FXが難しい「4つ」の最凶な理由【挫折がむしろ王道】



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

ここ最近は、仮想通貨が注目されたり不動産価格も上昇したりと、再び投資ブームがゆっくり訪れてる気がします。

 

その中から、FXを選択して勉強をスタートさせた方もいると思いますが、

 

タイトルにも書いている通り、FXで稼ぎ続けるのは「恐ろしいレベル」で難しいです。

 

初めは何となくブログやYoutubeを見たりして、単なる上か下か予想するゲームだと思ってたつもりが、

 

気づけば、長い年月が経っても「一向に光が見えないケース」が少なくありません。

 

それとは真逆に、巷のブログやYoutubeでは下記のように扱われています。

 


・FXで簡単に勉強すれば月10万稼げる

・主婦でも在宅で高収入を目指せるetc…

・3年で1億を目指せる投資 etc…

 

とにかく色々な謳い文句や紹介がありますが、

 

FXで必死に取り組む身からすれば、簡単なんて言葉は「10000%」言えたもんじゃありません。

 

今回の記事では、

 


・FXの根本的な難しさ

・FXが圧倒的に難しい理由

・その中でスキルを磨いていく方法

 

上記3点にフォーカスして説明します。

 

【Youtube動画】FX勉強チャンネル

FXの正しい勉強方法を紹介しています。

「下の画像」をクリックして観てね↓

 

FXの難しさは想像を絶するレベル

 

 

FXに関するブログやYoutubeを見ていると、勉強してトレードスキルを身に付ける道のりは簡単っぽく見えます。

 

しかし「1ヵ月2ヶ月」自分なりに勉強してると、

 

当初考えていたよりも「明らかに100倍難しいこと」が嫌というほど分かる。

 

こうなると、働いて月に手取り20万・30万入ってくる金額が

 

・マウスを左クリックするだけで手に入る

・スマートフォンで簡単に稼げる

 

勉強せず「手軽に稼げる」実感が湧きませんし、全ては幻想だったと思えてくるでしょう。

 

それぐらい分かってるように感じても、何故かFXに関しては「ノー勉に近い割合」でリアルトレードをする人が多すぎます。

 

この矛盾が客観的に見て不思議だとしても、それを「誰も認識していない事」が現状の恐ろしい点です。

 

相場へ参加する人の「90%以上」が負ける

 

メンターを見つけたり、独学でやり方を身に付ける「極少数派」も中にはいますが、

 

基本はFXを止める、つまり退場していく方が圧倒的に過半数です。

 

この中には大損・破滅しただけでなく、途中で勉強を放棄してFX自体をやめた方も含みます。

 

この事実は、

 


・リーマンショック前からの人が勝ち負けに関わらず、今もトレードを続けているか?

・FXを始めた周りの友人知人が、1年後2年後も同じように話をしているか?

 

こういった点からも、FXを勉強して稼ぐまでのプロセスが「非常に難しい・困難な作業」ってことが分かると思う。

 

大損した人や途中で仮想通貨・株へ移った人もいるでしょうが、そのループがひたすらFXの世界では続いています。

 


・兼業として稼ぎたい

・在宅したままお金を増やしたい

・専業になりたいetc…

 

人それぞれ目的・理由はあると思いますが、まずは「FXが恐ろしく難しい事実」を改めて知ることが大切です。

 

関連記事はこちら

FXで9割のトレーダーが負ける「当然」の理由

 

関連するYoutube動画はこちら

 

 

 

勉強・トレードの継続が極めて困難

 

FXを始めるほとんどの人は、まず稼げる金額や叶えることができる夢へ意識を集中しますが、

 

そこまで辿り着く難しさにも着目しなければいけません。

 

例えば、チャートを全く見たこともない人がブログやYoutubeを読んで勉強し、1年足らずで月100万円稼ぐことができました。

 

このような夢物語は「よっぽどの天才」でない限り、日常で起こりえるケースじゃありません。

 

ではどのようなパターンが多いか?

 


ついにFXを始めた!

