【FXトレード結果】2018年11月第5週の報告と11月総括



おはこんにちばんは、レギオンです。

今回は2018年11月第5週のFXトレード結果と総括を載せています(2018年11月の総括に関してはこちらのブログへ移した際にまとめて公開)

 

FXトレード結果:11月第5週の報告

 

 

11/27(火)ドル円

08:01 113.553 50万通貨 買い(LCは113.300)

11/29(木)

02:10 112.549 50万通貨 損切り -0.4pips

マイナス2,000円

普段は喋ってもスベってばっかりのパウエルが大爆笑をとったせいで建値決済。想定外だったので朝起きるとビックリ♡

 

トレード詳細画像(エントリーから決済まで)

 

 

エントリー根拠


①全体的に上昇トレンドを形成している

②前日16:00~20:00の間に逆V字的な形が発生しているが、そこから下落するなら黄色線のような形を描いて落ちていくハズ。しかしそこから再上昇をしているため、逆V字(反転示唆)からのフェイク上昇だと見ることができるので、ロング継続濃厚と見る事ができる。

③朝方のチャートにはレンジの戻しがまだ見えないので、多少なり戻してから伸びると想定できる

④ただ「逆V字→フェイク上昇」の形からの勢いを見れば113.50上で止まる事も十分にありえるため、損切り幅に余裕を持たせ113.50を基準に発注しています。

 

 

11/29(木)ユロ円

12:11 128.955 60万通貨 買い(LCは128.750)

18:12 128.850 60万通貨 損切り -10.5pips

マイナス63,000円

タイミング的に入る場所はドンピシャだったが、大した事ないと思っていたドラギ先生の発言から特に伸びず終了。損切り幅はジャストから跳ねていた為、途中で調整をしています。

 

トレード詳細画像

 

エントリー根拠

①前日からの急上昇しているのでロング目線

②129.20まで伸びてはいるものの、まだ戻しが始まっていないので、安易に伸びているからといって129.10上で入ると損切りになる可能性が高い(=成行やそれに近い指値で入る根拠がない)

③チャートの伸び幅から考え「128.70から129.20」まで約50pips程伸びているため、半値戻しを踏まえると128.90~129.00付近まで戻す事も想定できる

④更に朝イチで129.10~20で入るトレーダーが多いハズなので、彼らが損切りする場所を129円付近に設定する可能性が高い。

⑤「②~④」を考慮し、また何処まで戻しが発生するか不透明なリスクを加味し、128.90を基準に乗れたらラッキーぐらいな感覚でエントリーを行っています。

 

2018年11月の確定損益

+69.1pips +375,700円

FXトレード結果:2018年11月の総括

 

 

総括における成績表示の注意点

私の利食いpipsは分割をまとめた表示となっています。つまり数字上は一括で決済したのと変わりません。

ex

1回目利食い  50pips

2回目利食い  150pips

まとめると (50+150)÷2=100pips

損切りの表示に関しては数量に関係なく、LCされたpips数をそのまま集計しています。

ex

20万通貨で損切り10pips → 10pips

40万通貨で損切り20pips → 20pips

 

*勝敗における引き分けの定義

あるポジションにおいて未だ利食い・損切りされていない状態で、その後指標・発言等によって少しのプラス(20pips未満)及び微マイナス(スプレッド分程度)で決済に至ったものをいう。

*敗けの条件に含まれるもの

1.逆指値にかかって損切りされたポジション

2.指標・発言等の予定によってやむを得ずマイナス収支で強制決済に至ったポジション

敗けと引き分けの条件を厳しく設定して純粋な利食いによる勝率へ近づけているため、微妙なプラスでも勝率に貢献するという仕組みを撤廃しています。

2018年11月の成績

 

勝敗

10戦2勝4敗4引 勝率20.0%(小数点以下2位切捨)

収支

総獲得金額 +844,000円

総損失金額 -468,300円

純利益 +375,700円

一番大きく獲得した金額 +424,800円

一番大きく損した金額  -131,000円

pips

総獲得pips +152.55pips

総損失pips -83.4pips

純獲得pips 69.10pips

一番大きく獲得したpips 71.00pips

一番大きく損したpips  -26.2pips

アベレージ&リスクリワード

平均獲得pips 70.9pips(計算上引き分けを除く)

平均損失pips -19.375pips(引き分けを除いた全てのマイナス合計がベース)

リスクリワード 3.65(小数点3位切り捨て)

2018年11月の損益グラフ

縦のグラフ → 純獲得pips

横のグラフ → トレードを行った日付順

ブログ掲載分からの純獲得pips総まとめ(2016年07月~2018年11月分)

 

各月の詳細に関してはトレード結果を参照

 

2016年(av363.3pips)

07月 455.0pips

08月 383.7

09月 246.9

10月 387.8

11月 435.9

12月 270.5

2017年(av365.2pips)

01月 589.4pips

02月 404.0

03月 344.1

04月 428.8

05月 152.1

06月 311.0

07月 380.1

08月 642.4

09月 205.7

10月 64.6

11月 619.9

12月 240.3

2018年(av177.3pips)

01月 658.3pips

02月 -3.1

03月 216.1

04月 174.8

05月 240.8

06月 88.5

07月 272.95

08月 157.6

09月 32.8

10月 42.65

11月 69.10

トレード総括のまとめ&ポイント

 

 

今月は中旬以降よりユーロとイギリス離脱問題で何かと関連通貨ペアに手が付けれない状況だったし、ドル円もあと1歩が伸びずに手仕舞いする局面が多かった「伸びそうだけど伸ばしにくい相場」だったように思います(ユロ円途中まで伸びたんやったら食えよって言われそうですが…)

 

流れのいい相場の時はグングン上がっていくので獲れ高も増えますが、こういう時は獲れる時にとって、他は「損切り→ちょい負け→損切り→建値」といった感じで、手法と相場があまりに噛み合わない時は頭を低くして凌いでいくしかありません。残り1ヶ月で2回ぐらいいい波が来れば大きくpipsを得る事も可能になるのかな?と思いつつも、変な相場が来ないでね~とビビっている自分もいます(笑)

 

根気強く一貫したトレードを行っていれば、必ずその手法やルールにマッチングした相場が訪れます。その時に如何に淡々とルーティンのように優位性のあるトレードを行えるかが、収支を継続的に安定させるコツとなります。

 

読者の皆様も昨今のチャートの動きにPCを叩きたくなる時があるかもしれませんが(先日は700G→999Gと連続でハマって台パンしたくなった)、じーっと息を潜めて数少ないチャンスをモノにできるよう、残り1ヶ月を頑張っていきましょう!

 

今回の記事が、少しでも多くの読者へ参考になれば幸いです。

 

個別のFXスクールと関連記事

 

FX独学ガイドブック・各種FXツール

 

 






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。