FXが独学でも取り組める「ガイドブック」を販売してます



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

昨今の副業ブームで、FXを独学で始めたいと思っている方は非常に多いですが、そう簡単に稼げる訳がなく挫折する方も目立ちます。

 

だからといって、FXスクールやオンラインサロンに入るとコスト面で負担にもなるし、正しいやり方を教えてくれるのかと不安や抵抗感も出てしまう。

 

・初心者でも正しく勉強の仕方を学びたい

・自分のペースでゆっくり勉強したい

 

今回の記事は、上記2点を求めている方に「1人でも」正しい勉強の仕方で進めれるよう、十分なボリュームを用意した「ガイドブック」のご紹介となります。

 

私自身が「独学」を前提に制作したので、興味ある方へ参考となれば嬉しいです。

 


【読む前の注意点】

ガイドブックの説明を始める前に、まず独学することの根本的難しさを説明します。

それらを踏まえた上で、FXに「覚悟」を持って取り組むか否かをご検討ください。

 

【Youtube動画】FX勉強チャンネル

FXの正しい勉強方法を紹介しています。

「下の画像」をクリックして観てね↓

 

FXの独学は「ケタ違いに」難易度が高い事実

 

 

FXを独学で頑張ってる初期の頃は、何事もスタートダッシュで意気揚々に取り組めるものの、

 

そこから暫く期間が経つと、独学が極めて難しいことに嫌でも気づきます。

 

これは皮肉で言っている訳じゃなく、極端な難易度の高さに止める人があまりに多いんですよ。

 

他に学習しようと思えば、プログラミング・物販・動画編集など多々ありますが、

 

FXだけは「圧倒的に」他ジャンルより学習が難しいと断言できる。

 

以降で、その根本的な要因を説明します。

 

現実世界のやり方が通用しない

 

FXは9割以上のトレーダーが最終的に損失を出して退場します。

 

この数字を証明する具体的根拠はありませんが、明らかに周りを見渡してみると「その数値に近いであろう事」は分かると思います。

 

なぜここまで数字が偏るのかと言えば、

 

現実社会で培ってきた勉強の仕方や実践方法が、全くとして通じないからです。

 

例えば、私たちが義務教育の中で勉強する際は「答えを軸とした解き方や考え方」を培ってきました。

 

また、運動やスポーツだとプロのスピード・パワーは無いにしても、ある程度の運動量まで高めたり、一緒に遊んだり楽しんだりするレベルまでは到達できます。

 

・勉強 = 何らかの答えを求める方法・手順を覚える

・運動やスポーツ = 実践してそれなりに上手くなる

 

このように、私たちは現代社会で上記認識を持って過ごしました。

 

これらの考えをFXに置き換えれば、

 

・勉強 = 相場で利益を出す「確定した方法」の見つけ方

・トレード = デモやリアルを繰り返して身につける

 

このようになります。

 

しかし、FXは答えといった定義が存在する世界じゃありませんし、スポーツのように初心者がひたすらトレードしたからといって、段々と上手くなるものでもありません。

 

この認識の大きなズレが、極端な勝者と敗者を分けるものとなっています。

 

だから多くの人は「聖杯」と呼ばれるものを探したり、短期間で稼げる方法といった「1 +1 = 2」のような手法へ飛びつくんです。

 

このギャップを基にして独学を続けた先は、何となくわかると思います。

 

ボーリングでいえば、ピンを狙ってるつもりで斜め45度へ投げているようなもの。どれだけ繰り返しても真ん中のピンへ進む事はありませんし、何千何万回と投げ続けたところで、スコアが上がる事はありません。

 

初心者が何も考えず独学を始めるのは、これぐらい無意味な事だと抑えてください。

 

関連記事はこちら

FXが難しい「4つ」の最凶な理由

FXの勉強期間が「1年以内」だったら天才だと思う

FXで月利20%とか月100万稼ぐ「夢」から早く覚めて

FXで9割のトレーダーが負ける「当然」の理由

 

関連するYoutube動画はこちら

 

SNSで紹介された方法は「殆ど」間違っている

 

昨今の時代、ブログやTwitter・特にYouTubeで必要な情報は簡単に見つけれます。

 

FXで独学する方は、「FX 〇〇」と検索して有益な情報を探していることでしょう。

 

しかし、特にYouTubeで紹介されているチャート認識や手法の紹介といったもので、

 

勉強を始める初心者が見ても、力が身に付くものは殆どありません。

 


・チャートの〇〇を見れば稼げるようになる

・使えるテクニカル分析はこれだ!

