【FXトレード結果】2017年9月の報告と総括



おはこんにちばんは、レギオンです。

今回は2017年9月FXトレード結果と総括を載せています。

 

FXトレード:第1週~2週の報告

 

2017.9.4(月)トレード結果

ノートレ

 

2017.9.5(火)トレード結果

ドル円

07:51  109.663  50万通貨  売り  (LCは109.903)

9/6(水)

07:00前  108.741  25万通貨  決済①  +92.2pips  +230,500円

19:30過ぎ  108.869  25万通貨  決済②  +79.4pips  +198,500円

50万通貨平均  +85.8pips  +429,000円

決済②は貿易の収支発表があったので事前の逃げ。数量を60→50万通貨へ調整する事で損切り幅を広げる対策をとっています。

 

エントリー詳細画像

 

2017年1/9のポン円オバケ前の画像

 

2017年1/9のポン円オバケになっちゃった後の画像

 

ポジション経過の詳細画像

 

ユロ円

08:40  130.600  60万通貨  売り  (LCは130.803)

9/6(水)

07:00前  129.530  30万通貨  決済①  +107.0pips  +321,000円

19:30過ぎ  129.871  30万通貨  決済②  +72.9pips  +218,700円

60万通貨平均  +89.9pips(少数点2位以下切捨)  +539,700円

決済②は貿易の収支発表があったので事前の逃げ。

 

エントリー詳細画像

 

ポジション経過の詳細画像

 

2017.9.6(水)トレード結果

ノートレ

 

2017.9.7(木)トレード結果

ドル円

07:46  109.203  60万通貨  買い  (LCは109.000)

09:26  108.960  60万通貨  損切り  -24.3pips  マイナス145,800円

 

個人的には体が反射してエントリーにかかるぐらいのユニバなら花火柄ぐらいの、かなり自信のあったエントリー。でも結果は下落トレンド継続のフェイクで更に約定レートが大きくズレとる(笑)基本的に方向性をそこまで外すことはないんですが、今回のように綺麗に外すとその方向へ向かいやすいという事が再認識できました。

 

エントリー詳細画像

 

2017.9.8(金)トレード結果

ノートレ

トレードの詳細

 

8月中旬のビッグウェーブ以降、ブンブン相場(トレンドが発生しない長いレンジ相場の意)が続いていたため、まともに入るポイントがなく8月は過ぎたようが気がします。それに9月上旬は水~金曜日が指標のオンパレードだったから、伸ばすに伸ばせない(笑)「順張りのリスク回避派」にとっては、1日単位でトレードを終わらせないとダメやからね。まぁ最近の相場は入りにくい。

 

似たような形やパターン・傾向は必ずいつか現れる

 

初めに載せたドル円とポン円チャートの似たような動きもそうですが、チャートが人間心理の動きを視覚化したものである以上、微妙に形が凸凹であったりしていても類似するようなチャートが必ず出てきます。上に掲載したチャートの動きも、私が大好きな動き方の1つ。でも初めからそれを知っていた訳でなく、書店の教科書や他人のブログからパクって使いこなせるようになったものでもありません。

 

いつもこの形の後って大きく動く事が多いなぁ~、やたらレンジが小さくなって三角みたいな形になっていくなぁ~

 

このような疑念や不思議な点が何回も何回も過去チャートを見てたらあったので、それを集めて集めて、1枚1枚から特徴や発生条件などを細かく抽出していった結果、自分がチャートを読む際に使えるパターン(武器)として身につけていったのです。

 

だから似たようなパターンがきたら期待値が高い状態で勝負できる。逆に伸びたら損切りすればいいんだし、でも当初の目論見通りに事が進めば、一撃で莫大な獲得pipsに繋がったりもします。これを何個も何個も見つけては破棄したり、見つけては破棄したりを繰り返したりする事で自分が相場で戦うために使える形やパターンが徐々に増えてくる。

 

それらが手法の優位性の根幹を形成するピースとなります。

 

またピースは複合させて判断していく事が可能となり、複合させればさせる程、相場に対する方向性やエントリーポイント等を高確率で優位性をもって狙っていくことができるようになる。だからチャートを何千枚も見ていく事は非常に大事。逆に半年とか1年分見ただけで勝てるようになれるというのは、空想の世界の産物です。

 

現実はそんなに甘くありません。月に20~50万クラスを毎月狙っていけるようなトレーダーを求めているのであれば、それ相応の努力と継続力・執念を持って勉強をしていってくださいね☆1年2年は当たり前にかかると思いますが、その頃にはチャートを主にして多くの事を判断・決断できる強いトレーダーになっているハズだから。

 

「FXで勝つことを諦める事」を諦め、黙々と毎日チャートに向かいましょう。

FXトレード結果:第3週の報告

 

2017.9.11(月)~12(火)FXトレード結果

ノートレ

 

2017.9.13(水)トレード結果

ドル円

16:24 109.953 60万通貨 買い (LCは109.750)

