FXでは順張りトレードが「一番」稼ぎやすい【逆張りはクソ難しい】



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

FXで安定して稼ぐためには、トレード方法をどうすれば一番いいのか?それについて議論されてる動画やブログを、今では数多く拝見します。

 

その中でも根本的な「順張り・逆張り」はそれぞれ多くの見解がありますが、

 

個人的には間違いなく「順張り」の方が稼ぎやすいし、逆張りより難易度は圧倒的に低いです。

 

ただ、トレードで大きな損失を出す人のほとんどが逆張りで負けています。たとえ本人が順張りだと思ってポジションを持っていたとしても、客観的に見ればほとんどがチャート的にも逆張りかつ大衆が持ってしまう後にホールドしているのが真実です。

 

つまり、FXで順張りするにはある程度のチャートを分析する勉強期間と、常識とは真逆の発想をする必要がある。

 

なぜ順張りがFXで1番稼ぎやすいと言える方法なのか?

逆張りが順張りより難しいと言えるのか?

 

今回はそれらを説明した上で、FXで正しく順張りしていくやり方についてもお伝えできればと思います。

 

Youtube

FXの正しい勉強方法に関する動画を重点的にUPしています。

 

FXは順張りが間違いなく「一番」稼ぎやすい

 

 

FXでよく聞く順張りとは、英語でトレンドフォローと訳すように、単純に伸びてる方向へついていく事を指します。

 

上に伸びていたらロング、下に向かっていたらショート

 

たったこれだけの話。

 

要するに、これをシンプルかつ「自分の手法にとって優位性の高いポイント」で仕込むことが出来れば、利益も少しづつ増えていくし、逆に損失も逃げるべきポイントを明確にして抑えることができます(コストカット)

 

個人的には、自動売買や誰かの手法、初っ端からテクニカル分析をガチ暗記で練習するより、

 

いかにトレンドを読み、それについていくか?

 

この練習を徹底的に過去チャート使って、受験勉強のように取り組むのがベストだと思う。そして最終的には一番順張りが稼ぎやすい方法だと気づくハズです。

 

では、なぜ順張りが稼ぐにあたって一番効率がいいかというと、それはチャートの特徴をそのまま採用しているからに他なりません。

 

チャートは伸びている方向へ「そのまま」動く傾向が非常に強い

 

チャートは生き物じゃありませんが、その根源は「人間の金銭欲や感情」によって構成されています。

 

お金を欲しいが故に資金を大量投入して稼ぐ人もすれば、大きな下落で大金を失う人もいる。そういった数え切れない人間の「歓喜・期待・不安・恐怖」といった感情こそが、チャートが相場で動くエネルギー源となり、

 

縦横無尽に動き回り、弱者を殺戮し続ける怪物

 

このように見える。

 

要するに、チャートが大きく動く時は「正の感情または負の感情」のどちらかにチャートが大きく傾いた時であり、それは言い換えると「パニックに近い状況」とも言えます。

 

そしてこれら感情が大きく偏った際の大きな特徴として、

 

そう簡単に元の感情(ニュートラル)には戻らないってことです。

 

最近の仮想通貨でもそうですが、上昇相場でロングホールドしている人は、自分の含み益に酔いつつも「まだまだ上がる」と信じて疑いません。チャートの状況がどうのってことでなく、自分のポジションに大きな期待を込めているからです。中には更にロングを仕込む人もいるでしょう。

 

それとは反対にチャートが一気に暴落してきた時は、多くの人がその阿鼻叫喚を見て立ちすくむか、大きな損失を引き起こす前に逃げ惑う人でごった返すでしょう。逆に底値だと踏んで逆張りロングをして、更に大怪我をして恐怖に打ち込めされる人もいる。

 

どちらの感情をみても、大きく片方へ振り切れた際は落ち着くまでに時間がかかります。

 

そして感情が落ち着いてから、チャートの大きな動きが止まるまでのライムラグを含めた期間まで、チャートは暴走機関車のようにその方向へただひたすら進み続けるのです。

 

これこそがチャートの方向性に関する大きな特徴であり、かつ順張りで追っていく際の本質的な理由となります。

 

【補足その1】チャートの動きは初心者でも誰でも理解できる

 

