FXでメンターを見つける方法【自己アピールが大切】



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

月に20万や30万以上を稼ぐトレーダーが勝てないトレーダーと大きく違う点は、トレードを一緒に考えたり教えたりしてくれるメンター(師匠的な存在)の有無です。

 

初めはトレードを独学でがむしゃらに勉強したりして取り組んでいても、それなりの成果や手応えというのは感じられると思います。

 

しかし必ず大きな壁やスランプといった独学では越えにくい「限界に近い状態」へとなります。

 

関連記事はこちら

正しく勉強しないと大きく遠回り!FXで9割のトレーダーが樹海行きとなる恐怖

 

その際にメンターがいるorいないの差は雲泥の差となり、上手く助言してくれる方に出会えば「3年程の勉強期間」で力がつく反面、自力の場合は下手すると今後のトレードのスキル形成に重大な影響を及ぼしかねません。

 

つまりメンター(師匠)の存在というのは、それだけFXで非常に重要視されるものです。そこで今回は、メンターを見つけるための方法とその作り方を具体的に紹介していきます。

 


FXでメンターからは多くの恩恵を授かれる

 

 

メンターとは「指導者・助言者」の意で、いうなら師匠筋にあたるような人の事を指します。

 

プロスポーツや芸能界などで活躍する一流の方々は大勢いますが、どのジャンルの世界にでも一環して共通するのは、彼らには必ず師匠やコーチといったメンターが存在する事です。

 

例えば、テニスプロの錦織圭にはマイケル・チャンという過去のトッププロがコーチとして加入してますし、彼を雇うために年5000万以上にもなる高額の報酬を支払っています。

 

何故そこまでの待遇を与えてまでコーチにしているのかというと、自分より多くの事を知っている人にアドバイスをしてもらうことで、勝てないプレーヤーが考えたり行ってしまうような大罪を事前に回避し、正しい練習・勉強法でテニスの腕を学べるからです。

 

だから、錦織にとってはどれだけお金がかかろうと、自分のプレー結果によっては億単位のキャッシュが動くのですから、コーチング料なんて惜しくもないという訳です。

 

その結果、彼は世界ランキングで5本の指に入り、試合の報酬も1億から4億へと大きく増やす事が出来ました。

 

彼にとっては偉大なプレーヤーという師匠を得た事により、飛躍的にスキルを高めた要因となったのです。

 

つまり、勝ちトレーダーに話を聞くのはスキルを上げる手段であり、自分で無理なら出来る人に聞くのは当たり前だし、更に勝ってる人は基本的に心が広いので、色々と教えてくれます。

 

そうやってメンターから多くの失敗談や経験談を学ぶことで、これから自分が行うハズだった無駄な勉強又は経験の習得を取り除く事ができ、結果的に勉強期間が2年や3年に収まる「効率的・能動的なトレードの学習法」を教えてくれるのです。

勝ちトレーダーはFXブログから探すと見つかる

 

 

では肝心の勝ちトレーダーはどうやって見つけるのかというと、その辺の家やマンションに向かってインターホンを鳴らしていっても100%見つかりません(笑)

 

まずは自分の家にあるPCを使って、FX関連のサイトであったりブログを閲覧していきましょう。

 

特にアメーバやFC2ブログは為替ブログが非常に多く、色々なタイプの記事を見る事が出来ます。

 

面白おかしく書いているブログもあれば、日記と混ぜて紹介しているブログもあるでしょう。

 

ただ、自分の理想と考えているFXの記事を書いているブログを探すというのであれば話は別で、何故ならそんなブログは100件あって5件あるか否かでしか存在しないため、探し出すのが非常に難しいという側面もある。

 

しかし優良であろうFXブログを見つければ、後は読みこんでFXを効率的に学ぶことができます。

 

あわよくば、そのブログを書いてるトレーダーにコンタクトをとり、上手くいけば自分のメンター(師匠)として勉強を教えてもらえる可能性も十分にあるからです。

 

もちろん0からスタートして探すのは面倒な作業かもしれません。

 

しかし、多くのメディアに出てる有名とされるトレーダーのブログや書籍のような類に載ってる人より、自分でブログを書いててリアル感に溢れているトレーダーの方が100倍いいです。

 

 

FXでメンターを見つける方法【時間をかけて探そう】

 

 

問題はどのように勝ちトレーダーを探していくのかという事ですが、本格的にFXブログを探す前にどういった基準で探せばいいのかを知っていないと、せっかくの貴重な時間が無駄になってしまいます。

 

そこで、僕がメンターに値すると考えるFXブログの特徴を下記5つにまとめました。

 


