FXで印刷したチャートを使って勉強する方法【感覚をフルに使う】



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

チャートを見るといっても実際のところ、ここから何をどのように具体的にするか分からない方も多いと思います。チャートを見るといっても多種多様な方法がありますから。

 

その中でも、私が数年と実践してきて非常に効果が高かったのが

 

チャートを印刷(プリントアウト)して、ラインを引いたりメモなどを書き込む事

 

下記でその理由やメリットなどを踏まえ、できるだけ詳しく書かせていただきます。

 


FXを印刷したチャートで勉強するのは何故必要か?

 

 

・何でチャートを、大量かつ研究するかのように見なければいけないのか?

・チャートを印刷して見る事よりも、デモトレードでバンバン鍛えて相場に慣れることの方が、トレーダーとしては大切なのではないのか?

 

このように考える方もいらっしゃるでしょう。その意見にも一理あるとは思いますが、私の見解は下記20文字に集約されます。

 

手法構築に必要な材料を得る為に必要だから

 

まず、デモトレードをしながら鍛えるといってもチャートの見方自体が分からない訳だし、仮に手法をデモトレードを通じて創れると思っているのなら、それは天才とか秀才の方が行うレベルです。

 

私は凡人オブ凡人だったから、そんなウルトラCの方法は無理だった。今だったらそれなりの経験・感覚や知識も付いてきたので出来なくはないかもしれませんが「これから頑張る!」と思っている方にとって、その道のりはあまりに過酷かつ遠回りとなってしまいます。

 

またそのような状態の時に損益とかpips数を同時に併せ求めるのは、正直言ってナンセンスとしか言い様がありません。

 

何故なら単純に何の意味もないからです。

 

手法自体が全くとして固まっていない「純粋な裁量」でトレードし、そのまま利益を半永久的に享受出来るスキルがあるのであれば止める理由はないですが、それが出来るほどFXって簡単じゃない。

 

まずはチャートの動きを膨大な枚数を分析・研究して知った上で、入念に準備に準備を重ねて優位性のある手法を創り、それからデモトレードに入る(*あくまで研究段階としての「デモでないデモトレード」を並行してするのを推奨)

 

これが一番確実で堅実な方法です。もちろん準備に膨大な時間を要することになりますが、それを「デメリットor当たり前」のどちらと考えるかは本人次第。

 

即効性のある手法や考え方も他にあるんでしょうけど、最終的にどちらを選択するかは、ご自身の将来性を考えれば悩むポイントでないと思います。

 

関連記事はこちら

FXの勉強とはチャートを見て分析したり研究したりすること

 

FXチャートをPC上でなく、印刷した紙上で見る理由

 

 

PC上の画面でジーッと見ている方って多いと思いますが、印刷してそれと睨めっこして研究したりしているトレーダーって、意外に少ないと思います。

 

今はFT3があるので簡単に過去チャートを検索できるし、PC上で色々な操作も可能なため、マウス片手に多くのチャートを見れる時代ですから、時流の流れと言わざるを得ない感じもします。

 

でも大昔から市場で勝ってきたトレーダーというのは、PCもなければ自動で検索したりすることも出来ないような中、莫大な利益を生み出しているんです。

 

やはりそれは実際にチャートを手にとって分析し、その中から傾向やパターンを見つける事が出来たからでしょう。そしてペンや定規を使い、多くの記述を1枚にしていたと思います。

 

何が言いたいのかというと、もっとチャートへ原始的に取り組もうってことを伝えたいんです。

 

チャートまで書いていると時間がないため印刷で十分ですが、机の上に多くのチャートを広げて観察したり、手にとって見たりペンや定規を使ったりする事で、そこから何かを得ようと脳を回転させるのです。

 

これだけだとPC上のチャート見るのとさほど変わらないでしょうが、実際に目の前に実物があるのとないのではハッキリ言って感覚が違います。

 

関連記事はこちら

FXのチャートを見て形やパターンを研究する4つの勉強方法

 

昔から人間は机に座って読書をしたり書類を整理したりと、眼下にある物から情報を得て行動をしてきました。手紙なら手にとって見るし、報告書でもペンをとって書いたり見たりしていたでしょう。

 

要するに人間というのは、実物を感覚的に捉える事で考えを生み出す「癖・傾向」があります。逆に想像しながら考えるのがイメージ的に難しいのです。

 

