FXでチャートを見るコツを覚えよう【続けると「力」が伸びる勉強です】



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

チャートの見方に関しては、僕が姑のように口酸っぱく言ってると思いますが、人によってチャートを見る方法や視点は違うし、考え方も違うのは当然。

 

ですが、テクニカルの表示を一切なしで見るべきポイントは、ある程度決まってきます。

 

チャートを見ること自体は、コツと根気があれば続けれるし、ほぼ確実にトレードスキルも向上する。

 

しかし、トレーダーとして稼いでいくのは並大抵の事じゃなく、勉強している最中に挫折したり、続けていくのが嫌になったりと、

 

自らに「混沌と絶望」をもたらす可能性の方が、圧倒的に高くなります。

 

それだけ途中で、多くの壁やスランプ・挫折・後悔などが待っている。

 

チャートを見る作業プロセスで、本当に心から楽しいと思える事なんて何もないし、むしろ出口の見えないトンネルを歩くものだから、とにかく辛い。

 

それを、ドブネズミのように日が当たらない場所で黙々と継続し、力を着実に蓄えていけた人が、数年後に外の世界でお金を掴んでいく。

 

今回の記事は、

 

・チャートを見ていくコツ

・それをこなしていく辛い現実

 

上記を出来るだけ明確にした上で、チャートを見る際の指針・継続していく覚悟について、ご理解が深まれば幸いです。

 

FXでチャートを見る勉強はすごく重要【長いスパンで取り組む】

 

 

FXで毎月・毎年を安定した収益で終えたいのであれば、

 

チャートをひたすら見て学ぶことがFXでお金を稼ぐための「最短経路」なります。

 

しかし、ただ単にチャートをパラパラめくって見るという意味じゃありません。

 

この作業は、自分なりの「相場に対する優位性」を探すために行っている発掘作業であって、単純に視界に入れて慣れる作業ではないんです。

 

そこに思考が絡んでこなければ、単純にマンガを読んでるレベルと変わりません。

 

「何かないか」と考え、チャートを見たりペンで書き込んだりする結果、閃き・気付きといった経緯から色々なモノを得る事が出来る。

 

だから、チャートを見て勉強するのは「10000%」重要。

 

しかし初めのプロセスで得た「形やパターン」は、初段階だと何も確立されたものじゃないし、それが相場で本当に使えるかの確証すらありません。

 

何故なら、チャートを見た数が相対的に足りないからです。

 

仮に1ヶ月分のチャートを見て、気になる傾向・チャートパターンに気づいたとする。

 

これは自分にとって大きな発見ですが、あくまでも「1ヶ月間で見たチャート上の発見」であって、それが今後も使えると決まったわけではないって事。

 

マーケットの短期的な「気まぐれの形」かもしれないし、彗星の落下によって生じたクレーターのように、単なる偶発的な産物かもしれない。

 

たった1ヶ月分だけチャートを見て断定するのは短絡的だし、ビジネスの世界だったら誰も信用しないでしょう。

 

故にチャートを短期間で判断するのでなく、長期的なスパンを持って「確信」へと近づける必要がある。

 

1ヶ月分ではなく、1年2年と伸ばしてチェックする事によって、初めて「見つけたパターン」が相場で通用する可能性が高いと「優位性の仮説」が成り立つのです。

 

チャートを「必死に見る」勉強だけに力を注ぐこと

 

僕たちは生活習慣において、また義務教育の過程から終わりに至るまで、チャートに目をつけたことがありません。せいぜい折れ線グラフ位でしょうが、それは全くFXとは無関係のもの。

 

つまり、読者がFXを勉強する前は、チャートとまともな面識がなかったと言えます。

 

しかし、それは誰もが当たり前なので、スタート地点は同じと言えるでしょう。という事は、そこからどれだけチャートを見るかによって、大きな差がついてくる。

 

チャートを見ろといっても、訳が分からないと感じるでしょうけど、

 

この中にトレードする上で必要なものは、ほとんど詰まっていると断言できます。

 

基本的にチャートの動きは、人間の心理によって伸びたりレンジになったりの繰り返し。

 

それが、どのような状況でどうなるのか?