・トレードでメンタルを回復させる方法

・勝率を改善して利益を向上させるやり方 etc…

 

こういった「いかにも見たら稼げます」的な動画を見ても、スライムを倒した経験値分すら獲得できるか不明です。

 

仮に見るとしても、自分がリアルトレードへ進んでからでも遅くありません。

 

何が言いたいかというと、

 

初心者にとって本当に必要な「初期段階からの勉強プロセス」を、詳細に教えているSNSが極端に少ないってことです。

 

言い換えれば、自分が何となく興味を持ってみたり聞いたりしてる動画は

 

現段階で「意味のない可能性」が非常に高いと言えます。

 

勉強方法を1から10まで丁寧かつ濃く説明する動画もあると思いますが、そういった動画は大抵が登録者が少なかったりして、なかなか見つけることが難し(困難な内容ほど視聴者は見ないため)

 

見る動画によっては、いきなりテクニカル分析の丸暗記やチャートへ高値・底値ばっか記入させたりと、勉強方法が大きくずれてしまう可能性を含んでいます。

 

一度勉強方法がずれてしまうと、自分では気づかない内に「あさっての方向」へ歩いていることも少なくありません。

 

何でも見たり聞いたりすればいいって事じゃないんです。

 

関連記事はこちら

FXでテクニカル分析を最初から勉強しても意味がない

FXの本でおすすめは外人トレーダーの3冊だけ

FXブログで最適なのはユミンコさん【世界一使える】

 

関連するYoutube動画はこちら

 

 

自分が現在立っている場所(進捗度)が分からない

 

FXは自分の掲げる目標まであと何点といった数値は出ませんし、逆に自分がどれだけのスキルを持っているかも数値化して表すことができません。

 

言うなれば、海のど真ん中で方角を常に自分で確認しつつ、正しいと思う方向へ「自力で」進まなければいけません。

 

勉強してれば目的地の海岸線にある灯台が見えると思っていたものの、ひたすら同じ海をぐるぐる回っているだけのケースが、特に初心者は圧倒的に多い。

 

こうなってしまうと、そもそも勉強進捗度が分かってない状態で物事を考えるため、

 

さらなる迷走に入り「樹海」から抜け出すことが出来ない状態に至ります。

 

そんなとこまで落ちるわけがない!と思うかもしれませんが、皆がこうなるから毎年のように「9割以上の損失者」が生み出されるんです。

 

皆と同じことをしていたら、同じように損失を出して退場に至りますよ。

 

関連記事はこちら

FXでは「大衆心理の逆」に思考を変えよう

 

関連するYoutube動画はこちら

 

 

地道なチャート勉強を継続することが「近道」となる

 

では、ほとんどの人が行っていない勉強方法は何かというと、

 

チャート自体に重きを置き、ひたすら研究・分析することです。

 

結局はチャートを見てトレードするんだから、そのチャートの動きや傾向・特徴・形などを自分なりに理解してなければ、ランダムに動くチャートに対して柔軟に対応できるわけがありません。

 

この勉強方法は、パソコンに表示されたチャートをボケ~ッと眺めるわけじゃなく、

 

チャートを印刷して、受験生のように線をひいたり書き込んだりと「アナログ的」に行うことです。

 

こういった方法は殆どの人が面倒くさがったりして、感覚的に100人いれば90人は少なく見積もっても諦める。

 

なぜなら、トレードスキルに即効性がなくあまりに地道だからです。

 

