2021年8月のFXトレード報告と総括【相場がグダグダかつ荒い】



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

最近は4:00~4:30時頃に早起きしてランニング・筋トレしてますが(たまに6時過ぎw)、特に健康に関する出費が圧倒的に増えております。

 

サプリメントも気づくと8種類飲んどるし、寝るのも9:00~10:00やし(笑)

 

直近で一番高かった買い物はストレッチポールで、これが単なるポールかと思いきや、寝そべって暫くすると背筋がビシッと真っ直ぐになる感覚になるんですよ。

 

胸骨が開く感覚っていうんですかね、要するに素晴らしいアイテムなんです(笑)

 

また、チャートを見ていく上で「酷い眼精疲労」にならないよう注意するため、15分間隔でチャートを見るようにしています。

 

リアルタイムなので何時間も空ける訳にはいきませんが、適度な間隔を保つことで「より客観的に」チャートを見ることにも繋がります(リセットする感覚)

 

合間にはトレードしたチャートの振り返りやブログのリライト、それらが終わったら海外ドラマ観たり、次に買い替える新築タワーマンションの関連サイトを観たりしての息抜きも欠かせません。

 

トレーダーというのは現代的な職人業であり、かつトレーニング(鍛錬)と訓練の繰り返しなのだと、最近はつくづく感じます。

 

常に全く同じチャート状況にならない以上、後で振り返ると「明らかに無駄なトレード」もポツポツとあったり、ここで上手くエントリー出来なかったと首を傾げることもあります。

 

でもそれは長い目で見れば優位性を底上げし、トレーダーとして10年20年生き残るための礎になると思えば、悔しさはあっても「楽しさ」が不思議と勝っているんですよ。

 

つくづくFXが好きなんだなぁ~と感じずにはいられませんが、少しでも1流のトレーダーへ早く仲間入り出来るよう、研鑽を日々積んでいこうと思います。

 

さて、今月はチャートが非常に荒かったこともあり、まともにトレード出来る場所が少なかったです。

 

後半は「短期・レンジ抜けトレード」の追記内容を備忘録兼ねてアップしてます(先月の結果に記載した分は内容が被るので削除)

 

【Youtube動画】FX勉強チャンネル

FXの正しい勉強方法を紹介しています。

「下の画像」をクリックして観てね↓

 

【FXトレード結果】2021年8月3日(火)ユロ円

 

7:31 129.813 40万通貨 成行売り

8/4(水)

04:32 129.427 20万通貨 分割決済 +38.6pips +77,200円

23:01 129.556 20万通貨 最終決済 +25.7pips +51,400円

40万通貨平均 +128,600円 +32.15pips

 

チャート画像とエントリー根拠

 

エントリー時点から終了までのチャート

 

エントリー根拠

①途中までゆっくりとした上昇トレンド

②130.50を壁にして3点形成後に下落

③3点跳ね返りからの反転前兆と判断し、成行ショートしています。

 

2021年8月6日(金)ドル円

 

7:30 109.769 40万通貨 成行買い

LCは109.550に設定

16:27 109.724 40万通貨 損切り ー4.5pips ー18,000円

 

チャート画像とエントリー根拠

 

エントリー時点から終了までのチャート

 

エントリー根拠

①チャートは途中まで下落トレンド

②前々日に大きく反転し、そこから前日にV字で再上昇している

③朝イチに高値付近でモミモミしている点から、そのまま再上昇する可能性が高い

④イレギュラー反転からのV字上昇と判断し、成行ロングしています。

 

FXトレード結果:2021年08月の総括

 

総括における成績表示の注意点

利食いpipsは分割をまとめた表示となっています。つまり数字上は一括で決済したのと変わりません。

ex

1回目利食い  50pips

2回目利食い  150pips

まとめると (50+150)÷2=100pips

損切りの表示に関しては数量に関係なく、LCされたpips数をそのまま集計しています。

ex

20万通貨で損切り10pips → 10pips

40万通貨で損切り20pips → 20pips

 

