FXで専業トレーダーの稼ぎは月50万ないと絶望的【過酷な環境】



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

専業トレーダーという言葉を聞くと莫大な利益を叩き出し、誰もが憧れる高級タワーマンションの最上階に住んだりハイブランドな服装を着たりと、贅沢三昧の日々を過ごせる「夢のスキルを持つ職業」だと考える方も少なくありません。

 

そうなると、フライングスタートで脱サラして独立するしまうような人が日本でも多く見受けられるのですが、殆どの人が「目先の稼ぐ金額」だけに目を奪われているような気がします。

 

注意

この記事では、スタートが完全な専業トレーダー(副業なし)になる前提で話を進めますが、決してオススメする良い内容ではありませんので、そこだけご了承下さい。

 

 


FXで専業トレーダーは「事前」に稼いでいるのが大前提

 

 

まず専業トレーダーと名乗る以上は、ある程度の金額を稼げてないと話にならないのですが、冒頭で書いたように見切り発車する人も多くいます。

 

しかし、稼げていない状況で飛び立つことは絶対にオススメをしません。

 

稼がないといけない状況へ自分を強く追い込み、最終的にスキルアップする人が中にはいるのかもしれませんが、それは投資において現実的発想とはないし、どう考えても自殺行為にしか思えない。

 

特に家族がいる方は100000%やってはダメ。自分の家族を資金的に窮地へ追い込んで何が楽しいんですか?貴方はFXがあっていいかもしれないけど、家族は生きる糧を失っている状況なんですよ?

 

だからどれだけやる気があるとかは関係なく、既に専業を目指すからには客観的に見ても「それなりの利益」を稼いでいるのが前提となります。

 

下記では個人で専業トレーダーを目指す方が必要な資金などにも触れていきます。

 

FXの専業トレーダーの稼ぎで必要な目安は月50万

 

 

この金額については実家or一人暮らしで必要な金額に差が出てくるんですが、あくまで専業トレーダーとして今後も活躍する前提で、それを胸張って言えるような金額とします。

 

さすがに月の利益が10万20万稼いでだからといって、

 

俺は専業トレーダーだYo!相場からマネーを引き抜く常勝!上昇!

 

これで個人投資家は恥ずかしいですもんね(笑)資金的にも周りがビックリするような額ではないし、むしろ兼業でしっかり頑張っていれば?と、知らない人からアドバイスが入りそうな額です。

 

あくまで私が必要と思う本当に最低の金額ですが、金額的に理想な基準は

 

・月の利益が最低50万以上

・又は月平均して最低50万以上

 

とりあえず上記金額は必ず必要かと考えます。2つ目に関しては年間の利益が600万以上って意味で捉えて下さい。

理想は月の稼ぎが70万円以上

 

上記に示した金額は専業トレーダーとしての最低基準の稼ぎですが、

 

理想は不調時における利益の上下も踏まえ、月70万以上

 

この金額については、専業としてのメンタル維持・利益の上下を考慮した額となります。この辺がメンタル的にも現実的なラインになってくるのかと思います。

 

というのも、投資は月によって相場と手法が噛み合わず「全くとして獲れない時」が存在します。その際に収入が50%未満まで落ち込んだ場合、月50万の稼ぎが100%だと自分の生活にまで害が及んでしまいます。

 

一度恐怖すれば、次の月に影響を及ぼさないと100%断言する事は出来ないのが人間です。だからそこまで考慮して考えるのであれば、月70万以上の利益が資金的にもセフティな金額とも言えます。

 

この辺はトレーダーの手法やトレードスタイル等によって異なると思うので、50万~70万以上の範囲で考えるのがいいでしょう。

FXで専業トレーダーが事前に用意するべき資金

 

 

まず専業になるにあたっての準備資金ですが、これは大きく分けて3つに分かれます。

 


1.FXの口座資産

2.生活費

3.緊急用のキャッシュ

 

FXの口座資金

 