しかし、この修行僧みたいなチャート勉強を「1年・2年」と必死に行っていくことが、5年10年後を見据えれば確実に最短ルートだと断言できます。

 

なので、当ガイドブックにつきましても「独学で行えるチャート勉強」を軸に構成しました。

 

関連記事はこちら

FXの勉強を初心者でも正しく始める手順

FXのチャートを印刷して勉強する方法

 

関連するYoutube動画はこちら

 

 

 

FXの独学ガイドブックについての具体的内容

 

 

当ガイドブックは、見出しにも書いてある通り「独学でFXを勉強される方」を対象に制作しました。

 


・トレードスキル向上に効果ある勉強のやり方

・運営するFXスクールで約5年以上お伝えしてきた内容

・今まで質問や相談として受けてきた事例 etc…

 

上記のように多角的内容も含めているため、内容は濃く仕上がっています。

 

一般的な独学の場合、巷の書籍やブログ・Youtube等を参考にして進めますが、どうしても薄い内容だったり1つのテーマを大きく掘り下げてないのが現状。

 

例えば「チャートを見ましょう!」と書籍に書いてあったとしても、具体的に何をどうやって見たり分析すればいいのか、全く触れてなかったり。

 

また、デモトレードの具体的な活用方法に関しても、特に言及されてないケースが多いです。

 

もしそのような環境下で自分なりに独学を進めると、気がつけば同じところを何度も徘徊する事態になりかねません。

 

故に当ガイドブックでは、独学する際に必要な「正しい勉強方法」に特化し、初心者でも道が逸れず「自分のペースで取り組めるやり方」を数多く紹介しています。

 

勘違いしてほしくないのは、稼げる手法やルールを掲載している訳じゃなく、

 

最終的にそこまで辿り着くためのプロセス

 

上記を詳細に記述しているので、その点だけご承知ください。

 

チャートだけを純粋に見て勉強する方法を明記

 

私のブログを見ている方は周知かもしれませんが、チャートの形やパターン的な動き・動き方の強弱や大衆心理といった「チャートを純粋に見たトレード」を行っているため、

 

・テクニカル分析(移動平均線など)

・ファンダメンタルズ分析 etc…

 

上記のような補助的ツール・考え方の記載や、これらを用いてのトレード方法等については、一切の紹介や書き込みをしておりません。

 

チャートを徹底して見る勉強方法でも、十分に方向性や動きの分析をする事が出来ますし、

 

「チャートを1枚でも多く見て、そこから何かを得ていく」

 

この方が、確実に効果があると実感しているからです。

 

チャートを10枚20枚見て分かる事は殆どありませんが、100枚200枚と徹底して見れば「嫌でも」動きの傾向・形に関して、少しづつ理解が深まると思いませんか?

 

なので当ガイドブックは

 

「テクニカル・ファンダメンタルズをトレードへ絡めたい

 

この目的には不向きですが、

 

強い裁量(自己判断)を持ち併せて、長期的にトレードを組み立てたい

 

こういったトレードスタイルを希望する方にとっては、有益になる可能性が高いと言えます。

 

全体で156ページ・文字数は「約98,000字」の書き下ろし

 

当ガイドブックのボリュームに関しては、どのFX関連の書籍・レポートと比較しても、絶対に負けないであろう文字数で構成。

 

それだけ1つ1つの項目を深く掘り下げているので、明らかに内容で劣っている箇所はないと自負しています。

 

基本的に「全て書き下ろし」なので、普段更新しているFXブログより更に突っ込んで書いてるし、別角度から詳細に記述した内容も数多くあるため、非常に濃い情報量のガイドブックに仕上げました。

 

各項目の最後にFXブログで関連する記事のリンクも貼っているので、当ガイドブックとブログを行き来する事による「相乗効果」も期待できます。

 

そして現在は、私のYoutube動画でもチャート勉強の「基礎中の基礎」を解説しているため、

 

ガイドブック・ブログ・Youtubeによる多角的な独学環境

 

これを充実させる事が、より一層可能になったと言えるでしょう。

 