 

そこを煮詰めていけば、チャートが必然的にどちらの方向へ向かっていく可能性が高いか、そういったことが少しずつ見えてくるようになる。

 

テクニカル分析を覚えたり、新聞を見たり経済ニュースを見たり等、それらは単なる遠回りでしかなく、

 

チャートを見る勉強にショートカットはありません。

 

10枚や20枚と積み重ねていき、最終的に1000枚や2000枚と膨大なチャートを見ることにより、相場観を脳内で養っていく。

 

つまり、最短ルートでトレードスキルを上げる場合、大衆心理が詰まっているチャートを、出来る限りの時間を使って見ることが肝要です。

 

ここで挫折する人が後を絶たたないため、勉強する上で覚悟を決めて臨みましょう。

 

チャートを嫌でも努力して取り組めば、何かが見えてくる

 

とりあえずチャートを少し見て手法を作り、リアルで何か違うと思ったら戻ればいいじゃん♪って、安易に考えるトレーダーがいるかもしれませんが、

 

それってただの二度手間ですよね?

 

ましてや、その発想で進んだトレーダーが「2回目はキッチリとチャート勉強して進む!」なんて保証はどこにもありませんし、むしろ同じ事を繰り返す確率の方が高い。

 

そうなってしまえば、樹海の中をグルグル回る「負け組トレーダーの仲間入り」しか、道はありません。

 

チャートを泥水すすってでも見ないトレーダーが、今もバリバリ稼いで生き残ってる情報なんて知りませんし、そんなに相場は甘くない。

 

少しは逆に考えて下さい。

 

ここまでチャートを嫌でも見てたら、何か見えると思いませんか?

 

見えたものを勉強して蓄積することで、単純に上下してるだけと思ったチャートが、少しづつクリアな状態となって目に映るようになる。

 

この形はどっかで見た事あるな~」

「こういうパターンってよく上昇するな~」etc

 

あくまでも、チャートは地球上の人間心理が視覚化されたもので、別に異世界や宇宙人の心理まで入っている訳じゃありません。

 

同じ人類が考える事なんだから、それなりの思考パターンが存在するハズ。

 

下記からは、そんなチャートを具体的に見ていていく際のコツを、ご紹介していきます。

 

FXでチャートを見る力を養うコツ【淡々とルーティンの勉強】

 

 


チャートを見るコツの具体例

・左から右に丁寧に見ていく

・同じような形・パターン等を抜き出す

・縦軸と横軸を意識する

・定規とペンを使う

 

上記4項目の前提となるのが、チャートをプリントアウトしていく点。僕は修行僧時代に、ダンボールが埋まるぐらいチャートを見ましたが(実際に1箱は埋まった)、

 

パソコンを眺め、チャートを猛勉強したことがありません。

 

全てプリントアウトしました。プリンターにとっては非常に迷惑だったと思うけど、とにかく全部印刷してまとめてた。

 

何で印刷する必要があるとかといえば、人間はそうやって覚えたり学ぶからです。

 

受験勉強・資格試験・仕事でもそうですが、パソコンを見てひたすら学ぶ人はいないでしょ?絶対に自分でメモとったり書いたりして、必死に覚えるでしょ?

 

FXも同じで、目の前のチャートに打ち込める環境を作ってあげれば、書き込んだり線を引いたりしている内に「五感」が敏感になって何かに気づいていく。

 

だから定規やペンも絶対に必要。色々な感覚を用いることで気づきが生まれ、形やパターンを認識していく。

 

気付き・閃きがいつ起きるかは分かりません。

 

でも僕はチャートへひたすら書き込んだり、線を何万回も引いたりして、自分なりの形やパターン・前兆を見つけた。

 

どちらにしても、自分でチャートと大量に向き合っていく姿勢が大切となります。

 

チャートを見る時に「縦軸と横軸」を意識する意味

 

 

箇条書きした項目に戻ると、ここでまだ意味不明かつ説明不足なのは、

 

縦軸と横軸を意識する

 

これだと思う。まず僕の言う縦軸と横軸に関して説明すると、

 

縦軸 ⇒ レート

横軸 ⇒ 時間

 

これぐらい分かるって思うかもしれませんが、殆どの人が縦軸は意識できていると思う。

 

例えば、「00」や「50」といったキリのいい数字だったり、チャートがやたら跳ね返っているポイントなど、これは「うんうん!」と頷づいていただけるハズ。

 

では、横軸の時間はどうでしょうか?

