FXで勝率を上げる必要は全くない!



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

FXで勝っているトレーダーの話を色々聞くと、自然に誰もが一度は「勝率」について知りたくなってしまうものです。

 

「この人は勝率が良いからトレードもトータル勝ち越してるんだぁ」

「80~90%の手法を作って勝てればFXでウハウハやん」

 

そう考えてしまうのも無理はありませんが、世間一般に浸透している勝率は「勝つために必要なもの」だという認識があまりに強く根付いてしまい、本来手法に必要な本質から大きく遠ざかってしまっています。

 

その考え方でFXを奥深くまで進んでいくと、自分がいざ手法を構築する際に訳が分からなくなり、最終的に樹海で結論の出ない勝率と手法の関係に一生を費やす可能性すら出てきます。

 

なので、勝率を上げようとこだわり過ぎている方は、早期に思考プロセスを変えていく必要があります。

 

今回は勝率が手法に及ぼすメカニズムを説明させていただくと共に、他に優先的に取り組まなければならない事があるというのをご理解いただければ幸いです。

 


この記事で分かる内容

1.FXで勝率を操作する事は難しい

2.勝率が低くてもプラス収支であれば問題ない事

3.「優位性 > 勝率」の重要性

 


まずは勝率について、正しい考え方を知ろう

 

 

FXをする上で、メディアや書籍でよく目にする勝率という言葉ですが、これを聞くと多くの方は「勝率=高ければ最強」のようなイメージを持たれます。

 

確かに勝率は高ければそれに越した事はありません。しかし、世間一般に考えられる勝率とFXにおける勝率はパーセンテージが同じであったとしても、その内容が意味するものは根本的に大きく異なっています。

 

すべての勝率を同じ意味で考えると、今後苦労するのは間違いないので、必ず意味の違いについて理解するようしてください。

 

世間一般的な勝率の考え方

 

 

例えばスポーツ競技でいうテニスを例にとって考えてみましょう。

 

テニスは各大会ごとの順位で貰えるポイントに大きな差はありますが、初戦であろうが準決勝であろうが1勝すれば1勝、負ければ1敗とカウントされそれが最終的に何勝何敗とトータルで計算されていきます。

 

新米のプレーヤーに勝とうがフェデラーに勝とうが、カウントされる数字は「1」です。

 

その勝敗は本人にとって重たくとも、数字で見ればそれは単なる1勝or1敗に過ぎません。だから勝率において「強い選手に勝ったから1勝→3勝分の価値にアップ」するなんて計算がされることはないため、その数値が示すデータは正確なのです。

 

またテニスは勝てば勝つほどシードからの参加となるため、そこまで弱小プレーヤーに多くあたる訳もないのだから、仮に100戦して90勝なんてしていた場合、その勝率90%という数値には必然的にそのプレーヤーの強さが加味されるのです。

 

つまり一般的な勝率という意味は

 

数値が高ければ高くなるほど強い・上手い・成績や結果が優秀

 

このように捉えても概ね差し支えないと思います。

 

FXにおける勝率の考え方

 

 

FXにおける勝率は、数値が高ければ勝ててるトレーダーという意味ではなく、その中の内容を加味した上で総合的に優劣が決められます。

 

例えば1回目のトレードが-10pipsで2回目のトレードが+50pipsとしましょう。勝敗でいえば1勝1敗の勝率50%で獲得pipsは+40pips。この場合は内容を見てもプラス域の成績が出ているため問題ありませんが、下記の場合はいかがでしょうか?

 

・1回目 +20pips

・2回目 -100pips

 

この場合は勝率が同じ50%でも-80pipsと意味する内容は別モノで、明らかに2回目の成績が大きく偏っています。これでは勝率がいかに良くても成績がドカンと一撃なってしまえば何の意味も持ちません。

 

FXにおける勝率の仕組み

故にFXは勝率だけの数値にこだわってしまう事は、非常にリスキー。

 

だから勝率がどれだけ恐ろしく高くても、たったの1回で破滅するようなトレーダーが平気で続出します。こういったパターンは、コツコツドカンの典型例とも言えるでしょう。

 

勝率を上げつつ手法を作っていく過程に無理がある

 

 

そもそもチャートをまともに見たこともない人が、書籍やブログを読んで「勝率重視」で手法を作っていこうと考えてしまう事に無理があります。

 


・リスクリワードを1:3で組めば負ける事はない!

