FT3(Forex Tester3)はFXでチャートを勉強する際の必需品!



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

このブログでは、姑のように「チャートを見る事が絶対!」だとネチネチ書いてるため、

 

・さっそくFX会社のチャートを見てます!

・しっかりと印刷して書き込んでるよ!

 

このように、半ば洗脳されて始めた方もいると思う(笑)

 

ただ残念ながら、どのFX会社を使っても、

 

過去チャートを「数ヵ月~数年前」と遡って見ることはできません。

 

また過去のある時期を、

 

実際にトレードしてたらどうなっていたか?

 

このような「タラレバ」も、頭の中に思い描くだけで終わってしまい、数字で導き出したりする事も叶うことはありません。

 

しかし、世の中にはそんな悩み・問題を一手に引き受ける、素晴らしいアイテムが存在します。

 

それを可能にするツールこそが、

 

Forex Tester3(フォレックステスター3)という画期的な検証用PCソフト。

 

Forex Testerという言葉自体が初めて!の人も多いと思うので、以下で使い方や機能等に関して、詳しい説明をします。

 


*2020年2月追記

現状はForex Tester4が最新モデルですが、大きく機能面で変わった点は殆どないため、こちら「バージョン3」の記事でも95%問題ありません。

関連記事はこちら

FXの勉強でFT4(Forex Tester 4)は必須のツール【強力なパートナー】

 

【最強ツール】Forex Tester3(フォレックステスター3)とは?

 

Forex Tester 3の公式サイトはこちら

 

Forex Tester3(以降はFT3とも記述する)は、世界中で愛用されているFXの検証ソフト。

 

過去の相場から好きな場面を選び、トレード手法やルールの検証・チャート分析などが、一切のややこしい手順を踏まずにできる便利なツール。

 

現在はバージョン「4」までの更新があり、巷では略してFT4と呼ばれています。

 

 

ちなみに、似たようなチャート分析・検証ツールで、MT5(メタトレーダー5)という無料ソフトがあります。

 

仮にこちらを使っていても、実はForex Testerの創業者が「MT4を開発した会社の元ソフト開発技術者」なので、操作方法は似ている部分が多い。

 

だから、今FXの勉強でMT4を使ってて乗り換えるにしても、抵抗感はほとんどないと思う。

 

でもFT3が、海外の検証ソフトだという事もあり

 


・海外の業者と、購入手続きのやり取りができるか不安・・・

・詐欺まがいじゃないか怖く、買うのを躊躇してしまう・・・

 

多少の戸惑いはあるかもしれませんが、ソフトそのものは日本語訳されてるし、慣れてくれば特に困ることもありません。

 

もし不明点が出たとしても、メールで質問等を問い合わせできます。口頭が希望の場合は、日本代理店へ電話をかけ、キッチリ確認してもらう事も可能。

 

唯一の難点は「購入時の費用」が決して安くないことですが、一度購入すれば半永久的に使えるし、毎月最新のチャートデータもダウンロードできるので、コスト面の心配は要りません。

 

つまり、FT3は一度購入してしまえば、

 

トレーダーがFXを勉強するのに「なくてはならない」貴重な存在

 

これぐらい重要なツールだと言っても、全然過言ではないと思っています。

 

FXを勉強していた暗黒時代、大変お世話になった

 

かなり前の話ですが、僕が本格的にFXの勉強を始めて暫くすると、FX会社のチャートを印刷するだけでは明らかに足らなくなりました(母体数が少ない悩み)

 

持ち合わせているチャートだけでは、数年前に戻って分析・研究したりも出来ないから限界があった。

 

また、毎日チャートを決まった時間にスクリーンショットしても、見る通貨ペアも大してなかったから、新しく見れる数もたかがしれてた。

 

そんな悩みがある時、偶然見つけたのがForex Tester2(当時)

 

当時はユミンコさんのブログに刺激を受けた事もあり、過去チャートをもっとたくさん見て、トレードを勉強したいと思っていました。

 

それが、通貨も際限なく過去まで遡って印刷できるのは、僕にとって無限に勉強できる「チャート問題集」が手に入ったような感覚だったんです。

 

それだけ「Forex Tester」で得られた恩恵は大きかった。

 

値段は安いと言える額じゃありませんが、あの時に思い切って購入したのは、本当に良かったと思っています。

 

FXスクールでも「Forex Tester3」を勉強ツールとして推奨

 