私の経験論ですが、個人口座のレバレッジ規制を考えれば最低200万は必要かと思います。法人口座にすれば抜け道がありますが、多くの諸費用がかかるため採用してないという前提で。

 

スキャルピングみたいに一瞬でトレードが終わるなら別ですが、複数の通貨を同時に発注したり注文が多くなるトレードスタイルの場合は、嫌でも数量との関係で「日本のしょーもない規制」が邪魔をしてきます。

 

100万でも少なくはないように見えるけど、連敗したりする可能性を考慮すれば、精神的にも余裕のある資金を運用している方が心にも楽です。

 

だから投資が100万だと心細く感じてしまうため、私はあまりオススメしません。数量を上げていく前提なら、理想としては300万以上の軍資金がほしいところ。

 

生活費

 

 

残念ながら資本主義の世の中、人間は日々生きるためにお金を消費しないといけません。専業トレーダーも当然のことです。

 

仮に専業デビュー時に0円スタートのケースでは、明らかにFXの口座資金から捻出する事になるので、それはトレードと生活が混合され大変な事態を招くから、絶対に避けないとダメ。

 

そうなるとある程度準備をしないといけないのですが、これも1人暮らしか否かによって変わります。まず一人暮らしにかかる費用の平均が

 


家賃 7万

光熱費 7500円

通信費 1万2千円

食費 5万

娯楽・交際費 2万円

雑費 2万円

合計約18万円

 

大体このような金額になるようです(KAUMO参照)

 

ですが会社を辞めているため、これに国民年金・国保・住民税もプラスされる事を考えれば、大方で22万以上は必要となります。更に別件で必要な費用が生じたりする事も踏まえると、月に25万はかかるものだと認識した方がいい。

 

もちろん住む場所を変えたり節約することで15万~20万程度に抑えることも可能だと思いますが、自分以外に稼ぎを頼る事は出来ないのですから、多めに計上しておくのが当たり前です。

 

知り合いの専業トレーダーが言う目安として、6ヶ月~1年分の生活費は資金として用意しておいた方がいいそうで、そうなると最低でも25万×6ヶ月=150万はFX口座とは別に投資金額として用意しなければいけないという事です。

 

でも「上記金額が貯めるの難しい!でもどうしても専業トレーダーしたいもん!」という方は、両親に全てを打ち明け、了承をもらった上で実家で専業を始めましょう。

 

その方が資金的にも浮くし余裕が出来るから。仮に家へ月に3~5万入れるにしても、明らかに1人暮らしの費用より最低50%は軽減されます。また両親がどこで見てるか分からないという監視下に置かれるのですから、投資生活がダラけてたら追い出されるでしょ?

 

何が何でも叶えたい夢があるのなら、脛をかじり倒してでも事を進めれるハズだと思います。それは手段であって何も恥ずかしいことではありません。

 

緊急用のキャッシュ

 

これは普段絶対に手をつけてはいけないお金ですが、自分の身にこれから何が起こるか分かりません。その為の予備資金であって、決して大きな損切りをした際の補填と考えてはいけません。

 

最低でも100万は欲しいです。

生活費と貯蓄は絶対に無視できない問題

 

 

さてここまでの金額をまとめると、

 

1.FXの口座資金 

200万~300万程

2.生活費

1人暮らし 150万~300万以上

実家暮らし 100万~150万程度

3.緊急用資金

最低でも100万以上

 

合計500万~800万程度(1000万あれば理想)のラインが、現実的な金額だと思います。

 

ただこれはあくまで事前に準備しておかなければいけない資金であって、以降はFXで生活費を稼ぐことはもちろん、それを上回って「貯金」もしなければいけません。

 

別に緊急用のキャッシュがあるとはいっても、仮に何か長期的にトレードが出来なくなる要因が生じて収入が一時的に無くなってしまった場合、補えなくなる可能性が非常に高い。

 

だからその為の資金留保が必要となります。例えば生活費を上回った余剰が50万利益として発生した場合、

 

