやく一人前となります。

 

営業や技術系の職種においても、毎日失敗ばかりして悔しい中をくぐり抜け、それが成績であったり習得の難しいスキルを身につける事に繋がっていく。

 

つまり、仕事でお金を稼ぐといっても並大抵の事ではなく、それなりの経験や知識を数年間かけ続け、そして会得する事で成り立っていくものなんです。

 

それがFXに至ってはどうでしょうか?巷に溢れている商材の影響もあると思いますが、いずれも簡単に稼げるような謳い文句が多く、

 


・主婦がわずか3ヶ月で2年間負けなしのトレーダーへと変身!

・7年間負け続けたサラリーマンが、半年で専業トレーダーに!

・1年経たずして、1ヶ月の月利が毎月20%稼ぐトレーダーに!

 

皆さんはこれらを見て成れると、心の底から本気で思いましたか?

 

普通に働いて、クレームを受けたりブラック企業並の身体的に苦しい思いをして、ようやく1ヶ月後に自分の口座へ給料が振込まれる。

 

なのに、それがチャートを見る「特殊技能」を必要とする投資に限って短期間で済むのは、あまりに都合が良すぎると感じませんか?

 

短期間だけ勉強して急に稼げる程、FXはそう甘くありません。

 

今まで稼いでもない人が、短期間でプロのように見違えるトレードや発想が出来るわけないし、もし数ヵ月で月に50万稼げるようになると話す人がいたら、目を細めましょう。

 

関連記事はこちら

FXで月利10%や短期で月100万稼ぐとか、そんな夢から覚めよう

 

稼げないトレーダーが真に稼ぐ為のきっかけを得るまでには、チャートをひたすら見たり、多くの書籍を読んだり、参考となるFXブログを過去に遡って見たりと、

 

自分の思考を切り替えるまでに「長期的な期間」が必要となります。

 

FXは現代社会において、何もない場所からお金を生み出す錬金術のようなスキル。

 

他業種のスキルや資格を取得するのに3~5年かかるのであれば、それと同様もしくは望む金額が大きければ大きいほど、必要な歳月は増えます。

 

仮に4年かかって月に20~30万を継続して稼げるなら、それはトレードスキルを得るのに時間がかかり過ぎなのでしょうか?

 

その価値感が分かれば、長期的に勉強が必要となる理由も理解できると思う。

 

FXへお金を投資するのは当たり前ですが、あなたの貴重な時間(人生)の一部を投資する必要がある事も、絶対に忘れないで下さい。

 

FXの長い勉強期間を継続するだけでも困難

 

FXを長期的に勉強すると決めた際、ほとんどの方は1日に何時間も必要だと考えるハズですが、確かにそれぐらいの覚悟や努力は必要。

 

しかし、決めた当日から何時間も出来るかは別問題であり、現実的に考えても至難の業です。

 

人生で特に集中して見たことがないチャートを、初日から取り憑かれたように夢中となり、更に時間を忘れる位に見るのは、よっぽど没頭することが得意でない限り難しい。

 

それを年単位で行うとなれば、尚更な話。

 

一気に無理をして「やる気」が低下してしまう、これも勉強していく上で「潜在的なリスク」となります。

 

仮に長時間の勉強を無理して続けたとしても、普段の生活習慣にない以上、時間の経過とともに精神的にくる圧迫は強まる。

 

そのまま軌道に乗せることが出来れば大したものですが、大体の方がフルスピードで走り、そのまま座り込んで動かなくなるパターンは、本当によく見ます。

 

 

勉強は単純に時間をかければ良いものじゃないし、また自分のライフスタイルへ極端に組み入れ、急にスタートさせるものでもありません。

 

やり方自体を間違えば途端にモチベーション大きく下がり、「楽して儲けれそうな方向」へ進んでしまうでしょう。

 

では勉強をどのように行えばいいかというと、自発的に机へ向かうように仕向ける「環境作り」が大事となります。

 