初めは楽しかったけど、実際はチャートの動きが分からずマイナスばっかり。

どうしようもないから違う投資や副業をしよう。

 

10人いれば「ほぼ10人」が上記のようなケースに至ります。

 

結局こうなってしまうのは、当初FXに対して抱いてた「お手軽感や淡い期待」が、実際に勉強したりトレードしてみると180度違ったものだったから。

 

それだけ投資で稼ぐ事は難しいし、それ以前に勉強を継続させる事はさらに難しいんです。

 

そんな簡単に勉強せず稼げるなら、朝から通勤電車に誰も乗らなければ仕事の愚痴やストレスを溜めることもない。

 

本当にFXで成功したいのであれば、始める前に「必ず勉強を諦めない!」と心に強く誓ってください。

 

関連記事はこちら

FXの勉強期間が「1年以内」だったら天才だと思う

FXで月利20%とか月100万稼ぐ「夢」から早く覚めて

FXトレーダーとして成長する為に必要な6段階

FXをやめる理由が「甘すぎて」話にならない

 

関連するYoutube動画はこちら

 

難易度が高すぎてイメージが「鬼」悪い

 

巷のFXに対するイメージは、リーマンショック前と後で大きく変わりました。

 

それまでは「円安・高スワップ・ハイレバ」の3拍子で、主婦でも稼げるといったことが当たり前でしたが、

 


・リーマン後の暴落

・スイスフランショック

・一方通行じゃなくなった相場 etc…

 

こういった状況となり、現在は「ギャンブル・怖い・負ける」といった負の3拍子となってしまいました。

 

簡単であれば「FXが怖い・ギャンブル」と極端なマイナスイメージは絶対付きません。

 

なぜなら、稼いでる人が多い中で悪い噂が少し流れても目立つことはないからです。

 

言い換えれば、それだけ途中でほとんどの人が挫折します。

 

そして、こういった負けに負けた人たちが「FXは悪だ!」と布教活動のように広めるから、ママ友でFXやってると言おうものなら「異常者」を見る雰囲気になるんです。

 

事前に勉強を入念に行ったのであれば、ここまで酷いケースに陥ることはまずないハズ。

 

しかしそれをしてこなかった人達の断末魔の声が、皮肉にも「FX=難しい」と良い意味でも悪い意味でも「警鐘」を鳴らしています。

 

その空いた場所へ新参者が補充されては吐き出され・・・、

 

FXはこのような連鎖が続く生き残りゲームの世界です。

 

FXが難しい「4つ」の理由

 

 

ここまでの内容で、多くのトレーダーがFXを難しいと感じて止めることは分かったと思いますが、具体的にどういった理由からFXを諦めるのでしょうか?

 

難しいことは当然の事実だとしても、

 

何が要因になったかを分析することで、後にFXで大きくコケる事を避けることが出来る。

 

その一環として読者に知ってほしいんです。

 

根本的にFXが難しいのは、私の経験を踏まえて「下記4つの理由」からだと思うので、1つ1つの項目を詳しくご紹介します。

 

(1)トレードの正しいやり方・勉強方法が分からない

 

通常の勉強であれば、参考書を購入したり塾へ通ったりすれば何とかなるでしょうが、

 

FXに関しては、そう簡単に「事」が上手く運びません。

 

書籍は山のように種類があって手法は色々あるわ、商材も売ってればセミナーもやってるわで、動こうと思っても動きにくいのが現状だと思う。

 

また、勉強するための正規ルート的なものが存在せず、結局は「何から始めればいいか分からない状況」に陥ってしまいます。

 

しかし勉強と聞けば、最難関の資格や大学を通った人はトレードで簡単に稼げそうと思いますが、

 

不思議と実際に稼げる人は「ほとんど」いません。

 

ノーベル賞をとった人でも、外資系ファンドで様々な案件に携わったディーラーでも、破綻や大損といった波に飲み込まれてしまったのが現実。

 

そして勉強がスタートすれば、そう簡単に見直して戻ることができません。

 

独学で闇雲にするにしても何をすればいいか分かりませんし、かといってFX関連の本や商材を使っても簡単に成果が出るわけではありません。

 

勉強を本格的に取り組んでいこうと考えても、

 

何が正しくて何が間違っているかの「明確な基準」がないため、勉強が行き詰まるのは目に見えています。

 

そのような事態になってしまうのは、FXが現代社会とは違う鏡の中の世界だからです。

 

その違いに気づかないと、いつまでも間違った勉強法を繰り返してしまう。

 

問題はその違いが「一体何か」ということです。

 

(2)チャート上に「答え」が存在しない

 

私たちは現代社会で問題を解く際、必ず「答えありき」で勉強を進めてきました。

 

それは受験勉強であったり資格試験が例として挙げれます。逆に答えがない前提で答えを導き出す問題ことが稀でしょう。

 

むしろ、義務教育から事前に模範解答がある状態で勉強を進めてきた以上、答えがない勉強方法を簡単に思いつくはずがありません。

 

ですが、FXの世界は現代社会と違って「全てが真逆」のパラレルワールド。

 

答えが存在しない事が当たり前の環境であり、その中で正しい勉強方法を行わなければ成果が出ない厳しい場所なんです。

 

