FXが独学だと少なくても3年以上は必要になる【実体験より】



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

FXを独学で勉強している方は多く、その方がコツコツ自分のペースで取り組めたり、誰にも干渉されず自由に頑張れると思うかもしれません。

 

ただ、独学の現実はどうかと言えば、

 

自己管理しつつ、勉強方法を一切間違わず進めていくのは、至難の業です。

 

誰にも邪魔されず、自分のリズムで勉強することは、言い換えると「いくらでもサボれる・ズレた勉強でも気づかず進んでしまう」ってこと。

 

これは長期的に見れば、明らかに大きな時間のロスに繋がるし、最悪はFX自体を勿体無くも諦めてしまう可能性すらある。

 

今回の記事は、そんな独学の難しさを僕の過去経験を交え、お伝えできればと思います。

 

FXが独学だと最低でも3年以上は必要【本気で言ってます】

 

 

FXで成功すれば、「タワマン・高級車・高級料理」等を満喫し放題に見えるかもしれませんが、

 

僕の身の回りで、過去にFXを始め、今も続いてる人は実質的に「0」です。

 

唯一いるとすれば、SNSで知り合った「一部のお稼ぎになってるトレーダーさん」ぐらいですが、苦労話は想像を超えるようなものばかりで、自分の努力がちっぽけなものとすら感じるレベル。

 

何が言いたいのかというと、

 

稼ぐまでには3年・5年と「膨大な歳月」が必要となり、しかもそれが独学だと、尚更多くかかってしまうって事。

 

いまいちピンと来ない方もいるかと思いますので、今となっては思い出したくない「黒歴史」を踏まえ、ご紹介していきます。

 

独学で始めた当初は単なるラッキー相場だった

 

FXを始めた当時ですが、運のいい事に2009年のサブプライムローン終焉期で、全てのクロス円がほぼ底値の状況。

 

当時は株をかじったぐらいしてましたが、FXには興味が一切なかった。でも、その時付き合っていた彼女から一冊のFX本を渡され、FXを何故かすることに。

 

確かに書籍を見る限り、今ではありえない利率の通貨ペアが多数ありましたが、

 

その書籍は2007年に出版された過去の遺物(笑)

 

2009年のスワップ金利が最悪の水準だった事に気づくのは、もっと後になっての話です(ウルトラスーパーバカ)

 

そしてショート発注の概念が全くない状態で、とりあえず2万通貨でNZドル円を47円ぐらいで購入しました(2007年の書籍を見てるから、利率が良いと思っていた)

 

すると、時間が経つごとにみるみる利益は増大。証拠金も徐々に膨れ上がり、以降は単純にロングオンリーの発注。

 

しかも、損切りを一切入れないストリートファイターで、かつ指値だけは入れる欲の極み。レバレッジもメチャクチャに効かせてたのに、それでも稼げたラッキートレンドでした。

 

寝る前に適当ロング、朝起きたら「+10万」がデフォルト。

 

すごい時期だったと思うし、無知って本当に怖い。

 

口座残高も30万 ⇒ 中古のベンツ(低いクラス)が買えるぐらいに増え、プチ贅沢三昧の日々が続きましたが、そんな簡単に人生は上手くいく訳がありません。

 

浮かれている横で、地獄の釜が口を少しづつ開いていることに、全く気付きもしないのでした。

 

大きな含み損を見て精神的に崩壊【FXから逃げる】

 

何だかんだで、FXの恩恵を十分味わっていた日々が続いたのも束の間、そこからはドバイショック手前までに50万の損失を出しました。

 

金額からすれば「少な!」って思うかもしれませんが、当時の僕にとっては大金オブ大金。

 

その損失を決済した後に精神崩壊が訪れ、FXから撤退する事態にまでなりました(あと1~2週間も続けてたら全資産を失ってたんで、いい損切りだったとも言えなくはない)

 

一時含み損が「100万」を大きく越えた時の恐怖といったら、たまったもんじゃない。

 


・歯がガイコツのように、カタカタと1秒間に10回以上鳴る

・背中に氷の塊を押し付けられたような、「リアル背筋が凍る」現象

・初めて本気で、神様に助けを求めるキリスト教信者以上の祈り

 

死ぬって事は、正にこれと近い気持ちなのかと感じるような、

 

おそらく、生涯に1回か2回ぐらいの「とんでもない貴重な出来事」を、身をもって味わうことが出来た(笑)

 

当時としては利益が手元に残っての撤退でしたが、

 

自分の心は、FXに有り得ないぐらいズタズタに切り裂かれ、その時の恐怖が1ヶ月半ぐらい、僕の精神状態を半うつにした(笑)

 

港から海の地平線を見る人の気持ちが、その時になって皮肉にも凄く理解出来た。FXへの恐怖を身をもって知った僕は、暫くFXから逃避行の日々を送るようになります。

 

何とか復活!でも独学の仕方が分からない状況に【樹海へGO】

 

FXから撤退して約半年後、

 

ただ、これで終わる訳にはいかない

 

どうしても成功したい!気持ちが芽生え、FXの世界へカムバックする事になったのですが、駆け出しの僕には、まず何を勉強すればいいのか分からない。

 

そこで初めに行ったのが、

 

当時の有名トレーダー書籍を買って勉強する

 

為替○とかsa○hとかmayu○meとか、それらの本を「宝の山」と見ていた自分がいました(笑)

 