*勝敗における引き分けの定義

あるポジションにおいて未だ利食い・損切りされていない状態で、その後指標・発言等によって少しのプラス(20pips未満)及び微マイナス(スプレッド分程度)で決済に至ったものをいう。

 

*敗けの条件に含まれるもの

1.逆指値にかかって損切りされたポジション

2.指標・発言等の予定によってやむを得ずマイナス収支で強制決済に至ったポジション

敗けと引き分けの条件を厳しく設定して純粋な利食いによる勝率へ近づけているため、微妙なプラスでも勝率に貢献するという仕組みを撤廃しています。

 

2021年8月のトレード成績

 

勝敗

2戦1勝1敗0引

 

収支

純獲得金額 +110,600円

一番大きく獲得した金額 +128,600円

一番大きく損した金額 ‐18,000円

 

pips(小数点第2位以下切捨)

純獲得pips 27.6pips

一番大きく獲得したpips 32.15pips

一番大きく損したpips  -4.5pips

 

ブログ掲載分からの純獲得pips総まとめ(2016年07月~2021年08月分)

各月の詳細に関してはトレード結果を参照

 

2016年(av363.3pips)

07月 455.0pips

08月 383.7

09月 246.9

10月 387.8

11月 435.9

12月 270.5

 

2017年(av365.2pips)

01月 589.4pips

02月 404.0

03月 344.1

04月 428.8

05月 152.1

06月 311.0

07月 380.1

08月 642.4

09月 205.7

10月 64.6

11月 619.9

12月 240.3

 

2018年(av153.79pips)

01月 658.3pips

02月 -3.1

03月 216.1

04月 174.8

05月 240.8

06月 88.5

07月 272.95

08月 157.6

09月 32.8

10月 42.65

11月 69.10

12月 -104.8

 

2019年(av16.01pips)

01月 -135.6

02月 190.8

03月 -21.0

04月 -43.3

05月 -31.7

06月 -26.8

07月 54.2

08月 ±0

09月 42.1

10月 178.0

11月 ‐8.7

12月 ‐5.8

 

2020年(av36.0pips)

01月 30.4

02月 61.5

03月 -15.2

04月 137.9

05月 -20.4

06月 -42.2

07月 57.9

08月 0.4

09月 122.95

10月 67.3

11月 ー15.1

12月 24.0

 

2021年(av58.58pips)

01月 20.6

02月 36.1

03月 97.7

04月 -2.9

05月 69.6

06月 109.55

07月 111.1

08月 27.6

 

短期・レンジ抜けトレードについての備忘録【2021.9.1現在】

 

 

ここからは、朝トレードと別に行っている「短期トレード・レンジ抜けトレード」に関して、自分自身のアウトプット&備忘録を兼ねて書きます。

 

後々はこちらが本流のトレードになると思いますが、少しでもトレード手法を考えている方の参考になれば嬉しいです。

 


注意点

1.このブログ記事で使う「エントリー」とは、トレードチャンスがきた際に行う「ポジションを取りに行く新規発注」を指しますので、同時に行う損切り・利食いまでの意味を含んでおりません。

2.エントリーの形や動きの判断には「裁量」が大きく含まれています。

3.11通貨ペアで約2000枚以上を検証・統計取りを行いましたが、その時のデフォルトルールと現在のルールには微妙な差異が生じております(常に研磨をかけて手法・ルールを改善しているため)

4.7:30~18:00にかけて「リアルタイムで判断する内容」が多いため、15~30分おきにチャートを見れる環境が前提となります。

5.短期トレードとレンジ抜けのトレードは、仕掛ける時間帯・タイミングが異なるので、手法上区別して書いています。

6.あくまでも「自分の再確認用」として書いたので、その点だけご了承下さい。

 

手法構築に至った理由

 

以前から朝トレードを軸に行ってきたが、2019年頃からパフォーマンスが徐々に低下を始めていき、トータルプラスであるものの「別の手法が必要かもしれない」といった疑念は常に持ち合わせていた。

 

