【FXトレード結果】2016年12月の報告と総括



おはこんにちばんは、レギオンです。

今回は2016年12月FXトレード結果と総括を載せています。

 

FXトレード結果:12月第1~2週の報告

 

2016.12.1(木)

ノートレ

 

2016.12.2(金)

ノートレ

 

2016.12.5(月)FXトレード結果

ノートレ

 

以前に私のトレードプロセスはこんな感じで判断根拠の箇条書きを使うのであれば、絶対に自分で確かめてから使って下さいと言った事があります。

 

私自身、「自分の手法を教えるという教え方」は参考に話したりする時こそはあれど、それは最終的に本人の為にならないという考え方に基づいてブログを書き受講生に教えていますが、このやり方が絶対に正しいのかといえば、そうでもありません。

 

何故ならFX自体が答えのない試験のようなものだし、その環境に適応して常勝トレーダーとなった人は世界中に数多くいるんだから、当然手法も考え方もその数だけ存在します。ということは、教え方も100人いれば100通りあるという事。自分の手法をベースにしてコーチングする人もいればそっくりそのまま学ばせるような教え方など、色々あるでしょう。

 

だから私は継続的に利益を上げているトレーダーの教え方・考え方は一切否定なんてしません。何故なら私の教え方も所詮は100人いればその内の1つに過ぎないんですから。むしろ、他トレーダーの考え方や教え方に共感したり尊敬したりする事の方が殆どです。なるほど!教え方もあるよね~♪とか。

 

しかし、客観的に見て明らかに勝ってない人間の教え方は確実にFX舐めてるし、理屈も筋もメチャクチャで大嫌いです。月利10~20%×数年とか、電卓の世界だけだから。

 

そういった宣伝で釣るのは本当に止めてほしい!

 

少し私情が入ってしまったので話を戻すと、自分がこの人だ!と思って見つけたメンターで勝っている手法を教えてもらう事自体は問題ありません。信じてついていけば、確実に力がつくでしょう。

 

ですが、完全に手法をコピーしてトレードすることは不可能です。これは断言して言える。そしてもう一つ併せてお伝えするのであれば、そのベースとなる手法に自分だけの+αがないと、長期的に稼げるトレーダーと成るのは非常に難しいということです。

 

常勝トレーダーである方(メンター・師匠・講師など)は、数年という長い時間をかけ、自らの手法を研磨して研磨して究極のオリジナル作品を創り上げてきました。仮に軌道へ乗り始めたのが3年であるのなら、3年間の試行錯誤がその手法には全て詰まっています。

 

それを教えてもらうという事は、常勝トレーダーが3年かかった内容を一気に教わるという意味と同義に近くはなりますがあなたは何も苦労してないでしょ?現在の思考で常勝トレーダーの苦労を学ぶという事がどれだけ難しいか分かりますか?

 

手法に関しても常勝トレーダーはビックリするぐらいの統計をとっているし、チャートを見てきた時間に至っては並大抵のものではありません。修行僧のような苦しい過去が手法には詰まってるんです。その苦労を分からずして、手法の手順を簡単に教えてもらって少し勝てたと喜んでいるのならあまりにも甘すぎると思います。

 

もし本当に手法を教えてもらって自分のものにしたいのであれば、あなたも並外れた統計取りやチャートを見たりして、教えてもらった手法を本質から知るべきです。そこまでしてようやくその方の手法の意図や考え方に近づけるんです。手法を教わる=統計取りやチャートを見る時間の短縮ではなく、あくまでも下地なんだと解釈するべきだと思う。

 

ですが、常勝トレーダーの手法は100%コピーなんてムリです。何故なら、あなたは単純に「その人」ではないんですし、彼らが手法に少なからず用いる感覚的なトレードまで真似することなんて、絶対に出来ないでしょ?だってその方と生きてきた時間も違うければ、出会った人も数も、経験してきた事も、DNAの配列すらも当然のことながら異なるんですから。

 

近づく事はできても、そこで終わりです。それで小銭稼ぎはできても、同じような巨額の収益をうみ出すことは不可能に近いでしょう。となれば、そこから自分でその手法をベースにして常勝トレーダーにはない自分だけのオリジナリティを付加価値として味付けする他はありません。

 