1.自分のトレード結果がマイナスでも公表する

2.トレードの詳細(経緯)を記載

3.自身の経験や理論を分かりやすく書いている

4.読者に伝えたいという思いが強く感じる

5.読んでいて共感できる内容

 

1~3に関しては書いてない方も多いですが、月単位でプラス収支の勝ちトレーダーである場合は、この辺りを詳しく書いてくれていたりするので参考にしやすい。

 

ですので、「1と2」や自分が常に持ち合わせている考えなど、その辺を細かく書かれているFXブログは非常に誠実的ですし、謙虚な姿勢がトレーダー様に垣間見えるからブックマーク必須だと思う。

 

ただ、これらの中でも特に重要なのは「4と5」だと私は思います。

 

例えば損切りに悩んでいるトレーダーからすれば「損切りは絶対にしましょう!」とだけ書かれているブログでも、それは自分にとって勉強する上で目を惹きつける内容となります。

 

そういったブログを、とりあえずお気に入りに片っ端から登録しておきます。すると、あるタイミングで読者の事を考えているトレーダー様は「何で損切りは絶対にしないとダメなのか?」という良質な記事を必ず書いてくれます。

 

故に、自分の現在の状況において必要な要素を書いているブログを見つけるのがいいです。ですので「1~3」を分かりやすくまとめているFXブログも素晴らしいのですが、

 


1.本人のトレードに対する考えや発想

2.1つの項目をどれだけ掘り下げているか

 

この辺りを特に重点的に書かれているかというのが、最終的な判断基準になるのかと思います。

 

判別が難しいといえば難しいですが、自分の心にその人の考えが響いたり言ってる事が頭に溶け込みやすいと思ったり、後は頭で直感的に「この人だ!」って感じた人を調べていきましょう。

逆に避けるべきFXブログの特徴

 

 

逆に物事を表面上でしか語らないようなものや、全く勉強するのに参考にならないFXブログもあり、これらは絶対にコンタクトを取らない方がいいです。

 


・損切りは大事ですよ!

・利食いはこれぐらいが一番です

・損切りは資産の1~5%で組みましょう! etc

 

教科書に載っているような内容を理由なども書かず、更にドヤ顔で語っているブログは絶対に×。

 

内容がメチャクチャなものが多いため、自分の勉強期間が3年どころか、更に長く引っ張られてしまう可能性だってあるからです。

 

そういったブログやサイトを見る際の注意点を下記に挙げていきます。

 

日記的なブログでセミナーやスクールへのリンクを紹介してるブログ

 

これは絶対にスルーした方がいい。ブログランキング上位にきているから多くの方が見ていて、きっと凄いトレーダーが日々を赤裸々に綴っているんだと考えたり思いたくもなります。

 

でも多くはFXをする上で役に立ちません。

 

自分のセミナーやスクール生とのlineを公表したり載せたりしてたりはしてますが、そういった記事が大半を占めるブログっていうのは、セミナーやスクールの宣伝的な意味合いが強い誘導目的のブログかな?と思います。

 

そのような方法はブロガー様ごとの方針だから何の文句もありませんが、勉強するという観点から見るのはおススメはしません。

 

エントリーの詳細は書いてなく、負けた日の記事が殆どない無敗ブログ

 

これも絶対にパスして下さい。よくある典型的な上記ブログの書き方としては、

 

今日の結果 +78.9pips

何とか下落の波に乗れました~。私の手法だったらしっかり獲れないとダメですからね!でも少し利確が遅れたので気を付けます。生徒さんは私より獲れてる方もいるみたいで、負けてはいられませんね!

 

このような流れのパターンがとにかく多いです。書いてる側はスクールの宣伝を含め記事としているようですが、読者からすれば「だから何なの?」というあっけらかんとした趣旨が不明の内容です。

 

どうやってエントリーして勝ったのかを知りたいのに、それについては一切ノーコメント。更に不思議なのは、負けた際の記事が全くないという驚異の点です。

 

大げさに宣伝してるのは目に見えてますが、FXで一番大事なのは「損失に関するリスク管理」。それを否定するようなブログ・何にも触れない勉強ブログはが賢明でしょう。

見つかってもメンター候補は諦めるトレーダーを警戒する

 

 

仮に読者が苦労に苦労を重ねて、ようやくこの人だ!と思える勝ちトレーダーのブログに出会ったとしましょう。

 

「読めば読むほど勉強になるし、トレードをこの人から教わりたい!」次第にそういった気持ちになり、メッセージやコメントしようと色々考えたりすると思いますが、メンター探しに関して絶対に知っておいてほしい事があります。