学生時代に勉強するのは嫌でも、ゲームをしたり友達と遊んだりする時間は無理やり作ったと思いますし、また何時間でもこなせたハズ。

 

要するに「FXの勉強=嫌い or 楽しくない」と脳内へ植え付けるのではなく、

 

興味がある、理解したいと、チャート・書籍へ「無意識」に取り組める状況を作っていく

 

これが、長期的にFXの勉強をしていく為には必要となります。

 

なので、初めは毎日10分でも20分でも構いません。コツコツ行って継続する習慣を付け、最終的に数時間勉強することが当たり前となる「プロセスの構築」を主軸に置いてください。

 

これを自発的に行えるぐらい「自分を変える事」により、初めて長い勉強期間を耐える状況を作り出すことができます。

 

FXの勉強期間が1年では少ないと断言できる道のり

 

 

ここまで勉強の本質に触れてきましたが、中でも時間が絶対的に「長期的」となる事は、ご理解いただけたかと思います。

 

ではそうなると、次の疑問点として浮上するのは、

 

「月に10~30万ぐらいを継続して稼ぐには、どれぐらいかかるのか?」

 

といった、具体的な稼ぎの数字と達成にかかる期間でしょう。

 

金額によって勉強期間も大きく変わってきますが、ここでは天引き前金額で妥当な「月30万円」をベースとして計算。

 

また僕なりの経験と、今まで教えてきた方々の成長過程等を踏まえ、総合的な数値として算出します(注:絶対にこの期間かかる訳ではないので、その点はご了承下さい)

 

そして勉強を進めていくプロセスは、稼ぐまでに歩んでいく為の「正しい道のり」を、下記の4段階に沿って説明。

 


1.チャートや書籍・参考ブログを見るだけに全てを費やす段階

2.材料が揃ってきたらデモトレードを並行して行う段階

3.統計取りで優位性を事前に証明し、デモトレードで最終確認をする段階

4.リアルで数量調整・メンタルケア・反省や改善を繰り返す段階

 

もちろん1日に設けられる勉強時間や、生活環境等の違いで生じる誤差を含め、大体これぐらい必要だと認識してもらうのが目的なので、あくまでも参考程度に見て下さい。

 

チャートや書籍等を見る勉強に全てを費やす期間(数ヵ月~1年ぐらい)

 

ここの段階が、稼ぐまでに一番時間を必要とする時期であり、チャートを見る力の基礎中の基礎を養う大事な段階となります。

 

過去記事でも触れていますが、「チャートを見る:統計:デモトレード」の重要性を比率で表すと

 

8.0:1.5:0.5

 

僕の苦い経験を加味して考えれば、上記の数字でほぼ間違いありません。それだけ、初期段階にチャートを見て学ぶ事は非常に重要なんです。

 

逆に、ここで勉強方法を大きく逸脱してしまったら、努力をどれだけしても間違った方向へ進んでしまい、トレードスキルは絶対身に付きません。

 

ボウリングの玉がいい例で、どれだけスピードが速かろうが玉が重たかろうが、最初に投げる方向や角度がズレたらガーターになるでしょ?勉強の仕方もこれと全く同じ理屈。

 

チャートを見るのはしんどいけど、それを嫌でもこなさないとFXで成功するのは不可能。チャートを見る力は、それだけトレードする上で無くてはならない必要不可欠なものです。

 

また、この初期段階でチャートを見た積み重ねが、後のトレードスキル形成に大きく影響するので、

 

とにかく時間があれば「チャートを見る・スキマ時間に眺める・壁に貼っておく!」etc…

 

上記のような「日々の努力」を惜しまず行って下さい。

 

仮に2017年度のチャートを3通貨見るとして、平日を1年250日、時間足を1種類と想定しても「3通貨×250日×1種類の時間足=約750枚」は、少なく見積もっても見る計算となる。

 

ただ、上記枚数は覚悟を決めれば約2~3ヶ月で終わる量ですし、もっと時間が確保できる方だと「1~2ヶ月」で仕上げることも可能です。

 