自分で答えを導き出し、しかもそれが合ってるか間違ってるかすら分からない。

 

そんな状況で進んでいくのはとても不安になるだろうし、止めたくなっても無理はないと思う。

 

でもそれこそ、FXの世界へ参入するってことです。

 

答えがない事は、言い換えると「何にでも答えになる可能性がある」と解釈できます。

 

それを勉強中に見つけて自分なりの答えを積み上げていくことで、それを最終的な成果として残していく。

 

だからFXの勉強は根本的に違うし、現代社会の勉強が通じないのも理解できるハズです。

 

関連記事はこちら

FXで9割のトレーダーが負ける「当然」の理由

FXでは「大衆心理の逆」に思考を変えよう

 

関連するYoutube動画はこちら

 

 

 

 

(3)悩んでもトレードで相談できる人がいない

 

学校の勉強や資格の取得へ向けた相談等は、専門の先生がいたり友人知人に聞いて理解を深めることもできるでしょう。

 

しかしFXに関しては、

 

自分が困ったとしても、意見を聞いたり相談できる相手が「実質的にいない」のが現状です。

 

例えば、チャートを見る方法について意見を求めたとしても、ほとんどの人がチャートをまともに長時間勉強してきたことがないため、的を得た助言をできる訳がありません。

 

また、FXに関して批判的な見解を示す人もいるため、アドバイスを求めて「逆に」FX自体から手を引くように言われるのがオチです。

 

近所に何でも知ってる人がいれば勉強も円滑に進むでしょうけど、それは実質的に有り得ません。

 

それだけFXは世間的にも難しいと思われ、また損失に対するイメージがギャンブル並に強すぎるので、誰も手を出したがらないんです。

 

関連記事はこちら

【FXスクールの選び方】講座内容とフォロー制度を優先する

FXでメンター(師匠)を探す方法【自分に合う人を見つける】

 

(4)トレーダーとしての進捗度判別が難しい

 

FXは事前に書いた通り「答え自体」が存在しないため、私たちが今まで行ってきた勉強は一切通用しません。

 

答えがないのは、テストのように「100点=すごく勉強ができている」と考える事ができず、

 

勉強に関する進捗度、ひいては「現状のトレードスキル」すらも判断が明確にできないんです。

 

受験勉強であればボーダーラインがあり、

 


1.ボーダーが80点の試験

2.模擬試験で70点

3.あと10点取れれば試験に通る

 

上記のように想定して取り組むことができるため、現在の実力を「ある程度」は把握することができます。

 

しかしFXは答えという概念そのものがないため、

 


1.FXで勝てるボーダーは??点

2.現状のトレードスキル??点

3.必要になる点数は??点

 

勉強を半年・1年やったとしても「今」どれだけのトレードスキルがあるのか、またどれぐらいやればトレードで稼げるか正直言って判りません。

 

つまりFXの勉強は、常に出口の見えないトンネルを進むごとく「手探りで」行わなければダメなんです。

 

我々の社会では、仮に未経験の職場へ入ったとしても先輩から指導を受けたり、自分で仕事の勉強を繰り返し行っていれば、それは成果として表れて給料で還元されます。

 

しかし、FXはどれだけ勉強・経験を積んだとしても、必ず資産の増加へ直結するとは言えないんですよ。

 

むしろ直結しないことの方が多いから、世間では愚か者の投資などと比喩される。

 

もしトレーダーとして生き残っていきたいのであれば、

 

出口の見えないトンネルでも、必死に手探りで進んでいく「努力と覚悟」が必要です。

 

稼げる保証のない世界だからこそ、積極的にチャレンジして道を開いていく。

 

このようなフロンティアスピリッツこそ、今の時代は個人に強く求められている気がします。

 

関連記事はこちら

FXトレーダーとして成長する為に必要な6段階

FXの勉強期間が「1年以内」だったら天才だと思う

 

【FXは難しい】ここで絶対に必要な行動・考え方

 

 

ここまで4つの理由を挙げてきましたが、

 

FXが「いかに難しいか」分かっていただけたかと思います。

 

どう考えたって、生半可な覚悟や意気込みだと途中で息が確実に切れるし、自分から樹海へ入ってしまう危険性すらある。

 

故にFXを長期間にわたって勉強するためには、それなりの取り組みや対策が必要となります。

 


・その期間を耐え抜くだけの体力

・正しい勉強方法

・ブレずに継続するモチベーション維持 etc…

 

人によって千差万別ですが、その中でも必ず押さえておくと「今後の勉強に役立つ方法・考え方」をご紹介します。

 