・テクニカルを駆使して勝率90%は余裕

・商材のシグナル配信で勝率を上げていくetc…

 

大体が初っ端の場合は上記のように考えたり行動しがちですが、チャートの何がどうなってこういう動きをしたりするといった「特徴やパターン」すら抑えてもいないのに、勝率だけに目がいってしまうのは危険極まりない。

 

勝率80%ぐらいを目標にする!⇒チャートを見て手法を作っていく

 

このプロセスは正しいように見えて、実は極めて無謀に近いということが分かるでしょうか?

 

勝率80%を意識してチャートを見たとしても、その確率で動くチャートパターンを見つけるのは困難だし、最終的には自分の都合よく動いたチャートだけをピックアップして、手法作りに励むことになるからです。

 

つまり、純粋にチャートの動きや傾向等を見ていくことが出来ません。

 

単純に手法っぽいものが出来ただけであって、中身は優位性もへったくれもない「スカスカなもの」が完成したに過ぎません。それで勝率80%で月に○○万稼げるんなら、誰だって稼げるでしょ?

 

でも殆どの人が稼げないという事は、そのやり方では手法を構築していくのが非常に難しいということです。だから勝率重視で手法を作っていく考え方自体に限界があるんです。

 

勝率を上げるにしても、結局は優位性がないと意味なし

 

 

先ほどでも書いた通り、手法には勝率よりも重要な「優位性」の概念があります。これは自分の手法が相場で他者よりも稼ぐ可能性が高いという意味ですが、勝率が高い=優位性が存在する訳ではありません。

 

優位性は、エントリーの仕方や損切り・利食い・トレードの考え方など、総合的な見地から導き出されるものであって、必ずしも勝率が関係することはないですし、むしろ勝率は「後付け」がほとんどです。

 

だから、月単位で利益を出しているトレーダーで勝率25~50%ぐらいはザラにいますし、僕自身も勝率は25~40%の間をウロウロしています。それでも十分に優位性があれば生き残れるのがFXであって、決して勝率を意識して取り組んだからではありません。

 

逆に僕の知っているトレーダーで、フィボの数値をオリジナルに設定して高い勝率を実現し、それ自体に優位性を持たせてしまう人もいますが、それはあくまでも結果的に勝率が非常に高くなっただけで、初めはテクニカルをめっちゃ研究したと言ってました。

 

最終的に優位性を持たせた手法を微調整して勝率を上げていくのならまだしも、勝率を前提としたチャート分析や検証を、そのまま手法の優位性へ直結させる事は難しい。なので、読者にはまずチャートを純粋に見ていくことをオススメしたいし、それが優位性の構築へ繋がるとも断言できます。

 

勝率は、優位性が出てきてからの話で問題ありません。

 

pipsが獲れていれば、勝率が低くても適切なトレードと言える

 

 

ここまでの話で、

 

FXが勝率ではなく優位性を根本とし、それが結果としてプラスになっているか否か

 

この考え方が求められる事をよく分かったと思います。仮に勝率が低かったとしても、獲得pipsが合計で100pips200pipsと獲れていれば、その手法は勝率が低くても適切だと表現する事ができます。

 

つまり、勝率がそこそこ良くてpips的にも獲れているのであれば、非常に優秀だということ。FXを長期的に行っていくのであれば、ここを重視しなければいけません。

 

結局は最終的に勝率UPを狙っていきたいのであれば、チャートを見るのに時間を費やしたりしなければダメです。まずは優位性をジックリと形成していくことが、FXでは何よりも大切である点を理解してください。

 

FXで勝率を無理して上げると「ハイリスク」な3つの理由

 

 

多くのトレーダーは

 

「勝率なんて検証すれば簡単に上げれるんちゃうの?」

 

このように思ったり考えたりしている方が多い。ですが、それは優位性のある手法を構築する際に樹海へと招かれない発想です。

 

勝率を変えることは優位性の根幹を変える事にも繋がってしまうからです。

 


・いつもより多めにエントリーしてチャンスを拾える数を稼ぐ

・狙いを絞りに絞って少ない母数で勝率を大きく上げるetc…

 

仮に手法の勝率を上げるために上記の施策を試したとしても、最悪は手法構築自体がどうすればいいのか、今後においてドツボに嵌りかねません。下記でそれらの状況をご紹介します。

 

強引なエントリーになり、せっかくの優位性が失われる

 

 

いつもより多めにエントリーしてチャンスを拾える数を稼ぐ

 

自分ではチャンスだと思ってガンガン攻めてエントリーすることで数を稼ぎ、勝率に貢献させようとトレードされる方がいらっしゃいますが、そういう時は殆どが優位性のない状況下でエントリーをしている可能性が高いです。

 