チャートがそのまま伸びる特徴を何となく理解したとしても、

 

「偏った感情やら何たら言われても、初心者にチャートの動きを「人間心理」から見立てるのは無理があるのでは・・・。」

 

このように気が引ける人もいるかと思います。

 

しかし見方を変えれば、チャートが人間心理の集合体である以上、何らかの行動パターンを持って動く可能性が高いと考えれるし、初心者だろうが誰であろうと関係なく、チャートの人間心理に関しては「ほぼ全員」が理解できる可能性が高い。

 

なぜそう考えれるかというと、

 

この地球上で、FXで用いるお金(証拠金)は全人類の99%にとって共通した「価値の基準」であり、またその増減によって生じる心理変化も、殆ど共通しているからです。

 

例えば、Aさんが無条件で自由に使えるお金として100万円受け取ったとしましょう。その際、Aさんが100万円受け取った瞬間の気持ちは、次のうちどれだと思いますか?

 


1.めっちゃ喜んで心の中でガッツポーズした

2.「何で100万くれんねん!」とブチキレた

3.悟りを開いた高僧のように「何も」思わなかった

 

おそらく100人中100人に近い割合で「1」を選ぶハズ。2か3を本気で選ぶ人は、物々交換が主体の「貨幣」を持たない現住民族だったり、お金がダブついた石油王レベルの財力を持つ人ぐらいではないでしょうか。

 

また、この質問を仮にBさんCさんと変えたところで、質問の回答率は「1」が100%に近い割合を占めるでしょう。

 

何故なら、お金の増減に対する心理変化は「万国共通」だからです。

 

つまり、チャートの動きによって生じるリアルタイムな心理変化は、自分にも非常に高い確率で分かるってこと。

 

 

例えば上記チャートの「緑○」で自分がロングポジションをとったとして、

 

・青□付近でどう思うか?

・紫□の光景を見てどう感じるか?

 

この分析を行った際、紫□で下落を喜ぶような人がいると思いますか?いれば相当なドMさんでしょう(笑)逆に青□で含み益を見てイライラする人も「常識的に考えて」いないでしょう。

 

これだけでも、十分に人間心理(大衆心理)を理解できてると言えるんです。いやいや、そんなの誰でも分かるやん!と思うかもしれませんが、

 

そうなんです、誰でも理解することは可能なのです。

 

それを端っからテクニカル分析やらロジックめいた考え方を前提にチャートを見るから、純粋に見れずフィルターがかった状態になっているだけ。誰でもチャートと真正面から向き合えば、時間はかかったとしても理解を深めることは出来るんです。

 

あとは上記チャートから理解した大衆心理を、どのように扱うかが焦点となります。

 

【補足その2】深く分析すれば、チャートを心理的観点から「順張り」も出来る

 

こっからは話が少し逸れますが、チャート上には必ず人間の心理・その変化が含まれており、それはチャート上の場所全てで分からずとも「ポイント毎」に抑えることが出来れば、高い確率でチャートの動向を見立てることが出来ます。

 

先ほど例に出した画像を使って解説すると、このチャート上の全てにおける心理状態が分からずとも、明らかに「黄色○」の状況は何となくでも認識が可能。

 

 

左から順に見ていくと、上昇トレンドからのレンジ抜けでショート逆張りしてた連中は、1つ目の黄色○でギブアップしたくなるでしょう。逆に右側2つの黄色○は緑○でロングポジションをとった人が「予想外の下落」を見て、徐々に恐怖が心を支配していく様子が見てとれる。

 

このようにチャート上の心理分析をしていけば、大部分のトレーダーが「苦しいと叫ぶポイント」を絞ることができ、

 

それは即ち、チャートの動きが彼らの望む方向と「逆方向」へ進んでいる可能性が高いと判断することが出来ます。

 

ポジションを持ってて心理的に苦しくなる理由はそれしかないからで、逆に含み益でホクホクしてる時に焦る人間なんていません。

 

この見方が出来るようになると、チャートを正面から「形や動きのパターン」で分析する方法に加え、チャートを裏から心理的に判断していく2つのやり方でチャート分析する事が可能となります。観客席から見る舞台と、それを舞台裏から見るようなイメージでしょうか。

 

