【FXトレード結果】2018年5月の報告と総括



おはこんにちばんは、レギオンです。

今回は2018年5月FXトレード結果と総括を載せています。

 


FXトレード結果:第1~2週の報告

 

2018.5.1(火)

ノートレード

 

2018.5.2(水)

ポン円

07:10 149.557 50万通貨 成行売り (LCは149.810)

17:20 149.811 50万通貨 損切り -25.4pips マイナス127,000円

 

エントリー詳細画像

 

ユロ円

15:51 131.950 60万通貨 売り (LCは132.155)

22:00前 131.866 60万通貨 事前決済 +8.4pips +50,400円

深夜にFOMCがあったので事前決済しましたが、寝てからすぐに30pips伸びるなよw絶対に外からリアルタイムで監視されてたわ~(笑)

 

エントリー詳細画像

 

ポジション詳細画像

 

2018.5.3(木)

ノートレ

 

2018.5.4(金)

ドル円

06:49 109.184 50万通貨 成行売り (LCは109.453)

20:00前 108.978 50万通貨 事前決済 +20.6pips +103,000円

雇用統計があるので事前決済。

 

エントリー詳細画像

 

ポジション詳細画像

 

ポン円

06:50 148.213 50万通貨 成行売り (LCは148.460)

20:00前 147.885 50万通貨 事前決済 +32.8pips +164,000円

同じく雇用統計があるので事前決済。

 

エントリー詳細画像(ドル円とプロセスは同じなので説明は省略してます)

 

ポジション詳細画像

 

ユロ円

06:48 130.886 50万通貨 成行売り (LCは131.155)

20:00前 130.402 50万通貨 事前決済 +48.4pips +242,000円

雇用統計があるので事前決済。

 

エントリー詳細画像(ドル円とプロセスは同じなので説明は省略してます)

 

ポジション詳細画像

今週のトレードに対する自分の感想やその他

 

今週の最後の最後に数年前まで当たり前のように到来していた相場がきましたね(笑)雇用統計があるので伸ばすのにも限界がありましたが、初っ端にしてはいいスタートが切れたのではないでしょうか?下記は似たような形になった今週のポンド円トレード結果ですが、同じ成り行きで入っても結果的には上が切られ、下が多少なり伸びました。

 

しかしこの2つを完璧に獲れる方法なんてありませんし、そんな事をしていたら両方とも獲り逃すといった事にも繋がりかねません。ここで憶えておいてほしいのは、自分の手法にとってチャンスタイムが来たら結果がどうなるにせよ同じようにトレードを淡々とこなすこと。それが長期的に見れば結果的にトータルでプラスの収支へと結びつきますので。

 

 

FXトレード結果:第2週の報告

 

2018.5.7(月)

ドル円

08:15 109.150 60万通貨 売り (LCは109.353)

20:45 109.354 60万通貨 損切り -20.4pips マイナス122,400円

下降トレンド途中のレンジ膠着状態を狙ってのショート。ただ入って普通に死んだとしかコメントすることが出来ない件(笑)

 

エントリー詳細画像

 

2018.5.8(火)

ポン円

07:51 147.950 60万通貨 売り (LCは148.160)

19:30前 147.272 30万通貨 分割決済 +67.8pips +203,400円

5/9(水)

01:28 147.961 30万通貨 損切り -1.1pips -3,300円

60万通貨平均 33.35pips +200,100円

FOMC前に最後のポジションも決済と考えていたら、まぁこのザマ(笑)最近の相場は本当に綺麗にニョロニョロと動いてくれませんね。

 

エントリー詳細画像

 

ポジション詳細画像

 

 

2018.5.9(水)FXトレード結果

ノートレ

 

2018.5.10(木)

ドル円

10:36 109.653 50万通貨 買い (LCは109.400)

20:03 109.549 50万通貨 損切り -10.4pips マイナス52,000円

途中まで微妙に伸びたけどそこからは今月お決まりの下落に発展(笑)マイナスを多少なり調整して場を洗うのが精一杯。

 

エントリー詳細画像

 

ポン円

06:42 148.656 50万通貨 成行買い (LCは148.400)

17:30前 148.731 50万通貨 事前決済 +7.5pips +37,500円

今回も高値まで50~60pips伸びたのに、そこから謎の欧州一気下落(今月は異常に多い)が始まってカスカスに(笑)BOE+カーニーさんがあったのでさすがに逃げています。

 

エントリー詳細画像

 

2018.5.11(金)