こればっかりは自分で創り出して下さい。ヒントや見つけ方については常勝トレーダーが教えてくれますが、結局はここが他トレーダーにはない優位性に繋がるのであって、あなたが持つ絶対的な自信の源泉となるものなんです。

 

常勝トレーダーの手法+自分だけの味付け=優位性のある手法(ベースとなるもの)+(オリジナリティ)

 

ここまで仕上げる事ができれば、小銭稼ぎが大金を稼ぐ手法へと変化します。そうなった際には、必ず教えてもらった方へお礼をしましょう。それだけの価値ある内容を授けて下さったのですから。

 

ただ、最後に念押しで言っておきますが、

 

自分だけの付加価値を形成せずにトレードをして継続的に大金を稼いでいるという人間を、私は誰ひとりとして知りません。

 

勝ち続ける人間は必ず「自分だけの必殺技」を持っています。だから、絶対に持つようにして下さい。その味付けがどれだけ不味かろうがおかしかろうが、最後に稼げてしまえば勝ちです。少し他と比べてイっちゃってるぐらいが丁度いい。FXは極少数が勝つゲームだから。

 

私には周りに凄いトレーダーなんておらず、全て独学でした。何百回も辛酸を浴び続けてはゾンビのように復活して何とか今に至っている訳ですが、そのような人があの時期にいたらと、今でも思わない日はない。師匠的存在がいる方は本当に恵まれています。そして手法まで提供して下さる神様のような人がいる方はもっと恵まれています。

 

自分だけの料理をマーケットへ出せる「千載一遇のチャンス」が目の前にあるのですから、是非とも頑張っていただければと思います。

 

2016.12.6(火)

ユーロ円その1

07:22 122.575 40万通貨 売り (LCは122.706)

17:17 122.708 40万通貨 損切り -13.3pips マイナス53,200円

 

ユーロ円その2

17:20 122.775 20万通貨 売り (LCは122.856)

18:59 122.856 20万通貨 損切り -8.1pips マイナス16,200円

我が兵、売り相場に助太刀して奮戦するも、全て討ち死にして候。

 

ポジション詳細画像

 

2016.12.7(水)

ドル円パート1

07:48 114.075 40万通貨 売り (LCは114.203)

09:06 114.204 40万通貨 損切り -12.9pips マイナス51,600円

12月から数量を上げた瞬間にこの超連敗フラグ。しかし、チャンスでビビって張れない事の方が大罪。

 

ドル円パート2

09:59 114.275 20万通貨 売り (LCは114.353)

15:46 114.353 20万通貨 討ち死 -7.8pips マイナス15,600円

途中まではピンポイントで捉えて乗っていたのに、またしても討ち死に。損切りしてから少しして綺麗に伸びるって何?お嬢様のワガママに付き合うのも執事の役目か(笑)

 

ポジション詳細画像

 

ポンド円その1

09:06 144.675 40万通貨 売り (LCは144.811)

現在保有中

144.796まで伸びて死にかけてからは、一気に伸びておりました。指標があったそうですが、そんなの知りません。だって指標トレーダーじゃないもん(笑)いつも通りエントリーしてたら、ラッキーな事に大きく伸びた。ただそれだけ。

 

現在の保有ポジション

12/07 ポンド円 144.675 40万通貨 売り

 

ポジション詳細画像

 

2016年12/8(木)

ノートレ

 

保有ポジションの決済

12/07(水)分 ポンド円

144.675 40万通貨 売り

143.491 20万通貨 分割決済 +118.4pips +236,800円

朝7時前に決済。とりあえずこれで負け分の負債を全て帳消し。後は143円近くor少し抜けて142.50まで落ちてくれれば理想。

 

2016年12/9(金)

ポンド円

143.336 40万通貨 買い (LCは143.200)

143.136 20万通貨 買い (LCは143.050)

全てノートレだぶー。

 

保有ポジションの決済

12/07(水)分 ポンド円残り

144.675 40万通貨 売り

143.412 20万通貨 決済 +126.3pips +252,600円

朝7時に決済。反転すると決断した以上は、さっさと妥協して逃げる。下がったらそれまでの話。

 

エントリー詳細画像

 

 

FXトレード結果:12月第3週の報告

 

2016.12.12(月)

ドル円

11:26 115.228 40万通貨 買い (LCは115.100)

