FXでメンターを見つける方法【師匠の探し方を1から紹介】



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

FX月に20万・30万以上を稼ぐトレーダーが、全く稼げてないトレーダーと大きく違う点は、

 

トレードを一緒に考え、丁寧に教えたりしてくれる、メンター(師匠的な存在)の有無です。

 

初めは、トレードを独学でがむしゃらに勉強してても、それなりの成果や手応えは感じると思う。

 

しかし、必ず大きな壁やスランプといった、

 

独学では越えにくい「限界に近い状態」となる

 

その際に「メンターがいる or いない」は雲泥の差となり、上手く助言してくれる方に出会えば、3年程の勉強期間で力がつく反面、

 

自力の場合は、下手すると今後のトレードのスキル形成に重大な影響を及ぼしかねません。

 

そこで今回の記事は、メンターがFXでは重要視される理由と、師匠的存在を見つけるための準備・方法について、具体的に紹介します。

 

Youtube

FXの正しい勉強方法に関する動画を重点的にUPしています。

 

目次

FXでメンターを見つけると多くの恩恵を授かれる

 

 

メンターとは「指導者・助言者」の意で、いうなら師匠筋にあたる人を指します。

 

プロスポーツや芸能界などで活躍する一流の方々は大勢いますが、

 

どのジャンルでも一環して共通するのは、彼らには必ず師匠やコーチといった「メンター」が存在する事。

 

例えば、プロテニスプレイヤーの錦織圭には、マイケル・チャンという過去のトッププロがコーチにいますし、彼を雇うために「年5000万以上」の報酬を支払っている。

 

何故そこまでの待遇を与えてまで、彼をコーチに出迎えてるのかというと、

 

多くの事を知ってる人にアドバイスをもらうことで、勝てないプレーヤーが考え行う「大罪」を事前に回避し、正しい練習・勉強法でテニスの腕を学べるから。

 

だから、錦織にとってはどれだけお金がかかろうと、自分のプレー結果によっては億単位のキャッシュが動くのだから、コーチング料なんて惜しくもないという訳。

 

その結果、彼は世界ランキングで5本の指に入り、試合の報酬も1億から4億へと大きく増やす事が出来ました。

 

彼にとって、偉大なプレーヤーという師匠を得た事により、飛躍的にスキルを高めた要因となったのです。

 

つまり、勝ちトレーダーに話を聞くのはスキルを上げる「手っ取り早い」手段。

 

自分で難しいなら出来る人に聞くのは当たり前だし、更に稼いでる人は基本的に心が広いので、色々と教えてくれるハズ。

 

そうやって、メンターから多くの失敗談や経験談を学ぶことで、これから自分が行うハズだった「無駄な勉強又は経験の習得」を取り除く事ができる。

 

結果的に、勉強期間が2年や3年に収まる「効率的・能動的なトレードの勉強法」を教えてくれます。

 

FXで分からない時はメンターへ聞いた方が効率的

 

自分で勉強の仕方や方法を、頑張って1から練り直すのも手段として考えられますが、

 

あまりに右往左往している時間が長いと、その時間が徐々に失われ「非効率的」となります。

 

考えに考え、数日後に勉強の仕方が改善されるなら、いくらでも時間をかけて構いません。しかし、勉強を変に深掘りすると「ドツボ」に嵌ることの方が多い。

 

そこで誰かに頼ることを模索するわけですが、

 

周りへ協力を求めるのは、何も恥ずかしいことじゃありません。

 

むしろ、今までの勉強を「大きく改善できるチャンス」と考えた方が良いでしょう。

 

自分で考えても堂々巡りするだけ

 

多くの場合、自分で考えると主観的な考え方が先行してしまい、

 

第三者から見た新しい考え方、つまり「客観的な見方」をするのが非常に難しくなります。

 

自分で行き詰まっても解決し、それを淡々と繰り返せるなら、勉強はそこまで悩みません。

 

しかし、現状の知識・経験では判断できない場合、

 