「それを口座に残した状態でレバレッジ上げるために役立てた方がいいんじゃないの?」

 

こういう意見が上がるかもしれませんが、まずは何よりも不確実性に対しての対策が絶対優先です。訳の分からないLCで資金が一気に吹っ飛ぶ可能性もあるし、今は健康でも突如の怪我や事故などによって入院する事になるリスクも考えられる。

 

故の対策であり、口座から資金を切り離してしまえば減ることはありませんから。

知り合いの専業より(原文を多少修正しました)

 

 

専業トレーダーは、利益を稼げば自分や周囲の人々に青天井な幸せを与える事は可能ですが、現実はそう甘くはありません。知り合いの専業さんからこれだけは絶対に伝えろ!と言われている内容を紹介します。

 


専業は、どこからもお金が借りられない。世間的には何も信用がないから、クレジットカードすら作れません。

以前はサラリーマンでしたが、数年前に再発行する時に会社勤めしていないことがバレ、カードの再発行はできませんでした。

年収証明なんて提示しても関係ありませんよ?賃貸でマンションも借りられない!海外旅行ではクレジットカードが身分証明がわりになるので恥ずかしい思いもするし、ETCカードもダメなんで(笑)

 

上記が専業トレーダーからいただいた内容ですが、想像以上に社会的信用がない点が怖い。つまり資金を持っていないと、誰からも信用されないということです。

 

あなたがどれだけ専業トレーダーとして活躍していても、社会の大半がプープープーにしか見てくれないという厳しい現実があります。会社を設立した上で保険も掛け、経営者として世間で振る舞うのがいいような気もしますが、必要経費も一気に増大します。

 

また社会的な信用が低いということは、その影響が少なからず周囲に及ぶ可能性もあります。

 

そういった事も踏まえ、本当に専業で投資を生業としてやっていけるのか?ここまで深く考えて決断をしないと絶対に専業トレーダーは無理だと感じました。

 

私には専業という選択肢はとてもじゃないけど難しいと感じたので、FX関連やアフィリ(アドセンス)などをビジネスに繋げる方向を選択しましたが、専業を選ばれた方の意志や目標については素直に憧れます。

FXの専業トレーダーで稼ぐのは過酷!でも得られる恩恵は大きい

 

 

以上が専業トレーダーを目指す方へお伝えしたい金額面などについての内容となります。

 

先ほど書かせていただきた金額なら必死に貯めれば5年~10年で貯まりますし、その働いて貯めてる間に並行してFXに関する知識やトレードスキルを鍛えていけば、投資家としての力はリアルトレード前であっても異常に伸びているハズです。

 

確かに貯める金額や勉強期間が長過ぎる!と考えたくなる気持ちは分かりますが、副業も一切しないのであれば、どこから資金を安定的に供給出来るんですか?

 

私だったらスタート時に1000万持っててもハッキリ言ってメチャクチャ怖いと感じるでしょう。それだけ自分の力で稼ぐ!特にFXだけで生きていく!と宣言する事は、生きる上で自由ながらも大きな制約という足枷を人生にかけるという事なんです。

 

人間の寿命からすれば、数年勉強に費やしたとしても「たったの数%」に過ぎません。その時ぐらい歯を食いしばって泥水をすすってでも頑張りましょうよ?

 

為替のプロとして稼げるようになるという事はそういうことです。専業前の数年間は苦しいと思うけど、専業後の数年間の方がもっと苦しいと思いますよ?

 

これが耐えれなければ絶対に無理です。私が専業オンリーになりたくないのは、それが自分には力及ばすで出来ないから。でもそのような過酷なサバイバルを生き抜き最前線で戦っている専業がいるのも事実です。

 

私は専業トレーダーを心から尊敬してます。皆さんもそんな周りから敬われる頼られるようなFXトレーダーを目指して下さいね。今回の記事が少しでも多くの読者様に役立てていただければ幸いです。

 

併せて読まれる記事一覧

 

ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。