ドル円

07:08 109.427 50万通貨 成行売り (LCは109.703)

5/12(土)05:30前に両建てで持ち越して翌週に徹底抗戦

5/15(火)

03:12 109.653 50万通貨 損切り -22.6pips -113,000円

両建てで利益が数pipsほど出ていますが、純粋なトレード損益ではないので除外をしています。

 

エントリー詳細画像

 

 

ポン円

07:05 147.907 50万通貨 成行売り (LCは148.160)

09:31 148.161 50万通貨 損切り -25.4pips マイナス131,500円

 

エントリー詳細画像

 

ユロ円

09:03 130.450 40万通貨 売り (LCは130.755)

5/12(土)05:30前に両建てで持ち越して翌週に徹底抗戦

5/14(月)

07:00過ぎ 130.555 40万通貨 決済 -11.0pips -44000円

オープンレートで一気に上昇したために逃げの決済。両建て分と一括して決済をしています(上記10.5に両建コスト0.5を合算しています)

 

エントリー詳細画像

 

今週のトレードに対する自分の感想やその他

 

とにかく難しいの一言で終わるような相場状況ですが(笑)、欧州・NY時間に40~60pips伸びてから平気で逆行されると一撃で伸ばすスタイルの私としてはどうしようもありません。ですので現状は凌いで凌いでを繰り返す。チャンスがある時はマイナスを臆さずエントリーして勝負をかけ、引く時は素直に場を洗う。

 

一番ダメなのは、チャンスや勝負ところが来ているのにビビったりメンタルが揺れてしまい,その大きなビッグウェーブに乗り損ねて莫大な機会損失を発生させてしまうことです。そうなると更にふのスパイラルにハマってしまう可能性が高い。だからマイナスになろうが伸びずに建値終了になろうが、突っ込むところは後先考えず「自分の判断と直感」を信じてトレードする事が大事。

 

それに結果が後から追いついてくれば、それがあなたの自信に変わります。このサイクルを長期的かつルーティンのように歯を食いしばって行っていくことが出来ればトレードする際に不安や恐怖といったものが限りなく少なくなっている事に気づきます。

 

その時のあなたは利益を継続的に生み出すトレーダーに変貌しているハズです。凌ぎの時期ほどメンタル的にキツくなるトレードはありませんが、今回の記事が少しでも多くの方に参考となっていただければ幸いです。

FXトレード結果:第3週の報告

 

2018.5.14(月)

ノートレ

 

2018.5.15(火)

ノートレ

 

2018.5.16(水)FXトレード結果

ドル円

07:51 110.253 60万通貨 買い (LCは110.050)

22:02 110.050 60万通貨 損切り -20.3pips マイナス121,800円

上昇トレンドに乗っかってのエントリーでしたが、地味に下がって死亡。損切りからすぐに復活して上昇する点が相場のハメ手にハマっている証拠(笑)

 

エントリー詳細画像

 

ポン円

06:56 149.033 50万通貨 成行買い (LCは148.800)

07:47 148.795 50万通貨 損切り -23.8pips マイナス119,000円

レンジからのV字→急上昇で「00」に乗っかった状態だったので成行ロング。まぁ何てことはありません、1時間も持たずに死亡してしまいました(笑)

 

この時点でとうとうマイナス収支に転落。かなり攻めているんですが、それでも平気で跳ね返される鉄壁のチャートですわwまた乗り逃したりと感性が少しブレてきているのも直に感じてはいるので、1つ1つのトレードと割り切ってシ○シコしながら頑張っていきます(笑)

 

エントリー詳細画像

 

2018.5.17(木)

ドル円

11:23 110.153 60万通貨 買い (LCは109.950)

5/18(金)

05:00過ぎ 110.765 30万通貨 分割決済 +61.2pips +183,600円

5/19(土)

05:30過ぎ 110.772 30万通貨 ショートで両建ロックして週マタギ

5/21(月)

07:00過ぎ ユロ円の逆V字からの下落とポン円の大きな下落。ドル円の歩調を合わせた下落からショート目線と考え両建をまとめて決済 +61.4pips 184,200円

60万通貨平均 +61.3pips +367,800円

総評 上昇トレンド中のレンジ停滞期に底値を上手く拾えて伸びたパターン。

 

エントリー詳細画像

 

ポジション詳細画像

 

2018.5.18(金)

ノートレ

FXトレード結果:第4週の報告

 

2018.5.21(月)

ドル円

07:15 110.827 50万通貨 成行売り (LCは110.053)