波が長期的にきているようなチャートなのならまだしも、そのような特殊な状況はなかなか訪れないし、また狙って初動から獲れるものでもありません。

 

故に数打って勝率を稼ぐというのは、せっかくの手法における優位性を自ら低下させるようなものです。しかも優位性自体が疑わしい手法でゴリゴリとエントリーしているのであれば、それは死活問題となります。

 

とてもじゃないけど、それは正常な状態でトレード出来てるとは言えないでしょう。

 

pipsを獲得できるチャンスを自ら失う

 

 

狙いを絞りに絞って、少ない母数で勝率を大きく上げる

 

逆にこの方法はチャンスがきた際に絞ってエントリーするから勝率が向上するようにも思えますが、通常のトレードより絞るという事は「いつものトレードを大きく崩す」という意味にもなります。

 

例えばチャンスが5回あったのを更にそこから候補として2回までに絞った場合、確かに1勝1敗になったりして獲得pips上もプラスになるかもしれません。

 

ですが、それは言い換えると「残り3回のチャンスを放棄する」という意味にも変わります。

 

相場で月単位においてチャンスはそう何回も訪れるものではないし、逆に絞った2回のチャンスで大きく獲れるといった保証もありません。場合によっては勝率を上げる代償に、手法における期待値を著しく下げるトレードになりかねないという事です。

 

狙いを絞るのも分かりますが、それによって獲得pipsの範囲が狭くなってしまうのは、トレードに関して皮肉としか表現のしようがありません。最悪はトレードで腰が引けてしまう事に繋がりかねないため、過度にピンポイントで狙っていくのは控えましょう。

 

FXの勝率は手法の中身によって大きく変わる

 

 

世間では「勝率は40~50%以上がいいでしょう」とか色々な憶測が広まってるけど、何を根拠にそんな事を述べているのが分かりません。

 

全ては手法の中身によって全部変わります。

 

その人がどういうスタイルでトレードをしてて、損切りはどうするのか?利食いはどう決めるのか?etc・・そういった細かい条件やルールを全て理解した上で最適な勝率は算出されます。

 

ちなみに僕はトレード総括で勝率を参考にまで書かせてはいただいておりますが、

 

基本的に勝率を上げる事を意識してトレードした事がありません

 

何故なら、月のどこかで一撃大きいのを数発獲れればいい感覚で行っているし、手法やルールと噛み合わない時はちょいプラ・ちょいマイナスで耐えて凌ぐってぐらいにしか考えていないからです。

 

勝率が25%・30%レベルであっても月単位で勝っているのはザラだし、トレードが安定して数年たった今でも考え方は変わらないです。

 

だから、世間の言い分など間に受けてはいけません。

 

FXは勝率を上げるより「トータルでプラス」を追求する

 

 

どうしても「勝率を重視したい方」に唯一言えるとすれば、勝率は手法・ルールによって変わってくる。損切り幅を広げたり狭めた際にも大きく変わるし、利食いのルールによっても変動するという事です。

 

だから、まずは自分の手法をしっかり精査し、あらゆるパターンを考え統計を取る事。それでも必要な勝率が維持できていないのであれば、手法自体の発想を逆にしてみる事。

 

勝率が悪いからといって、単純にそのまま手法を捨てるのは勿体無い。「勝率が悪い」という発想を逆にしたらどうなるか?ここに活路があります。そしてここまでの発想までたどり着き、大衆の逆という真の意味が分かってくれば、

 

勝率はあくまでも手法上で必要な値であって、実際はそれほど重要なものではない。

 

このように頭が認識を始めます。優位性のある手法が出来てしまった後はそれに沿って同じ事を繰り返すのみなので、勝率が一時期低かろうが高かろうが関係ありません。

 

またパチンコ・スロットと同じで、FXの勝率も長期的に見れば収束します。だから勝率を意識して手法を作るよりも、

 

まずは優位性を導き出し手法を構築する。勝率うんぬんはそれから

 

このように進んで行く過程をオススメします。トレーダーとしての進捗度を遅らせないためにも、まずは自分で確実かつ着実に少しづつ出来ることから始めていきましょう。

 

そうすれば自ずと勝率のことなんて気にしなくなるし、勝率よりも大事なもの(ポジション管理・メンタル等)がある事に気づくハズです。そうやってトレードスキルは形成されていきます。

 

今回の記事を通して、少しでも多くの方に「勝率」ではなく「優位性の探索」を始めてもらえれば幸いです。

 

 

FXスクールに関する記事一覧

 

 

FX独学ガイドブック販売ページ

 

 






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。