これをPCのチャートとそこから印刷した紙とで比べると、PC上の画像は視覚的に全て把握できますが、そこへ何かを書き込んだりするのは最終的にPCの仕事です。故に感覚的に物事を捉えにくい。

 

しかし印刷したチャートであれば、目の前にあるチャートを手で掴んで持ち上げたり、あるいは90°回したり逆さにしたりと自分のイメージを目の前で直接再現する事ができますし、ペンや定規を使って直接チャートに書き込むことで、脳に送られる情報量も違ってきます。

手書きの方が感覚を直接的にフルに使える

 

 

パソコンも両手の指を細かく使っている点では同じですが、それはあくまでも文章を打つためや画像を書くために、キーボードやマウスを媒介として使っている訳です。

 

しかし、印刷したチャートにラインや図形を加えるために手や指を細かく使っている事と比べると、体の部分を同じように使っていても、少し意味合いの違うものだと私は考えています。

 

手書きはチャートに対して直接文章を加えたり、線をチャートに沿って書いたりと、感覚的に関わってくる度合いがPC上と大きく違います。

 

これが太古よりPC使って勉強するって習慣があるなら話は大きく変わってきますが、受験勉強でも資格試験の勉強でも研修でも

 

手にペン持って必死に書いて覚えたでしょ?

 

故に何かを学ぶ・勉強する時は、書くという行動を起こす!これが一番効率がいいんです。

 

チャートもそうやって五感をフルに使って見る事によって、PC画面を通じて見るより「気づき」が増えるのだと思います。実際その方がチャートを見る感覚は冴えてくる傾向が強いです。

 

当時PCなんてものが発展してなかった1800~1900年代初頭でも、ジェシーリバモアを筆頭とした投機家・トレーダーは存在し、紙に手書きで書かれたチャートや黒板上で次々に変わるチョークの数字を見てトレードしていました。

 

そして結果的に彼らは莫大な大金を稼いでいますし、その事実だけでも紙に書き込む有用性はご理解いただけると思います。

 

関連記事はこちら

FXの勉強でチャートを見る力が一気に伸びる2つの大きなコツ

 

FXで印刷したチャートで勉強する前の下準備

 

 

実際にチャートへ線を引いたりメモを書き残したりする事前準備として、下記の物を用意しておくと何かと便利かつ効率的にチャートを見ていく事ができます。

 


FT3(フォレックステスター3)

A4用紙3000~5000枚分

消えるボールペン3~4色

ものさし・ファイル(何でもよい)

プリンター(レーザーがオススメ)

インクカートリッジ

コルクボードなどの大事なチャートを貼っておける壁掛け

 

過去チャートを見ていく際にはどうしても数をこなさないといけないので、そういう時のツールとしてフォレックステスター3(FT3)はオススメです。

 

関連記事はこちら

FXを本格的に始める方へ!勉強に必要な4つのツール・勉強環境と時間は必ず確保する

FT3(Forex Tester3)はFXでチャートを検証する際の必需品!

 

フォレックステスター3で過去チャートを沢山スクリーンショットして印刷していく以上、枚数は数百枚といった「限りなく少ない量」で止まる事はありません。むしろチャートを見る習慣が玄人レベルにまで達した方は、再度同じぐらいのA4用紙をネットで購入するぐらいチャートを見ると思います。

 

それに比例してインクの消費量はバカにならないため、印刷する際は「白黒」に設定をして刷りまくって下さい(カラーは出費がヤバいので笑)

 

コルクボードやファイルは「自分が忘れたくない・置いておきたい」といったチャートを壁に飾っていつでも見れるようにしたり、外出先に持っていけるようにといった使い方ができます。

 

チャートを見ないというブランクを少しでも勉強してる間に作らない事が、常に思考し続けながらチャートを見るという事にも繋がるのです。

印刷したチャートを勉強する具体的な枚数を知ろう

 

 

これについては「絶対に何枚取り組め!」という答えが存在していませんし、他のFXブログを見ても参考になる数値を出している記事が殆ど見当たりません(数量の意味で書いてある記事は凄く多いのですが)

 

また、今からチャートをバババ!って印刷して臨戦態勢に入っているトレーダーからしても、今後自分がどれだけのチャートを刷ってにらめっこしていけばいいのか、不安としてあるでしょう。

 

