FXの時間足は何でもOK【おすすめチャートは5分足以下】



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

多くの方がチャートを見始める時に考えることは、

 

「時間足ってどれを見れば一番ベストなん?」

 

上記悩みが多いのではないでしょうか?

 

かく言う私もチャートを見出した初心者の頃は1時間足でスタートをしたし、そこから試行錯誤を経て現在の「3分足・5分足」に定着をしました(他のトレーダーからは足が小さいやろ!とよく言われます)

 

ただ世間では書籍やセミナーなどで、如何にも「この足を使って下さい!」といったあまりに断定的な説明がなされており、逆にそれが多くのトレーダーを悩ます原因になっているのも否めません。

 

以降では少し細かめの記載になってるかもしれませんが、チャートの時間足の選び方について少しでも参考にしてもらえれば幸いです。

 


FXの時間足は厳密に言うと何でもいい

 

 

初っ端から飛ばして単刀直入に言うと、時間足は勝つことが出来れば何でもいいです(笑)

 

日足と4時間足を見てトレンドを見極めた上で15分足でエントリーする!とか、またスキャルピングで1分足やティックチャートでトレードして稼ぐ人もいるんですから、何がダメで何がいいといった変な制約・決まりごとは存在しません。

 

要はそれで継続的に稼げるのであれば、どの時間足でもいいんです。

 

極端にいえば、日足と1分足を駆使して勝ててるんなら、そのままトレードして下さい!でOK。結果がキチンと伴ってて確固たるトレードが日々出来ているのであれば、いかなる時間足の組合せでも大丈夫なのです。

 

逆に日足と4時間をもう数年間も使ってるけど勝てないといった場合や、生理的にこの小さい時間足は受け付けない!といった場合に関しては、無理に今の時間足を使わず、その他の時間足を使ってみたりといった試行錯誤は必要になるかと思います。

 

足の大小でなく「手法に合った・自分に合った」時間足を見つけるのが先決。

 

FXで使う時間足は手法によって変わってくる

 

 

上記で書いたように、チャートで絶対に見なければいけない時間足なんて存在しませんが、トレードの手法によっては見るべき時間足がどうしても変わってきます。

 

例えばスキャルで週足や月足を見るのはあまりに大き過ぎるし、長期保有目的であれば1分足なんて極端に小さいチャートを見る意味がありません。

 

大げさに書きましたが、明らかに見るべきではない時間足や見たほうがいいと感じる時間足は分けれます。ですので、この場合においては多少なりの絞り込みが必要となります。

 

FXでおすすめの時間足は5分足以下

 

 

私を含め、多くのトレーダーがデイトレードだと思いますが、使われている足は大きく分けて日足・4時間足・1時間足・15分足が見ていて多いです。この辺りは書籍などで紹介されているのが、少なからず影響してるのかもしれません。

 

ただ、その中でも私は上記に該当しないような3分足・5分足を使っているため、モノ好きなトレーダーとして読者からは見られているかもしれませんが、この2つの足は見様によって非常に効果的な見方をする事ができます。

 

5分足は数日前の動きを細かく確認できる

 

 

当日のチャートがどのように動いてどの方向へ進んでいくのかというのは、チャートがそこへ至るまでのプロセスをしっかりと把握しなければいけません。

 

仮に1週間前の動きが明確に分かって、1週間後このように動くと見立てが出来たとしても、明らかに1週間の内容を何も加味していないため、分析としてはナンセンスです。

 

1週間前と前日~数日前のどちらを最優先しなければいけないかといえば、当然重視しなければならないのは後者です。

 


・2日前はロング相場だったけど、前日の夕方に逆V字の反転示唆が出た

・小さいレンジでモミモミした後に大きく下落

・深夜に底を打って、明け方には一時的に戻して朝7時にはレンジを形成しつつある

 

仮にこのように直近で動いたとすれば、ショート相場になった可能性が高いと見てエントリーを組むべき。つまり現在から近ければ近い過去ほど、チャートの持つ動きに信用性が高くなります。

 

トレード結果の記事をご覧になられてる方はよく見る文章かと思いますが、3分足・5分足ならチャートを詳細に見た上で細かい根拠を理詰めして判断していく事ができます。

 

これは日足や4時間足といった大きい足には出来ない方法なので、当日の方向に関する優位性を高める事ができればできる程、使い勝手が良くなっていきます。

 

短い時間足だとエントリーが絞って狙える

 

 

短い足の大きな特徴として、大きい足では20pips50pips単位などで表示されているのが「5pips10pips単位」から確認する事ができ、かつレンジ幅などに関しても明確に分かるので、エントリーする場所を細かく設定して行う事が可能です。

 

ですので「何となく」とか「だいたい」といった曖昧なレート確認という事態は起こらず、細かくレンジ内のレートを確認したり、チャート上における跳ね返りを確認したりと、ピンポイントで狙いをつけるといった事も可能となります。

 

この精度の良さは他の大きめな時間足で活かすことは出来ませんので、細かい足ならではの「小回りが効く見方」だといえます。

 

FXの時間足は、使っていく中で最適な足を選ぼう

 

 

上記では参考に小さい足での利点などをご紹介しました。

 

時間足に関しては多種多様の選択肢や見方が存在するので、いきなりこの時間足で今後も進めていく!といった考えではなく、徐々に色々な足を見ていく中で、ベストな足を絞っていくのが正しいと思います。

 

また、長期足を見ていた方が急に小さい足を見るのは苦痛でしかないでしょうから、初めの段階では相場観とか全体の動きといった「森」から見ていくことを踏まえれば、1時間足とか30分足から徐々に下げて見ていってはと思います。

 

ちなみに私は初期は1時間足から見ていって、徐々に見る足が小さくなり現在に至りました。生理的にキツいのにいきなり3分足の「木」を見るのはオススメしません(笑)

 

そういった試行錯誤のプロセスを辿っていく中で、自分に合った時間足というのが必ず見つかります。そこからは重点的にそれを見ていけば問題ありません。

 

またトレードスタイルによって見るべきポイントは全くと言っていい程違いますから、「チャートの中を見る時間帯」もある程度は絞ったり逆に視野を広げたりもしましょう。

 

例えばニューヨークタイムでトレードする人が朝の穏やかな枠組みに焦点を当てて見るのは違うし、逆に前々日~朝方にかけての流れを見るハズが「ある数時間の時間帯」に絞って見ているのは、少し着目している場所が違うのではないかと感じます。

 

初めの段階で完璧に見る時間足をチョイスし、更にピンポイントでトレードに必要な時間帯を見る事なんて不可能に近い所業です。

 

仮に私に聞かれてもそれは答えれません。オススメする事は可能としても、貴方のトレード・生活スタイルに合った完璧な時間足が速攻で分かったら苦労しませんので。

 

それは自分でチャートを見ていく上で見つけるものであって、他人が教えてくれるものではありません。色々な足を模索しては違ってを繰り返していく内にベストな時間足というのが見つかるんです。

 

一番ダメなのは、それに戸惑って何もしない人です。

 

とにかく初めは、チャートを時間足とか関係なしに見るとか、前へ進む為の努力をしてください。それが結果的に時間足を選定する作業へと繋がるので。

 

今回の記事が少しでも多くの読者へ参考になれば幸いです。

 

 

FXスクールに関する記事一覧

 

 

FX独学ガイドブック販売ページ

 

 

FX独学ガイドブックの販売ページ

【完全版】第1章~第7章 ¥98,000円(税込)

【分割版】第1章~第3章 ¥59,800円(税込)

【分割版】第4章 ¥29,800円(税込)

【分割版】第5章~第7章 ¥29,800円(税込)






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。