つまり、チャート上だけの判断だと難しいと思える場面でも大衆心理的にキツいと感じる場所が分かれば、

 

それを基に「心理的な順張り」を行っていく事ができるんです。

 

ここからは再び順張りに話を戻しますが、順張りを身につけるためには「皆が当たり前に感じること」を逆手にとっていく姿勢が大切。それが短期間で身につけば苦労しませんが、身につかないからこそ、多くの人間が相場で多額の損失を被るハメになります。

 

【残念な話】人間は相場で順張りが「簡単に」できない

 

 

ここまでの説明から「今すぐ順張りでトレードしていこう!」と考えても、過半数以上のトレーダーは思ったような順張りを行うことが出来ません。

 

もし全員が順張りをお茶の子さいさいと仕込めるのであれば、1980年代のバブル崩壊・2007年のサブプライム・リーマンショック・2017年の仮想通貨バブルといった暴落局面で、何も疑うことなくショートで荒稼ぎ出来たハズ。

 

でも現実は大損・破滅したトレーダーによって屍の山が築かれました。理由はトレーダーとしての実力・勉強不足といったスキル面も確かにありますが、

 

根本的な理由は、私たち人間が日頃の生活で「常に逆張り」を無意識に行っているからです。

 

現実世界で行っていること(逆張り)を、そのままパラレルワールドであるFXの世界に持ち込むから、まともな順張りが出来ない。

 

なぜそう言い切ることが出来るのか?

 

それは日頃の生活で行っているあらゆる行動に着目すれば、何となく検討が付くかと思います。

 

日常世界で行っている「逆張り」に順張りの難しさを垣間見れる

 

私たちの生活でお金が関わる行動は色々ありますが、その中でも「物を買う事」は常日頃から行っています。例えばスーパーで食料品を買ったり、メルカリやAmazonで購入したりと、今では時と場所を選ぶことなく注文できる。

 

その際、商品の価格を何となく見て購入しているかもしれませんが、明らかに高いと思われる商品は買わず、セールや見切り等で安くなっている商品は無意識に見ているハズ。

 

価格が安い = いま買った方がいい

価格が高い = 買わない or 安くなるまで待つ

 

上記のように普通は判断します。それが当たり前だし、主婦であればその辺は更にシビアに考えるでしょう。よくテレビで「あそこのスーパーは○○が500円→300円になってお買い得よ!」とか、そういう井戸端会議を観たりします。

 

しかしそれとは打って変わり、下記のような情報を喋る主婦を読者は見た事あるでしょうか?

 

「あそこのスーパーは○○が500円→800円になって超買い時よ!」

 

この内容だけでも、ママ友から「意味不明な人」と周囲からレッテルを貼られるには十分過ぎる出来事だと思う。トレーダー的思考で考えると、「今はロング相場だから仕込むチャンスなのかな?」と解釈することは出来ますが、私生活においてそれは「常識と真逆の言動」となります。

 

誰が価格上昇した商品を好き好んで買いに行きますか?災害時などで必需品が一時的に暴騰したりするケースを除けば、その選択肢はまずあり得ません。

 

だから、日々の生活で特に金銭が絶対的に絡んでくる内容に関しては、ほとんどの人が対象とする商品の相場(下限・上限)を知っており、それに基づいて売買活動を行っている。

 

つまり「安くなったら買う(消費する)・安く買って高く売る」を日々実践している事になります。

 


・価格が下がる → 買い時

・価格が上がる → 買わない

 

この思考プロセスを物心ついた頃から何年・何十年と積み重ねていけば、当たり前になるのは当然であって、逆に下記のような発想は浮かばなくて当然。

 


・価格が上がる → 買う場合がある

・価格が下がる → 売る場合がある

 

日常生活で価格が上昇しているのに買うのはよっぽどの理由がある時ぐらいでしょうし、現実世界で株の空売りみたいに「何も持っていない状態から売る」なんてあり得ません(FXは差金決済だから、厳密には空売りと異なるが…)

 

故に、現実世界で行っている金銭を扱った行動は「逆張りに近いプロセス」を無意識のうちに行っており、対して相場で必要な考え方は伸びていく方向へ仕掛ける「順張り」とは真逆の行動をとっているのが分かります。

 