09:43 110.053 50万通貨 損切り -22.6pips マイナス113,000円

わざわざ買いで週マタギしたのを決済してから新規ショートしたのに最悪のパターン。自分の読みがクソ過ぎて笑うしかないという(笑)

 

エントリー詳細画像

 

ユロ円

13:05 130.650 60万通貨 売り (LCは130.855)

14:53 130.859 60万通貨 損切り -20.9pips マイナス125,400円

 

エントリー詳細画像

 

ポン円

07:14 149.439 50万通貨 成行売り (LCは149.710)

5/22(火)

15:00過ぎ 148.979 50万通貨 逃げの決済 +46.0pips +230,000円

17:15からカーニーさんなので決済。その後に急上昇してたからツキは完全に落ちていないと痛感したものの、最近のスロットは毎回天井が当たり前になっている最低の運のなさ(笑)

 

エントリー詳細画像

 

ポジション詳細画像

 

2018.5.22(火)

ドル円

12:42 110.853 60万通貨 買い (LCは110.650)

5/23(水)

08:50 110.749 60万通貨 損切り -10.4pips マイナス62,400円

ドンピシャで持ってたので意地になって保有してたら暴落の波に飲まれるという(笑)最近は殴りまくっても殴り返される相場がずっと続いているんで、自分でも分かってるぐらいにジレンマが存在している状況で難しいッス。

 

エントリー詳細画像

 

2018.5.23(水)FXトレード結果

ノートレ

 

2018.5.24(木)

ポン円

08:05 146.950 40万通貨 売り (LCは147.260)

14:30過ぎ 146.301 40万通貨 事前決済 +64.9pips +259,600円

16時にカーニー、17:30に小売売上高の2連コンボがあるので逃げ決済。

 

エントリー詳細画像

 

ポジション詳細画像

 

ユロ円

07:04 128.726 50万通貨 成行売り (LCは129.005)

14:30過ぎ 128.122 50万通貨 事前決済 +60.4pips +302,000円

16時にカーニー、17:30に小売売上高の2連コンボがあるので逃げ決済。

 

エントリー詳細画像

 

ポジション詳細画像

 

2018.5.25(金)

ドル円

09:07 109.350 60万通貨 売り (LCは109.553)

10:00 109.553 60万通貨 損切り -20.3pips マイナス124,200円

普通にまだ落ちるならドル円と思って入ったのに軽~く損切られるこのザマ。

 

エントリー詳細画像

 

今週のトレードに対する自分の感想やその他

 

ようやく大きな波というか、2018年1月を思い出すようなオバケが途中からきましたね(笑)ポン円ユロ円を初動から乗れれば莫大なpipsが手に入りましたが、朝イチからは絶対無理やんwなので、第二波を何とか獲っておしまいという今週の締めくくりです。

 

こんだけ動かない相場にいきなりヘビー級のパンチがくると対応が難しいし、月に300pips獲れてた時の相場は何処へ行ったのかと思いたくなるぐらい今は厳しい相場。また最近は相場の影響もあってかトレード回数が随分増えているインファイト感も否めないため、もっと厳選したトレードを心がけないといけなくも感じています。

 

でもチャンスが来たら損切りを恐れず淡々と突っ込む気持ちでトレードを行う。これをいつ何時もブレずに行っていきたいと思います!(もう多少なりブレてはいますが笑)

FXトレード結果:第5週の報告

 

2018.5.28(月)

ノートレ

 

2018.5.29(火)

ユロ円

07:10 127.177 50万通貨 成行売り (LCは127.455)

5/30(水)

05:30過ぎ 125.339 25万通貨 分割決済 +183.8pips +459,500円

5/31(木)

24:33 127.185 25万通貨 損切り -0.8pips マイナス2,000円

50万通貨平均 +91.5pips +457,500円

半分決済後に雇用統計までどんぶらこ落ちていくから残りをホールド!って思ってたら、まさかの2日で200pips落ちては200pips上がってくる天国と地獄を経験するというwスロットだと1/32768クラスのフリーズ並の引き強を発揮した感じ。まぁ月末に上手くオチもつけれたので関西的にOKとします(笑)

 

エントリー詳細画像

 

ポジション詳細画像

 

2018.5.30(水)FXトレード結果

ノートレ

2018.5.31(木)

ユロ円

09:12 126.555 60万通貨 買い (LCは126.350)

22:50 126.547 60万通貨 損切り -0.8pips マイナス4,800円

前日200pipsレベルの戻しを受けて反転に切り替えた完璧なエントリーでしたが、最大で100pips近く伸びて一気に戻して切られるという酷さ。その後に何事もなかったかのように上昇していくという鬼畜仕様(笑)

 

エントリー詳細画像

 

ポジション詳細画像

2018年5月FXトレード結果の総括

 

 

5月は下旬に恐ろしいぐらいチャートが暴れはしましたが、それまでは切っては切ってを繰り返すような厳しい相場状況だったため、多くのトレーダーが利益を捻出するのに苦労したのではないでしょうか??

