FXの時間足でおすすめは5分足【手法に最適ならどれでもOK】



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

多くの方がチャートを見始める時に考えることは、

 

「時間足って、どれを見れば一番ベストなん?」

 

上記悩みは、圧倒的に多いのではないでしょうか?

 

僕もチャートを見出した初心者の頃は1時間足から見てたし、そこから試行錯誤を経て、現在の「3分・5分足」に定着しました(周りと比べれば特殊ですが)

 

ただ、書籍やセミナーなどで「この足を使って下さい!」と、あまりに根拠が薄い断定的説明がされているのも事実で、

 

それらが多くのトレーダーを、時間足の選択で「悩ます原因」になってるのも否めません。

 

今回の記事では、FXで使う時間足の選び方について、少しでも僕の経験論がお役に立てればと思います。

 

Youtube

FXの正しい勉強方法に関する動画を重点的にUPしています。

 

FXの時間足は厳密に言うと「どれ」でもいい【稼げればOK】

 

 

これを言うと、今回の話が一瞬で終わってしまうのですが、

 

単刀直入に言うと、時間足は稼ぐことが出来れば何でもいいです。

 

日足と4時間足を見てエントリーするでもいいし、1分足やティックチャートで稼ぐ人もいる世の中ですから、何がダメで何がいいといった「変な制約・決まりごと」は存在しません。

 

要は、それで継続的に稼げるのであれば、どの時間足でもいいんです。

 

例えば日足と1分足を駆使して稼げるなら、その組み合わせが客観的に見て極端だとしても、そのままトレードして下さいでOK。

 

結果がキチンと伴い、確固たるトレードが日々出来てるのであれば、いかなる時間足の組合せでも大丈夫。

 

一方で現状の時間足について、

 


・日足と4時間を数年間も使ってるけど稼げない

・生理的に、この時間足は絶対に嫌だetc…

 

このような場合、無理に今の時間足を使おうとせず、その他の時間足に移ったり組み替えてみたりと試行錯誤が必要。

 

足の大小ではなく、「手法に合った・自分に合った」時間足を使うのが先決。

 

ただただ、世間の推奨する時間足を鵜呑みにしているだけでは、何の意味もないんです。

 

FXで使う時間足は手法によって変わってくる

 

上記で書いたように、チャートで絶対に見なければダメな時間足は存在しませんが、

 

トレードの手法によっては、見るべき時間足がどうしても変わってきます。

 

例えば、スキャルピングで「週足・月足」を短絡的に見るのはおかしいし、逆に長期保有目的で「1分・5分足」と小さいチャートを見るのは、そこまで意味はありません。

 

大げさに書きましたが、明らかに見るべきではない時間足は、自分のトレードスタイルが確立していけば分かってくるし、必要と感じる時間足も見当がつくようになる。

 

なので、自分の手法(構築予定でもOK)を全く考慮せず、時間足を適当にチョイスでなく、

 


1.自分の取り組むトレードスタイルを前提に考える

Ex.朝にトレードを組んで夜に決済する場合、どの時間足がエントリーや利食い時に役立つか?(何となくでOK)

2.「1」に沿って色々な時間足を試す

Ex.とりあえず、日足から順に4時間・1時間と見ていこう!でも15分も気になるから、併せて見よう!

3.「2」の結果を基に、時間足を絞っていく

Ex.方向性を決める上だと、4時間がチャート全体像を見やすい。エントリーは15分・30分を軸にして、難しい時は5分足も参考にしようかな?

4.時間足が固まったら、その都度で追加を検討

Ex.チャートは「4時間 ⇒ 15分」で見ていく。今後はスイングでエントリーも出来そうだから、1時間足も参考に見ていくようにしよう!

 

以上の流れがおすすめ。

 

取っ掛りは、書籍・ブログなどが推奨する時間足からスタートでいいですが、そっからは自分なりの目線を持って、時間をかけて精査をしましょう。

 

4時間・日足の「王道」を無理に使う必要はない【デイトレ向き】

 

先程の例えでは日足・4時間と、書籍やブログで推奨される「王道の時間足」を用いましたが、

 

それらの時間足に固執しなくても、一切問題はありません。

 

特にポジションを「年・月単位」で持つトレードじゃなく、数時間・1日・数日単位で行うデイトレードの範囲内であれば、全く見なくても大丈夫。

 

あくまでも、数日前までの動きが把握できれば、当日にどちらへ動くかは「自分の判断基準」があれば高めれるし、

 

僕たちは「1ヵ月後の動き」まで予測にいれて、トレードをするわけじゃありません。

 

仮に日足・4時間がショートトレンドだったとしても、それが「=当日に下落する確率が高い」と理由付けすることは、明らかに難しいからです。

 

もし1日・数日単位のトレードを検討している方は、あまり大きい足から見るのではなく、

 

1時間 ⇒ 30分 ⇒ 15分 ⇒ 5分

 

このように、段階的に下げて時間足を探しても良いでしょう。

 

【補足】僕は長期足を一切使ってないけど、見方に迷いはなし

 

上記項目の信頼度を担保するわけじゃありませんが、僕自身は冒頭で書いたように「3分・5分足」のみ使っており、長期足のチャートを全く使ってません。

 

なんで長期足を省いてトレードを組んでるかというと、

 


・当日はどちらの方向を目指す可能性が高いか?または様子見か?