勉強の始め方からリアルトレードまでの道のりを網羅

 

構成は初心者でも安心して取り組めるよう、FXの勉強を始める前の心構えから、必要な物や過去チャートの細かい見方など、

 

トレードスキル向上に合わせた「段階ごと」の勉強方法を掲載。

 

最終的にリアルトレードへ進むまでの道を明示しているので、到達目標も理解した上でコツコツ勉強を続けることができます。

 

独学ガイドブックの目次一覧

 

第1章 勉強を始める前に「覚悟」しておくこと(1~12ページ)


1-1 FXは簡単に稼げないし、絶対に稼げる保証がない

1-2 稼ぐまでのスタートラインへ立つまで長期間かかる

1-3 途中は壁が何度も訪れる、挫折者は恐ろしく多い

1-4 最終的に残るのは1割未満

1-5 正しい勉強を諦めず行えば、確実かつ着実に力がつく

 

第2章 FXの勉強を進める全体のプロセス概要(13~18ページ)


2-1 過去チャートを見る(修行僧の始まり)

2-2 過去チャート+デモトレード(動くチャートを体感する)

2-3 検証→統計取り(優位性を証明)

2-4 最終調整のデモトレード(リアルへ行く前の準備)

2-5 リアルトレード(トレーダーとしての第一歩)

 

第3章 過去チャートを見る【修行僧の始まり】(19~78ページ)


3-1 なぜ過去チャートを見ないとダメなのか?

(1)紙で過去チャートを見るアナログだからこそ、感覚を多く使える

3-2  家族がいる方は、事前に承認・協力を求める事が必須

3-3  過去チャートを見るために必要なツールを用意する

(1)フォレックステスター4
(2)プリンター(スキャン付きがあれば望ましい)、その他備品

3-4 フォレックステスター3で行うチャートの設定と印刷方法

(1)チャートの時間足はどれがいいのか?
(2)FT3の初期設定
(3)チャートの印刷方法

3-5  過去チャートへライン(水平線)を引くやり方

(1)具体的なラインの引き方・注意点

3-6  チャートへメモ等の書き込み方法

(1)人間は忘れてしまう、だから書き込む
(2)インプットと同時にアウトプットを繰り返して学習できる
(3)チャートは常に思考をしながら見る

3-7  初段階の過去チャートを見る勉強の流れ

(1)勉強するプロセスの全体像
(2)既に終わった過去チャートを復習する意味
(3)新しいチャート、過去チャートにかける時間

3-8  スキマ時間の使い方

(1)他がしないので、周りよりも頭1つ抜けて学習に取り組むことができる
(2)チャートを見ない「ブランク」が広がらない

3-9  指標・発言は羊飼いのFXブログをチェック

(1)羊飼いブログで過去の指標や発言を見る方法

3-10  ユミンコさんのブログを熟読する

(1)ワード等にコピペで編集して印刷し、持ち歩くのもアリ

3-11  チャートの見方は基本的に順張りで見る

3-12 大衆心理と優位性の意味を理解する

(1)大衆心理は、チャート上でほとんどの負けトレーダーが考える思考
(2)大衆心理が大きく恐怖へ偏る時、優位性が生まれる

3-13 形やパターン的な動きを認識する

(1)真似て自分の+ αを加え、オリジナルの優位性とする
(2)優位性の可能性ある形やパターン的な動きを収集し、最終的に使えるか判断する

3-14 ファイリング(マイパターン集)を行う

(1)ファイリングをするメリット

3-15 最低6ヶ月は過去チャートを見る

3-16 デモトレードを始める際は事前に勉強内容をまとめる

3-17 多くいただいた質問集

(1)勉強スケジュールに関して
(2)未来を見る→過去の形を覚えるのは絶対にダメ
(3)始めて数ヵ月で何も見えたり気づいたりしないのはダメか?
(4)次の日付の過去チャートに進むタイミング(Ex .1/1月→1/2火)
(5)壁が訪れたとき(チャートが意味不明に見える時)
(6)チャートへの書き込みが不安になってきた際の確認プロセス