その悩みは、ひたすら自分の脳内を「堂々巡り」するだけ。

 

故にそのような事態を避けるためにも、内側だけで考えるのでなく、あえて外側に出ていく事が大切となってきます。

 

間違っていたら樹海行きも有り得る

 

そして何よりも1番怖いのは、自分で考えに考えるあまり、それが間違った方向へ進んでしまい、

 

抜け出すことが難しい「樹海」へ深く潜り込んでしまうことです。

 

こうなってしまうと、一度自分が考えて結論付けた内容が刷り込まれてしまい、正しい勉強へ修正して復帰するのに、膨大な時間が必要となる。

 

なので、最悪の事態へ発展する前に、

 


・自分よりも勉強が進んでいる

・トレードで成果を上げている人

・同じように必死に勉強している人etc…

 

とにかく、自分よりも「何らかの形」で上回っている人へ質問・相談を積極的にしていく方が、勉強をより効率的にしていくことができます。

 

FXでメンターを見つける方法【候補はブログで探すとOK】

 

 

では、肝心の稼いでいるトレーダーをどうやって見つけるのかというと、周辺の家やマンションのインターホンを鳴らしても10000%見つかりませんよね(笑)

 

まずはネットで、FX関連のサイトであったり、トレーダーのFXブログを片っ端から閲覧しましょう。

 

特に、アメーバやFC2ブログは為替ブログが非常に多く、色々なタイプの記事を見る事が出来ます。もしくは、グーグル先生に「FX ○○」とキーワード検索するのもあり。

 

面白おかしく書いているブログもあれば、日記と混ぜて紹介しているブログもあるでしょう。

 

ただ、自分の理想に合ったブログを探すのであれば話は別で、

 

何故なら、そんなブログは100件あって「3件」あるか否かの確率だから、探し出すのが非常に難しい側面もある。

 

しかし、優良であろうFXブログを見つければ、後は読みこんでFXを効率的に学ぶことができるし、

 

更にコンタクトをとり、上手くいけば自分のメンター(師匠)になってらえる可能性も、十分にあるからです。

 

もちろん、0からスタートして探すのは面倒な作業かもしれません。

 

しかし、メディアで有名とされるトレーダーのブログや、書籍のような類に載ってる人より、自分でブログを書いてリアル感に溢れるトレーダーの方が、僕は10000倍いいと思う。

 

メンターとなり得る「優良ブログ」の特徴を押さえる

 

そこで、僕がメンターに値すると考えるFXブログの特徴を、下記5つにまとめました。

 


1.トレード結果がマイナスでも公表

2.トレードの詳細(プロセス)を記載

3.自身の経験や理論を丁寧に書いている

4.読者に伝えたい思いが強く感じる

5.読んでいて「めっちゃ」共感できる

 

1~3を書いてないブログも多いですが、月単位・年単位でプラス収支のトレーダーの場は、この辺りを詳しく書いてくれていたりするので、とても参考にしやすい。

 

ですので、その辺が細かく書かれているFXブログは非常に誠実的ですし、謙虚な姿勢がトレーダー様に垣間見えるから、僕はブックマーク必須だと思う。

 

ただ、これらの中でも特に重要なのは「4と5」。

 

例えば損切りに悩んでいる時、あるブログ記事で「損切り」について書かれていると、それは自分にとって目を惹きつける内容となる。

 

そういったブログを、とりあえず「お気に入り」に片っ端から登録しておきます。すると、あるタイミングで読者の事を考えているトレーダー様は、

 

「何で損切りは絶対にしないとダメなのか?」という良質な記事を、必ず書いてくれます。

 

書く気配が全くなければ、登録から外せばいいし(笑)

 

故に、自分の現在状況に合った「必要な要素」を書いてくれてる、そんなFXブログを見つけるのがいい。

 

「1~3」が分かりやすいFXブログも素晴らしいですが、

 


1.本人のトレードに対する考えや発想

2.1つの項目をどれだけ掘り下げてるか

 

この辺りを特に重点的に書かれているかが、最終的な判断基準になるかと思う。

 

判別が難しいといえば難しいですが、自分の心に響いたり、言ってる事が頭に溶け込みやすいと思ったり、後は直感的に「この人だ!」って感じた人を調べましょう。

 

避けるべきFXブログの特徴【内容が薄っぺらい】

 

逆に物事を表面上でしか語らないものや、全く勉強の参考にならないFXブログもあり、これらは絶対にコンタクトを取らない方がいい。

 


・損切りは大事ですよ!