そこで私なりの答えを書かせていただくと、

 

チャートを勉強しければいけない枚数は決まってないが、取り組むほど不確実が確実へ近づく。しかし1000枚レベルは少なすぎます。

 

もちろん、チャートを何枚か見ただけでもトレードは出来ますし、それで大金を稼ぐことができる天才も中にはいるでしょう。その敷居の低さとお手軽なおかげで誰でもスタート出来ますが、逆に誰でも簡単に負ける事が出来るのもFXの怖さです。

 

そういった方々の敗因は多種多様としても、殆どの方に共通するのは「チャートの読み込み不足」です。だからチャートを見る枚数に関しては妥協することは許されません。

チャートを印刷する枚数は必然的に膨大となる

 

気になってくるのは、具体的にチャート勉強で取り組まなければいけない数ですが、1000枚というのは多そうに見えて、意外にそうでもありません。

 

FXの営業日を土日抜きで年末年始等を考慮して計算すると、少なく見積もっても一年約250日はあります。仮にユロ円15分足だけを見ている方であれば、250枚×4年=1,000枚

 

これだけを見ると長期的過ぎると思う方もいるでしょうが、主要クロス円(ドル・ユーロ・ポンド)まで広げれば年間のチャート数は750枚となります。

 

更にユーロドルやポンドドルのドルストレートまで加えると、主要5通貨×250枚×1年=1,250枚です。

 

ここへ更に15分足+30分足を見ている方であれば、時間足の数の倍になるため、見る枚数は2,500枚となります(*1日のチャート数を1セット(1枚分)とする考え方もありますが、このサイトでは1枚を純粋に1枚と勘定します。)

 

このように考えていくと、ユロドルやポンドドルに加え「コアラやキウイ」まで参戦させれば、たった1年でも膨大なチャート数になるのは言うまでもありません。

 

仮に7通貨を「15分・30分・1H」と3つの時間足で1年分印刷すると、7通貨×営業日約250日×3つの時間足=5,250枚、時間足を1セットと考えても1,750セットです。

 

初めからここまで手を広げて勉強する必要はありませんが、せめて「最低3~4通貨を最低3年分」は確認してほしい。

 

メチャクチャ多い!って感じたと思います。確かにこの世は自己責任の世界だし、見たから稼げる訳でもなければ、私が絶対にしろ!と言えるような立場でもありませんから、チャートを見る見ないは個人の自由となります。

 

しかし、そうやって繰り返し繰り返しチャートをルーティンのように見ていくことで、ようやくエントリーを組んでデモを本格的に進めるための精鋭(優位性の候補)が生まれるわけです。

FXのチャートを勉強する数は最終的に数千枚が必要

 

 

現役で稼いでいるトレーダーは膨大な量を見ていますが、どれだけ見れば「ある程度のレベル」に到達するか否かは神のみぞ知るという話であって、何枚・何年分見たら絶対!という基準はありません。

 

ですので、私の基準を持って改めてお話させていただくと、まず年数については最低3年分、直近でいうと2016年1月~2018年12月の期間ぐらいは見てほしいです。枚数は通貨ペア・時間足の数にもよりますが、約4000枚~6000枚になります。

 

それが終わったら再度回して勉強するか、2015年以前に遡ってチャートを見て下さい。通貨に関してはユロ円・ドル円・ポン円・ユロドルの4通貨でOK!(ポンドドルはクセがかなり強いので後回しでよい)量に関しては十分なものになるハズです。

 

簡単に設定をして計算すると、

 


1.年間平日数 約250日

2.通貨ペア  4種類  

3.時間足   1~3種類ほど(人によって異なる)

4.見る年数  3年間

合計 250日×4通貨×1~3種類の時間足×3年間=3,000~9,000枚

 

時間足を1セットと考えても3000枚にはなりますので、チャートを見る枚数としては時間足の数によっては万枚に近いし、上々です。

 

仮に1枚見る時間を平均約10分と計算すると合計で500~1500時間かかり、一日にチャートを見れる時間が平均3時間だと約170~500日かかります。

 

その他見れない日or停滞期があったりするハズですから、ペースによっては1年以上かかったりするかもしれません。逆に慣れてくると早く回せるようになりますが、

 

これが本当にチャートを見て勉強するということ

 

