【FXトレード結果】2016年9月第1~3週までの報告



おはこんにちばんは、レギオンです。

今回は2016年9月第3週までのトレードを載せています(ノートレードの日は省略)

 


FXトレード結果:2016年9月5日(月)

 

ポンド円

9:04 138.136 40万通貨 買い (LCは-8.6pips)

9:07 138.049 40万通貨 損切り -8.7pips マイナス34,800円

 

ポジション詳細画像

 

2016年9月6日(火)

 

ドル円

① 8:39 103.475 40万通貨 売り (LCは-7.8pips)

8:43 138.553 40万通貨 損切り -7.8pips マイナス31,200円

② 11:04 103.785 20万通貨 売り (LCは-7.8pips)

現在保有中

 

ポジション詳細画像

 

 

ポンド円

①  137.436  40万通貨  買い  (LCは-8.6pips)

ノートレ

夕方にチェックした際、約定せず上昇していたのでキャンセル。

 

ポジション詳細画像

 

 

トレードの詳細

 

ドル円の文章の続きですが単純に103.50でチャートが跳ね返るのであれば、誰もFXなんかで苦労はしないわけです。では103.50の連中(私を含めて)が損切りを置くとすれば?そう考えると根拠は画像の3つの論拠の他に、緑の四角で囲った部分の左2つは明らかに103.70~80を意識して止まっているのが分かります。

 

そこで問題は103.70と103.80のどちらにエントリーを絞るかという最後の判断となりますが、

 

人間は直近の結果を高い確率で重視します。

 

例えばテストだと前の点数を意識するし、スポーツでも前回の成績より上って考えたりするでしょ?誰が2回・3回前の事を「前回」を差し置いて考えますか?テストなら2学期の期末テストで1学期の中間テストを考えてるようなものです。

 

そして大衆はそういった表の世界の考え方をFXで通用すると考えて持ち込んでいる。

 

誰でも思いつくようなエントリーやパッと見て損切りしやすい場所

 

ここに逆転の発想を使える可能性が大きくあります。

2016年9/8(木)FXトレード結果

 

ユーロ円

09:00 114.475 20万通貨 売り (LCは114.606)

19:01 114.608 20万通貨 損切り -13.3pips マイナス26,600円

ちょっと波に乗った時間帯もあったけど、チャートは気ままな方だから仕方がない。

 

ポジション詳細画像

 

 

ポンド円

①07:14 135.636 20万通貨 買い (LCは135.500)

13:25 135.499 20万通貨 損切り -13.7pips マイナス27,400円

②13:32 135.436 10万通貨 買い LCは135.300

21:55 135.423 10万通貨 損切り -1.3pips マイナス1,300円

最後の発注は大衆が損切りする場所でエントリー。これも一時期は50pipsほど利が乗っていたが、チャートお嬢様のわがままには勝てず。

 

ポジション詳細画像

 

2016年9月9日(金)

 

ノートレ

 

保有ポジションの決済

9/6(火)  ドル円  103.475  10万通貨  売り

102.423  10万通貨  利食い  +105.2pips

+105,200円

あれだけ大きく回復してきたら下落の流れはストップ。

やむを得ず決済。

 

含み益のあったドル円の利食い判断に至ったプロセスのチャート画像2枚↓

 

 

含み益を多く狙っている人からすればまだまだ保有しておきたい場面かもしれませんが、チャートが明らかに利確しろ!と言ってる局面は素直に利食いするべきです。

 

ユミンコさんのブログで登場する月に数千万を稼ぐ「まいど先輩」って方が

 

チャートの波を肌で感じろ。

 

そんなセリフを言う場面があるんですが、当初は私もこいつは何を意味不明な発言してるんだ?と馬鹿にしていたような時もありました。でもチャートをひたすら見て見てを繰り返し、トレードを必死にルール通り行っていたら意味がようやく分かるようになり、

 

チャートの流れを感じろ

 

自分もこのように教えるようになりました(笑)これはチャートを見ていて感じる違和感、私がよく言うイレギュラーも該当します。

 

例えばチャートが含み益を上げてて、数時間後に気分よく見て一気に減ったりしてたらビクンと体が反応するでしょ?これって事前にある程度減るだろうと予測してた場合は対して驚いたりしないのですが、明らかに予想外の自体が生じた場合は別です。