・利食いはこれぐらいが一番

・損切りは資産の1~5%で組もう! etc

 

教科書に載ってそうな内容を理由なども書かず、更にドヤ顔で語っているブログは絶対にNG。

 

これらは内容がメチャクチャなケースが多いため、自分の勉強期間が3年どころか、更に長く引っ張られてる可能性だってある。

 

見ていて「明らかに内容が薄い」と感じたら、見るのをやめましょう。

 

FXのメンター候補は「諦めるトレーダー」を警戒する

 

仮に読者が苦労に苦労を重ね、ようやくこの人だ!と思える、稼ぐトレーダーのブログに出会ったとしましょう。

 

「読めば読むほど勉強になるし、トレードをこの人から教わりたい!」

 

次第にそういった気持ちになり、メッセージやコメントしよう!と考えたりすると思いますが、メンター探しで絶対に知っておいてほしい事がある。

 

それは、メンター候補側(稼いでいるトレーダー側)の、気持ちの問題です。

 

稼いでいるトレーダーには、上記のような連絡がよく届きますが、彼らはお金と使える時間・心にゆとりもあるから、何か聞かれても誠実に対応をしてくれる。

 

相手が「教えてほしい!」って言った事に対しても、真摯に対応する方は多い。

 

ですが、最終的にあれだけ教えたのに、

 

「何で急に連絡がつかなくなんの!?」

 

このような不安も、並行的に抱えています。

 

急に連絡がつかなくなるとショックだし、もしお金をもらわず「無償の善意」で教えてたら、今までの時間を返せ!って思う。音信不通になるなら、それまでの時間を他へ割り当てる事も出来たから。

 

故に稼ぐトレーダーは、心が広いのと同時に「飛ぶ可能性」を疑う目も、大きく併せ持っています。

 

いきなり連絡してきた人を100%信用するほどバカじゃないし、その人がどれだけ頑張ってるか知る余地もありませんから、必然的に初めの対応は身構える。

 

なので、そこをどうにか「メンター候補」へ信じてもらわないといけない訳です。

 

FXブログを書いて、メンターへ間接的に自己アピールする

 

 

稼ぐトレーダーの懸念材料を拭っていく、客観的に見て信用を得ていく方法の1つとして

 

自分もFXブログを書く事がオススメ

 

自分のブログを持っている事はとても重要であり、かつメンター候補にとっても「相手を判断する材料」として注目するものとなる。

 

書くことをおすすめ理由としては、下記3つのメリットが期待できるからです。

 


・相手にとって名刺となる

・FXで行ってきた記録にも使える

・更新がマメだと、継続率の期待が持てる

 

既にブログを書いてる方もいると思いますが、

 

メンター候補にとって、これだけ相手の情報が詰まったものはありません。

 

大体の意味は分かると思いますので、簡単に1つずつ説明を加えていきたいと思います。

 

FXブログが相手にとって名刺となる

 

これは文字通りそのままの意味。ブログを書かれてない方からメール・コメントを受け取ると、

 

その人がどのような人物及び状況なのか?