完璧に地盤を固めて進もうと思うのであれば、どうやっても最低数ヵ月~1年はチャートを見る段階で時間を要してしまうんですが、言い換えればこの期間こそ「チャートを見て相場観を養える絶好の機会」なんです。

 

以降では、そんな膨大に取り組まなければいけないチャートの具体的な勉強方法についてご紹介をします。

 

FXでチャートを印刷して勉強する方法

 

 

ここからは、実際にスクリーンショットしたチャートを印刷した紙に対して、どのように線を引いたりメモや感じた事を記入していくのかについて書いていきます。

 

ただ絶対にこのように引いたり書き込んだりしなければダメといったルールはなく、あくまで私が今までに行ってきた経験論的なことを書いていくので、それをベースにして自分なりのアレンジを加えて取り組んでいただければ幸いです。

基本的なラインの引き方とメモの書き込み方

 

チャートを見る際に視覚的に見やすく出来るメリットもありますが、自分が狭義・広義でのレンジをしっかりと把握出来ているのか、そこを知る上でもポイントとなります。

 

というのも、私が日頃からトレード結果に書いている形やパターンは、まずチャート上で過半数の割合で形成されているレンジを認識できなければ、それを発見又は意味を理解するのが非常に困難になるからです。

 

レンジをチャート上に見つけれるからこそ、縦(レート)の長さや横(時間)の長さを意識的に見るようになるし、そこに含まれる「大衆心理」についても考えるようになります。だって跳ね返るポイントが似てくるんですから、

 

「何でここで上がったり下がったりするんだろう?」と必然的に思考を巡らすようになる。

 

そうやっていく内に、形やパターンを見つけたりする事が出来る。だからラインを引くということは、単純そうで意外に奥が深い。

 

メモについては、上記に書いたような内容や自分の方向性に関する記述やチャートの動きについて等、何でも構わないので書けるだけ書いていくようにしましょう。

 

また自分がチャートを見ている中で気がついた事や、ふと気になった疑問点を書き込むことはその時点における思考をアウトプットする事にも繋がりますし、翌日以降においてその内容が記憶の奥底に眠るといったことにもなりません。

 

つまり、書くことは自分の思考を文字で視覚化すると同時にその時の状況を記録として残し、後で遡って復習する際に「気づき・閃き」を生み出す文字通りのメモとなるのです。

 

メモに関しての書き方はこれぐらいです。下記以降は具体的にチャートへのラインの引き方を紹介していこうと思います。

チャートへの具体的なラインの引き方

 

 

 

私がラインを引く際の見方を書くと

 


(1)チャートの跳ね返り(黄色丸)とキリのいいレートに着目

(2)「00や50」を意識する

(3)跳ね返っている間を通して引く

 

このようになります。

 

基本的にチャートの跳ね返りを重点的に見た上で、80とか60といったキリのいいレートを見ます(大衆は整った数字を好むから)それとプラス節目のレートを見たりするんですが、「3」は少し分かりにくいような気もするしチャートで確認。

 

ユロ円とポン円チャート

 

 

 

「②は2.」で「③は3.」に該当するポイントと考えて下さい。

 

レンジ自体が人間心理によって作られたものだから、それを認識出来るか否かによって形への着目の仕方も変わります。

 

上記チャートは何も引かなければ見づらいですが、こうしてラインを引くだけで見るべきポイントが絞れるので、無理してテクニカルを覚えたり使ったりする必要がありません。

FXで印刷したチャートに線を引く際の注意点

 

引き方の注意点として

 

1.串刺しに引かない

2.ダイナミックに線を引くこと

 

この2点に関しては気を付けてください。

 

「1」はどういう事かというと、チャートが上下しているポイントに跳ね返り関係なしでど真ん中に引いて、あたかも焼き鳥のようになってしまっては何の意味もないという事です。

 

レンジの真ん中に線を引いたところでそこからどうなるかは全くとして分かりませんし、心理的にニュートラルなポイントだから何も読み取れません。

 

また「2」はレンジがあるからといってその部分だけチョロっと引くのではなく、上記画像のように端から端まで横断するかのように引いた方がマーケットの全体像を理解しやすいです。

 

これが私が初めに書いた「広義のレンジ」で、ある一定時間だけのレンジを「狭義のレンジ」と解釈します。上記チャートを見れば分かりますが、両方のレンジで用いられるラインの場所は非常に似ていますし、大衆が如何に同じポイントで同じ発想をしているのかがよく分かるでしょ?