 

そういう場面ってチャートが何かを訴えていう可能性が高い。

 

オカルトかもしれませんが、こういった直感・感覚から来るものは後から調べると精度が非常に高いシグナルと分かります。もし何かチャートに閃きや違和感を感じたら、その内容と経緯をしっかりノートにでも記入しといて下さい。後からの見直しで重要な資料となります。

FXトレード結果:2016年9月13日(火)

 

ドル円

08:31 101.875 20万通貨 売り (LCは102.003)

朝で一気に伸びたため、建値に逆指値を変更(スプレッド幅がLC)

13:21 101.879 20万通貨 決済 -0.4pips マイナス800円

 

ポジション詳細画像

 

 

ポンド円

08:31 135.875 20万通貨 売り (LCは136.011)

朝で一気に伸びたため、建値に逆指値を変更(スプレッド幅がLC)

13:21 135.886 20万通貨 決済 -1.1pips マイナス2,200円

 

ポジション詳細画像

 

 

トレードの詳細

 

結果的に50pips程度伸びてからの逆行で総崩れになる前の撤退となってしまいましたが、私的には完璧なトレードでした。最近は伸びてからの戻しが多いから、運に見放されてる感があります。こう書くと買いから入ってるトレーダーの方が正しいと聞こえてくるわけなのですが、少し意味合いとしては違うと考えております。

 

この日のチャートを見て、買いでトレードを組む手法を採用してる。又は売りで入って直近の底値で決済するトレーダー達が稼いだただ単にこれだけだと思う。結果を見ればやっぱり買いだろう!っていうのは誰でも言えることです。

 

でも自分の手法を信じた上で忠実にポイントを探してエントリーするという、一連の簡単そうで非常に難しいプロセスをやり抜けたそういったトレーダーが勝利を収めたということです。勝ち抜いた方は素晴らしい!

FXトレード結果:2016年9月15日(木)

 

ユーロ円

07:05 115.131 20万通貨 買 (LCは115.000)

10:01 115.124 20万通貨 決済 -0.7pips マイナス1,400円

もうね、完全に手法が落ち目のパターンですわ、これ。

 

ポジション詳細画像

 

 

伸びない・入れない・損切られるの3拍子

私のような状況に陥っている方は、こういう時もあるよねぇ~ぐらいの余裕を持ってさっさと寝るか、貯めてあった録画を観ましょう(笑)

 

自分のチャートの見立てが間違っていたのか?あそこでドテンするのが正解だったのでは?

 

こんな事を考えているとキリがありませんし、自分の手法・自分自身の判断を全くとして信じていないそのような疑念や不安ばかりが自らを包み込み、強いトレーダーとしての成長を阻みます。仮に少しでも上記のような感情を抱いたのなら、それは検証やチャートを見た数が足りません。強い確率的思考になっていないからです。

 

今はちょっとぐらいいいか!と安易な考えでも2~3万通貨なら出来るかもしれませんが、これが6万・8万・10万通貨へ上がるにつれて自分への疑念というのは一気に増大をし、それがトレードを大きく阻害を始めます。クリック1つが満足に出来なくなるような事も平気で生じます。簡単に注文を変更することなんて有り得ないぐらいに増えることでしょう。

 

これは小さい数量でやっていた時のような比ではありません。

 

だからこそ今のうちに早い段階から自分を最後まで信じ切れるような根拠や経験論、そういったものをしっかりと下積みしてほしいのです。後に行けば行くほど戻すのが難しくなるし、直すにも時間がかかります。それだけ自分を信じるということは難しい。

 

でもそれが出来るようになれば、どのような相場でも自信を持って損切り、当たり前のように撤退することが出来るようになる。いつ日の目を見れるか分からないような不安になるそんな事もあると思いますが、まずはコツコツと泥臭い事を耐えていきましょう。

 

今回の記事が少しでも多くの読者へ参考になれば幸いです。

 

併せて読まれる記事一覧

 

 

独学ガイドブックに関する紹介記事

 

FX独学ガイドブックの販売ページ

【完全版】第1章~第7章 ¥98,000円(税込)

【分割版】第1章~第3章 ¥59,800円(税込)

【分割版】第4章 ¥29,800円(税込)

【分割版】第5章~第7章 ¥29,800円(税込)






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。