 

第4章 過去チャートと並行してデモトレード(動くチャートを体感する)【79~109ページ】


4-1 デモトレードの環境を作る

4-2 過去チャートと同じように根拠や見立てを書き込む

4-3 過去チャートは復習をメインに

(1)過去チャートを見る際はエアトレードもOK
(2)「過去⇔デモ」の行き来をしてフィードバックを

4-4 現段階で収益は考えない!トレード終了までのプロセスに重点を

4-5 トレードの手法・ルールは「大枠」から作る

4-6 デモトレード後は必ず反省をする【当日がベスト】

4-7 エントリー詳細

(1)エントリーは「実行→反省→改善」の繰り返し
(2)エントリーは根拠ありきで
(3)ノーエントリーが増えるのは当然
(4)レンジの形は注意せよ
(5)成り行きは今乗らないとダメな時に
(6)結果が損切りでも、プロセスが手法的に完璧なら問題なし

4-8 損切り詳細

(1)必ず入れるのは当たり前
(2)LC幅は15~30pipsラインを手法によって柔軟に変える
(3)チャートの動きに応じて狭めていく

4-9 利食い詳細

(1)基本は伸ばすことをベースに
(2)自分で利食い幅の限界を決めない
(3)リスクリワードは考慮しなくてOK
(4)分割決済を使って伸ばす
(5)指標・発言は必ずチェック
(6)逆指値はチャートが「ここまで戻したらアウト」と思う場所に
(7)チャートの急な動きの変化に気をつける【浮かれない】
(8)チャートを良い意味で見ない

 

第5章 検証→統計取り(優位性を証明)【110~125ページ】


5-1 事前に手法・ルールを完全に固めてから行う

(1)手法やルールに抜けている点がないか、あらゆるパターンでチェック

5-2 統計期間は3年程とりたい(2014~2017年の間を目安に)

(1)検証の始め方【トレードスタイル別に解説】
(2)検証で不正(八百長)をしない【妥協は×】
(3)途中でルールを変えてはいけない

5-3 1月毎に結果をまとめる

(1)各状況における精査の手順
(2)結果をまとめる

 

第6章 最終調整のデモトレード(リアルへ行く前の準備)【126~132ページ】


6-1 統計で課題となった改善・修正を行う(再検証でも確認)

6-2 本番前を意識し、常に淡々としたルーティントレードを心がける

6-3 日々のトレード反省は必ず寝る前に行う

6-4 デモトレードは最低3ヶ月以上行い、内容は収益を含めて総合評価する

 

第7章 リアルトレード(トレーダーとしての第一歩)【133~147ページ】 


7-1 する事はデモトレードと変わらない

7-2 初期数量は用意する資金と現在の心の器で

7-3 日々のトレード反省は絶対にサボらず行う

7-4 数量は月単位で管理、pipsの積み上げでUPする

7-5 連敗しても絶対にブレない(自分を信じる事)

7-6 常に手法は研磨する

(1)トレードスタイルを拡大してもOK
(2)新しい手法(逆張りなどを盛り込む等)構築へ取り組む

7-7 10万通貨は1つの到達点

 

上記には細かすぎるので含めていませんが、更に細分化して段落構成しているものも多数あります。

(Ex.3-1 ⇒ (1) ⇒ (2) ⇒ 1 ⇒ 2 )

 

また【補足】や【注意点】といった別記載も各所に含めているので、1つ1つの項目は長めです。

 

ただボリュームで圧倒的に多いのは、第3章の過去チャートに関する勉強方法。

 

ブログでも書いているように、この初期段階における取り組みが「後々のトレードスキル形成」に大きな影響を与えます。

 

ここに時間をどれだけ費やしても、十分過ぎるリターン(知識や経験等)が最終的に手に入る為、徹底的にチャートを見ていってほしい段階です。

 

なので、当ガイドブックでも多くのページ数を使って詳しく紹介しています。

 