 

こういった推測から入らないとダメだし、当然のことながら不明点も多いハズ。

 

となれば、伝わり方によっては「パス」したいと扱われたり、「この人大丈夫かな?」って考えたりする可能性もある。

 

そうなると、第一印象が不利な形からスタートするため、自分にとって都合のいいものではありません。

 

だからブログが役に立つんです。

 

FX自体を始めて間もない方の場合、書く内容はほとんどがFXを絡めた日常的な話になる。

 

個人情報は控えるとしても、

 


・現在の勉強状況

・FXを始めた理由

・自分なりの考えetc…

 

これらを書く事で、あなたのトレーダーとしての情報がブログに表れる。

 

つまり自分の情報を言わずとも、相手へ「間接的」に伝えれるのがブログであり、メンター候補にとってはそれが「名刺代わり」となる。

 

故に、自分のFXブログは持っておくことを勧めます。

FXの考え方や記録にも転用できる

 

「1」の延長線上になりますが、ブログを書く事はトレード成績、日頃行っている内容を書くことと同義。

 

例えばチャートを今日はどれだけ見て、こういった事が収穫できました!って内容を書くだけでも、

 

自身の勉強記録になるし、アウトプットにもなります。

 

メンター候補からすれば、どれだけFXへ取り組んでるかの判断基準になりますし、 メンターとなった際、ブログがあると相手の考えが理解しやすいため、教えやすい側面的効果もある。

 

細かいかもしれませんが、FXで稼いでいる人は時間があるので、見るとこは徹底して見ます。

 

更新がマメだと「継続率」の期待が持てる

 

初心者やFXに深く悩んだりする方が、仮にメンターとなった方に教えてもらう過程で「飛ばない率」と考えて下さい。

 

途中で言われた事を投げ出す方は、基本的に面倒くさくなった or 放棄したかのどちらか。

 

そういう方が、ブログだけ続けるっていう理屈はおかしいし、ましてやブログを継続するのは根気がいる作業。

 

そういう意味でも、

 

ブログの更新頻度は、その人の「マメさ」や「コツコツ」といった、勉強する上での姿勢や性格を判断するのに、大事な尺度です。

 

例えば、あなたがメンターとして

 


Aさん:ブログを1年以上放置、更新してない

Bさん:ブログを2日に一回更新、FXの勉強内容や感想を書いている

 

どっちがいいと思いますか?

 

Aさんに実力があったとしても、99%はあなたが選んだ方を「3年ぐらいFXへ必死に取り組んでくれそう!」って感覚で、メンター候補も選ぶでしょう。

 

人間とはそういうもの。

 

仮にAさんが、FXを本気でやりたいと言いだしたところで、既にある「更新してない」事実を優先して見てしまう。

 

更新してない=しっかり取り組むのか?

 

僕ならこう見る。それだけ、見えるモノから得られる判断材料は強いんです。

 

もちろん、更新してない人に「更新しろ!」とは強制しないし、ブログしてない人に「始めろ!」とも言いません。

 

ですが、間違いなく色々な意味で「有利」となります。

 

以降では、ブログを作成して少しづつ更新をしている前提で、どのようにメンター候補へアプローチしていくかをご紹介します。

 

FXのメンター候補へアピールする方法【積極的にコメント】

 

 

無料ブログを開設し、日々の勉強内容を書いたり、トレード結果までしっかと掲載した。更新頻度も自分なりに高いと思う状態までになった。

 

ただ、いきなり相手にアクション起こすのは迷惑じゃないか?といった、不安や疑念が生じると思う。

 

その緩衝材としてオススメなのが、メンター候補へコメントをマメに入れる事

 

これが意外にも効果的。

 

例えばアメーバなら、「いいね!」を記事ごとに読んで打ち続けるのもアリ。ですが、あまりに多くの「いいね!」があると、メンター候補も1つ1つを入念にチェック出来ません。

 

だからこそのコメントなんです。もちろん、無理に褒めるコメントをする必要はなく、「損切りは大事です!」の記事に対し、

 

損切りは大事ですよね

 

こう送ってしまうと、やたらコメントしてくる業者プログっぽい。とにかく、コメントすりゃいい!って訳じゃない。

 

でも内容を吟味した上で、自分なりの文章で考え抜いて書けば、必ず相手への印象は良好です。

 

毎回の記事にコメントを丁寧にすると、書いてるメンター候補としても嬉しいに違いないし、その人を少しずつ「注目するトレーダー」の1人として、無意識に見るようになる。

 