現在保有中

追記(朝に記入)

23:24 115.223 40万通貨 損切り -0.5pips マイナス2,000円

途中まで絶好調だったのに下手クソなキングスライムなんか描いたから、お嬢様の逆鱗に触れたとしか言い様がない。

 

ポジション詳細画像

 

 

優位性についての私なりの見解ですが、この言葉の意味は口酸っぱく話しているので何となくご理解をいただいていると思います。ただ理屈が分かったとしても、

 

・実際にイメージが出来ない

・創ろうと思っても創れない

 

こういった悩みをされている方も多いでしょう。そこで今回は、学校のテスト形式の表示で「FXで求められる優位性」を再現してみます。例えば、実際の学校で求められる期末テストの点数が5科目で400点だったとしたら、皆さんはどういう振り分けをしますか?

 

おそらく過半数以上の方が

 

国語  80点

英語  80点

数学  80点

社会  80点

理科  80点

 

このようなバランス派の配点をすると思います。上記点数を見た限り、学校や社会においては優秀とみなされます。ある程度は賢いし、短所とされる科目もない。逆に我々がこういった配点パターンをするということは、社会がバランスのいい人間を求めているという事であって、そうなるように教育を受けてきたと言えます。

 

・法律に順守した行動

・全てにおいて従順

・大きな欠陥を持たないような人間性

 

このような人間が世界を埋めてしまえば、面白くはありませんが国としては完璧な社会が実現します。そして我々もいつの間にかこの発想が当たり前だと思い込んでしまっており、だから「周りと考え方・環境が違う人間」を差別したり罵ったりする傾向にあるんだと思います。

 

特に投資に至っては風当たりが強く、世間が「怖い・負ける・するな」の一点張りに対してトレーダーは関係なく黙々と取り組んでいるのですから、出る杭は打たれるのごとく、親戚であろうと非難してくる。結婚してる女性がするもんじゃないとか、家庭を潰す気か!って怒る旦那さんもいるでしょう。

 

でも銀行が提案するNISAとか儲からん投資などに対しては簡単に飛びつく。理由は大手で安全だから、原本保証だから等、常に安定した環境を求める傾向にある。

 

つまり実社会においては

 

安定思考=堅実・周りから褒められる生き方(優位と考えられる生き方)

 

なのであって、少しでも隊列を乱そう者が現れたら一斉にそいつへ攻撃をするという「村八分」のようなもので、故に求められるのはバランスタイプの人間なのです。

 

しかし、FXの世界で求められるのは

 

異端性

 

つまり、他の人間とどれだけ違うのかという事です。言い換えれば、どれだけアカギに近いかが問われてくるんです(知らない人はウィキペディアで調べてね)さっきと同じように期末テストで5科目400点が求められる場合、異端という条件が必須の「国立FX学校」ではどのような配点が優等生とみなされるのでしょうか?

 

あくまで私の経験上の見解ですが、

 

国語 50点

英語 25点

数学 240点

社会 40点

理科 45点

 

こんな意味不明の点数が最高に素晴らしい(笑)

 

利食いは誰にも負けません!ロスカットの管理には絶対的な自信があります!など明らかに他者より抜けたものを1つでも持っているのが投資の世界では受け入れられるのです。他の点数がどれだけ悪くても、これだけは異常なまでの自信があるってぐらいのものが。

 

何故ならバランスタイプの人間は投資の世界へ参加すると、殆どの人間が殺されてしまうからです。現代社会で通用することが通用しないのがFX。だから必然的に求められるのは

 

安定思考ではなく、革命的な思考や発想

 

このようになります。蓋を開けたら単純な理屈なんですが、それが出来ないからこそ多くのトレーダーが負けた原因も分からず、結果的に退場する憂き目に会うのです。実社会では国や社会が求める生き方でも構いませんが、少なくとも投資の世界においては、

 

・黙って後ろから刺すような冷酷非道さ

・相手が倒せないのなら、寝込みを襲うような卑劣さ

・そして逃げる敵を追撃して虐殺するような残虐性と容赦のなさ

 

このような、裏社会のマフィアぐらいの異端さは持って下さい。FXは合法的な金の奪い合いです。そして本当に強い奴が頂点に君臨し、永久に次から次へ来る弱者を食い物にする超厳しい世界なんです。