これが、そう簡単にFXで「波に乗ることが出来ない難しさ」なんです。

 

現実世界でどれだけ賢い・仕事ができる・成功していようとも、そこで培った表の考え方(日常)を裏の世界(FX)に持ち込んだところで、まず安定した稼ぎに繋がることはありません。

 

元々の考え方が根本的に違うのですから、いつの間にか相場と相反する方向へポジションをとっているのがオチ。

 

ましてやチャートが伸びる時はノンストップで突き進むのですから、現実世界の考えでFXを行えばどれだけ資金があっても足りません。逆張りは「落ちるナイフを掴む」とも言いますが、場合によっては切り傷程度では済まないこともある。

 

だから、何も勉強せず「デモ・リアルトレード」をひたすら続けても身につかない。

 

結局のところ、順張りを理解するには過去チャートを必死に見て「FXの世界」を少しづつ理解するしかないんです。

 

例外的に「流行だけ」は順張りできる【集団心理】

 

ただ人間は相場で簡単に順張りが出来なくても、現実世界で流行っている物や行動などに関してだけは、例外的に順張りが出来ます。

 

・ポケベル、携帯電話、PC等の電子機器

・コギャル、ルーズソックス(ギャル語を含む)

・ポケモン、パズドラといったゲーム

・ONE PIECE、鬼滅の刃等のマンガ

・タピオカ etc…

 

挙げればキリがありませんが、その時その時で流行っているものに人間は敏感に反応し、自分もそれを同じように実践していく特徴があります。

 

人間は狩猟の時代から農作の時代へ移っていく中で、同じ場所に定住し集団で生活していく必要がありました。それは自衛目的もあれば、作物を効率良く育てたりする事が個人でなく集団で行う方が適していたからです。

 

しかし集団で生きていく以上は何らかのルールが必要になるし、皆がバラバラに違うことを繰り返していれば、最終的にコミュニティの存続が危ぶまれてしまう。そうなる事を避けるため、模範となる人の真似をしたり習慣的な行動を決めて皆が同じようにする。

 

逆を言えば、皆が同じ行動をしてるのに1人だけ違う行動をするのは「悪」だと、周りから解釈されてしまう可能性が高いってこと。

 

昔集落でとられた「村八分」の制裁行為や、友だち間で誰かを「のけ者」にするといった排他的行為なども、これらは集団心理が大きく作用しています。

 

近年流行ったタピオカだと、女子大生が学内のグループでタピオカを毎日買って飲むのがステータスの習慣についていく為、お金を必死にやりくりといった記事を見たりもしました。

 

つまり人間は、周りの大部分が行っている事や習慣を「無意識のうち取り入れる順張り脳」に長い年月をかけて仕上がっていると言えます。

 

それはファッションや娯楽関係だけに限らず、FXや仮想通貨も該当します。

 

特にFXは当時主婦がこぞって相場へ参加したため、ネットやテレビで大いに取り上げられました。また2007年以前は「ひたすら円安・国内レバレッジは最大100倍・高スワップ金利」の3拍子だったこともあり、誰でもFXで稼げる・スワップ金利で不労所得といった触れ込みで溢れかえる状況。

 

そんな中でFXを何も知らない人が見たらどうなるでしょうか?

 


「周りの友だちがFXを始めたり交流会に行ったりした話をする」

「初心者が簡単に100万200万稼げたと報道されている」

「何でFXしないの?と逆に聞かれる」

 

特に流行といってもFXや仮想通貨といった投資は「金銭」が絡んでいるため、単なる暇つぶしや軽い欲求で留まるわけもなく、

 

1.自分も今から始めないと周りに置いていかれる

2.お金を稼げるチャンスも失うかもしれない

 

この流行に対しては「1」だけでなく「2」の金銭的欲求も加わっているため、今の生活から解放される機会を逃す可能性などを考慮すれば、時代のトレンドに便乗するという選択肢を誰もがとってもおかしくありません。

 

・キモノトレーダー

・ミセスワタナベ

 

これらは当時外国人が付けた日本人女性トレーダーの名称ですが、それだけ2000~2010年中盤にかけて多くの人がトレンドに順張りしていたのが分かると思います。もちろん多額のキャッシュを積み上げた人も中にはいたでしょう。

 