 

それはメンター候補側(常勝トレーダー側)の気持ちの問題です。

 

勝ちトレーダーのところには、多くの方から上記のような連絡がきます。でも勝ってるトレーダーはお金と使える時間を多く持っています。

 

その分、心にもゆとりを持っているし、何か聞かれても誠実に丁寧な対応をしてくれるでしょう。相手が「教えてほしい!」って言った事に対しても真摯に対応します。

 

ですが最終的にあれだけ教えたのに、

 

「何で急に連絡がつかなくなんの!?」

 

このようになってしまう不安も並行的に抱えています。急に連絡がつかなくなったり飛ばれたりするとショックでもあるし、大体がお金をもらわず「無償の善意」で教えているのですから、今までの時間を返せ!って思います。

 

だって音信不通になるって分かってたら断れたんだし、その教えてた時間を他の時間に割り当てる事も出来たからです。

 

故に勝ちトレーダーは心が広いのと同時に「飛ぶ可能性」を非常に疑う目も大きく併せ持っています。

 

いきなり連絡してきた人を信用するほどバカではないし、その人がどれだけ頑張っているかなんて知る訳がありませんから、必然的に初めの対応は2年や3年も頑張れるのかな?って思いつつします。

 

なので、そこをどうにか信じてもらわないといけない訳です。

メンターを見つける為にFXブログを書いて自己アピールする

 

 

勝ちトレーダーの上記懸念材料を拭っていく客観的に見て信用を得ていく方法の1つとして

 

自分でもFXブログを書く事がオススメ

 

何か相手にアクションを起こす前に「そこなんだ!」と読者の言っている声がしなくもないですが、自分のブログを持っている事はとても重要であり、かつメンター候補にとっても相手を判断する材料として注目するものだからです。

 

理由として、下記のようなメリットが期待できます。

 


・相手にとって名刺となる

・自身のFXで行ってきた記録&メンター候補の判断する材料となる

・更新がマメだと、継続率の期待が持てる

 

私のFXブログを見ている方で、既にブログを書かれている方もいらっしゃると思いますが、メンター候補にとってこれだけ相手の情報が詰まったものは無い訳であって、私もそういうメールやメッセージが届いた場合は必ずチェックを入れます。

 

大体の意味は分かると思いますので、簡単に1つずつ説明を加えていきたいと思います。

 

ブログが相手にとって名刺となる

 

これは文字通りそのままの意味です。ブログを書かれていない方からメールなどを受け取ると、

 

まずその人がどのような人物及び状況なのか?

 

こういった推測から入らないといけませんし、当然のことながら不明点も多いハズです。

 

となれば、伝わり方によっては「パス」したいと扱われたり「この人大丈夫か?」って考えたりする可能性もある。そうなると第一印象が不利な形からスタートしないとダメだし、自分にとって都合のいいものではありません。

 

だからブログが役に立つんです。初心者等で始めてない方もいるかもしれませんが、書く内容は日常話も含め、大半がFXを絡めた話になります。

 

当然個人情報は控えた方がいいでしょうけど、現在の勉強状況やFXを始めた理由、自分なりの考えを書く事であなたのトレーダーとしての情報がブログに表れます。

 

つまり、自分の情報を言わずとも相手へ間接的に伝えれるのがブログであり、メンター候補にとっては、それが「名刺代わり」となります。故に、自分のFXブログは持っておくことを勧めます。

 

FXの考え方や記録&メンター候補の判断する材料となる

 

 

「1」の延長線上にはなりますが、ブログを書く事は自分のトレードにおける成績や、日頃行っている内容を書くことと同義です。

 

さすがに日常的な記事ばかりになっていると「?」ですが、例えばチャートを今日はどれだけ見て、こういった事が収穫できましたって内容を書くだけでも、自身の勉強記録になるしアウトプットにもなります。

 

またメンター候補からすれば、どれだけFXへ取り組んでいるかの判断基準にもなりますし、 メンターとなった際にブログがあると相手の考えが理解しやすいため教えやすいです。

 

細かいかもしれませんが、FXで稼いでいる人は時間があるので見るとこは見ます。

 

更新がマメだと継続率の期待が持てる

 

初心者やFXに深く悩んだり考えている方などが、仮にメンターとなった方に教えてもらう過程で「飛ばない率」と考えて下さい。

 

途中で言われた事を投げ出す方は、基本的に面倒くさくなったか放棄したかのどちらかです。そういう方がブログだけ続けるっていう理屈はおかしいし、ましてやブログを継続するのは根気がいる作業です。

 