そしたら次は「2018年 or 2016年」と、チャートをドンドン見ていく。ふと気がつくと、膨大なチャートを見てきたことに気づくハズ。

 

そこまで徹底的に行うのが、チャートを見るという意味です。

 

そしてその時には、手元に多くの形やパターン・傾向等といった材料が揃っており、また脳内には膨大なチャートの動きが収納されていることでしょう。

 

それは言い換えると、次のステップへ進むのに必要な知識・経験の蓄えが、十分できたって事です。

 

【補足1】チャートを見る勉強と並行して座学も行う

 

多くの方が、すぐデモトレードで相場観を身に付けようと躍起になります。

 

しかし、チャートを見る力が何もない状態で参加しても、何が分かるって事はありません。

 

逆にエントリーしてからの損切り・利食いに目が向いてしまい、勉強する本質的なところから大きく離れ、最悪は樹海へ迷い込む事にも繋がりかねません。

 

また、書店の参考書やトレーダーが書いた本を購入し、その通りにしようと努力される方も少なくないと思いますが、

 

まず本にそのような聖杯は10000%存在しません。

 

勉強するのであれば、必ず外国のトレーダーが書いた「値段は高いけど中身が一級品」の書籍を買い、そこに付箋やマーカーでラインを引くなどして使い込む。

 

チャートを見る事と並行して座学にも力を入れることで、思考を現代社会の感覚でなく「トレーダーとしての感覚」へと磨いていくのです。

 

更に書籍だけでなく、FXブログといったSNSを閲覧するのも大事。

 

トレードしてる人が書く内容は非常に有益なものも多く、参考書のように表面的で薄っぺらい中身とは、うって変わって濃い内容が印象的です。

 

なので、外人トレーダーの書籍や自分でブックマークしたFXブログを中心に、座学としてFXの基礎をチャートを見るのと並行して学ぶのがベスト。

 

あとは「どのようにしてチャートを見ればいいのか?」といった疑問点だと思うので、それをまとめた3記事を下記にご紹介しております。

 

 

材料が揃ってきてデモトレードを並行して行う期間(約半年~1年ぐらい)

 

チャートを時間の許す限り見続けた結果、

 


・自分なりの形やパターンがある程度揃った!

・考え方や取り組みがまとまってきた!

 

ここまで仕上がったという方は、

 

実際に動くチャートを併用して「デモトレード」も行っていく段階となります。

 

ここでようやく「エントリー・損切り・利食い」といった、トレードに必要不可欠な項目が登場し、更にトレードを行う上でのルール化(手法の法律整備)を少しづつ行う。

 

もちろん過去チャートは並行して、初めと同じように取り組んでいくのが前提で。ただ、この段階で勘違いしてほしくないのは、

 

本格的なデモトレードをする訳じゃない!ってこと。

 

チャートを見る段階で蓄積した情報(形やパターン・考え方等)を、実際の動いているチャートで使って、どんな結果になったのかを「データ」として収集した上で、

 


・過去チャートを分析する際に活かす

・適切な損切り幅の参考にする

・デモトレードで改善したやり方を試すetc…

 

このように相互をフィードバックさせることで、トレードスキル向上を促すのが目的のため、

 

トレードで得られるpipsや、仮想口座の残高を「強く」考慮してはいけません。

 

ですので、意味合いとしてはデモじゃなく「デモのデモ」をしてると考えて下さい。

 

【補足】チャート・座学とデモトレードの関係性

 

 

ここの滞在時間も、チャートを見る段階と同じで長くなります。

 

しかし、過去チャートを見て座学をこなしつつ、デモのデモトレードを継続して行うと、明らかに大きくpipsが獲れる時であったり、損切りが上手くできたり等、

 

トレードスキルが「着実」に育っているのが分かると思います。この時期になると、月単位で利益が残る事も少なくありません。

 

そのようにスキルアップされた時は、自身の優位性のある手法と厳格なルール・形やパターン等を、紙でもPCでも何でも構いませんので、全てをまとめる気で書きましょう。

 