初心者でも「覚悟を決めて始めたい方」におすすめ

 

当ガイドブックは、初心者・独学を検討している下記のような方におすすめ。

 


・FXスクールやセミナーで30万50万といった高額を払うのに不安

・周囲が独学せざるを得ない環境(誰かに教わる許可がおりない等)

・できれば、自分のペースで着実に勉強を進めていきたい

・現在勉強している内容を更に掘り下げようと考えている etc…

 

FXの勉強を始めようと考えてても、様々な事情によって習うことが出来なかったり、勉強時間が非常に限られてて「自分のリズム」で始めたい方もいると思う。

 

ゆえに上記のような、独学を検討している又はトレードの参考に使いたいと考える方におすすめです。

 

FXの独学ガイドブックに関する販売価格・特典

 

 

ここからは、当ガイドブックの販売価格・形式等について詳しくご紹介します。

 

価格は文章量と内容を考慮して決めましたが、「本気で勉強を始めたいと検討している方」に少しでもご興味を持っていただければ幸いです。

 

販売価格及び販売形式(全て税込)

 

独学ガイドブック完全版

¥29,800円

 

現在は「お問い合わせ経由」で販売しております。

 

FX独学ガイドブックの特商法に関する記載

 

【お問い合わせ経由でご購入の流れ】

1.当ブログ「お問い合わせ」より商品名と支払い形式を記述していただきます。

2.お問い合わせ欄に記入されたメールアドレスへ、支払手続の詳細に関するご返信致します。

3.お支払い確認後、こちらよりガイドブックのファイルを添付してお送りします

 

*支払いは銀行振込又はPayPalが使えますので、お問い合わせよりその旨をお送りください。

 

注意点

ご返信しても、そのまま何も連絡のないケースがあります。

未着の可能性も考え、こちらに2日お返事がない場合は「2つ」のメールアドレスより再送してはいますが、迷惑メールに振られている可能性もあります。

なので、もし手元に私からのご返信がない場合は、お手数ですがそちらもご確認ください。

 

購入者様への特典

 

合計53枚「形や動きのパターン」集

ガイドブックに関するサポート*1

 

(*1)次の項目「FXの独学ガイドブックを購入する際の注意点」で、サポート範囲の確認をお願いします。

 

形や動きのパターン集は、私のブログ記事「FXトレード結果」から集めたチャート画像等をZIP形式にて添付します。

 

ユミンコさんからパクって自分の使い方へ落とし込んだ「V字・3点跳ね返り」はもちろん、「イレギュラー的な動き」や「決定打(ダメ押し)」といった独自の判断基準なども掲載。

 

これを見ることで、自分で見つける際の「参考や指針」になると思います。

 

FXの独学ガイドブックを購入する際の注意点

 

 

ここでは、独学ガイドブックの購入を検討される方に向けて、いくつかの注意点を書きます。

 

FXの勉強は一見簡単そうに見えますが、やってみると「しんどい・苦しい・止めたくなる」のマイナス要素しかないため、独学でしようが誰かに教えてもらおうが、継続する意志の強さが必要。

 

その点を踏まえ、下記3点を見ていただければと思います。

 

サポートはガイドブックの疑問点や質問等に限ります

 

あくまでも「独学」をメインとした構成で制作した為、1つ1つの言葉の意味を理解していただけるよう、細心の注意を払って記述していますが、

 


・言葉の意味の解釈

・読んでいて疑問に思った箇所

・本書を使って取り組む際のご相談 etc…

 

上記につきましては、ガイドブックに記載しているメール or 問い合わせから送っていただいても構いませんが、下記のような「踏み込んだサポート」はご遠慮いただいております。

 


・チャート画像や手法の添削

・電話を使っての授業やフォロー

・解決に長期間かかる詳細なご相談 etc…

 

これらは運営している「個別FXスクールのサポート」に近いと思われる内容ですし、ここまでOKにすると「何でもアリ」になるので、首を縦に振ることは厳しいです。

 