9/14(木)

19:00過ぎ 110.436 60万通貨 全決済 +48.3pips +289,800円

指標発表があったので事前に決済。朝方は含み益がまだ対してない状態だったし、まだ上昇する要素もあったので放置しました。

 

エントリー詳細画像

 

ポジション経過の詳細画像

 

2017.9.14(木)~15(金)FXトレード結果

ノートレ

 

ノートレも何回かありましたが、自分にとって絶好のチャートがきたとしても乗れるか否かは全くとしての別問題であり、乗れない時もあれば逆に損切りに遭ってから伸びる場合も多数あります。それでも伸びる波がくるのを信じ、また自分の築きあげてきた手法とルールを信じ、ゆっくりとチャートが美しい形を形成するのを待つ。

それが出来ずに突撃すれば、逆にそれを待ち受けていたトレーダーに射殺されるし、自身のルールが崩壊するきっかけにもなりかねません。チャートが合図を出すのを待ちましょう。それこそが、ご自身にとってのトレード開始を告げるタイミングとなります。

FXトレード結果:第4週の報告

 

2017.9.18(月)FXトレード結果

ドル円

07:16 111.071 30万通貨 成行買い (LCは110.850)

19:30前 111.262 30万通貨 全決済 +19.1pips +57,300円

24:00にカーニーなので事前決済。全然伸びてませんが、この小さな積み重ねが凌ぐのには不可欠な稼ぎとなります。

 

エントリー詳細画像

 

2017.9.19(火)トレード結果

ドル円

08:11 111.453 60万通貨 買い (LCは111.250)

21:07 111.449 60万通貨 全決済 -0.4pips マイナス2,400円

やっぱり戻ってきたか(笑)夕方前に建値へ切り替えて凌ぐのが精一杯。

 

エントリー詳細画像

 

2017.9.20(水)~21(木)トレード結果

ノートレ

 

2017.9.22(金)トレード結果

ドル円

09:52  112.253  60万通貨  買い  (LCは112.050)

10:22  112.050  60万通貨  損切り  -20.3pips  マイナス121,800円

これだけ綺麗に短時間で切られたのであれば、もう何も言うまい(笑)

 

エントリー詳細画像

 

FXトレード結果:第5週の報告

 

2017.9.25(月)FXトレード結果

ドル円

08:09 112.301 50万通貨 成行売り (LCは112.553)

19:30過ぎ 112.053 50万通貨 全決済 +24.8pips +124,000円

22:00にドラギが発表するらしいので、事前決済。最近は本流に乗る前に指標があるので伸ばせん。損切り分を稼いで凌ぐのが精一杯という状況だが仕方ない(今月のリスクリワードは恐ろしく悪そうww)

 

エントリー詳細画像

 

上記ポジションの経過画像

 

2017.9.26(火)トレード結果

ノートレ

 

2017.9.27(水)トレード結果

ポン円

15:24 150.760 60万通貨 買い (LCは150.550)

15:53 150.547 60万通貨 損切り -21.3pips マイナス127,800円

損切りになってから一気に急上昇するという腹の立ちよう(笑)もはや笑うしかないw

 

エントリー詳細画像

 

ユロ円

07:34 132.355 60万通貨 買い (LCは132.150)

23:33 132.348 60万通貨 損切り -0.7pips マイナス4,200円

途中までは少し伸びたのに深夜前のロンドン駆け込みに巻き込めれて建値での損切りに。一体いつになったら流れのあるチャートに乗れるのか(笑)

 

エントリー詳細画像

 

2017.9.28(木)トレード結果

ドル円

07:35  112.850  60万通貨  売り  (LCは113.053)

12:48  113.054  60万通貨  損切り  -20.4pips マイナス122,400円

切られて10pipsぐらい昇ってから下落を開始するという、もう今月のトレードが嫌になるわ(笑)

 

エントリー詳細画像

 

ポン円

07:48  151.250  60万通貨  売り  (LCは151.460)

17:00過ぎ  150.998  60万通貨  全決済  +25.2pips  +151,200円

17:15のカーニーさん前に決済。そっから普通に伸びていったから、もう何がどうなっているのか(笑)

 

エントリー詳細画像

 

上記ポジションの経過画像

 

2017.9.29(金)トレード結果

ノートレ

 

最近のトレードに関する自分の感想

 

朝の時間帯(07:00~07:30前後)にトレードを組んで、本流がきたら大きく伸ばす順張りスタイルの手法には最近のチャートは本当にキツい(笑)とりあえず耐えて耐えて、プラマイゼロにして凌ぐような悲しいレベル。

 

それにエントリーが全て最悪のパターンで損切りになったり指値にかからなかったりと天運も全く味方についてくれないという、9月は細木数子でいう「大殺界」の時期なのか?それぐらい裏目に全てが出たようなトレード結果になった。

 