統計取りへ行く前には、上記のまとめが必須。

 

エントリープロセスや細かいルールについて詳細に明記しないと、検証する際に各々のトレードへ大きく間違った裁量や独断が入ってしまうからですが、

 

ここでまとめたモノが、手法・ルール・考え方の根本の礎(デフォルト)となります。

 

そして月単位の利益が明確になってきた、または手法やルールの整備が、現状で最高のパフォーマンスを生み出せると確信に近くなった場合、

 

いよいよ自分のトレードの優位性を、膨大な数字で証明する段階へ移ります。

 

統計取りで手法の優位性を証明する期間(数ヵ月~半年)

 

自分の手法とルール・考え方に優位性があると「確信に近いところ」まできたら、次にトレーダーとして進むべきプロセスが「検証・統計」の段階となります。

 

検証とは、1つ1つのトレードをサンプルとして抽出する事(サンプリング)

統計とは、検証の数が1000・2000と累積した結果から得られる客観的な結論。

 

ドラクエに例えると、スライムが「検証」の1つ1つで、それが合体(累積)するとキングスライム(統計)になる過程が「検証・統計」のイメージ。

検証(サンプリング)

1つ1つの検証(トレード)がスライムと思ってもらえればOK

 

統計(検証した結果の累積)

検証の結論(優位性の有無)が導き出される(可愛すぎるw)

 

この作業に関しては、膨大な過去チャートを使って「辛気臭い作業」を繰り返し行う。

 

「検証は半年でもOK!」というトレーダーもいますが、相場のの偏りなどに対する不確実性までケアするのであれば、「最低でも2~3年」は必要になると考えます(推奨は3年程)

 

何故なら、短期間の検証結果だと手法と相場が「上手くマッチング」して噛み合った可能性もあり、それだと不調時の検証が含まれておらず、サンプル数からしても不足と言わざるを得ないから。

 

ですので、統計取りで行う期間がどうしても「長期」となるんです。そうなると、仮に4通貨を3年分集計すると仮定するなら、年間平日を約250日と少なく踏まえても

 

250日×4通貨×3年分=3000トレード

 

これだけのトレード数を検証し、統計的に優位性を証明しなければいけません。

 

また、毎回同じトレードをルーティンのようにするため、「このトレードは多分50pipsぐらい獲れてるからいいや!」という八百長は、絶対にしてはダメ。

 

だから「検証・統計」はある意味で苦行。また膨大な過去チャートが必要なので「ForexTester4」が必需品。

 

 

しかしその恩恵は、仮に上記期間とトレード回数を検証した結果、統計的に100pipsほどの期待値が見込まれると数字から結論付けれた場合、

 

あなたの手法が統計的に優位性があると、太鼓判を押されるぐらい仕上がった意味となります。

 

もちろん、検証段階で改善点・反省すべき内容は出てきますが、それらを考慮しても「デフォルト」の状態で期待値が既にあるため、後に改善する事で期待値をさらに伸ばすことも可能。

 

この統計取りについては、女性受講者のリナさんがブログでその過程を詳しく書いているので、そちらを見ていただければ、統計取りのしんどさや恩恵の意味が伝わるかと思います。

 

 

ここまで周到に準備を重ね、ようやく本来のデモトレードへ進む流れになります。

 

単純にデモトレードへ進む道のりと違って「大回り」ですが、これだけ手法とルールを徹底して組んで、更に統計から得られた優位性という保証付き。

 

ここでハッキリ言えるのは、次のデモトレードへ入る段階で、継続に利益をあげるトレーダーの下地(自力)が、すでに出来上がっている事です。

 

デモトレードでしなければダメな事も多くありますが、今は下積みしてきた自信を持って、正真正銘のデモトレードへ進んで下さい。

 

デモトレードでリアル前の最終調整をする期間(約数ヵ月~半年)

 

お金を投資するリアルトレードへ行く前の最終調整が、この段階となります。

 