ただここで問題となるのは、

 

多くの人が当時行ってた円安相場に対するロング順張りは、果たして「トレーダーとして行った順張りなのか?」って疑問です。

 

それがどちらかは、暴落時の相場を見れば一目瞭然となります。

 

投資の世界は「流行」が去った後に残される方法は現実世界の「逆張り」

 

下記画像はドル円・ポン円・オジ円相場で緑□で囲ったところが、大暴落が続いてひたすら下げ続いた時期となります。

 

絶頂から1年半経たずして120円の下落は正に殺人通貨

 

ドル円はまだしも、ボラの大きいポン円や高スワップだったオジ円の暴落は酷く、ハイレバレッジだったら一瞬で強制ロスカットになるレベルの下落です。当時の主婦でも100枚200枚は当たり前だった時代、この暴落に巻き込まれた後の状況は目を覆うしかありません。

 

もしトレーダーとして訓練された方が改めて上記画像を見ると「めっちゃショートで稼げるやん!」と思うでしょうが、

 

殆どのトレーダーは流行りに便乗しただけの「何も事前に過去チャートを見たりして腕を磨いてない素人」です。

 

仮に全員がトレーダーとして順張りを臨機応変にこなせるのであれば、

 

「大暴落でヘッジファンドのように荒稼ぎする爆益主婦が急増中!」

「FXはショートで初心者でも稼げる投資!」

 

上記のような触れ込みがSNSを席巻し、今度は逆にショートポジションが流行したでしょう。でも当時はそのような謳い文句を一切見た事はないし、むしろワイドショーで顔にモザイクのかかった主婦を多く観ました。

 

何故なら、上記画像の大暴落でほとんどのトレーダーが行っていたのは、逆張りロング or ナンピンロングの二択だったからです。

 

順張りトレーダーから見れば信じられない光景かもしれませんが、追加入金してナンピンとかを平気で多くの人がやってました。ここが底値だから戻す!とか、絶対に○○円より下には落ちない!とか、こういった文言がテレビで使われてたのを覚えています。

 

自分が順張りだと思っていたのは一時的なことであって、実際は相場に参加する大多数がロングしてる流行に乗っただけで、それは実力云々の類いではありません。仮想通貨の暴落でも全く同じ事がいえます。

 

そこで稼げたのは、ショートの順張りで逃げるロングポジションを追撃して狩り取った「ごく一部のトレーダー」だけでした。

 

これらより導かれる結論としては、

 


・流行が去った後の相場ではトレーダーとしての実力が問われる

・何も事前に勉強・訓練してないと「逆張り(日常のやり方)」しか出来ない

・結果的に殆どのトレーダーが大敗又は破滅して退場する

 

更に端的に言えば、勉強せずにトレードすると確実に負けるってことです。

 

順張りはFXの世界だと当たり前に行うトレード方法ですが、我々の世界では「高くなったら買う」発想自体が異端ですし、「更に安くなったら売る」なんて気が狂っているとしか思えないでしょう。

 

でもそれがFXだと正常であり、逆に現実世界の思考プロセスこそが「ほとんど真逆」になります。

 

相場はそういった環境なのだから、何も勉強しなければ「負ける思考」を持ちこんで自らカモになる可能性が非常に高い。故にFXは正しい順張りをするために、必ずどれだけ時間がかかってもいいから、過去チャートを徹底して見るような修行期間が必要です。

 

【補足】順張りの勉強方法は「まだまだ伸びる」と脳に幾度となく刷り込むこと

 

リアルタイムで動くチャートを順張り思考で見るには相応の訓練がいるし、数日経たない内に脳みそがトレンドフォロー型にはなりません。

 

もしこれが初心者であれば、今まで投資に関するチャートを真剣に見たことがあるか?と聞かれたら、まずNOと答えるでしょう。真剣に見てたら、既に投資を間違いなく行っているからです。

 

つまり見た事もないチャートの動きを、全く考えた事もない「順張り思考」でいきなり見れる方が異常なんです(個人的にそれは天才に近い部類だと思う)

 

まずすべき事は、過去チャートを「メタトレーダー・フォレックステスター等」を使って取り寄せ、それを時間の許す限り研究し続けること。

 

その際に一番気をつけないとダメなのは、

 

チャートが向かっている方向へ純真無垢な子供のように「まだまだ上へ行きそう」と素直に捉えること。

 

ここで敢えて子供と例えを出しましたが、何故かというと「安い・高い」の概念をまだそこまで持ち合わせていないからです。それに対して大人は既に多くの売買活動を行っていく過程で、何が高くて安いといった基準を作り出しているから。

 

下のチャートはドル円の15分足で上昇トレンドを継続していますが、戻す戻らない関係なしで、このチャートを素直に「今日もまだまだ伸びそう」と捉えることは出来ますか?