特に当時は「ブレイクアウト」という手法に驚愕し、出来るとばかりに使い込んでたら、毎日簡単に20~25pips切られる。

 

この時はデモトレードって概念が頭になかったし、実践で経験積んでナンボ!とか、訳の分からない発想だった。

 

負けに負け、休日はよく河川敷を走りつつ

 

「何で負けるんだろう?稼ぐための力がほしい。でもどうすればいいのか?投資が向いてないのかなぁ~」

 

こんな弱気だった記憶しかない(笑)

 

確かにこの時は、自分なりに色々と試行錯誤して取組み、めっちゃ頑張ってた記憶はありますが、

 

致命的に勉強方法が分かってなかった

 

正にこの一言に尽きると思う。

 

巷の書籍を見れば稼げると信じてたし、チャートもそこまで細かい分析をしてなかった。

 

そして努力が、今と比較にならない程に少なかった

 

周りより抜けて勉学に励んでた事はなかった。そりゃあ勝てる訳もなければ、時間だけが消費されて何も身につくハズがない。

 

夜になると不安が襲ってきた。

 

「このまま稼げないで金だけ減るのか・・・」

「将来どうなるんだろう・・・」

 

何で夜は、寝る前に気持ちが弱くなるんでしょうね(笑)誰だって先の見えないトンネルに入ったら、出口から差す一筋の光ぐらいの希望は欲しい。

 

でもそれすらなかった。正に「一寸先は闇」の状況が、エンドレスに続いている生き地獄のようだった。

 

独学時代のバイブルとなる「FXブログ」に出会って変わった

 

 

ところがある時に「FXブログ」の存在を知り、多くの稼いでいる方を羨ましく見ている中に、

 

「他人が嫌いなマイナス思考女のFX日記」という、女性FXトレーダーのブログを見つけた。

 

おそらくこれが、僕のターニングポイントだったと今でも思いますが、

 

それからは、彼女のブログ記事を何かに取り憑かれたように、片っ端から読み込んだんです。

 


ユミンコさんのエピソード

・消費者金融に金借りて資金を吹っ飛ばした

・昼夜関係なしに働いては、必死にFXと格闘

・10円ハゲが数箇所できるぐらい追い込まれる

 

それでも、常勝トレーダーへ成った彼女の生き方は、笑いつつも本当にカッコいい。

 

関連記事はこちら

FXブログでおすすめはユミンコさん【世界一使える】

 

でも、僕が初め見て思ったのは、

 


ナイス損切り ⇒ 負けてて何がナイスやねん!

大衆心理 ⇒ 意味すら理解できん!

チャート千本ノック ⇒ しんどいのは嫌だ!

 

これぐらい酷いレベルでしたが、読めば読むほど「スルメ」のように味が出る内容。

 

頭がフリーズしては柔らかくを繰り返し、少しずつトレードに対する概念を理解し始めていきました。

 

そこからは完全にユミンコ信者化。

 


とにかくチャートを見て下さい

⇒ 指示に従います

デモか少額通貨で学びなさい

⇒ その通りにします

統計をとって優位性がないとダメ

⇒ 頑張って作ります

 

この辺りから、チャートや彼女のブログを「コピペ」した紙を持ち歩き、スキマ時間に見るなどを始めました。

 

そして家に帰ったら、真っ先にチャート見て、ブログ見てのループ。

 

そうしていく内に、トレードスキルが遅くもゆっくりと上がり、本格的に勉強を始めて3年半以上と長い月日が経ちましたが、ようやく安定する経緯となりました。

 

FXが独学でも、折れなければ「理想」へ必ず近づける

 

 

ここまでの話は笑える話に昇華されたけど、もし僕が過去に戻って自分に伝えるなら、

 


1.正しい勉強方法で行う事

2.人の10倍は努力する姿勢で取り組め

 

これを必死に説明してると思う。また、ここまで頑張ってこれたのは、

 

誰にも何事にも縛られず、自由に世の中を行きたい

 

この絶対に叶えたい目標があったから。

 

自分の力さえつけば、地球上のどこでだって生きれるし、日々を楽しく生きることだって可能になる。それらのメリットを全て内包しているのが、当時の僕にとっては「FX」だけでした。

 

もしFXから逃げてしまえば、この先は何やっても途中で逃げ出すだろう。

 

FXは「結果=稼ぐ力」は直結するダイレクトな分野です。それが出来ないとなれば、他の楽な方向へ自分が流され、ただ一生雇われて暮らす身になるだろうと考えていました。

 

途中で辞める事は、自分の中で許されなかったんです。

 

相場で戦う事を降りるってことは、自力で世の中を生きていけないという証明になるから。

 

執念のような、絶対に成し得たい夢や目標

 

こういったものが自分自身の中にあれば、途中で挫折して逃げる事はないと思いますので、今からでも構いません。

 


海外でのんびり過ごしたい

大きな家を買って、家族で暮らしたい

毎日をストレスなく楽しんで行きたいなetc…

 

自分が思い描く将来を心に刻み、そしてFXへ執念のごとく取り組んでいただければ、必ず結果はついてきます。

 

FXは正に修羅の道ですが、頑張って下さい。

 

今回の記事が、少しでも多くの読者へ参考になれば幸いです。

 

 

個別のFXスクールと関連記事

 

FX独学ガイドブックの販売を始めました

 

noteで有料記事・画像の販売を始めました






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。