【FXトレード結果】2017年6月の報告と総括



おはこんにちばんは、レギオンです。

今回は2017年6月FXトレード結果と総括を載せています。

 

FXトレード結果:6月第1週の報告

 

2017.6.1(木)

ノートレ

 

2017.6.2(金)

ユロ円

124.831  50万通貨  L  発注していたが刺さらずノートレ

 

トレード詳細画像

 

ドル円

07:16  111.328  50万通貨  買い  (LCは111.150)

20:50  111.529  50万通貨  利食い  +20.1pips  +100,500円

直後に雇用統計が控えていたので、レートも開き始める前に決済して逃げてます。

 

トレード詳細画像

 

ポンド円

07:17  143.436  50万通貨  買い  (LCは143.250)

19:34  143.248  50万通貨  損切り  -18.8pips  マイナス94,000円

 

トレード詳細画像

FXトレード結果:6月第2週の報告

 

2017.6.5(月)

ユロ円

07:20  124.627  50万通貨  成行売り  (LCは124.806)

6/7(水) 123.361  25万通貨  分割決済  +126.6pips +316,500円

6/8(木) 123.649  25万通貨  残り決済  +97.8pips +244,500円

50万通貨での平均獲得pips  +112.2pips

合計獲得利益額  +561,000円

 

トレード詳細画像

 

 

利食いポイント詳細

 

 

ドル円

10:49  110.575  50万通貨  売り  (LCは110.753)

6/7(水) 109.347  25万通貨  分割決済  +122.8pips +307,000円

6/8(木) 109.781  25万通貨  残り決済  +79.4pips +198,500円

50万通貨での平均獲得pips  +101.1pips

合計獲得利益額  +505,500円

 

トレード詳細画像

 

 

利食いポイント詳細

 

 

ポン円

14:02  142.375  40万通貨  売り  (LCは142.586)

18:22  142.590  40万通貨  損切り  -21.5pips  マイナス86,000円

 

トレード詳細画像

 

 

2017.6.6(火)

ノートレ

早朝で一気に落ちていますが、これだけでは何とも言えないのでスルー。

 

2017.6.7(水)

ノートレ

 

2017.6.8(木)

ノートレ

 

2017.6.9(金)

ドル円

08:52  109.828  50万通貨  買い  (LCは109.650)

6/10(土)早朝に両建を行い、ロックして持ち越し。一応ロックはかけましたが、逆V字のような戻しでUターンしている以上は翌週に決済濃厚です。

 

トレード詳細画像

 

 

両建時のチャート

 

FXトレード結果:6月第3週目の報告

 

2017.6.12(月)

ノートレ

 

先週からの持ち越し分

ドル円

08:52  109.828  50万通貨  買い  (LCは109.650)

6/10(土)早朝に両建を行い、ロックして持ち越し

6/12(月)7:00過ぎに両建てをまとめて決済。

両建のコストを引いた純利益 +41.8pips +209,000円

やはりどう考えても下落するという見解に至りました。しかし戻しがどこまでくるか不透明だったので、本命ではトレード出来ませんでした。そういう多少リスクの高い物件はサブに回します(笑)

 

トレード詳細画像

 

2017.6.13(火)

ノートレ

 

2017.6.14(水)

ドル円

09:40  140.236  50万通貨  買い  (LCは140.050)

18:17  140.221  50万通貨  損切り -1.5pips マイナス7,500円

夕方に含み益が50~60pips出ているのを見て「チャート上」の建値に。すると1時間経たない内に大暴落して切られるという、そんなんしらんがな(笑)

 

利食いポイント詳細

 

2017.6.15(木)

ユーロ円

09:46  123.075  50万通貨  売り  (LCは123.256)

122.469  50万通貨  全決済  +60.6pips  +303,000円

イギリスでBOEとカーニーさんなので、19:30過ぎに決済。

 

トレード詳細画像

 

ポンド円

09:46  139.875  50万通貨  売り  (LCは140.061)

139.281  50万通貨  全決済  +59.4pips  +297,000円

イギリスでBOEとカーニーさんなので、19:30過ぎに決済。

 

トレード詳細画像

 

 

2017.6.16(金)

ノートレ

FXトレード結果:6月第4週の報告

 

2017.6.19(月)

ポンド円

09:24  141.850  40万通貨  売り  (LCは142.061)

16:05  142.065  40万通貨  損切り  -21.5pips  マイナス86,000円

読みとは全くの正反対に動き出したので、さっさと逃げるしかない(笑)

 

トレード詳細画像

 

2017.6.20(火)

ノートレ

 

2017.6.21(水)

ノートレ

ポン円が勝負所だったが指値に引っかからず。でも一気戻しでエントリーしてても建値終了だったから、個人的には取り逃しにならずホッとする器の小ささ(笑)

 