 

 

・108円手前で一気に下落するのではないか?

・さすがにこれだけ急激に伸びたらもう止まるだろう

 

もし上記文言が頭に浮かんだのであれば、それはこのチャートを「逆張り思考」で見ているに他なりません。長期足で見れば、戻しを指値ショートで拾う順張りになる可能性はありますが、デイトレで見れば間違いなく逆張りです。

 

多くの人が当日108円ショートを考えるハズで、それが日常世界の発想となります。でもこの日は更に続伸して108円を簡単に突破していきました。

 

何もこのチャートを108円ロング成行で発注しろとか、上手く指値で拾う方法を考えろと言ってるのではありません。

 

「まだ上へ伸びるだろう」という前提を持って、チャートを見れるか否かを問うているのです。

 

現実世界の値頃感やお金に関する考え方が根強く残っていると、まず端っから素直にチャートを見ることは出来ません。それだけ長年培われた習慣・考え方を変えるのは難しい。

 

・このチャートはまだまだ伸びるから徹底してロング目線!

・大きく反転してきたら、損と気にショート目線へ切り替えればいいや!

 

チャートを見る時だけでも順張り思考へ矯正するには「これぐらい開き直って見ること」が必要であり、かつ何回も頭の中で上記言葉をイメージしつつ、チャート上に何回も書き込んで「インプット→アウトプット」を繰り返すことが大切です。

 

訓練を繰り返した結果、上画像チャートを見て「上へ伸びてるからロング目線」だと違和感なく「パッ!」と認識できるようになれば、順張り目線が着実に身についてるでしょう。

 

順張りするのは簡単そうに初めは見えますが、結局は過去チャートを見ての訓練が伴います。

 

それだけ稼ぐのはメチャクチャ難しいと解釈も出来ますが、ほとんどのトレーダーがこういった勉強をまともにせず相場へ参入することを踏まえれば、誰にでも稼げるチャンスは転がってると解釈も出来るのではないでしょうか?

 

FXではトレンドフォローを最優先!逆張りは順張りを会得してからでも遅くない

 

 

以上がFXの順張りに関する内容となります。

 

稼ぐための近道は「小手先の手法や複数のインジを最初から駆使する」のではなく、順張りを地道に習得していくこと。この方法が一番堅実かつ着実です。

 

また、順張りと逆張りは全く異なるように思えますが、先に順張りから理解していくと「大きな戻しが生じそうなチャートの時」が何となく分かってくる(手法へそれを落とし込むのは非常に難易度が高いですが…)

 

どうしても逆張りを手法へ加えたいのであれば、まず順張りで優位性のある手法を構築してからにしましょう。順張りが出来ないのに、更に難しい逆張りを手法へ落とし込むのはあまりに無理があるからです。

 

まずは素直に順張りを磨く。すると、否が応でもトレンドフォローする事の大切さと「逆張りよりも簡単な事実」に気がつくと思う。

 

2020年のウイルスショックで経済が危ぶまれる中、株や仮想通貨といった投資は再び大きな注目を集めています。

 

その中でもFXは、「レバレッジ・環境・将来性・優位性」等のどれをとってみてもトップクラスの可能性を秘めていると断言できる投資。過去を振り返れば数え切れない人間を大損させた金融ウイルスかもしれませんが、使い方によっては打ち出の小槌にもなり得る投資です。

 

自己資金をロング相場のトレンドフォローみたいに増やしたいのであれば、まず順張りから徹底して勉強し、相場に対する優位性を少しづつ構築していきましょう!

 

今回の記事が少しでも多くの方に参考となれば幸いです。

 

Youtube

 

FX独学ガイドブック

個別のFXスクール






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。