逆に30万通貨でトレードしているサブ要員のユロドル・ポンドルは綺麗に伸びる伸びる。これ足して成績が良かったアピールをしたい今日この頃(あくまで控えの通貨ペアなので、どの成績にも全く含めておりません)

 

9月は順張り派にとって、如何に上手く凌いで成績を守れるかが問われた時期でしょう。逆に夕方~夜から入るトレーダーの方は乗れたかもしれませんが、どの手法にも楽に獲れる時もあれば苦しい時も当たり前にありますし、毎月絶好調のアベレージで落ち着いているトレーダーなんて聞いた事がありません。

 

利食いや損切りが上手いって特徴が稼ぐトレーダーの項目かもしれませんが、私は凌ぐところでガードしつつ、ゆっくり前へ進むような「強いトレーダー」の方が好きです。

 

何故なら、最悪の時期をちょいプラとかで凌げる力があるのであれば、稼げる時期が到来したらガンガンにプラスを積める力を当たり前に持っているもん(そんなチャンス相場で獲れないのなら凌げる力はまずない)それだけ逆境をアッサリと潜れるトレーダーは強いのです。故にFXの世界で長期にわたってべらぼうに稼げる力を有していると言える。

 

8月が大きく伸びたチャートだった分、今月の成績で「凌ぎが大事」というのが私のトレードで少しでも分かっていただければと思います。

2017年9月トレード結果の総括

先月から相場状況が一変し、朝からトレードを組む方にとっては非常に難しい相場になっているそのような印象を受けざるを得ない動き方をしていました。

 

なので私のような一撃必殺タイプのトレーダーには苦しいのですが(笑)、昼過ぎ~夜にかけてを軸にされている方には美味しい流れがきているのかなぁと思います。では9月の総括に入ります。

 

総括における成績表示の注意点

私の利食いpipsは、分割をまとめた表示となっています。

つまり、数字上は一括で決済したのと変わりません。

ex

1回目利食い  50pips

2回目利食い  150pips

まとめると (50+150)÷2=100pips

損切りの表示に関しては数量に関係なく、LCされたpips数をそのまま集計しています。

ex

20万通貨で損切り10pips  →  10pips

40万通貨で損切り20pips  →  20pips

2017年9月のトレード成績

 

勝敗

12戦6勝4敗2引  勝率50.0%

収支

総獲得金額  +1,588,600円

総損失金額  -522,000円

純利益  +1,066,600円

一番大きく獲得した金額  +539,700円

一番大きく損した金額    -145,800円

pips

総獲得pips  +293.1pips

総損失pips  -87.4pips

純獲得pips  +205.7pips

一番大きく獲得したpips  89.9pips

一番大きく損したpips   -24.3pips

アベレージ&リスクリワード

平均獲得pips  48.83pips

平均損失pips  -21.57pips

リスクリワード  2.26(小数点3位切り捨て)

 

2017年9月の損益グラフ

縦のグラフ  →  純獲得pips

横のグラフ  →  トレードを行った順(決済・損切りした約定順)

獲得pipsの推移

 

ブログ掲載分からの純獲得pips総まとめ(2016年07月~2017年09月分)

2016年

07月  455.0pips

08月  383.7

09月  246.9

10月  387.8

11月  435.9

12月  270.5

2017年

01月  589.4pips

02月  404.0

03月  344.1

04月  428.8

05月  152.1

06月  311.0

07月  380.1

08月  642.4

09月  205.7

2016年07月~2017年09月までの平均純獲得pips +375.8pips

総括とポイントまとめ

 

まぁ獲れる時期があるのなら、反対に獲りにくい時期も当たり前にくる事が手法・ルール上における周期的なものだというのがよく分かると思います。常に好調にチャートから利益をいただくのは非常に難しい話であって、その波が来るまでに多くの噛み合わない期間やスランプのような低迷期を経由します。

 

要は大きな波がざぶーんと表れるまでにどれだけ現状維持する(凌ぐ)事ができるか?私はここがトレーダーとして長期的に生き残っていくための重要な術だと思う。

 

・メンタルが壊れて過度なトレードになってもダメ

・負けてるからといって急激なレートアップをするのは尚更ダメ

 

稼げない時期こそ辛い事はありませんが、逆にその状況こそ自分がトレーダーとして一回り成長できる大切な時期ですから、良い意味で多くの事を相場から勉強していただく姿勢をとってもらえればと思います。

 

今回の記事が、少しでも多くの読者へ参考になれば幸いです。

 

個別のFXスクールと関連記事

 

FX独学ガイドブック・各種FXツール

 

 

FX独学ガイドブックの販売ページ


*販売サイトでの購入には「PayPalアカウント」が必要となります。

*銀行振込も可能なので、お問い合わせよりその旨をお送りください。

 

【完全版】第1章~第7章 ¥98,000円(税込)

【分割版】第1章~第3章 ¥59,800円(税込)

【分割版】第4章 ¥29,800円(税込)

【分割版】第5章~第7章 ¥29,800円(税込)






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。