 

これは、東京・欧州・NYなどの時間帯を意識して考えてる方が多いと思いますが、僕がここで言いたいのは、

 

チャートの形やパターン等の大きさ(縦軸)と、それが続く時間(横軸)を併せて意識できているか?

 

ここに着目してほしいという事なんです。例えば、僕がよく話すV字・逆V字を例にとってみると↓

 

上記画像に①~③のパターンを書きましたが、明らかに形と大きさが違うのが分かります。

 

①は綺麗な逆V字の前兆段階だけど、②と③は少し歪な形に見える。でも大枠だと、逆V字に見えなくもない。

 

これらは僕だと全くの別物に見えますが、始めてチャートを見る人からすると、全て同じに見えたりしませんか?

 

上記形について知らなければ無理もありませんが、

 

僕の中で使える逆V字は①です。②は何とも言えませんし、③はノイズに該当する動き方です。

 

何で逆V字を明確に判断できるかというと、

 

自分の中で「V字・逆V字」の定義・要件が出来上がっているからです。

 

定義としては、

 

レンジ内をブレイクアウトで抜けた際、再度同じレートへ戻る騙しのような動き

 

要件としては、

 


1.レンジの幅が大きくない

2.抜けた際のpipsが10~20pips程度。

3.比較的短時間で戻ってくる

4.V字・逆V字形成後すぐに勢いよく反転する

5.チャートの上昇・下落の勢いが弱くなるタイミングで生じやすいetc…

 

パパッと書きましたが、このような判断基準が自分の中にあるから。

 

また上記要件に沿って考えると、

 

②の場合は逆V字の戻りが時間的に遅い。

③の場合は逆V字が大きすぎる。

 

こういった形は縦軸のみで考える事は不可能で、横軸の時間帯を絡めなければ見分けがつかず、逆に見ないと意味がありません。

 

ここまでV字・逆V字を交えて話しましたが、

 

チャートの傾向・示唆などを自分で見つけようと思ったら、このように「上下左右の大きさ」に気を配らないとダメなんです。

 

そうしている内に、自分なりに見つけたパターンっぽいのが形成され、その条件なども次第に整ってくる。

 

先ほどのV字なんて比較的多い形ですから、綺麗なパターンとダメなパターンをファイリングすれば、見分けは一気につくようになります。

 

後はこれを納得するまでループさせるだけ

 

これによって、自分だけが持てる武器が徐々に増えていき、結果的にチャートの方向性を見極める力がつくし、損切り・利食いの仕方も綺麗になっていきます。

 

【補足】チャートを効率よく「濃密」に見る勉強のコツも抑える

 

ここでは補足として、チャートをより効率的にかつ濃密に見ていく際のポイントをご紹介。基本的にすることはルーティンワークと変わりませんが、確実に力のつく勉強法。

 

なので、チャートを見ていく過程で「自分なりの勉強方法」をカスタマイズしてほしいと思います。

 

(1)チャートを紙に印刷して見ながら書き込む

 

これは、ブログ内の所々で何回も書いてると思いますが、

 

チャートをパソコン上でなく「紙」を通してみることで、五感をフル活用して見ることに重きを置いています。

 

もちろんチャートに線をひいたり、自分なりに思いついたこと等を書き込んでも構いません。

 

受験生と同じような環境に身を置くことで、チャートを直接的に見ることが出来るようになるからです。

 

アナログ式の勉強法ではありますが、大学受験をパソコン上で勉強してきた人は殆どいません。

 

そのことから考えても、チャートを紙に印刷して見るのは「非常に効果的な方法」だと言えます。

 

(2)スキマ時間も積極的に利用する

 

チャートをたくさん見るのは、何も机の前に向かっている時間だけには限りません。

 

・電車の待ち時間

・車内での移動時間

・仕事の休憩時間etc…

 

探せばいくらでも、数分の隙間時間は転がっているもの。このような時間は1日単位だと大した量になりませんが、仮に1日のスキマ時間で3枚見れればどうでしょうか?