僕のFXスクールでもFT3の特性を活かし、受講生にはFT3を購入して勉強する方法をお伝えしています。

 

特に過去チャートを印刷して取り組む事は、トレードスキルを向上させる上で「基礎中の基礎」となる。

 

これが複数の通貨ペアで、何年も前から確認をできるのは非常に心強い参考書であり、かつ書き込める問題集であると言えます。

 

FT3(Forex Tester3)がFXの勉強で有能すぎる4つの特徴

 

 

ここからは、Forex Tester3の機能が勉強していく上で、いかに有益に働くかを4つの観点から説明します。

 

約2.0~3.5万ぐらい(時期によって変動)する高価なツールですが、コストパフォーマンスは圧倒的に良いので、検討する際の参考になればと思います。

 

FXの過去20年に及ぶチャートを見る事ができる

 

FT3の大きな持ち味は、過去チャートを大きく遡って見れる点です。

 

例えば、サブプライムローンの暴落している様子を確認したり、果てはいざなみ景気(古い)の円安祭りに戻れるなど、過去という過去に戻ってチェックできる。

 

また、時間足に関しても新たに追加して作成する事ができるし(下記の赤い○で変更操作)、時間軸(タイムフレーム)を欧州やNYにカスタマイズも可能。

 

 

もちろん、最新のチャートについてもアップロード可能です。

 

ただ、実際に検証で使う場合は2010年代のチャートが主となりますが、それだけ膨大なチャートを初めから用意しているFT3は、凄いツールと言えるでしょう。

 

バックテストに色々な条件を加え、検証を行える

 

検証とは、自分の手法がマーケットで利益が出るかを、過去から現在に遡って確認する一連のプロセスをいいますが、

 

それをFT3では、詳細な条件を加えて始める事ができます。

 

例えば、通常のデモトレードみたいに

 


・証拠金や枚数

・指値・逆指値などの発注

・各通貨のスプレッド

・スワップポイント

 

これらを調整もできる。

 

またFT3では45個のインジケーターを標準装備しており、テクニカルを主としているトレーダーにも使いやすい設計も特徴の1つ。

 

もし標準にない場合は、外部で販売されているものをインストールも可能なので、カスタマイズ性に問題もありません。

 

MT4(メタトレーダー)と比較しても、FT3の方が優れている

 

MT4(メタトレーダー4)とは、ロシアのソフトウェア会社が開発した無料ソフトで、無料という枠内においては、世界で最も多く使われているFXツールの事。

 

日本のトレーダーも多用しており、それを使って検証・デモをしている方々の話も聞きます。

 

また、機能面ではEA(自動売買プログラム)も充実しているため、自動売買を検討している方には絶好の検証ツールと言えます。

 

ただ、MT4はあくまでも「無料ツール」なので、それなりに限界がある。

 


チャートの時間足

通貨ペアの数

過去チャートの期間 etc…

 

上記ポイントや他の細かい点は、どうしてもMT4だけでカバーするのが難しい。

 

また「チャートをガンガン見て書き込んだりする!」と意気込む方にとっては、途中で使える用途にリミットがくると思う。

 

しかし、FT3はそういった無料ツールでカバー出来ないエリアを抑えているため、使い勝手を比較するとFT3の方に軍配が上がります。

 

【補足】FT3(Forex Tester3)とMT4の違いを比較

 

Forex Tester 3の公式サイトはこちら

 

このように比較すると、多くの点でMT4より「FT3を使う方」にメリットがある。

 

もちろん、FT3はMT4のように無料でなく初期投資は必要ですが、長期にわたって数々の恩恵を享受できるツールだと断言できます。

 

デモトレードを「早送り」にする事ができる

 

もちろん、検証ツールだからデモトレードも出来ますが、

 

FT3が非常に特徴的なのは、時間を「早送り」にして取り組める画期的な点です。

 

例えば、デモで21:00~24:00のNYタイムを行うにも、通常なら3時間をジーッと見てないとダメな訳ですから、それでは思うように進みませんよね?

