【FXトレード結果】2020年2月第2週の報告【危険の時はすぐ逃げる】



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

最近はやる事があまりに多すぎて、気づけば木~金になっている今日この頃。

 

そして寒さも最高潮に達しているため、部屋では「ウルトラライトダウン&ネックウォーマー」を着用して作業する怪しい人になっています(笑)

 

さて、今週はドル円が途中からウニョウニョ伸びていきましたが、あまりにチャートの形・エントリー理由がなかったので入れず。

 

代わりに金曜日をいつぞやのポンド先生が出動し、微マイナスで終了の運びとなりました。

 

トレード回数は1回となります。

 

Youtubeで勉強方法に特化した動画も更新

FX初心者・勉強方法で悩む方向けに、FXで行う正しい勉強のやり方を紹介しています。

 

【FXトレード結果】2020年2月8日ポンド円

 

 

07:35 142.193 40万通貨 成行売り

LCは142.460(スプ込)に設定

10:43 142.210 40万通貨 損切り

-1.7pips -6,800円

 

エントリー後に下落して、「00」から大きく跳ね返ってくんなよ~って懸念が現実化。非常にきれいなV字となってレンジへ舞い戻ってきたため、危険を感じて逃げました。

 

また雇用統計が当日にあったため、戻ってきてから再度伸びるのを待つとしてもリミットがあるので、期待値的にも低いと判断したのも理由。

 

チャート画像とエントリー根拠

 

エントリー時点のチャート

 

①上昇トレンドが続いている場面で、緑○の地点から下落し、142.80付近を沿うかのようにレンジが形成。

②大きく見れば三尊に似た形をしているが、142.20~80で形成しているレンジが外へ開いている状態を、個人的には「チューリップ」と呼んでいて、この場合は画像左のように下落していく可能性が高くなる。

③もし「フェイク」的な動きだった場合は、142.80付近レンジ下もお椀型のため、黄色線のように欧州時間頃に上昇していくはず。

④しかしそのまま下落し、142.60で1回、142.50近くで再度1回跳ね返しているので、上昇を拒否した形(ダメ押し)になって下落している

⑤142円より下はチャートがなく空白地帯だから、強く下落すれば大きく伸びる可能性も高いため、朝イチで成行ショートしています。

 

エントリー後のポジション推移

 

朝イチから逆行してOUTの場合は仕方ないとして、仮に伸びていった場合は下記①~③のパターンを想定していました。

①は再下落する可能性があり、③は本格的に「00」を割っていく可能性が高いのでOK。

しかし、②は「00」から力強く跳ね返ってレンジへ出戻りし、そのままV字の形を作っているため、綺麗に伸びるパターンとは対照的な「一番出てほしくなかった反転リスクの高い形」となります。

故にポジションリスクが大きくなっているので、逆指値をタイト設定して損切りとなりました(どの道、雇用統計前には決済して逃げる)

 

今回のトレードで使用した判断基準・考え方一覧

 

・事前に想定できる動き(フェイク)

・チューリップ(三尊の変化系)

・レンジ縮小

・ダメ押し

・チャートの動き(未来を想定)

・イヤな動きが現実になった際の逃げ

 

危険な動きをした場合、短期的に見ればすぐにそのまま戻すこともありますが、

 

職業・稼ぐ手段として「長期的」に考える場合は、安定・堅実・リスク回避が「絶対的条件」となります。

 

だから、今回のように違和感あるチャートの動きへ変わった際は、そそくさと相場から逃げてしまい、次のチャートを待てば問題なし。

 

自分の理想的な動きをするチャートだけ、エスコートするように努めましょう。

 

今回の記事が、少しでも多くの読者に参考となれば幸いです。

 

Youtubeで勉強方法に特化した動画も更新

FX初心者・勉強方法で悩む方向けに、FXで行う正しい勉強のやり方を紹介しています。

 

 

運営する個別のFXスクール

FX独学者向けのガイドブック

noteの記事・チャート画像(V字など)

独学ガイドブックの紹介ページ

noteで販売している有料記事・画像はこちら






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。