間違いなく印象が良くなるので「チャンス」です

 

特にブログの世界は、似たようなトレーダーが数多くいます。

 

その中で自分をアピールして売り込む為には、コメントをマメにして、積極的に覚えてもらうようにするのが大事。

 

将来のメンターを得る為に必要なのは時間であって、コメント書くのにお金は一切かかりません。

 

むしろ、相手はビジネスでスクール運営やセミナー等をやってない限り、見返りをすぐ求めることはありませんし、あなたが成功した時でいいよ!って対応が殆どだと思う。

 

戦略的コメントの打ち方ですが、それぐらいはメンター候補だって重々承知してるから、ガンガン送ったって問題は何もありません。

 

消極的な性格だとしても、ブログ内は積極的かつ肉食系で攻め続けましょう。

 


注意点

*この話は、メンター候補が「コメント機能のあるブログ」を使ってる場合に限ります。

ワードプレス形式のブログだった場合は、以降の内容へそのまま進んでください。

 

ある程度したらメール又はメッセージを送る

 

その結果、コメントも難なく気軽に出来るようになった。ブログも書くのが慣れ、軌道に乗ってきた。

 

ここまでたどり着いたら、メールかメッセージを送りましょう!!

 

完全に告白のような手順ですが(笑)、こういった段取りを丁寧にしていくから、ネットを介した信用・信頼関係の向上に繋がるんです。

 

メール・メッセージの書き方ですが、僕が届いて「嬉しくなる、しっかりしてる」と思うものとして

 


Point!

・構成がしっかりしていて、文章が長い

・自分の現在状況を詳細に書いている

・総合的に見て「FXへの熱さ」を感じる事

 

主に、この3点がガッチリしてると好感度高いです。

 

(1)構成がしっかりしていて、文章が長い

 

メンター候補へ自分を知ってもらう大事なポイントで、内容が支離滅裂であったり「3~4行」の短文だと、さすがに大丈夫かなぁって思う。

 

でも、自分を知ってもらう為に文字数がエライ事になってたり、文章が自分なりにしっかり組めていれば、僕なら時間がかかっても読みますし、それ以上の長文でお返事します(笑)

 

ダラダラ書いてる文章は好みませんが、

 

その人が一生懸命考えて書いた内容

 

これなら、間違いなくメンター候補に意気込みが伝わるでしょう。

 

(2)自分の現在状況を、詳細に考えた上で書けている

 

ここも大事な部分で、メンター候補が知りたいのはモチベーションの他に、その人のトレード状況です。

 


何ができなくて勉強で苦しんでるのか?

どういったトレード手法を使うか?

どのように変わりたいのか?etc…

 

メンター候補からすれば、ブログで情報を得ているにしても、具体的な情報までは何も知りません。

 

もちろん、プライベートな情報を開示する必要はないですが、メンター候補は詳細な情報を知っておかないと、今後その人へ的確に教えていくことが出来ないからです。

 

「その人に教えてほしい!」と思うなら、それぐらいは「誠意」として見せましょう。

 

相手は時間も気持ちも余裕があると思いますが、助言する為に、少なくともメンターは時間を割り当てる(その時間をあなたが誠意として「買う」のなら話は別ですが)

 

それが結果的に、あなたのメンター候補に対する誠意となり、かつ信用を得る為の手段となります。

 

(3)総合的に見て「FXに対する熱さ」を感じる事

 

僕は一番、ここが何よりも重要だと思う。

 

ここまで表現できたら絶対応援されると思いますが、それぐらいの濃さを文字に表していった方がいいです。

 

多くの助言途中に「飛んだトレーダー」を見てきましたが、結局はみんなFXに対して「変にドライ」だったんだと思う。

 


・ FXの勉強なんて絶対にできないから諦める

・ 取り組む時間がしんどいから止める

・ FXは難しくて考えたくない!他の投資を探す

 

こんなんばっか。

 

だから、自分にやる気がある!と信じていても、もっと根底の部分からこみ上げてくる「熱意や闘志」というものが、絶対的に足りなかったんでしょうね。

 

例えば、絶対この人に師事すれば勝てるプロトレーダーに「FXを学びたいか?」って言われ、仮に即答出来たとしても、

 

「1年はデモになるけど構わんよね?」って言われたら、「はい!」って大きな声で即答できますか?