2020年になって「手法と相場の動きがミスマッチ」なのは明らかだったので、2020年後半から本格的に短期トレードの手法(より期待値の高い)を作る方向へ進む。

 

チャートの流れが綺麗になれば「今の手法」で獲れ高は増えると思うが、

 

企業と同じく「成長と存続」がトレーダーに課された命題である

 

今後は、何事も攻めの姿勢で取り組んでいくことが大事だと再認識した。

 

手法の概要

 

1.チャートの流れに「トレンド」が出ている際に順張りでトレードする。例外として、イレギュラー的な戻しからの「反転狙い」は条件が整えば行う。

2.V字からのレンジ抜け等といった場面が生じる可能性が高い時は、事前にレンジ内へ「新規の逆指値発注」を仕込んでおく。

3.メインは7:30~18:00までとし、損切りはタイトかつ程よい利食いを入れて「トレード毎の積み重ね」をイメージした手法。

4.トレード対象は11通貨ペア(ドル円・ユロ円・ポン円・オジ円・NZ円・ユロドル・ポンドル・オジドル・NZドル・ユロオジ・ポンオジ)

5.時間足は主に5分足を見てトレードするが、先に15分足を見て軽く確認する。

6.1回のトレードで20~30pips獲れれば十分という認識で淡々と行う。

 

短期トレードの詳細な手順

 

1.エントリー時間帯

① 7:00~7:30前後

② 13:30~14:30前後

 

2.エントリー方法(緑1つ目がエントリー)

(1)V字・逆V字

(2)2点・3点跳ね返り

 

(3)2チャンス後の順張り・反転狙い

(4)各種フェイク(じわじわ形成パターンのみ)

(5)「1~4」の複合系(この場合は3点→2点上昇→3点フェイク濃厚)

 

3.損切りと数量管理

(1)基本軸となる損切りは10.0pips+各スプレッドとし、MAXでも12.5pips+スプレッドを超えてはならない(あまりに広いと数量も減るため、旨味がなくなる)

(2)数量も10.0pipsを基準とする

Ex.10万通貨の場合だと損切り額10,000円+スプレッド

(3)チャート状況によって損切り幅と数量は調整し、「1」の上限12.5pips+スプレッド、または「2」で算出される金額の上限を絶対に超えてはならない

Ex1.必要な損切り幅が7.5pipsの場合(簡易的な計算でスプは除外)

X × 0.075 ≦ 10000円

X = 133,333通貨(切り捨てで13万通貨)

Ex2.必要な損切り幅が12.5pipsの場合(スプは除外)

X × 0.125 ≦ 10000円

X = 80,000通貨

(4)ポジション保有からの損切り調整に関して(下画像を参照)

【補足】

・☆ラインの2.5pipsで見切る理由は、綺麗に伸びるチャートはライン上へ侵入することが殆どないからで、逆に割ってくると理不尽な動きをするケースが目立つためである。

・チャートの伸びに沿って逆指値を徐々に変えている訳は、現在地から大きな戻しがあった際に誰よりも早く逃げるためであって、判断基準は「ここまで戻したらおかしい」と思える場所となります。

・スプレッドを逆指値に含めているのは、チャート上の位置で正しい損切りをするため。例えばドル円100円ジャストで逆指値をしても、それはスプレッド0.2pipsを含めた位置の99.998で損切りすることになるからです。

 

4.利食い

(1)東京時間前にエントリーした場合

①指値は特に入れず保有する

②基本は18:20過ぎに一括決済

③17時頃に50~60pips前後伸びていたら決済する

④18時過ぎに20pips前後の場合は翌朝5時まで保有

(2)欧州時間前にエントリーした場合

①指値は特に入れず保有する

②翌朝5:00過ぎに全決済する

③17時頃に50~60pips前後伸びていたら決済する

④18時過ぎに20pips前後の場合は翌朝5時まで保有

 

【補足】

一定の場所で利食いするパターンは後述のレンジ抜けトレードで行うため、こっちは「出来る限り伸ばす」をコンセプトにしています。

 