チャートの研究・分析を誰よりも徹底する

 

この手の話は、私のブログやYoutubeで姑のようにネチネチ毎回のようにボやいてますが、

 

何も表示させてないチャートを「自分なりに研究・分析する」ことが、最も力のつく勉強方法となります。

 

このやり方自体はとても地道なものの、着実かつ確実にチャートの動きに関する特徴や傾向・形の形成を捉えることが出来るため、やってない人はすぐにでも取り組んでほしいです。

 

膨大な時間を費やす必要があるとしても、数年後のトレーダーとしての自力は他者と比べものになりません。

 

「勉強する暇があれば、入金して実際にトレードで身に付けて稼いだ方が早い」

 

このように考える人は多いですが、チャートをまともに見た事ないのに、実践で具体的に何を習得していくのでしょうか?

 


・損切りすることが大事

・利益確定の方法

・チャートの動きetc…

 

挙げれば色々とありますが、それらは実践じゃないと身に付かない訳じゃありません。

 

また実践でその日のチャートを見るよりも、フォレックステスター5やMT5で過去チャートを振り返っていく方が、どう考えても有益です。

 

確かに実践はお金が動きますが、あわよくば稼ごうと考えている時点でそれは「幻想」に過ぎません。

 

もっと現実を見ることに重点を置かないと、資産がいくつあっても足らないです。

 

それならサラリーマンだけで稼ぐ方が、FXよりもよっぽど堅実な道だと思う。

 

FXは自己資金を使ってトレードする以上、

 

アフィリやYoutubeとは違い「損失が発生し、かつ青天井に膨らむリスク」が潜在的にある。

 

そう考えれば、FXで稼ぐことの難しさがよりご理解いただけるハズです。

 

関連記事はこちら

FXの勉強を初心者でも正しく始める手順

FXのチャートを印刷して勉強する方法

FXでチャートを見ることに特化すれば「100%」力が伸びます

FXで過去チャートを「1000枚以上」は徹底的に見る

FXはチャートパターンを徹底的に分析する

 

関連するYoutube動画はこちら

 

 

 

 

 

勉強を諦めず継続する「不断の努力」

 

FXでトレードスキルを向上するために大切なのは、

 

センスや技術ではなく、FXへどれだけ真摯に取り組んでいけるかです。

 

ガツガツとこなしていく一例


・勉強を自発的に行う姿勢

・1日の勉強スケジュールを細かく考える

・早起きしてチャートをできるだけ見る etc…

 

このような「誰でも出来そうだけど、実際は難しいこと」を積極的にガツガツしないとダメです。

 

それぐらいしないと、チャートを見立てる力(相場を見る眼)は身に付きませんし、周りより頭1つ2つ抜けて稼いでいくことは出来ません。

 

また、勉強のペースを落とすことなく一定した量と質を維持することも大切ですが、

 

中途半端な努力は、却って学習意欲(モチベーション)の低下にも繋がりかねません。

 

FXで将来的に稼いでいきたいと真剣に考えてるのであれば、

 

自分が注ぎ込める100%の努力

 

これを継続して日々チャートを見ていくようにしてください。ここまでやって、初めてFXで通用する力を得ることができます。

 

関連記事はこちら

FXで成功する人は「強い覚悟と執念」を持っている

FXをやめる理由が「甘すぎて」話にならない

 

関連するYoutube動画はこちら

 

メンター(師匠)を作る

 

ハッキリ言うと、

 

自分よりFXを知っている人に聞いた方が、間違いなく回り道をしなくて済みます。

 

彼らは相場で起こり得る「最悪な状況」を知っているし、どういう道を通ればトレーダーとして成功するかに関しても、確証に近い持論を持ち合わせている。

 

そういった方にコメントやメールを送り「自分の現在状況について相談する」のも1つの方法です。よっぽど挑発的・批判的な内容を書いて送らない限り、無下に扱われる事はまずないでしょう。

 

稼いでいるトレーダーさんは基本的に余裕ある方が多いので、快く相談を受けるハズです。

 

でも彼らとコンタクトを取る事に抵抗がある場合、

 

トレーダーとして稼ぐまでを「非常に難しく書いたFXブログや書籍等」を見つけ、それらを読み込んでも構いません。

 

私の場合は、ユミンコさんのFXブログ(現在は2015年07月で更新がストップ)読み込み、多くの考え方や形・パターン的な動きを参考にしました。

 

自分の直感的な判断を含め、

 

「この人から学びたい!このブログを読み込みたい!」

 

そう思ったら、自分のメンター・バイブルとした上で勉強する方が最短距離を進めます。

 