 

ここが、腹をくくった人間か否かの違いだと思います。

 

とんでもないハングリー精神を持っているなら、それをブワァァ~!って文章で表現するのは容易いハズ。

 

そのままメンター候補へぶつけて下さい。必ず熱意は伝わり、いい返事が返ってきます。

 

メンター候補へタイミングを考えて「アポ」を取る

 

そしてタイミングを見越し、実際に直接会って話を聞かせていただきましょう。

 

それが無理な場合は、電話を必死に頼んで下さい!

 

稼ぐ人の持つ知識・経験は、自分が現段階で取得してないものばかり。正直言って、お金を払って会うぐらいの価値があります。

 

また、直接会って話を聞くのは、

 

間接的に聞くのと比べ、脳内へ溶け込むスピードが全く違います。

 

もし、メンターとして教えてくれる事に同意してもらえた場合、その時から誠意としてお金を出していいかもしれません。

 

あなたに価値のある知識・経験談を与えてくれるなら、それは十分に価値のある先行投資だと思う。

 

そしてメンターへ、必ず稼ぐまで諦めない事を誓いましょう。

 

FXでメンターを見つける方法は誰にでも出来る!【効果も高い】

 

 

以上が、メンター(師匠)を見つけるプロセス詳細となります。

 

もちろん、ここまでのプロセスを辿ったとしても、自分に合ったメンターが「絶対」見つけれる訳ではありません。

 

ですが、今後の成長を一緒に考えたり、陰から支えてくれる存在になるので、頑張って探すことをオススメします。

 

・独学で勉強を始め、苦労して3~10年以上を費やし、常勝トレーダーを目指す

・苦労して常勝トレーダーを見つけ、メンターとして師事!3年間みっちり勉強する

 

どちらか良いかは明白だと思いますし、どこに苦労すればいいかも分かるハズ。

 

あとは、FXにかける思いと行動力、それにかける努力だけ。ここから本格的なFXへの歩みが始まります。

 

分からない時は他人に頼る「柔軟性」も必要

 

自分で徹底的に考え解決策を導き出す、その努力も素晴らしいですが、

 

それでも難しいと感じたときは、誰かに聞くのが間違いなく近道です。

 

誰だってそう。わからない時は先輩や先生に聞いて、的確なアドバイスをもらってました。

 

素直に頼って、効率よく勉強ができるなら、潔くそうしましょう。

 

先々の道筋を示してくれるのは助かる

 

教えてくれる人は、これから自分が遭遇するであろう出来事についても、事前に説明してくれる。

 

また、それについての対策も話してくれると思う。

 

自分が、今後経験する可能性のある出来事を「情報」として事前に持てるのは、勉強する上で非常にアドバンテージがある。

 

なぜなら、事前に知ることで「避けるべき障害や困難」が予想でき、そこで躓くことを極力抑える事ができるからです。

 

この情報の価値は計り知れません。

 

後はメンターを信じ、勉強にのめり込もう

 

もし誰かに、勉強の仕方を教えてもらったのであれば、後はひたすら日々の空き時間にチャートを見たりするだけ。

 

教えてもらった方をメンターとして、今後も助言を求めれる関係だと完璧ですが、

 

最終的には自分の長期的な努力が全てです。

 

頼りつつも「過度」には頼らず、しっかり自分で出来る限りの事を行い、将来的に稼げるトレーダーとなるための地盤を着実に築いてくださいね。

 

今回の記事が、少しでも多くの読者へ参考になれば幸いです。

 

 

FX独学者向けのガイドブック

noteの記事・チャート画像(V字など)

独学ガイドブックの紹介ページ

noteで販売している有料記事・画像はこちら






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。