 

年間ベースで考えれば、約1000枚となる。

 

塵も積もれば山となるとは言いますが、常にチャートを見て考えることで脳内へ情報を送り、トレードスキル向上につながる「きっかけ・閃き」を生み出す土壌を作っていくんです。

 

(3)何回も同じチャートを復習する

 

チャートは、1回見れば終わりじゃありません。

 

何回も繰り返して見ることで、その時に見える「新しい発見・気づき」があったりします。

 

チャートは油絵と同じで、見れば見るほど味が出てくる不思議なもの。1ヵ月前にチャートを見たのであれば、今改めてそのチャートを見ると、また違った角度から見えてきたりする。

 

それを繰り返すことで、チャートに自分なりの形や動きのパターンが見えてきたりします。

 

なので、チャートの復習は定期的に必ず行いましょう。

 

FXのチャートを見る勉強中は「精神的」に追い込まれる

 

 

独学であろうが師匠がいようが、

 

一番勉強しててキツいのは、メンタルを大きくすり減らす毎日を送ることです。

 


・朝から晩までチャートをエンドレスで見る

・形やパターンをその都度ファイリング

・ある程度したらまとめる

・書籍やブログを読んで学習etc…

 

初期段階はこれを延々とループさせるから、苦痛と思わない人の方が少ないと思う。

 

独学で勉強してる人にとっては更に酷で、勉強方法を手探りで探しつつ進む光景は、まるで巨大な迷路を延々と進むのと同じようなもの。

 

これは、FXが普段の勉強とは「一味二味」も違う点が挙げられます。

 

チャートを見ても、世間一般の「解答」が存在しない

 

高校・大学受験や資格試験などの問題には答えがあるし、自分がどれだけ点数が取れるかの分析もできるので、それを基に自分を客観的に評価することができる。

 

しかしFXは「○○をする=稼げる」という図式がない上に、何をどうすれば身につくというガイドラインすらありません。

 

あったとしても、それが本当に正しいものか否かに関して、自分の目で確かめることは非常に困難を極める。

 

何が言いたいのかというと、

 

FXの勉強の進捗度が全く分からず、むしろ合っているかどうかすら不透明になるため、勉強によるストレスが異常に溜まっていくって事。

 

常に疑心暗鬼の状態で勉強を行うのは、本当に辛い。

 

他人の勉強方法を客観的に見て直すならともかく、真っ直ぐ進んでいるか否かも分からない自分の勉強を、逐一修正・改善するのは非常に難しい。

 

すると、必然的に苛立ち・心配といったマイナス要素が表れ、FXを学ぶことに対し嫌悪感すら抱かせる事態を引き起こす。

 

こうなると、チャートを途中で見なくなったりと倦怠期が訪れたり、勉強に行き詰まるスランプや壁といった時期が到来する。

 

この状況を耐える事ができれば、トレーダーとして大きな成長を遂げることが出来ます。

 

でも殆どの方は、「心が折れる」最も近い状態へなってしまい、結果的に退場・もしくはダラダラと同じ場所(樹海)を彷徨う事になる。

 

それだけ自分の立ち位置がよく分からない状況の中で、継続して長期間の勉強を行うのは、非常に厳しいものなんです。

 

そのような答えが存在しないFXの世界で「自分だけの答え」を見つける作業が、どれだけ困難を極めるかは嫌でも理解できるかと思う。

 

心にかかってくるプレッシャーは計り知れません。

 

それを耐えてでも、FXで成功したい強い決心がないと、誰でも樹海行きや退場の可能性は大いにあるんです。

 

チャートを見る事に徹しても「力」が付くか分からない

 

多くのトレーダーが一番懸念してる事ではないでしょうか?