統計までとって、準備もできたから急ぎ足になる理由も分かりますが、リアルトレードへ行く前にデモトレードをクッションで活用する事によって、

 

事前に起こりうる誤った行動の把握や、それに対する対策などを講ずる事が出来ます。

 

確かにお金がかかってないから、金銭面について気持ち的には楽かもしれません。

 

ですが、これからリアルトレードで毎月稼ぐって気持ちとは裏腹に、心の底からくる不安や恐怖は最終調整のデモトレードでも十分に、通常時と違う行動や心理圧迫という形で表れる。

 

既に獲得pipsを増やさないとダメな段階でのデモトレードですから、それだけ1回のトレードにかかるプレッシャーも大きくなるからです。

 


主に発生するメンタルダメージ一例

・エントリーした後にチャートやポジション状況を何回も見てしまう

・利食いが正確に行えなくなり、獲得pipsに影響が出る

・連敗が続くと、トレードの喪失感が大きくなってしまうetc…

 

これらは加速的に表面へ出てくる諸問題になります。

 

発生した場合は細かく対策を打たないとダメですが、デモトレードの今だからこそ、対策を練って訓練する事により、少しづつリアルでも対応できるメンタルを、この段階から作っていく。

 

ここでメンタル対策に時間を使うのと、ダイレクトにリアルへ行くのとは大きく違います。

 

明らかに後者は準備不足となり、徐々に心がトレードに耐えれなくなる率が上がっていく。

 

対して、数ヵ月もの間をデモで調整していけば、「耐性と対策」が多少なりとも身に付いているため、出先で大きく躓くリスクを大幅に軽減できます。

 

pipsを獲ってもお金は増えませんが、精神面における「許容容積」は確実に増えます。

 

ここで最後の最後まで嫌がらず地道に力を蓄え、月単位のpipsを継続して獲れたのであれば、ようやく実際の資金を動かすリアルトレードへの道が開かれることになります。

 

リアルトレードで数量調整や改善を繰り返す期間(約??~??)

 

この期間が最後の段階となりますが、トレーダーによって始める自己資金も異なれば、トレードスタイルも全くとして違います。

 

また、月単位で獲得できるpipsの期待値も異なるため、ここからは各トレーダーによって進み方が大きく変わってくる。

 

日々の反省トレードはデモ以上に重要となりますし、手法は常に相場へ合わせて研磨(アップデート)もしていなければいけません。

 

更にリアルトレードの損切りで生じるメンタルへの影響も踏まえれば、大きく進みが遅れる方も出たり、暫くデモトレードへ戻る方も増えてきます。

 

一番に注意しなければならないのは数量で、現在の「心の器」に合った大きさでトレードが出来ているのか、常に確認して下さい。

 

例えば、普段1万通貨で損切りを15~20pipsで収めるトレーダーが、いきなり過剰に4万通貨でトレードを始めたりすると、現在の自分の器に入り切らない金額で損切りを行う事になる。

 

まず3~4連敗したら口座残高が気になり、トレードへの悪影響も間違いなく生じます。

 

僕の経験論ですが、数量は上げる倍率ごとにメンタルへの負荷は「累乗」する感覚。

 

例えば、数量を2倍にすると2乗(4倍)の負荷がメンタルにかかり、更に数量を3倍にすると3乗(9倍)にも及ぶプレッシャーがかかったりという具合。

 

オカルト的な経験論かもしれませんが、それだけ数量を段階的にレートアップしていくのは、タイミングが非常に難しいんです。

 

だから、まずは損切りで負荷が過度にかからない数量からスタートし、毎月の成績を加味して数量を上下させつつ、トータルで徐々に増やしていくのがベスト。

 

例えば1万通貨スタートなら、「2 ⇒ 4 ⇒ 6 ⇒ 8 ⇒ 10」等と工夫して数ヵ月ごとに調整していけば、初めは2倍のレートアップでも途中から1.5倍→1.33倍→1.25倍と数量の上げも緩やかになる。