・可能性が高い方向は、どの場所から伸びていきそうか?または様子見か?

 

これらを導き出すための情報が、

 

3日前までのチャートさえあれば、「十分」に導き出せると結論づけたから。

 

僕のトレード結果を見てもらえれば分かりますが、全て「3分・5分」と短い足でも、その中にトレードの理由・根拠を積み上げ、エントリーの有無を判断。

 

故に僕の場合、

 

「大きい足 = 方向性が分かる」ではなく、あくまでも「単なる目安」に過ぎないと解釈。

 

それよりも現実味のある「直前の濃い情報」を、自身のトレードに採用しています。

 

時間足の概念をよく考えれば、僕のようなトレードでも相場で十分に通用するので、ご安心してください(笑)

 

FXでおすすめの時間足は5分足【デイトレ向きな見方】

 

 

多くのトレーダーはデイトレードで行っていると思いますが、使われている足は大きく分けて日足・4時間足・1時間足・15分足が見ていて多い。

 

この辺りは、書籍や商材・セミナー等で紹介されているのが、少なからず影響しているかもしれません。

 

ただ、その中でも上記に該当しない5分足は異端に思われますが、

 

この足はデイトレードだと、非常に効果的な見方をする事ができるし、僕としてもおすすめ。

 

以降でその理由をご紹介します。

 

5分足は「数日前の動き」から細かくチェックできる

 

当日のチャートがどのように動き、どの方向へ進んでいくというのは、

 

チャートがそこへ至るまでのプロセスを、まずはしっかり把握しなければいけません。

 

仮に1週間前の動きが明確に分かって、1週間後このように動くと見立てが出来たとしても、当日までの内容を一切加味してないため、分析としてはナンセンス。

 

1週間前と前日~数日前、どちらを最優先するかといえば、当然重視するのは「後者」です。

 


・2日前はロング相場だったけど、前日の夕方に逆V字の反転示唆が出た

・小さいレンジでモミモミした後に大きく下落

・深夜に底を打って、明け方には一時的に戻して朝7時にはレンジを形成しつつある

 

もし上記のように直近で動いたとすれば、ショート相場になった可能性が高いと見てエントリーを組む。

 

つまり、現在から近ければ近い過去ほど、チャートの持つ動きに信用性が高くなります。

 

僕のトレード結果で書いているように、3分・5分足ならチャートを詳細に見た上で、細かい根拠を理詰めして判断する事ができる。

 

これは、日足や4時間といった大きい足だと出来ない方法なので、当日の方向性に関する優位性を高めれば高める程、使い勝手が良くなっていきます。

 

時間足が短いと、エントリーが絞って狙える

 

短い足の大きな特徴として、大きい足では20pips・50pips単位で表示されるのが、「5pips10pips単位」から確認する事ができる。

 

また、レンジ幅なども明確に分かるので、エントリーする場所を細かく設定して行う事が可能。

 

ですので、「何となく・だいたい」といった曖昧なレート確認にならず、細かくレンジ内のレートを確認したり、チャート上の跳ね返りを確認したりと、

 

数pips単位での、ピンポイントで狙いをつけるといった事も可能となります。

 

この精度の良さは、他の大きめな時間足で活かすことは出来ませんので、細かい足ならではの「小回りが効く見方」だと言えるでしょう。

 

【補足】より細かく狙う時は3分足、利食いの参考で大きい足もOK

 

もし5分足で把握しにくい場面であれば、もっと細かい「3分足・1分足」にフォーカスしていくやり方もOK。

 

また、エントリー・利食いを指値で行うトレードルールの場合、どの辺で跳ね返されやすいかを把握するために、15分足や30分足と少し大きめの時間も応用として使うと、幅が広がる。

 

勘違いしてほしくないのは、あくまでも5分足は「おすすめだよ」と言ってるだけで、

 

絶対にこの足でトレードしろと、キツく言っているわけではありません。

 

上記のように、場面によって使い分けていくことで、軸となる時間足の見方が構築していけるのです。

 

FXの時間足でどれを選ぶかは、トレードの兼ね合いで決めよう

 

 

上記では、参考に小さい時間足での利点などをご紹介しました。

 

時間足に関しては、多種多様な選択肢や見方が存在するので、いきなりこの時間足で今後も進めていく!といった考えではなく、

 

徐々に色々な時間足を見ていく中で、ベストな足を絞っていくのが正しいと思います。

 

また長期足を見ていた方が、急に小さい足を見るのは苦痛でしょうから、初期段階では1時間足・30分足と、徐々に下げて見るのがおすすめ。

 

ちなみに、僕は初期段階で1時間足から見ていき、徐々に見る足が小さくなり現在に至りました。

 

そういった試行錯誤のプロセスを辿っていく中で、自分に合った時間足が必ず見つかります。

 

そこからは、重点的にそれを見ていけば問題ありません

 

一番ダメなのは、戸惑って何もしない人です。

 

とにかく初めは、チャートを時間足とか関係なしに見るとか、前へ進む為の努力をしてください。それが結果的に、時間足を選定する作業へと繋がりますので。

 

今回の記事が、少しでも多くの読者へ参考になれば幸いです。

 

 

FX独学者向けのガイドブック

noteの記事・チャート画像(V字など)

独学ガイドブックの紹介ページ

noteで販売している有料記事・画像はこちら






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。