レンジ抜けトレードの詳細な手順

 

1.エントリー時間帯

8:00~18:00

 

2.エントリー方法

(1)V字・逆V字

(2)2点・3点跳ね返り

(3)2チャンス後の反転・順張り狙い

(4)イレギュラーの順張り・反転狙い

 

【補足】

後述する利食いパターン「①~③」でエントリータイミングが若干異なるため、そちらに関しては事項で説明します。

 

3.エントリー時の数量管理

短期トレードと同じ

 

4.損切り(見方は短期トレードと同じ)

 

5.利食い(他は短期トレードに準じて行う)

①5分足で見たチャートの高値・底値から伸びた場合は、OCOで20pips決済の発注を入れておく

②レンジ抜けの位置が高い・低い位置からの場合は、直近高値・底値にOCO発注

③イレギュラー順張り・反転時は大きく伸びる可能性が高い(18時過ぎに20pips前後の場合は翌朝5時まで保有)

 

【補足】上記②~③のエントリーについて

 

1.レンジ抜けの位置が高い・低い位置からの場合

レンジ幅の1/2を出た場所に逆指値発注を行う。

レンジ中で逆指値発注しないのは、高値・底値付近の場合だと一時的に騙しで逆行して損切りになる可能性があるから。

またトレンドが強い時は、そのまま伸びて直近高値・底値付近まで届くことが多いため、①のように20pips固定せず「直近」でOCO発注する。

2.イレギュラー順張り・反転時

(1)順張り(L・S)

事前に抜けたレンジ抜け後に逆指値

(2)反転時

①ショート

ⅰ.形成後のレンジ内に逆指値

ⅱ.レンジ抜け後に逆指値

②ロング

ⅰ.形成後のレンジ抜け後に逆指値

ⅱ.レンジ抜け後に逆指値

*逆指値の方法については「1」に準じて行う

 

3.準イレギュラー(レンジが同位置)

(1)順張り(L・S)

事前に抜けたレンジ抜け後に逆指値

(2)反転時

①そのまま伸びた場合 → 目線を変えてチャンス待ち

②形成後に戻した場合 → レンジ抜け後に逆指値

③自然と戻した場合  → 欧州前に成行または指値

*逆指値の方法については「1」に準じて行う

 

4.フェイク発生時(L・S)

(1)トレード前に発生

①欧州前に成行または指値

(2)トレード時間帯に発生

②レンジ抜け後に逆指値

*逆指値の方法については「1」に準じて行う

 

トレードの注意点・教訓等

・微妙だと感じる形には手を付けない。形が崩れているほど、以降のチャートの動きも不規則な動きを作りやすいからである。

・エントリー後は常に「最悪のリスク」を想定し、逆指値の調整を欠かさない(死ぬべきレートで死ぬ)

・とにかくシビアに判定する

・理想的に伸びるチャートは「不審な動き」を殆どしないし、数十分後には綺麗にプラスが伸びている

・FXを仕事として行うなら「確実に生き残る事」を前提としてトレードする必要があるため、プラスを着実に積み立てるのは「相場へ長期的に滞在すること」を意味する。

・高値・底値に「00:50」がある場合は、それをケアして発注する

 

以上となります。

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

 


【Youtube動画】FX勉強チャンネル

~初心者向けに正しい勉強方法をご紹介~

 


FXの勉強・検証用ソフト「Forex Tester 5」

~初心者・本格的に始めたい方へおすすめ~

1. 過去チャートが「20年分以上」も分析ができる

2. デモトレードが「オフライン」でいつでも使える

3.あらゆるインジケーターを組み合わせる事が可能 

 


【独学者向け】FX独学ガイドブック完全版

~初心者でも「1」から正しい勉強でトレードスキルを伸ばせる~

1. テクニカル分析に依存しない「裁量」勉強方法を解説!

2. 手法の作り方から検証・リアルトレードまでを完全網羅

3.約100,000字の書き下ろし+チャートパターン特典付き

 






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。