 

通常の思考では100%勝てません。もし本当に勝ち抜きたいのであれば、異常かつ異端の発想や手法を構築し、誰もが合理的に見ておかしいと思うような思考

 

これを身につけましょう。そうすれば5科目の内1科目が500点とか600点とかになり、周りの「優等生」からあっという間にカツアゲする事ができるでしょう。是非とも投資の世界では、アウトローなトレーダーを目指し頑張って下さい。

 

2016.12.13(火)

ノートレ

 

2016.12.14(水)

ドル円

07:55 115.275 30万通貨 売り (LCは115.428)

深夜03:05 115.279 30万通貨 損切り -0.4pips マイナス1,200円

 

ポジション詳細画像

 

2016.12.15(木)

ドル円

07:15 117.028 40万通貨 買い (LCは116.900)

現在保有中

 

ポジション詳細画像

 

2016.12.16(金)

ノートレ

追撃しようにも形がいびつの為、後ろから追いかけにくい。

 

保有ポジションの決済

12/15(木) ドル円その1

117.028 40万通貨 買い

118.169 20万通貨 分割決済 +114.1pips +228,200円

7:00過ぎに決済。

 

12/15(木) ドル円その2

117.028 20万通貨 買い

118.185 20万通貨 決済 +115.7pips +231,400円

24:00前に決済。最近は週マタギの持ち越しを控えている為、寝る前に全てを片付けるようにしてます。

 

クリスマス前に上手いこと乗れて良かったです。後は1回どこかでちょい稼ぎ出来れば十分。今年はどのタイミングでトレードを止めるか決めてませんが、おそらく12/29ぐらいだと思います。それまでにもう1トレードを決めて3ケタ乗せた上で2017年度を迎えれば最高です。

 

FXトレード結果:12月第4週の報告

 

2016.12.19(月)

ドル円

07:07 117.941 30万通貨 売り (LCは118.103)

現在保有中

 

オープン後に多少落ち着いた際のスプレッドが3.0pipsとまだ広めに開いていました。しかし、波に乗り遅れる方を懸念して成り行きでエントリー。数量を減らして損切り幅をワイドにして対応。ポン円がスプレッドの都合上、強引に乗れずノートレに。乗れてたら大きく獲れてる感じでしたが、ランダムに10~20pipsも開いたら入れるわけないやろ(笑)

 

保有ポジション

12/19(月) ドル円 117.941 30万通貨 売り

 

ポジション詳細画像

 

 

 

2016.12.20(火)

ノートレ

日銀先生が何か披露するらしいから、仕方ない。

 

保有ポジションの決済

12/19(月) ドル円

117.941 30万通貨 売り

117.153 30万通貨 全決済 +78.8pips +236,400円

日銀があるので、7時過ぎに強制決済。

 

2016.12.21(水)

ユーロ円その1

13:52 122.331 40万通貨 買い (LCは122.200)

19:20 122.198 40万通貨 アウト -13.3pips マイナス53,200円

122.30ギリギリを頑張っていたが、息を吐いてしまい死亡。

 

ユーロ円その2

19:27 122.131 20万通貨 買い (LCは122.050)

現在保有中

 

ポンド円その1

13:38 145.436 40万通貨 買い (LCは145.300)

15:57 145.299 40万通貨 アウト -13.7pips マイナス54,800円

 

ポンド円その2

17:33 145.236 20万通貨 買い (LCは145.150)

17:41 145.147 20万通貨 損切り -8.9pips マイナス17,800円

もはや「ひでぶー!」としか言い様がないわ(笑)

 

現在の保有ポジション

12/21(水) 122.131 20万通貨 買い

詳細画像

流れとしては「ドル円でロング濃厚→ユーロ円→ポンド円」、このような順番で見ていきました。

 

ポジション詳細画像

 

 

 

2016.12.22(木)

ノートレ

 

2016.12.23(金)

ユーロ円

06:00前 122.632 20万通貨 ショート 成行

 

ユーロ円を来週月曜日の朝まで一時的に両建て保有にする事で遊園地開園と同時に起こる「窓開けリスク」をゼロにする。あまりに広く開いたら、スプレッドが落ち着いた時に両方とも決済。小さく開いた上で上昇傾向が続いていればショートだけ決済する(その時に発生する微損はロングの建値にプラスして逆指値しておく)