 

でもFT3には「○倍速のシステム」が搭載されており、明らかに動きがなく、ボーッと見なければいけない局面の場合でも、パパッと早送りにして飛ばすことができる。

 

故にトレード手法がある程度固まっており、途中をリアルタイムで見る必要がないトレーダーには、ノンストレスでチャートを見る事が可能になります。

 

過去トレードの反省材料に使ったり、色々な用途に使うことが出来るのも、過去に戻れるタイムマシンのような「FT3独自の機能」と言えるでしょう。

 

FT3(Forex Tester3)のインストール手順【トライアル版から解説】

 

 

FT3がどれだけ使いやすい・検証で非常に役立つといっても、冒頭で書いたように悩んでしまうケースはある。

 


外国のツールだし購入手続が怖い…

購入して上手く使っていけるか不安…

 

そういった方は、先にFX口座でいうデモ版(トライアル版)をダウンロードするのがお勧め。

 

・画面の見方や表示

・使いやすさ、操作性etc…

 

これらを確認できるので、その取得方法から順に、購入以降の手続きを下記で紹介します。

 

FT3公式サイトからトライアル版(デモ版)をダウンロード

 

Forex tester 3の公式サイトにアクセスし、「トライアル版のダウンロード」を選択します。

 

Forex Tester 3の公式サイトはこちら

 

ダウンロード後、FT3トライアル版をインストールする

 

「フリートライアルを開始」を選択し、下に出てくるバーにある「実行」をクリック(ユーザーアカウント制御の画面が出る場合、「はい」を選択して下さい)。

 

以降はインストール画面が出てくるので、画面に従ってインストールします。

 

 

FT3トライアル版のインストール手順

 

「次へ」を選択

 

 

「同意する」を選択し「次へ」

 

「次へ」を選択

 

 

「次へ」を選択

 

「次へ」を選択

 

 

「次へ」を選択

 

 

「完了」を選択

 

 

インストールが完了し、デスクトップ上に「FT3」アイコンが作成されます。

 

トライアル版で試した後のFT3(Forex Tester3)購入手続

 

まずはトライアル版で、FT3の操作や画面の見方等をチェックしましょう。

 

また、インジケーターの使い勝手・バックテストの設定方法等、細かい点まで操作をした上で、購入の是非を判断して下さい。

 

下記では、購入する際の具体的な手続を記載します。

 

(1)ライセンスキー(レジストリキー)を購入する

 

Forex tester 3の公式サイトにアクセスし、右上にある「購入する」を選択します。

 


ライセンスキー(レジストリキー)とは?

購入者に割り当てられる「ID」のようなもので、FT3では登録キーと表現したりしています。

これがないとFT3を使う事が出来ないため、届いたメールはしっかり保存しておきましょう。

またライセンスキーは、別のPCへ移動させて使う事も可能なので、PCが壊れたからもう使えないといった事はありません。

 

Forex Tester 3の公式サイトはこちら

 

(2)購入手続きに必要な各項目を記入していく

 

購入するデータを選択し、「Forex Testerを購入する」をクリック(赤矢印のように選択すれば大丈夫)

 

 

言語が日本語になっていることを確認し、必要事項を入力後「注文送信」をクリック。

 

 


Point!

注文送信後、当日~数日経過後にFT3(Forex Tester3)のライセンスキーが届きます。

注意点として、迷惑メール等のフィルターに引っかかってしまわないよう、受信メール設定に関しては一度確認しておくことをオススメします。

 

(3)FT3トライアル版にライセンスキーを入力する

 

Forex Testerのトライアル版を起動し、「ヘルプ」⇒「プログラムの登録」を選択

 

 

名前・メールアドレス・届いた登録キーを入力し、「認証」をクリック

 

 

認証すると「プログラムの再起動」ボタンが表示されます。Forex Tester3を再起動し、作業は完了となります。

 

総評:Forex Tester3をFXの勉強に有効活用するのが早道!

 

Forex Tester 3の公式サイトはこちら

 

以上がForex Tester3の紹介となります。

 

巷にはこのFT3以外で、多くのFX商材と呼ばれる物が売っている反面、それらを買っても長期的に利益を生み出せるものはありません。

 

つまり、楽して稼げるなんて有り得ないって事で、それだけFXで勝つのは難しいんです。

 

しかし、心から稼ぐトレーダーへ変わりたいのであれば、Forex Tester3は絶対に必要なツールとなるし、必ず読者のお役に立つ相棒となるでしょう。

 

Forex Tester 3の公式サイトはこちら

 

これからチャート研究をしようと考えてる方

検証を本格的にしたいと思っている方

 

上記の方々に、今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

 

個別のFXスクールと関連記事

 

FX独学ガイドブックの販売を始めました

 

noteで有料記事・画像の販売を始めました






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。