【FXトレード結果】2019年10月の報告と総括【流れに少し乗れた】



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

10月になって、相場が大きく動き出した気がしていますが、いかがでしょうか?

 

特にユーロとイギリスはバチバチな状況が続いているため、一瞬にして起こる動きによって瞬殺されている方も増えていると思いますので、必ず自分の手法にとって「適切な損切り幅」を事前に設定しましょう。

 

流れに乗れる時は勝手に乗れますから、まずは最悪なケースが生じた場合をシミュレーションして、事前にダメージを最小限に留めるようにするのが大切です。

 

今回は、ポンドのお化け相場に乗れたりはしてませんが、ボチボチの流れには何とか乗れました。以降で詳細を書いていこうと思います。

 


FXトレード結果:2019年10月の報告

 

10/1(火)

ドル円

09:05 108.053 40万通貨 指値買い (LCは107.850)

22:46 108.437 20万通貨 分割決済 +38.4pips +76,800円

23:03 108.049 20万通貨 損切り  -0.4pips -800円

製造ほにゃららが前回50~60pips動いていたので、事前に1/2を決済して残りは勝負。結果は23時に20pips程レートが飛んで逆行し続けてOUT。

40万通貨平均 +19.0pips +76,000円

 

トレード詳細画像

 

エントリー根拠

①途中下落していた箇所で2点跳ね返り(ダブルボトム)が発生

②そのまま「黄色線①」のように下落せず上昇し、緑○で前兆を形成

③更にそこから「黄色線②」の動きをせず再上昇し、108円を越える(*通常はこう動くであろう方向へチャートが動かず逆行する時は、流れが反転している可能性が大きく上がる)

④形は汚いが、そのまま108円を越えて濃厚(紫矢印)となり、108.050を基準に底打ちを始める

⑤底打ちもハイヒールのような形になり、お椀型曲線になっている以上、ここから更に上昇していく可能性が高い

⑥直近108.20を越えていないのが懸念材料ですが、これだけ根拠を用意してエントリーせず伸びたら後悔するため、108.050を基準にエントリーしています。

 

10/2(水)

ドル円

07:27 107.730 40万通貨 成行売り (LCは107.953)

10/3(木)

06:31 107.177 20万通貨 分割決済 +55.3pips +110,600円

10/4(金)

18:20 106.770 20万通貨 最終決済 +96.0pips +192,000円

雇用統計があるので逃げ。

40万通貨平均 +75.65pips +302,600円

 

トレード詳細画像

 

エントリー根拠

①上昇トレンドから108.50下で2点跳ね返りを形成後に、前兆なし(緑○)のダイレクト下落をしているため、反転濃厚と考える

②107.80下でレンジ形成を始めており、黄色線のように曲線気味に落ち着いた状況

③107.80付近からそのまま再下落を始めると判断し、107.80下で成行しています。

 

10/2(水)

ユロ円

10:42 117.850 40万通貨 指値売り (LCは118.055)

10/3(木)

06:51 117.483 20万通貨 分割決済 +36.7pips +73,400円

10/4(金)

18:20 117.231 20万通貨 最終決済 +61.9pips +123,800円

雇用統計があるので逃げ。

40万通貨平均 +49.3pips +197,200円

トレード詳細画像

 

エントリー根拠

①下落トレンドで、118.00~150の2点跳ね返りから、ダイレクトに118円を抜けて下落しているため、下落トレンドが継続する可能性が高い。

②118円をカバーしたエントリーをしたかったので、117.90下で指値エントリーをしています。

 

10月11日(金)

ユロ円

07:19 118.755 40万通貨 成行買い (LCは107.550)

24:04 119.859 20万通貨 分割決済 +100.4pips +200,800円

10/12(土)

05:32 119.618 20万通貨 両建ロック → 10/14(月)07:24に決済して解除(買いポジションの週マタギ完了)

10/14(月)

09:35 119.350 20万通貨 最終決済 +59.5pips +119,000円

朝イチで墜落して逆指値にかかり終了。

40万通貨平均 +79.9pips +319,800円

 

トレード詳細画像

 

エントリー根拠

①ひたすら上昇トレンドが続いている状態

②左上解説のように、レンジから高値モミモミ再上昇の強い上げ方をしているため、以降もそのまま上昇トレンドが続く可能性が高い

③朝イチのレンジは綺麗に縮小気味+底がお椀型の曲線をつけている点から、118.70を基準に発注しています。

 

10/1(火)

ドル円

09:10 108.350 40万通貨 指値買い (LCは108.150)