そういう意味でも、ブログの更新頻度はその人の「マメさ」や「コツコツ」といった勉強していく上での姿勢や性格を判断するのに大事なもの。

 

例えばあなたがメンターとして、

 


Aさん:ブログを1年以上放置、更新してない

Bさん:ブログを2日に一回更新、FXの勉強内容や感想を書いている

 

どっちがいいと思いますか?仮にAさんに実力があったとしても、殆どはあなたが選んだ方を「3年ぐらいFXへ必死に取り組んでくれそう!」ってメンター候補も選ぶでしょう。

 

人間とはそういうもの。仮にAさんが、FXを本気でやりたいと言いだしたところで既にある「更新してない」事実を優先して見てしまいます。

 

更新してない=しっかり取り組むのか?

 

私ならこう見ます。それだけ見えるモノから得られる判断材料は強いんです。もちろん更新してない人に更新しろ!とは強制しませんし、ブログしてない人に始めろ!とも言いません。

 

ですが、間違いなく色々な意味で「有利」となります。

 

 

FXのメンター候補へ積極的にコメントをする

 

 

無料ブログを開設し、日々の勉強内容を書いたりトレード結果までしっかりと掲載した。更新頻度も自分なりに高いと思う状態までになった。

 

ここまで準備できた前提で話を進めますが、いきなり相手に向かって「師匠になって下さい!」とか言うのは恥ずかしいし、気が引けたり迷惑ではないのか?といった不安や疑念が生じると思います。

 

その緩衝材としてオススメなのが、メンター候補へコメントをマメに入れる事

 

これが意外にも効果的です。アメーバだったら「いいね!」を記事ごとに読んで打ち続けるのもアリ。ですがあまりに多くの「いいね!」があると、メンター候補も1つ1つを入念にチェックまでは出来ません。

 

だからこそのコメントなのです。もちろん無理に褒めるコメントをする必要はありませんよ!「損切りは大事です!」だけの短文な記事に対して、

 

損切りは大事ですよね♪

 

こう送ってしまうと、やたらコメントしてくる業者プログっぽいし、私だったら怪しいと思ってパスしそう(笑)とにかくコメントすりゃあいいって訳ではない。

 

でも内容を吟味した上で、自分なりの文章で誠実に考え抜いて書いてもらえれば、必ず相手の印象はいいです。

 

毎回の記事にコメントを丁寧にしてくれると、書いているメンター候補としても嬉しいに違いがないし、その人を少しずつ自分が注目するトレーダーの1人として無意識に見るようになります。

 

間違いなくそうなるので「チャンス」です

 

特にブログの世界は、似たようなトレーダーが数多くいます。その中で自分をアピールして売り込む為には、コメントをマメにして積極的に覚えてもらうようにするのが大事。

 

それぐらいしましょう。将来のメンターを得る為に必要なのは時間であって、コメント書くのにお金は一切かかりません。

 

むしろ相手はビジネスでスクール運営や商材をやってない限り、見返りをすぐに求めて来ることはありませんし、貴方が成功した時でいいよ♪って対応が殆どだと思います。

 

だから、勝ちトレーダーとして成功した際に恩返しとして自分が出来そうなことを考えておきましょう。

 

正に戦略的コメントの打ち方ですが、それぐらいはメンター候補だって重々承知していますから、ガンガンいったって問題は何もありません。消極的な性格だとしても、ブログ内は積極的かつ肉食系で攻め続けましょう。

ある程度したらメール又はメッセージを送る

 

 

その結果、コメントも難なく気軽に出来るようになった。ブログも書くのが慣れて軌道に乗ってきた。

 

ここまでたどり着いたら、メールかメッセージを送りましょう!!

 

完全に告白のような手順となっていますが(笑)、こういった段取りを丁寧にしていくから、ネットにおける信用・信頼関係の向上に繋がるんです。

好感度の良いメール・メッセージの送り方

 

メッセージの書き方ですが、私が届いて「嬉しくなる、しっかりしてる」と思うものとして

 


Point!

構成がしっかりしていて、文章が長い

自分の現在状況を詳細に書いている

総合的に見て「FXへの熱さ」を感じる事

 

主にこの3点がガッチリしてると好感度高いです。

 

構成がしっかりしていて文章が長い

 

メンター候補へ自分を知ってもらうのに大事なポイントで、内容が支離滅裂であったり3~4行の短文だと、さすがに大丈夫かなぁって思ってしまいます。

 

でも自分を知ってもらう為に文字数がエライ事になってたり、文章の展開が自分なりにしっかり組まれていれば、私なら時間がかかっても読みますし、それ以上の長文でお返事します(笑)

 

ダラダラ書いてある文章は好みませんが、その人が一生懸命考えて書いた内容であるなら、間違いなくメンター候補にも意気込みが伝わるでしょう。

 

自分の現在状況を詳細に考えた上で書けている

 

 

ここも大事な部分で、メンター候補が知りたいのはモチベーションの他にその人のトレード状況です。

 


何ができなくて勉強で苦しんでいるのか?