 

FXで大きく勝つコツは、狩れるチャンスで大きく狩る行動へ出る事

 

損切りの2~3倍を稼いたからといって満足してはいけない。綺麗に入れたポジションで徹底的に攻める為、LC幅の10倍以上を獲りにいく姿勢で攻撃するべきだ。仮に建値損切りになったとしても、それは結果論。常にその行動をとっていれば、後は勝手にチャートが上がってくれる。逆に負けるリスクがないのに早く利食いする必要はない。

 

獲れる時にしっかり獲りましょう。逃すと今度はあなたが狙われる番になりかねません。

 

保有ポジション

12/21(水) 122.131 20万通貨 買い

12/23(金) 122.632 20万通貨 売り(窓開けリスク対策)

FXトレード結果:12月第5週の報告

 

2016.12.26(月)

ノートレ

先週に両建でロックした状態のまま。あまりにスプレッドが開いているので放置してそのまま仕事に行ったキリに。

 

保有ポジション

12/21(水) 122.131 20万通貨 買い

12/23(金) 122.632 20万通貨 売り(窓開けリスク対策)

 

2016.12.27(火)

ノートレ

 

保有ポジションの経過

12/21(水) 122.131 20万通貨 買い

特に決済する理由がないので、継続保有。

 

両建ロックの解除

12/23(金) 122.632 20万通貨 売り(窓開けリスク対策)

12/27(火)9:00過ぎ スプレッドが落ち着いたのでロック解除。その際に数pipsの微益が生じましたが、あくまで週マタギの持ち越し対策に行ったものなのでカウントをしません。

 

2016.12.28(水)

ドル円

09:04 117.428 20万通貨 買い (LCは117.300)

現在建値にして保有中

チャートは時間がないため略式ですが、ユロ円があんな動きをしているのにプラス買いポイントが明確だから入らざるを得ないし。年末だからスルーして伸びたらショックだし、それなら入って死んだほうがマシ。

 

保有ポジションの決済

12/21(水) 122.131 20万通貨 買い

12/28(水) 122.816 10万通貨 分割決済 +68.5pips +68,500円

ドル円のエントリーが全部死ぬリスクを踏まえた点と、とりあえず次第点の利食いポイントまで伸びたのを考慮した。

 

2016.12.29(木)

ノートレ

残りポジションの行方を見守って今年は終わろうと決めていたので、一切の手出し無用。

 

残りポジションの結末

ドル円

117.428 20万通貨 買い (LCは117.300)

117.423 20万通貨 損切り -0.5pips マイナス1,000円

ユーロ円  12/21(水)分

122.131 10万通貨 買い

122.120 10万通貨 損切り -1.1pips マイナス1,100円

両方共木曜日の深夜に死亡。一気にあれだけ落られたらどうしようもない。さっさと逃げるけど、滑るの何とかならんの(笑)?

 

2016年12月の確定損益 +986,200円

 

2016年12月FXトレード結果の総括

総括における成績表示の注意点

私の利食いpipsは、分割をまとめた表示となっています。

つまり、数字上は一括で決済したのと変わりません。

 

ex

1回目利食い  50pips

2回目利食い  150pips

まとめると (50+150)÷2=100pips

損切りの表示に関しては数量に関係なく、LCされたpips数をそのまま集計しています。

ex

20万通貨で損切り10pips  →  10pips

40万通貨で損切り20pips  →  20pips

 

2016年12月の成績

勝敗 14戦4勝7敗3引

勝率28.5%

 

収支

総獲得金額  +1,252,900円

総損失金額  -226,700円

純利益  +986,200円

一番大きく獲得した金額  +489,400円

一番大きく損した金額    -54,800円

 

pips

総獲得pips  +350.5pips

総損失pips  -80.0pips

純獲得pips  +270.5pips

一番大きく獲得したpips  122.3pips

一番大きく損したpips    -13.7pips

 

アベレージ&リスクリワード

平均獲得pips  87.51pips(小数点3位切り捨て)

平均損失pips  11.14pips(小数点3位切り捨て)

リスクリワード  7.855(小数点4位切り捨て)

 