15:54 108.199 40万通貨 損切り -15.1pips -60,400円

意外にすぐ下落を始めので、損切りを少しでも減らすので精一杯だった。

 

トレード詳細画像

 

エントリー根拠

①非常に綺麗な上昇トレンドを形成

②特にレンジの動きが底値・高値の「キリのいいレート」に逆らう動きがない

③また反転するような兆候も見受けられないため、そのまま上昇していく可能性が高い

④故に108.30を基準に発注をしています

 

10/16(水)

ドル円

09:36 108.752 40万通貨 指値買い (LCは108.550)

10:19 108.600 40万通貨 損切り -15.2pips -60,800円

開始そうそう、すぐ急下落。損切りを縮めて終了。

 

トレード詳細画像

 

エントリー根拠

①上昇トレンドを形成

②108.30~50のレンジからV字を作っての上昇なので、そのまま流れが継続する可能性が高い

③ただ上がり切ったところから青曲線のようにドーム型を作っているので、ある程度戻すリスクを踏まえる

④故に108.70を基準に発注をしています

 

10/1(火)

ユロ円

09:36 120.650 40万通貨 指値売り (LCは120.855)

17:46 120.805 40万通貨 損切り -15.5pips -62,000円

下落をせず、気味にジリジリと上がっていったので、縮めて損切りで終了。

 

トレード詳細画像

 

エントリー根拠

①トレンドはまだどちらとも言えない状況

②121円を抜けようとして下落している点から、致命傷・決定打(青線)と捉える

③120.70下で「一時的な戻し→ドーム型の曲線(黄色線)」を形成しているので、ここから再下落する可能性が高い

④故に120.70を基準に発注しています。

 

FXトレード結果:2019年10月の総括

 

 

総括における成績表示の注意点

私の利食いpipsは分割をまとめた表示となっています。つまり数字上は一括で決済したのと変わりません。

ex

1回目利食い  50pips

2回目利食い  150pips

まとめると (50+150)÷2=100pips

損切りの表示に関しては数量に関係なく、LCされたpips数をそのまま集計しています。

ex

20万通貨で損切り10pips → 10pips

40万通貨で損切り20pips → 20pips

 

*勝敗における引き分けの定義

あるポジションにおいて未だ利食い・損切りされていない状態で、その後指標・発言等によって少しのプラス(20pips未満)及び微マイナス(スプレッド分程度)で決済に至ったものをいう。

*敗けの条件に含まれるもの

1.逆指値にかかって損切りされたポジション

2.指標・発言等の予定によってやむを得ずマイナス収支で強制決済に至ったポジション

敗けと引き分けの条件を厳しく設定して純粋な利食いによる勝率へ近づけているため、微妙なプラスでも勝率に貢献するという仕組みを撤廃しています。

 

2019年10月のトレード成績

 

勝敗

7戦4勝3敗0引 勝率57.1%(小数点以下2位切捨)

 

収支

総獲得金額  895,600円

総損失金額 -183,200円

純利益 712,400円

一番大きく獲得した金額 319,800円

一番大きく損した金額  -62,000円

 

pips

総獲得pips  223.8pips

総損失pips -45.8pips

純獲得pips 178.0pips

一番大きく獲得したpips 79.9pips

一番大きく損したpips  -15.5pips

 

アベレージ&リスクリワード

平均獲得pips    55.95pips(計算上引き分けを除く)

平均損失pips -15.26pips(引き分けを除いた全てのマイナス合計がベース)

リスクリワード 3.66(小数点3位切り捨て)

 

2019年10月の損益グラフ

縦のグラフ → 純獲得pips

横のグラフ → トレードを行った日付順

 

 

ブログ掲載分からの純獲得pips総まとめ(2016年07月~2019年09月分)

各月の詳細に関してはトレード結果を参照

 

2016年(av363.3pips)

07月 455.0pips

08月 383.7

09月 246.9

10月 387.8

11月 435.9

12月 270.5

 

2017年(av365.2pips)

01月 589.4pips

02月 404.0

03月 344.1

04月 428.8

05月 152.1

06月 311.0

07月 380.1

08月 642.4

09月 205.7

10月 64.6

11月 619.9

12月 240.3

 

2018年(av153.79pips)

01月 658.3pips

02月 -3.1

03月 216.1

04月 174.8

05月 240.8

06月 88.5

07月 272.95

08月 157.6

09月 32.8

10月 42.65

11月 69.10

12月 -104.8

 

2019年(av20.66pips)

01月 -135.6

02月 190.8

03月 -21.0

04月 -43.3

05月 -31.7

06月 -26.8

07月 54.2

08月 ±0

09月 42.1

10月 178.0

 