 

先ほど書いたとおり、FXには「勝つための方程式」がないので、必然的に自分なりの解答を作っていくしかありません。

 

そして、それらの成果は全て「トレード上の数字」で表現されます。

 

マイナスが続いたとしても、それは誰の責任でもなく、全部自分自身の犯した責任。

 

海外ディーラーのように、損失を出したとしても給与がもらえる訳もなく、会社が損を負担してくれる保障もない。

 

要するに、トレーダーは個人事業主と何ら立ち位置が変わりません。

 

専業であろうがなかろうが、FXを自分でする事は全てのリスクを受け持つのですから、被雇用者であるサラリーマンとは訳が違います。

 

故に、成果がでなければ話にならないんです。

 

しかし、FXで稼ぎたい明確なビジョンがあったとしても、その通りに事が運ぶトレーダーは「1割」を大きく切る割合だと思う。

 

殆どのトレーダーは、会社だったら業績が「赤字」を通年計上する事になる。それだけ、FXで稼ぎ続けるのは非常に難しいんです。

 

すると、将来の稼ぎに関する見通しは不透明と言わざるを得ません。

 

どれだけ勉強したとしても、唯一成果が明確に視覚化されるのは、トレードで利益が継続的に計上できるようになった時だけ。

 

そして、成果の見通しが立たない事は、いつになったら稼げるのかすら分からないのと同じ。

 

すると、思考回路は徐々に弱気な方向へ流れていき、本当に時間をかけて勉強する価値があるのか?と疑念を抱かせるようになり、最終的に退場の選択肢が脳裏へ浮上する運びとなります。

 

FXでチャートを見る力を養う際は、絶対に逃げない【まとめ】

 

 

以上が、チャートを見る勉強に取り組んでいく方へ伝えたい内容となります。

 

仮にFXを100人が同時に始めたら、感覚的には80人が即ギブアップし、15人が何とか自分なりに頑張ったけど途中で挫折。

 

そして残り5人が勉強を行い、その中から1人稼ぐトレーダーが出るか否かってぐらい、FXは厳しい世界なんだと僕は思ってます。

 

僕自身も、FXでプラス収支となるまでに多くの時間を投資したし、無駄だと思えることも多数こなしてきました。本当に稼げるようになるのかと、自分を疑う事も何万回とした。

 

ですが、何としてもトレードで稼いで自由に生きたいって執念は、全く無くならなかった。

 

どれだけ心が折れかけても絶対に逃げず、常に自らの過ちを懺悔するかのごとく、精査しては修正をかけた。

 

どれだけ自分をバージョンアップしたか分かりませんが、目の前の自分から目を逸らさずやってきたからこそ、トレードスキルが着実に身についたと思っています。

 

もし稼げてないのであれば、その現実を誰よりも真摯に受け止めた上で、今何をすべきかを必死に考える事

 

他人に教えを請う為に、頭を深く下げる事なんて恥でも何でもない。

 

トレーダーの勉強を1年以上泥臭くするにしても、将来勝てるようになるのなら、資格試験より十分見込みのある非公式の資格だと思いませんか?

 

する or しないは問題じゃありません、生き残りゲームで凌ぐ為には「やる」しかない。

 

それぐらいの気構えがFXには必要です。

 

チャートを真剣に見て「力」をつけないと利益は訪れない

 

ユミンコさんもブログで仰ってますが、

 

手法や考え方に絶対はないが、心理には絶対が存在する

 

つまり、人間が喜んだり恐怖したりするポイントは、殆どの人間にとっては共通するから、そこを上手く利用しなさい!大衆心理を利用しなさい!って事を、彼女は強く言いたいのだと思う。

 

しかし、それをチャートから抜き出すのは並大抵の努力では不可能。だから、膨大なチャートを見て力をつけるんです。

 

チャートを見る事から逃げることは、絶対出来ません。

 