総括における成績表示の注意点

私の利食いpipsは、分割をまとめた表示となっています。つまり、数字上は一括で決済したのと変わりません。

ex

1回目利食い 50pips

2回目利食い 150pips

まとめると (50+150)÷2=100pips

損切りの表示に関しては数量に関係なく、LCされたpips数をそのまま集計しています。

ex

20万通貨で損切り10pips → 10pips

40万通貨で損切り20pips → 20pips

*勝敗における引き分けの定義

あるポジションにおいて未だ利食い・損切りされていない状態で、その後指標・発言等によって少しのプラス(20pips未満)で決済に至ったものをいう

*敗けの条件に含まれるもの

1.逆指値にかかって損切りされたポジション

2.指標・発言等の予定によってやむを得ずマイナス収支で強制決済に至ったポジション

敗けと引き分けの条件を厳しく設定して純粋な利食いによる勝率へ近づけているため、微妙なプラスでも勝率に貢献するという仕組みを撤廃しています。

2018年5月のトレード成績

 

勝敗

24戦12勝9敗3引 勝率50.0%(小数点以下2位切捨)

収支

総獲得金額 +2,923,950円

総損失金額 -1,260,500円

純利益 +1,153,400円

一番大きく獲得した金額 +457,500円

一番大きく損した金額  -131,500円

pips

総獲得pips +474.35pips

総損失pips -233.5pips

純獲得pips 240.85pips

一番大きく獲得したpips 91.5pips

一番大きく損したpips  -25.4pips

アベレージ&リスクリワード

平均獲得pips 39.52pips(計算上引き分けを除く)

平均損失pips -19.45pips(引き分けを除いた全てのマイナス合計がベース)

リスクリワード 2.03(小数点3位切り捨て)

2018年5月の損益グラフ

縦のグラフ → 純獲得pips

横のグラフ → トレードを行った日付順

獲得pipsの推移

 

ブログ掲載分からの純獲得pips総まとめ(2016年07月~2018年05月分)

各月の詳細に関してはトレード結果総括を参照。

2016年(av363.3pips)

07月 455.0pips

08月 383.7

09月 246.9

10月 387.8

11月 435.9

12月 270.5

2017年(av365.2pips)

01月 589.4pips

02月 404.0

03月 344.1

04月 428.8

05月 152.1

06月 311.0

07月 380.1

08月 642.4

09月 205.7

10月 64.6

11月 619.9

12月 240.3

2018年(av257.39pips)

01月 658.3pips

02月 -3.1

03月 216.1

04月 174.8

05月 240.85

トレード総括のまとめ&ポイント

 

 

5/29~31のトレードを完璧にこなしていれば450pipsはいったと思いますが、強欲に含み益を伸ばしていくスタイルの僕には利食えない場所でした(半分200pips伸ばして半分200pips戻して建値ってトレーダーも珍しいでしょうけど笑)

 

ただ相場の流れが今までみたいに無法地帯のような暴れまわる動きというより、素直に伸びたり切られたりしてくれる「トレードしやすいチャート」に変わった気がしますので、pipsも必然的に大きく獲れる場面が以前より訪れるでしょう。

 

その時いかに自分のトレードスタイルを貫き通せるかといった「自分を信じる力」が問われます。統計的に優位性が証明されているのであれば途中の成績などに囚われず、自分の手法とルールを武器に相場という戦場を縦横無尽に駆け抜け大衆狩り倒して下さいね♪

 

今回の記事が少しでも多くの読者へ参考になれば幸いです。

 

併せて読まれる記事一覧

 

 

独学ガイドブックに関する紹介記事

 

FX独学ガイドブックの販売ページ

【完全版】第1章~第7章 ¥98,000円(税込)

【分割版】第1章~第3章 ¥59,800円(税込)

【分割版】第4章 ¥29,800円(税込)

【分割版】第5章~第7章 ¥29,800円(税込)






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。