FXトレード以外のビジネスに関して

 

 

FXブログ

現在は毎日更新を行い、下がり気味だったPVの向上に努めています。何やかんやで20日以上経過しましたが、もう毎日更新しないと気持ち悪いぐらいに習慣付きました(笑)

 

習慣には2週間かかると言われてますが、正しくその通りだ!って感覚です。

 

その甲斐もあってか、圏外に飛んでいたワードが徐々に戻り始めています。まだ始めた段階なので、どの程度の効果があるかは分かりませんが、それらの経過も時期が来れば記載していきます。

 

個別のFXスクール

2019年10月末の時点で「18名」の方が在籍され、カウンセリング申込が「1ヶ月に1回」ぐらいの頻度であります。

 

また2年目以降の継続受講も80%程あり、FXをお伝えする身としては非常に嬉しい事です。

 

今後も「個人に合わせた勉強スタイル・手法のご提案・助言等」を、親身に行わせていただきます。

 

物販(せどり)

4ヶ月前ぐらいから、ご縁のあった方に師事しており、現状で月5~8万といったラインです。

 

スキャルピングのように貼り付けば、おそらく月15万前後はいくのかなと思いますが、僕は合間合間に時間をそこまでかけずに取り組むスタイルがあっているので、今の金額には満足しています。

 

せどりって非常に辛気臭い作業が多いんですが、僕はそれが苦になるどころか、結構ゲーム感覚で宝探しのような気持ちで取り組めるため、性格的にも合っているのかなと思います。

 

昔のゲームでいったら、「A列車で行こう!・シムシティ・牧場物語・ザ・コンビニ」といったシミュレーションゲームが楽しめた方であれば向いてる(笑)

 

あと中国物販ですか?ってよく聞かれますが、チャイナは全く関係ないです(笑)店舗に足を運ぶスタイルでもないって事だけ、現状ではお伝えしておきます。

 

不動産投資

既にタワーマンション(新築)を購入したので、これ以上は現状動くことは出来ませんが、常に不動産サイトを見たりして情報収集したり、現地へ行って実際に建物を見たりと「準備」はしています。

 

再始動は約2年後で、タワーマンションを時期を見て転売する予定です。新築タワマンが値上がりを続ける中、比較的㎡単価も時期的には安く買えたので、ソコソコの利益を見込んでいます。

 

以降は再度タワーマンションor一棟ビルの選択が難しい時期となっていまして、タワーマンションに至っては大阪最後の目玉といっても過言ではないレベルが建造されます。

 


各竣工及び完成時期(分譲の可能性が高い)

2024年9月 仮称:堂島2丁目計画(マンション450戸・ホテル180室の複合型で高さ195m)

2025年春頃 うめきた2期北街区

2027年以降 うめきた2期南街区

 

堂島は堂島ロールで有名な場所で、近くには歓楽街の北新地があります。ビジネスとして非常に需要の高い地域で、近くにある堂島ザ・レジデンスタワーは、約6年経過の中古ですが「110~120万/㎡」の値が付いています。

 

また、うめきた隣にあるグランフロントオーナーズタワーに至っては、約10年経っているにも関わらず「170~200万/㎡」という意味不明な値がついており、売り出し時の約2倍にまで高騰。

 

坪単価でいえば約600万という驚異の価格設定ですが、うめきた2期もそれに準じて、おそらく販売時の価格は「140~150万/㎡」になるのではと言われてます。

 

全国から買い注文が集まるハズですから、納得といえば納得の価格なので、120万/㎡ぐらいを狙うのであれば堂島、うめきたプレミアムを狙っていく場合は「うめきた2期」となるでしょう。

 

ただこれらが終わると、大阪には更に期待されるタワーマンションが実質的に建造されないため、非常に難しい判断を迫られる時がくるかもと思っています。

 

最後だけやたら熱が入ってしまいましたが、「ふーん」ぐらいに聞き流してください(笑)

 

ブログは引き続き「毎日12:00」に更新していくので、昼休みにでも気楽に見ていただければ幸いです☆ご覧になっていただき、ありがとうございました!

 

FXスクールに関する記事一覧

 

 

FX独学ガイドブック販売ページ

 

 

FX独学ガイドブックの販売ページ

【完全版】第1章~第7章 ¥98,000円(税込)

【分割版】第1章~第3章 ¥59,800円(税込)

【分割版】第4章 ¥29,800円(税込)

【分割版】第5章~第7章 ¥29,800円(税込)






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。