従って、既存のスクール受講者へ提供しているサービスと区別する観点から、上記3点に近い内容につきましてはお受け致しかねます。

 

購入しても「確実に稼げる保証」は出来ません

 

これはわざわざ書く必要ないかもしれませんが、お金を出して100%稼げるようになるなら、誰だってこんなにFXで苦労はしません。

 

当ガイドブックは、あくまでも「稼げるようになる為の正しい勉強方法」を記載してるのであって、

 

最終的に必要となるのは、ご購入された方の継続的な努力と執念のような諦めない根気強さです。

 

時間は長期的に必要となりますが、上記を持ち合わせ勉強を続ければ着実にトレードスキルは向上します。

 

購入する前から「長期的な目線で勉強する覚悟」が出来ていれば、当ガイドブックはその道を照らす明かりとなるハズです。

 

長期間の勉強なので「腹を括る」必要がある

 

上の内容と被りますが、仮に初心者が購入して半年や1年で「20万30万」稼げるなら天才に近いと思う。

 

私は独学で道も分からず、長い時間を右往左往しながらユミンコさんというバイブルを見つけ、全国ランキングベスト5ぐらい熟読しつつチャート勉強を重ね、3年半以上の年月を費やして安定するに至りました。

 

仮に「FXに3~5年を費やして稼げるようになった!」というトレーダーがいても、それは全然遅くない!むしろ早いぐらいに感じます。

 

何故なら、自分の実力で「世界のどこでもお金を増やせるスキル」を身に付けたんですから、それはどの資格や技能においても

 

稼ぐに特化した中では、個人でこなせる「圧倒的スキル」だと思う。

 

自由にゆとりある生活が送れる権利が得られるなら、3~5年ぐらいの時間がかかっても当然だと言える。

 

その勉強期間を受け入れる事ができるか?

 

あとは検討者様の腹のくくり方次第です。

 

関連記事はこちら

FXで成功する人は「強い覚悟と執念」を持っている

FXトレーダーとして成長する為に必要な6段階

FXをやめる理由が「甘すぎて」話にならない

 

関連するYoutube動画はこちら

 

FXの独学ガイドブックを使って「正しい勉強」を目指そう

 

 

以上が、FXを正しく勉強する「独学ガイドブック」の詳細な説明となります。

 

持てる限りの知識や経験を詰め込んだ「集大成」に仕上げたので、文字数と中身からいっても「本格的に勉強を始める方」には必ず有益になるハズですし、ご満足いただけると思います。

 

ご購入は後方リンクより専用ページへ飛ぶので、そちらで手続きをお願い致します。

 

これをご縁に読者が正しい勉強へ着手し、トレードスキルを形成していただければ幸いです。

 

現在は「お問い合わせ経由」で販売しております。

 

FX独学ガイドブックの特商法に関する記載

 

【お問い合わせでご購入の流れ】

1.当ブログ「お問い合わせ」より商品名と支払い形式を記述していただきます。

2.お問い合わせ欄に記入されたメールアドレスへ、支払手続の詳細に関するご返信致します。

3.お支払い確認後、こちらよりガイドブックのファイルを添付してお送りします

 

*支払いは銀行振込又はPayPalが使えますので、お問い合わせよりその旨をお送りください。

 


レギオンが運営する個別のFXスクール

~正しい勉強方法でトレードスキル向上を助言・指導~

1. FX初心者でも着実かつ確実に強いトレーダーを目指せる

2. チャートの勉強の基礎からリアルトレードまでを助言! 

3.ZOOMで画面共有しながらの完全プライベートレッスン 

4.チャート添削・質問・相談等はいつでも気軽にしてOK!

 


【Youtube動画】FX勉強チャンネル

~初心者向けに正しい勉強方法をご紹介~

 


FXの勉強・検証用ソフト「Forex Tester 5」

~初心者・本格的に始めたい方へおすすめ~

1. 過去チャートが「20年分以上」も分析ができる

2. デモトレードが「オフライン」でいつでも使える

3.あらゆるインジケーターを組み合わせる事が可能 

 






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。