FXをやめる理由がみんな甘すぎると思う【苦しくて当たり前】



おはこんにちばんは、レギオンです。

 


・FXの勉強を始めたはいいけど、何をやっても意味分からんから諦めよう

・トレードを常にチャートを見てしまくったけど、マイナスが続くだけだから向いてないのかも…

 

このような状態に陥ってしまい、FXを継続すること自体をやめる人も非常に多いと思います。

 

ですが、本当にやめるに至る結論を出すレベルまで、チャートに向かいあったり、自己反省の作業を必死に行ったのでしょうか?

 

大抵がうわべだけの勉強で終わったり、ただ単純に大損したから嫌になってやめるなど、短絡的な理由が圧倒的に多いです。

 

今回の記事は、FXをやめると「結論を出す前のプロセス」に焦点を当てて書きます。

 

Youtube

FXの正しい勉強方法に関する動画を重点的にUPしています。

 

FXをやめる理由が甘すぎるし、早すぎる【特に初心者】

 

 

多くのトレーダーがFXを途中リタイアする原因として、大損や強制ロスカットで証拠金を無くしてのパターンがほとんどです。中には勉強を始めたけれど、チャートの動き方に整合性がとれず、飽きてやめる方もいるでしょう。

 

確かにFXは難しいし、勉強途中は壁が何回も訪れたりするから、やめたくなる気持ちも分かる。でもどのような状況で苦しむにせよ、そう簡単にFXを辞める理由はありません。

 

0から1を生むような「現代版の錬金術」を習得しようと思えば、それ相応の期間を悩んだり苦しんだりしても、乗り越えなければならないからです。

 

資金を吹っ飛ばしたり、勉強を放棄したりする理由が自分の中に明確にあるとしても、

 

それは客観的に見れば、ただ自分を納得させるだけの浅はかな根拠にしかなりません。

 

絶対的な答えがない以上、主観的な判断で止めるのはあまりにもったいなく感じます。

 

FXで大損したから「やめる」は何も意味がない

 

FXを辞めたいとか、続けることに疑問視をしているトレーダーの中でも、チャートを徹底的に見て苦しんでいる方は非常に少なく思います。

 

じゃないと、FXで毎年のように8割から9割も負けるわけがないし、もっと皆が慎重にトレードしていてもおかしくないからです。

 

しかしそうではなく、安易にリアルトレードへ大金を突っ込んだりしている人があまりに多いのは、勉強過程が大きく抜けているからに他なりません。

 

受験勉強を全くしていないのに国立大学を受けて落ちてしまい、「俺にこの大学は向いてないから諦めるわ」と小言のように言われたら、どのように感じますか?

 

FXもこれと大して変わらず、FXを全然勉強してなくてリアルトレードで負けまくった。この場合、大損したとしても何の文句はいえません。

 

もっとFXで勉強すべき内容は沢山ある

 

また、FXの勉強を始めたけど訳がわからず辞めたくなっている人は、明らかにやめ時が早すぎます。

 

いろいろな書籍やブログを見たり、商材を買ったりセミナーへ行ったりしてるかもしれませんが、

 

FXでしなければいけない根本的な努力は、チャートを100枚でも200枚でも徹底して「思考しながら見ていくこと」なんです。

 

これはどの作業よりも優先して行わなければダメだし、今後のトレードスキルを形成していく上で、絶対的な影響を与えます。

 

ただチャートを見る枚数が膨大になるし、考えながら見ることに抵抗があったり面倒くさいと思う人は、まずこの作業を軽視しがちになります。

 

だから途中で諦めるんですが、FXの勉強は実際のところ「かなりシンプル」です。

 

シンプルが故に、ルーティンとも言えるような苦行を「毎日のように」こなさなければいけない。でもそれが勉強であって、楽して稼げるような投資なんで存在しません。

 

それを安易に途中で諦めるのは、もっとそれなりのことに取り組んだ後でも、遅くはないんじゃないでしょうか?

 

簡単にFXをやめる決断をするのは勿体ないので、個人的にはお勧めしません。

 

FXをやめる理由は考えない!継続すれば必ず華が咲く

 

 

FXに明確な稼げる方法が答えとして存在しないし、そもそも将来的に稼げるかどうかも不透明な投資です。それゆえに、大損したり壁に当たったりして、FXをやめたくなる気持ちになるのは非常に理解できます。

 

でもそんな簡単に稼げたら、誰も朝の通勤ラッシュに遭遇しないし、主婦はパートに行かず在宅勤務となっているでしょう。

 

現実は甘くもなければ、理想通りには進まないんです。自分の立ち位置すら分からないFXはなおさら。

 

だからこそ、地道でも着実にトレードスキルを向上させる努力を継続的にすべきであって、それがチャートを見ていくことに他なりません。

 

周りがどれだけFXをやめたとしても、1年でも2年でもチャートを諦めず根気強く見ることができれば、最終的に辞めるという決断は、いつの間にか忘れているはずです。

 

FXをやめる人が殆どだから「チャンス」がある

 

ほとんどの人が、FXに取り組んで1年もしないうちにやめたくなる気持ちは、独学でやってきた僕にも痛いぐらい分かりますが、大きな金額を稼ぐ事は、それだけ難しいんです。

 

これはFXに限らず、芸能人やプロスポーツ選手など、どの狭き門でも言える話だと思う。

 

しかし、やめる人数が圧倒的に多いからこそ、耐えに耐え抜いた後のリターンが大きくなるのであって、明らかに周りより「100歩」は先に進んでるようになります。

 

夢や目標を持って目指す事はそういうことであり、だからこそ日々の時間を惜しんでチャートを必死に見て、何か1つでも得ようと行動する。

 

それぐらい、FXの勉強に没頭してもらえればうれしく思います。

 

今回の記事が、少しでも多くの読者へ参考になれば幸いです。

 

 

FX独学者向けのガイドブック

noteの記事・チャート画像(V字など)

独学ガイドブックの紹介ページ

noteで販売している有料記事・画像はこちら






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。