ポジション詳細画像

 

2017.6.22(木)

ノートレ

 

2017.6.23(金)

ノートレ

FXトレード結果:6月第5週の報告

 

2017.6.26(月)

ノートレ

波乗りの準備はしてたけど乗れず。

 

トレード詳細画像

 

2017.6.27(火)

ドル円

07:30  111.859  40万通貨  買い  (LCは111.650)

15:16  111.650  40万通貨  損切り  -20.9pips  マイナス83,600円

 

ポジション詳細画像

 

 

 

2017.6.28(水)

ノートレ

 

2017.6.29(木)

ノートレ

そのまま上昇したのでスルー。

 

ポジション詳細画像

 

2017.6.30(金)トレード詳細

ノートレ

2017年6月FXトレード結果の総括

 

 

月に1回行われる総括という事で過去の成績を含めアップしていきますが、順張り派にとって、今月は後半がとにかく難しかったと思います。私は前半がとにかく好調で、後半突入前には500pipsいけるんじゃないかと思ったのに、まさかここまでエントリーが難しいなんて(笑)

短期デイトレ派の方は美味しくとれたでしょうし、トレードスタイルによって大きく取れ方が分かれた、そのような月だったと思います。それでは、成績の方を見ていきましょう。

 

総括における成績表示の注意点

私の利食いpipsは、分割をまとめた表示となっています。

つまり、数字上は一括で決済したのと変わりません。

ex

1回目利食い  50pips

2回目利食い  150pips

まとめると (50+150)÷2=100pips

損切りの表示に関しては数量に関係なく、LCされたpips数をそのまま集計しています。

ex

20万通貨で損切り10pips  →  10pips

40万通貨で損切り20pips  →  20pips

 

2017年6月の成績

 

勝敗

11戦6勝4敗1引  勝率54.5%

収支

総獲得金額  +1,976,000円

総損失金額  -357,100円

純利益  +1,618,900円

一番大きく獲得した金額  +561,000円

一番大きく損した金額    -94,000円

pips

総獲得pips  +395.2pips

総損失pips  -84.2pips

純獲得pips  +311.0pips

一番大きく獲得したpips  112.2pips

一番大きく損したpips    -21.5pips

アベレージ&リスクリワード

平均獲得pips  65.86pips

平均損失pips  -20.67pips

リスクリワード  3.18(小数点3位切り捨て)

 

2017年6月の損益グラフ

縦のグラフ  →  純獲得pips

横のグラフ  →  トレードを行った順(決済・損切りした約定順)

 

 

総括とポイントまとめ

 

前半に大きく獲れたものの、後半はエントリーするポイントが殆どなく、入っても損切りに遭う厳しい状況でした。仮に入れたとしてもすぐに戻ってくる相場が多かったので、伸ばすにも非常に苦労をした6月後半だったでしょうね。ただ前半に大きく獲れてるから、じっくりと次のエントリーを狙う事ができています。

 

もうブログで何回書いているのか分かりませんが、

 

利食いは一撃で大きく獲れば、後が凄くラクです。普段からそういう風に取り組んでいれば、いつか必ず獲れます。

 

一撃で大きくとろうとするなら、上手く波に乗れた際は「指値」を絶対に外しておきましょう。そもそも多くのトレーダーが3ケタ取れず30~50程度で終わるのは、人為的に含み益のリミットを設けているからです。仮にチャートが80~90%の確率で指値付近を天井とするのであれば話は大きく変わりますが、そんな事は誰にもわからないし一生分かる事はないでしょう。

 

チャートが波に乗ってどれだけ伸びるか落ちるかも分からないのに、それをサクっと自分の限界点や欲で制御してしまうのは、あまりに自己都合が優先されているようでなりません。どこまで伸びて反転するかはチャートが決める事です。自分でリミットを設けて満足するより、チャートが反転するかもよ?ってサインを出すまでは気にせず放置しておけばいいのです。

 

チャートが伸びきって反転し始めた際に利食いを考える。

 

遅く見えるでしょうが、それぐらいが丁度いいんです。指標前に逃げたりする例外はありますが、そういう見方をしてトレードを行う事はチャート本位にトレードを行う事と同義でもあります。つまり自分の意思や欲・恐怖などの感情よりも、チャートの動きだけを注視してトレードが行うようになります。

 

利食いで悩んでる方は、まず指値を外して放し飼いしましょう。もちろん途中で戻ったり中途半端な結果に終わることが多々続くと思いますが、めげずに続けてみましょう。必ず今までの利食いを覆すような発見が出来るハズです。

 

今回の記事が、少しでも多くの読者に参考となれば幸いです。

 

 

個別のFXスクールと関連記事

 

noteで有料記事・画像の販売を始めました

独学ガイドブックの紹介ページ

noteで販売している有料記事・画像はこちら






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。