 

また、その頃には蓄積した資産とpipsが原資の上へ上乗せされているので、それを背景にFXへの自信と相場で自分の判断を信じる力を、更に増長させる事が出来ます。

 

後はこれをひたすら繰り返していけば、途中に苦しいことがあったとしても、最終的に時間が富(FXの利益)を自分の口座に累積させてくれます。

 

扱う数量が10万通貨に到達すれば、月20~30万が視界に入る

 

いきなり10万通貨スタート!の猛者の方は除いてとなりますが、着実に数量を調整して上げていって、10万通貨にまで苦労に苦労を重ねて到達された方。

 

毎月獲得されるpips数によっては、この段階で月20~30万が間違いなく視界に入ります。

 

仮に届くのが難しいとしても、既に10万通貨まで堅実に数量調整してきたのだから、後はゆっくり枚数を無理なく上げていけば、これも後は時間の問題となる。

 

ここまで到達された方は、本当に死ぬほど努力されたと思うし、個人的には「常勝トレーダー」と思っていただいても、何の遜色もないレベルにいます。

 

しかし、リアルまで辿り着くのに「相当の時間」が経ってるのは、言うまでもありません。

 

単純に考え、どれだけ早く頑張ってもリアルデビューに1.5~2年は必要だし、逆に3年は状況によって必要となる場合があるかもしれませんが、

 

着実に勉強した分のスキルが身につくのがFXであり、ここが良い意味でもFXの利点。

 

凡人の僕でもチャレンジして出来たのですから、諦めなければ必ず未来への道が切り開かれます。

 

目標が遥か遠くに感じる事はあったとしても、それが無理だとか自分には到底不可能などと、絶対に決めつけず取り組んで下さいね。

 

FXの勉強期間は人生の一部を投資する気で取り組む

 

 

以上が、FXで稼ぐトレーダーへなるための、長い長い道のりのご紹介となります。

 

FXで稼ぐまでの期間を短縮できる、驚異的な近道はありません。

 

真っ直ぐ果てしなく伸びるイバラの道を、必死に掻い潜ってでも成功したい!と思う気持ちがないと、絶対にFXで稼ぎ続ける事はムリです。

 

勉強期間を短縮したがる人というのは、早く成功したい思いが先走って自分に甘くなりがちで、心のそこでは、そんな精一杯の努力をするつもりがないと言っているのと変わりません。

 

故に、稼ぐまでの勉強期間に腰が引けて「お地蔵さん」になるのではなく、

 

稼ぐまでにしなければダメな事(勉強)を、自発的かつ長期的にトコトンこなすこと

 

まずはここから始めていただければと思います。

 

そして、短期間で稼げるようになれるかもという認識を捨て、今の10倍以上はFXを頑張るぐらいの覚悟を持って取り組みましょう。

 

勉強期間を毎日の取り組みと効率化で軌道に乗せる

 

何をするにしてもそうですが、物事を軌道に乗せるまでは時間がかかるし、ストレスも負担になったりするでしょう。

 

ですが、電車がゆっくり動き出すようにFXの勉強が徐々に身に付いてきたのであれば、後はゆっくり勉強の頻度を上げるだけとなります。

 

つまり、初めの「軌道に乗せる時期」さえクリアしてしまえば、後は無意識に近い感じで、勉強する事が「日々のルーティン」として組み込まれていく。

 

また、勉強に充てる時間がどうしても増やせない場合でも、その中から捻出できる少ない時間を、いかに効率的に運用していくかを考えるようになる。

 

つまり勉強時間が少なくても、取り組み方次第では1日に数時間している人と近い濃度で、成果を出すことも可能です。

 

生活スタイルや仕事内容によっては、勉強する時間が確保しにくい方もいるでしょうけど、初めから勉強する時間がないと嘆くのは早過ぎ。

 

更に、毎日の勉強時間を絶対的に集中することで、たった30分の勉強でも「60分から90分相当」のように濃くすることも可能。

 