どういったトレード手法を用いているのか?

どのように変わりたいのか?など

 

メンター候補からすれば、ブログで情報を得ているにしても具体的な情報までは何も知りません。

 

もちろんプライベートな情報を開示する必要はないですが、トレードにおける詳細な情報を知っておかないと、今後その人へ的確に教えていくことが出来ないからです。

 

教えてもらう前に全てを晒す事に抵抗があるかもしれませんが、「その人に教えてほしい!」と思っているのであれば、それぐらいは誠意として見せましょう。

 

相手は時間も気持ちにも余裕があると思いますが、貴方に助言する為、少なくともメンターは時間を割り当てるんです(その時間をあなたが誠意として「買う」のなら話は別ですが)

 

それが結果的にあなたのメンター候補に対する誠意となり、かつ信用を得る為の手段となります。

 

総合的に見て「FXに対する熱さ」を感じる事

 

私は一番ここが何よりも重要だと思っています。ここまでメッセで表現できたら絶対に応援されていると思いますが、それぐらいの濃さを文字に表していった方がいいです。

 

多くの助言途中に飛んだトレーダーを見てきましたが、結局はみんなFXに対して「変にドライ」だったんだと思う。

 


・ 俺には3年もFXの勉強なんて絶対にできないから諦める

・ 取り組む時間がしんどいから止める

・ FXは難しくて考えたくもないから、他の投資を探す!

 

こんなんばっか。初めの意気込みはなんやってん?って嫌でも思いますよ。だから自分にやる気があると信じていても、もっと根底の部分からこみ上げてくる熱意や闘志というものが絶対的に足りなかったんでしょうね。

 

例えば、絶対にこの人の下で学べば勝てるぐらいのプロトレーダーに「FXを学びたいか?」って言われ即答出来たとしても、「1年はデモになるけど構わんよね?」って言われたら、「はい!」って大きな声で即答できますか?

 

ここが腹をくくった人間か否かの違いだと私は思います。

 

もし本当にあなたがFXに対するとんでもないハングリー精神を持っているのなら、それをブワァァ~!って文章で表現するのは容易いでしょう。

 

そのままメンター候補へぶつけて下さい。必ず貴方の熱意は伝わり、いい返事が返ってくるハズだから。

メンター候補へタイミングを考えてアポを取る

 

 

そしてタイミングを見越して、実際に勝っているトレーダーへ直接会って話を聞かせていただきましょう。それが無理な場合は、電話やSkypeを必死に頼んで下さい!

 

勝っている人の持つ知識や経験というのは、自分が現段階で取得していないようなものばかりです。正直言って、お金を事前に払って会いに行ってもいいぐらいの価値があります。

 

だからこそ為になりますし、直接会って勉強に関する話を聞く事は、間接的に聞くのと比べ「自分の脳内へ溶け込んでいくスピード」が全くとして違います。

 

もしメンターとして教えてくれる事に同意していただけたのなら、あなたが勝ちトレーダーへなった際、又はその時から誠意としてお金を出していいかもしれません。

 

あなたに価値のある知識や経験談を与えてくれるなら、十分な先行投資だと思います。

 

そしてメンターへ、必ず勝つまで諦めない事を誓いましょう。

 

FXでメンターを見つけると勉強期間が短縮される

 

 

以上がメンター(師匠)を作るプロセス詳細となります。

 

もちろんここまでのプロセスを辿ったからといって、絶対にメンターが見つけれる訳ではないですが、確実に読者の今後の成長を一緒に考えたり支えてくれる存在になりますので、頑張って探すことをオススメします。

 

・独学で道も分からず勉強を始め、苦労して3年ではなく10年以上かけて常勝トレーダーを目指す

・苦労して常勝トレーダーを見つけ、メンター(師匠)となってもらった上で3年間みっちり始める

 

どちらか良いかは明白だと思いますし、どこに苦労すればいいかも分かるハズです。

 

あとは読者様のFXにかける思いと行動力とそれにかける努力です。ここからあなたの本格的なFXへの歩みが始まります。FXで長期的に生き残っていくためにも、ぜひ頑張って下さい。

 

今回の記事が、少しでも多くの読者へ参考になれば幸いです。

 

併せて読まれる記事一覧

 

ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。