 

それらを両方意識する上でも線は豪快に引きましょう。もちろん、慣れてきたら無意味な場所にまで長く引く必要はありません。

 

以上がライン引きの解説になります。下記にチャートを見る際のポイントを集約した記事も貼っておきますので、併せて見ていただくと理解がより深まると思います。

 

関連記事はこちら

FXでチャートを見るコツを覚えよう【継続すると「力」が伸びます】

 

初めは線を何本も引きまくったりして訳分からないハズですが、それで全然構いません。むしろ引きまくってる内に無駄な箇所が分かってきて、少しづつ洗練された引き方になってきます。

 

よく分からないなりに引きまくる

 

それがレンジを理解し最終的に形やパターンを把握する事に繋がります。

 

FXでチャートを勉強しない人に勝機はまず訪れない

 

 

ここまで伝えているにも関わらず、それでも多くの人がチャートを誰よりも真剣に見ません。大体は下記理由が多い。

 


・チャートを長時間見る時間がない

・しんどい、面倒くさい、疲れる

・見て勝てるようになんの?etc・・

 

とにかく言う事がネガティブの固まりなんです。チャートを見たって何も分からんやん!っていうのを理由の主軸として、そっからは如何にしんどいのを回避してFXを学ぶかを追求するサボり癖が出る。

 

これで勝てると思いますか?長期的かつ継続的に多額の利益を生み出すことが、上記発想で出来る訳ないじゃないですか。

 

それでもチャートを見るのを最低限にしたいっていうのなら、私は喜んで「FXやめれば?」ってその方へお伝えをします。努力をしない人間に勝てる投資じゃないですし、どうせカモになるに決まってます。

 

私がここまでチャート見ろ見ろ!って言うのは、チャート上には数多くのヒントが隠されているからです。

 

そりゃあ、初めは見てもただのニョロニョロ動いているような線にしか見えないかもしれませんが、初めはそれでいいんです、初めは。

 

次第にチャートを見る習慣が付いてくると、明らかに普段見るチャートの中に見た事あるような形やいっつもこういった動きをするパターンを見つけたりと、少しづつ細かい動きに着目するようになります。

 

そういった事をチャート何年分も繰り返しては繰り返し、徐々に複数の自分なりのパターンや形・傾向といったオリジナルを揃えていく事で、チャートの動きに関してもある程度の見立てを徐々に持てたりしていく。

 

そして一定の段階でチャートを見るのを止めた際、自分の手元にどれだけのカードが揃っているか?それはどのように手法構築へ活かす事が出来るのか?

 

つまり自分が集めた材料を使って優位性のある手法を創れる可能性(仮説)が浮上したのであれば、そこからが本格的な手法構築となり、その後は検証及び統計取りと流れとなります。

 

優位性のある手法構築の根幹をこの初期段階で行っているのですから、それがどれだけ重要かはご理解いただけると思います。

 

関連記事はこちら

FXの勉強期間で1年は少ない【人生の一部を投資する覚悟で】

 

2年ぐらいは受験勉強のような努力をしよう

 

 

上記は下で紹介している記事内で用いた私の書いた図ですが、結局は最底辺の優位性のある手法が構築出来なければ、利益なんて出せる訳がないんです。

 

仮にどれだけ上が整っていて利益が出たとしても、それは短期間の間だけでしょう。それだけ優位性のある手法とルールは、土台として大きな役割を果たしているのです。

 

関連記事はこちら

FXで稼ぐトレーダーへ成長する6段階【手法とルールは最優先】

 

しかしそれでも将来的に退場となるのは目に見えてますから、どうしても防げなくてはいけません。その為には、チャートを見る事でその解決策を見出す他はない。

 

故にその解決方法を探ることのできる段階が、チャートをひたすら見るという初期段階なのです。だからチャートを見ろと口酸っぱく言っているんです。

 

ここまで言っても見ないというのであれば、それはもう知りません(笑)

 

ここからは個人の自由ですが、チャートを必死にとんでもない数を見てきた人だけが相場で多額の利益を上げているという事実を垣間見れば、何をすべきかは分かるハズです。

 

今回の記事が少しでも多くの読者へ参考になれば幸いです。

 

併せて読まれる記事一覧

 

 

独学ガイドブックに関する紹介記事

 

ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。