デモトレードで首を傾けている時間があれば、過去チャートを勉強して何か材料と探す。メンタルがどうのと悩んでいる暇があるなら、トレードを止めてチャートを部屋で眺める。

 

それぐらいの決断は下しましょう。

 

そこを潜ってきたトレーダーだけが生き残っている事実を見れば、僕の言いたい事も納得いただけるかと思う。

 

急がば回れの人よりも、更に外周を回るような努力をこなせば、時が己の力(トレードスキル)を形成してくれる。

 

その時まで、着実に努力をこなして待つんです。

 

チャートを見続けるのが辛気臭くても、自然に実力がつく

 

ここまで読まれた方は、紹介した方法に全く捻りがなく、あまりに単純な仕方に思えたかもしれませんが、

 

FXの勉強は、シンプルに行う方が絶対に力が伸びます。

 

変にいろいろな知識を身に付けたからといって、それは現代社会における優等生でしかありません。

 

結局は、実践でいかにチャートの動きに対応していけるかが全てであり、そこに活路を見出す方法こそが、チャートを見ていくことなんです。

 

もちろん、チャートの勉強を1ヵ月・2ヶ月しても、大きな変化はまずないと思う。

 

なぜなら、その程度でチャートが隅々まで理解できれば、誰もここまで苦労しないからです。

 

だからこそ、チャートを1枚1枚じっくりと見ていく勉強の仕方が必要なんですが、ある時、ふと無意識にチャートが細かく見れる事があったりする。

 

それは言い換えると、読者のトレードスキルが大きく上がったと「脳からの報告」でもある。

 

つまり、トレードスキルは無意識のうちに向上します。

 

ある意味、それを待ちつつチャートを見ていくのが、我々の勉強プロセスとも言えるでしょう。

 

そして、チャートを必死になって見た数は

 

間違いなく、多ければ多いほどトレーダーの成長を促進します。

 

もちろんダラダラ見たり、チャート1枚を30秒で終わらす薄っぺらい見方ではダメですが、真剣に多くの枚数を見てきたのであれば、必ず大きな力となっているハズ。

 

地道こそが、トレーダーとして将来的に昇華していくために必要なことであり、かつ実力を着実に伸ばしていく重要な手段となります。

 

【原動力に】FXチャートを見ながらも、夢や目標を持って勉強しよう

 

FXは自分の人生を変える可能性を持っている投資です。

 

読者の方は、そのような気持ちでFXに興味を持ち又は始めた方が多いと思う。

 

それなら、将来的なビジョンを思い描いてる自分が必ず脳内にいるハズです。それを文字やイラストにしたりして具現化しましょう。

 

心の中に置いているだけでは、自分の都合で如何様にも上書き保存してしまいますが、

 

現実の世界に書き残したとなれば、それは現状におけるあなたの望みであって、容易に破り捨てることは出来ません。

 

何故かというと、それは自分の理想が叶わないと自分で否定する事になるから。

 

そのような弱腰で、FXに関心を持った訳ではないハズ。だから高層マンションに住みたい!とか高級車を乗り回したいとか、海外旅行行きたい!など、何でも構いません。

 

ネットでタワーマンションを見つけ、プリントアウトして壁に貼ったりするもよし、高級車の試乗へ行って写真撮ったりするもよし。

 

とにかく、実際に叶えたい夢・目標をまとめ、それを身近に置いておきましょう。

 

本当に成したい気持ちがあれば、恥ずかしいと思う事はありません。好きなだけリストアップして下さい。

 

それが今後あなたに壁が何十回ときた際、乗り越えるだけの力・モチベーションを与えてくれます。その時の意気込み・野心を、トレーダーとして成功しても絶対に忘れてはいけません。

 

そして読者が、僕のように3年半以上という大きな回り道をしないよう、心から願っております。

 

今回の記事が、少しでも読者の役に立てれば幸いです。

 

 

個別のFXスクールと関連記事

 

FX独学ガイドブックの販売を始めました

 

noteで有料記事・画像の販売を始めました






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。