【FXトレード結果】2020年7/1(水)~8(水)までの報告【このまま維持したい】



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

最近のドル円が「捻くれ者」のように動くと感じるのは、僕だけでしょうか(笑)?明らかに全体的な動きも変な感じがしますし、今は静観しておくのが良さそうですね。

 

さて、今回は7月第2週途中までのトレード報告を書かせていただき、その後は現在力を入れている「Youtube動画の進捗」についてもお伝えしていこうと思います。

 

トレードはもちろん、Youtubeに興味がある方にも参考となれば幸いです。

 

Youtube

FXの正しい勉強方法に関する動画を重点的にUPしています。

 

【FXトレード結果】2020年7月2日(木)ポン円

 

 

07:23 134.056 30万通貨 成行買い

LCは133.750に設定

18:50 134.451 30万通貨 事前決済

+39.5pips +118,500円

雇用統計が珍しい曜日にあるので決済

 

朝イチまでの上昇が大きく、「00」をカバーしつつ多少の余裕を持たせるために、数量を40→30万に減らして損切り幅を広めにとっています。

 

チャート画像とエントリー根拠

 

エントリー時点のチャート

 

 

エントリー根拠

①上昇トレンド中から134円で急に下落を始めているので、黄色線のような動きを想定
(ただ下落トレンドに入っている訳ではない為、そこを留意する)

②そこから再度上昇し、直前の緑□でショートしたトレーダーは134円を越えてアウトになり、そのまま直近高値も越えて朝イチで134円上をレンジ滞在

③しかしトレンド反転しての上昇ではなく、また直近を越えているとはいいつつも、夜の間に134.50まで昇っていく体力がなかった

④134.20から半値戻しで考えても、133.60付近まで戻してもおかしくはないが、134円を底にして再上昇する可能性を踏まえると、多少なり損切りを広げてカバーする必要がある

⑤故に134円上で成行し、数量を抑えてLC幅を30pipsほど確保しています

 

今回のトレードで使用した判断基準・考え方一覧

 

・「50」「00」

・大衆心理

・半値戻し

・チャートの伸びのなさ

・下落する動きの想定

・直近高値

 

【FXトレード結果】2020年7月2日(木)ドル円

 

 

11:48 107.550 40万通貨 指値売り

LCは107.752に設定

18:50 107.427 40万通貨 事前決済

+12.3pips +49,200円

雇用統計が珍しい曜日にあるので決済

 

珍しくゴルゴ13のようなドンピシャ指値だったが、大して伸びず。

 

チャート画像とエントリー根拠

 

エントリー時点のチャート

 

 

エントリー根拠

①途中まで上昇トレンドだったが、108円で逆V字を形成してダイレクトに下落している(前兆なし濃厚パターン)

②その際に、緑□のロングポジションを持つ人は「強い下落」を見て撤退する

③ロングを殺して攻防線であった107.60も難なく抜けたため、この時点で目線はショートになる

④朝イチでレンジはある程度形成されているものの、明らかに形が汚いため、直近高値である107.60を参考に指値ショートしています。

今回のトレードで使用した判断基準・考え方一覧

 

・「50」「00」

・逆V字

・大衆心理

・レンジ形成

 

【FXトレード結果】2020年7月3日(金)ユロ円

 

 

07:27 120.845 40万通貨 成行売り

LCは121.055に設定

23:47 120.906 40万通貨 損切り

-6.1pips -24,400円

 

前日の勢いのままにトレードしたが、途中までの下落から反転開始。

マイナスを最小限に抑えることが出来たので納得。

 

チャート画像とエントリー根拠

 

エントリー時点のチャート

 

 

エントリー根拠(5分スクショ取り忘れです)

①トレンドは膠着状態になってはいるが、121.50を目指す動きから逆V字となってダイレクト下落

②そのまま121円も抜けているため、緑○のロングは一斉に損切りした可能性が高い

③また、直近でV字の示唆が出た箇所にまで下落している以上、このエリアを巻き込んで再下落する可能性が高い

④故に121円をカバーして120.90下で成行発注しています

 

今回のトレードで使用した判断基準・考え方一覧

 

・「50」「00」

・V字・逆V字

・大衆心理

 

Youtube動画の進捗度合いについて

 

 

最初の動画投稿日である2020年6月9日から約1ヶ月経過。

 

現在の動画本数は8本で、登録者は「68人」となりました。

 

動画は20分前後で収まるように構成し、チャートの勉強方法に特化した内容を、徹底的に掘り下げてお届けしています。

 

ブログからの導線を積極的に行い、またブログのPVが戻り始めたのも相まって、ブログ記事で深い興味を持っていただいた方の登録が増えたのだと思う。

 

最近では全体の再生数も伸びているし、明らかに不人気な動画がないのも嬉しい。

 

だからこそ、Youtube動画の「質」は音声もある以上、絶対にブログ記事より濃密かつ温泉が湧き出るぐらいに掘り進める、そんな姿勢でネバっこく作っております(笑)

 

この数字だけを見ると「少ない」って印象を持たれるかもしれませんが、始める前には徹底したマーケティングをしたし、Youtubeの進め方も色々な動画を見て研究しました。

 

特にYoutubeは、始める前の「企画」が全てである事を、多くの方が動画で伝えているのを聴いていたので、

 

・FXの「どのジャンル」で自分は勝負していくか?

・動画の構成は初心者でも分かりやすいか?

・喋り方や伝え方に違和感はないか?

・動画の説明欄は盛り込めているか? etc…

 

これらを重点的に研究し、またトークは録音して話の流れやくどい言葉(えー、あのー等)が多い場合は、何回も連続して言わないように意識しました。

 

部屋で1人喋っているのを見られたら、間違いなく「ヤバい人」に見える(笑)

 

まだ登録者は少ないですが、そもそもガチンコでFX始める方向けにターゲットを絞っているので、ジワジワと頑張りたい人が集まる増え方になると思います。

 

以上が現状の報告となります。

今回の記事が、少しでも多くの読者に参考となれば幸いです。

 

 

運営する個別のFXスクール

FX独学者向けのガイドブック

noteの記事・チャート画像(V字など)

独学ガイドブックの紹介ページ

noteで販売している有料記事・画像はこちら






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。