また、見るチャートを重要度別に分けて復習するのも、勉強の「質」を上げるのに必要な方法。

 

FXは、どれだけ勉強すれば成果が出ると断言出来ませんが、毎日の勉強を効率よく行うことで、少しでもトレーダーとして活躍する時期を、グッと近づけてもらえればと思います。

 

途中で壁やスランプを感ても、淡々と勉強すること

 

勉強を本格的に始めて暫く経つと、自分の成長が全く感じなくなったり、チャートが訳の分からないグラフのように見えたりする事があります。

 

世間一般的に言えば「スランプ・壁」といった類の現象ですが、このような状態になったとしても、特別何かをする事はありません。

 

むしろ、今以上に淡々と同じことを繰り返していく事を心掛けましょう。

 

FXで大きな問題に直面する時があったとしても、そこまでの勉強方法が正しく行われている場合は、基本的に今まで通り続けることが何よりも大事。

 

・勉強を継続するモチベーションが下がった

・チャートの理解力が落ちている気がするetc…

 

要因は様々ですが、壁が訪れたように感じる「一時的な不調」はトレーダーに限らず、受験生でもプロのアスリートでも起こり得る。

 

だから、勉強している本人のスキル不足によって生じている訳ではなく、

 

取り組む過程で生じる「一時的な状態」と捉えるのが適切です。

 

勉強中に訪れる壁(脳内フリーズ)は成長痛のようなもの

 

勉強を本格的にすればするほど、脳内へチャート情報を送るため、その際に全てが100%受け入れられる訳ではありません。

 

入ってくる情報量が多すぎて、頭の中でインプットが追いつかない状況となった場合、その処理が追いつくまで、頭はこんがらかった状況になる。

 

その時にチャートを見ると、今までは綺麗に見れていたものが全くの別物に見えてしまう位、訳が分からなくなることも。

 

つまり、これは脳内が一時的にフリーズした状況であり、思考が隅々にまで及ばなくなっている「だけ」なんです。

 

しかし、これは日数が経てば脳内の情報処理も追いつき、気づくとチャートがよりクリアに見えていたり、思考がさらに奥まで進んだりするようになります。

 

なので、脳内がフリーズする事は成長するためには通らなければならない、不可欠な状態とも言えるでしょう。

 

さらに言い換えれば、成長が進んでいるからこそ脳内の処理が追いつかず、思考がフリーズする壁が訪れた状況になる。

 

毎日取り組んでいるからこそ、トレードスキルが向上するわけであって、その過程で情報を整理するための一時的な待機時間、つまり壁が訪れると僕は考えています。

 

だから、壁が来たことをむしろ前向きに捉えるべきであって、むしろちゃんと勉強できてると褒めるべきです。

 

正しい勉強をしているからこそ、良い意味で壁にぶち当たるんだと捉えましょう。

 

勉強が長期間になればなる程「スランプ・不調」といった事態は訪れますし、弱気になってしまう時もあるでしょう。

 

しかし、そこで自分がどのように対応するかによって、今後トレーダーとしての成長が変わっていく大きな分岐点となります。

 

この壁(フリーズ)は1回や2回とは言わず、何回でも表れるやっけいなもの。

 

しかしそこで勉強方法を極端に変えることなく、今までのやり方を信じて取り組むことで、また一段と壁を乗り越えて成長していく事ができます。

 

結局は、この繰り返しをひたすら経験することになりますが、その都度自分のトレードスキルが伸びているからこそ壁が訪れるのであって、更なる成長の機会と捉えましょう。

 

そして目を逸らすことなく、前向きにチャートを見てもらえればと思います。

 

少しキツめな文面もあったと思いますが、読者様の事を思って強く言葉を返していると認識していただければ幸いですし、今回の記事が少しでもご参考になれば嬉しいです。

 

 

個別のFXスクールと関連記事

 

FX独学ガイドブックの販売を始めました

 

noteで有料記事・画像の販売を始めました






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。