勝率に関しては28.5%とあまり良くありませんし獲得pipsもポジションが伸びては落ちて損切りを繰り返し微妙な12月でしたが、リスクリワードは十分な数値だったので、

 

伸ばせるポジションはしっかりと伸ばす

 

これを順守していたからこそ結果的に利益を残せたのではないかと思います。できればあと1発大きなpipsを獲れれば良かったんですが、そればっかりは私の決める事ではないので(笑)

 

トレードの総括とポイントまとめ

 

人それぞれ手法や考え方が違うし、獲得数値に関しても100人いれば100通りの意見がある訳です。私の場合は分析ツールや計算式を使って判断するのではなく、

 

連敗しようが、一発で捲れる自信

 

この自信だけでFXの成績が安定してからは生き残っています。

 

だから分析方法の結果を基に何か変えんとダメだ~ではなく、こんだけ統計取って結果的に大きく獲れるって分かったんだし、後は手法通り・ルール通りこなせばいいだけ。これを反省に反省を重ね、歯を食いしばって徹底しました。細かい部分の修正については、肌感覚で調整したと言った方がしっくりくるかもしれません。

 

リアルに入ってからというものの、何百回と「本当に今の一撃狙いの手法で大丈夫なのか?」と膨大な統計を取っても、精神的にくる重圧は酷いものでした。それだけキャッシュが動く世界というのは当時の自分にとって「不安で、怖くてたまらないもの」だったんです。そのせいでビビって、獲り損ねたpipsは数えきれません。

 

ですが、そこを修正・改善しては耐えて×感覚的に無限ループを繰り返し取り組んできたからこそ、結果が利益となって表れ、安定的に勝ち出したんだと今は思う。そして稼げるという認識が実際の数字で何ヶ月も把握できるようになった頃に、今まで散々な辛酸を味わってきた努力の過程が逆転し

 

ここまで準備に準備を重ねて仕上げてきたんだから、連敗してもたった一撃で取り返せばいいだけやん。

 

このような自信に満ちたプラス思考のベクトルへと180°変わっていったんです。

 

そこからは徐々に精神的な不安要素は取り除かれ、今となってはチャートをお嬢様と呼ぶまでに仲良くなったつもりでいますし、

 

指値に数pips足りず獲れんかった → しゃあないやろ

伸びたけど戻ってきて損切りに → そんな事もあるよね~ 

普通に損切りになった → はいはい、いつも通りですね

 

もはや、開き直りレベルです。それ故にチャートをゲーム感覚で見れるようになったし、口座資産をメダルゲームの残高のように数字として脳みそが認識するようになった。だから、今あなたが取り組んでいるチャートを何千枚も見たりデモでひたすら改善したりしている努力の結晶は、今後トレーダーとして生きていく上で身に付けなければならない

 

自分の手法や考えに対する絶対的な自信の下地となります。

 

受講生にも同じことを何回も刷り込む為に言ってますが、結局はどこかで膨大な量の努力をしないといけないんです。それ無しで身につく薄っぺらい自信なんて、相場の気まぐれで一瞬にして恐怖へと変わります。

 

数年間を生涯の栄華を築く為に使う事を躊躇してはいけません。

 

マーケットは誰よりも努力する人間を好み、逆に安易に入ってくる人間を虐殺する嗜好を持っていますし、そんな人達を食らって生き残っていくのが我々トレーダーです。隣の人間が金を持っていたら、殺してでも奪って自分の物にするのがFXの世界なんです。

 

多くのトレーダーの金を巻き上げた結果、今の継続的に稼ぐトレーダーという自分がいます。退場した人間の残り金を奪ったかもしれないし、生活費を切り詰めて用意した証拠金を容赦なく奪ったのかもしれません。でもFXは9割以上のトレーダーが負ける世界です。殆どの人の終焉によって一部が肥えていき、そしてまた新しい人が参入してくる。結局はこの永遠に続くループで成り立っています。

 

だからこそ他者から金を容赦なく巻き上げ終幕を迎えさせ、自分の栄華の始まりの土台にしなくてはいけません。その為の努力を惜しまない、躊躇しないで下さい。今の決断が後の数年後を大きく変える結果となりますので。

 

今回の記事が、少しでも多くの読者へ参考になれば幸いです。

 

個別のFXスクールと関連記事

 

FX独学ガイドブック・各種FXツール

 

 






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。