自分でジャングルを切り開いていくより「舗装された道」を通る方が効率的だし、勉強方法を間違う確率も低くなる。

 

良い意味で勉強は「デキる他人」に頼って楽するのが一番ベストです。

 

関連記事はこちら

【FXスクールの選び方】講座内容とフォロー制度を優先する

FXでメンター(師匠)を探す方法【自分に合う人を見つける】

FXブログで勉強に最適なのはユミンコさん【世界一使える】

 

FXが難しいのは当然!最短の道は「継続」すること

 

 

以上が、難しいFXを勉強する上で必要な考え・取り組み方となります。

 

チャートをひたすら見て枚数を積み上げるのは苦行にしか思えませんが、これを長期的かつ継続的に行っていくことによって、相場で息長く利益を残していけるトレーダーになれます。

 

これから勉強を始める方にとっては、今までの内容はやる気を削ぎ落とす「エグいもの」だったかもしれません。

 

しかし簡単にFXは稼げるものじゃないし、簡単に利益を安定して生み出せる投資でもないんです。

 

そういった事実を今の内から知っておくことで、

 

長き勉強を続けていく為に腹をくくる、覚悟を決める

 

そういった心の事前準備をして、本格的にスタートすることが出来ます。

 

いばらの道でも「FX」を続けますか?

 

何回も同じことで申し訳ありませんが、FXは100人始めれば90人以上は挫折します。

 

それだけお金を自らの手で生み出すのは難しい。

 

それでもFXを勉強したいと思いますか?

 

即答できず悩む方は、途中でFXを放棄する可能性が高い。

 

もっと腹をくくる準備が出来てから、FXへ向き合って下さい。

 

もし覚悟が決まっており、この問いに即決で「Yes」と頷いたのであれば、すぐ勉強をスタートさせましょう。

 

後は諦めず、ひたすらチャートや外人トレーダーの書籍を見たりして修練を重ねるだけです。

 

勉強がキツいと感じる時は10回・20回の比ではないし、もう止めたいとサボったりする時もあるでしょう。

 

それでも努力を続ければ必ずチャートの見え方は変わるし、相場観が着実に身につきます。

 

だから苦しくても悩んでも耐え続け、勝ち続けるトレーダーになるまでの道をゴールまで懸命に突き進んでください。

 

生存率が極めて低い点こそ「大きな価値」がある

 

ここまで厳しめに書いているのは、

 

後になって「あの時に勉強しとけばよかった、誰かに教わっていればよかった」と後悔をしてほしくないから。

 

特に多いのは、FXの勉強が思うように進まないとダラけてしまい、ただ何となくトレードしてる状態になる事。

 

そうなれば、結局同じところをグルグル樹海を回る羽目になるため、まずトレーダーとしてのスキルは成長しません。

 

こんな未来を実現させないためには「FXをスタートさせる瞬間の覚悟」が大事で、それが折れずに維持されるからこそ勉強が進むんです。

 

別に軽く始めようとする人を止める権利は私にありませんし、口出しするのもおこがましいと思う。

 

しかし、その感覚で始めた人が成功するのを未だかつて見たことがないので、できれば初段階でその覚悟や決意を確かめて欲しい。

 

もしそこで強いモチベーションがあれば、ぜひ難しくも何故か不思議と楽しく感じるFXにどっぷり浸かっていただければと思います。

 

今回の記事が、少しでも多くの読者へ参考になれば幸いです。

 


レギオンが運営する個別のFXスクール

~正しい勉強方法でトレードスキル向上を助言・指導~

1. FX初心者でも着実かつ確実に強いトレーダーを目指せる

2. チャートの勉強の基礎からリアルトレードまでを助言! 

3.ZOOMで画面共有しながらの完全プライベートレッスン 

4.チャート添削・質問・相談等はいつでも気軽にしてOK!

 


【Youtube動画】FX勉強チャンネル

~初心者向けに正しい勉強方法をご紹介~

 


FXの勉強・検証用ソフト「Forex Tester 5」

~初心者・本格的に始めたい方へおすすめ~

1. 過去チャートが「20年分以上」も分析ができる

2. デモトレードが「オフライン」でいつでも使える

3.あらゆるインジケーターを組み合わせる事が可能 

 


【独学者向け】FX独学ガイドブック完全版

~初心者でも「1」から正しい勉強でトレードスキルを伸ばせる~

1. テクニカル分析に依存しない「裁量」勉強方法を解説!

2. 手法の作り方から検証・リアルトレードまでを完全網羅

3.約100,000字の書き下ろし+チャートパターン特典付き

 






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。