【FXの基本的な勉強】大衆が避けたがる内容を徹底的にするだけ



 

おはこんにちばんは、レギオンです。

 

FXの勉強を「1」から頑張ってしよう!と切り替えて暫く経つと、

 


・チャートを見ても分からんから嫌になる…

・セミナーや商材を買ってさっさと手法覚えよ!

・デモは面白くないからリアルで稼ごうetc…

 

上記のように思考したり行動する方が非常に多い。

 

ただ、FXで行わなければならない基本的な勉強は、皆が喜んで行ったり、あるいは拒絶反応を示すような方法を「逆に徹底すること」なんです。

 

だから、先程書いた皆が考える内容は、明らかに大きくズれてるってことになります。

 

それだけFXを始める人の勉強方法が間違ってるのですが、今回の記事は、なぜFXの基本的な勉強の仕方が「周りと逆をすることなのか」について書きます。

 

FXで勉強の基本は「大衆の逆」を徹底していくだけ

 

 

これはFXに限らず、その他のジャンルにおいても言える内容ですが、ずば抜けて成功したり結果を残している人というのは、何か言動が違ったり行動がイレギュラーだったりすることがあります。

 

これら1連の行動は、端から見ればおかしく思えるかもしれませんが、

 

それが結果的に「1番効率的かつ最良な方法」だったりするんです。

 

例えば、不動産に関して多くの人は賃貸で借りるorローンを組んで買うかと「住居」に重点を置くのに対して、一部の人は「貸す」にベクトルを合わせる。

 

また、お金を稼ぐために給料を上げようと「自分」で頑張るのに対し、自分で貯めた資金を投資して「お金」に頑張ってもらうなど。

 

明らかに、多くの人がとる行動と比べれば少数派ですが、長期的に見れば後者の方が間違いなく結果が出ますし、その差も大きく広げることが出来るでしょう。

 

稼ぐ人と稼げない人が50:50なら話は別ですが、世の中の成功者を見れば、その比率はどう見たって大きな開きがあります。

 

つまりFXも50:50の世界ではない以上、

 

殆どの人がする勉強の基本的なやり方と「かけ離れた」方法

 

これを自発的にしなければいけません。

 

皆と同じ勉強の仕方をするから「基本的」に負ける

 

この話をすると、

 


・みんなと同じ勉強のやり方をしないとダメなんじゃないのか?

・自分だけ周りと勉強の仕方が違うのはおかしいんじゃないのか?

 

上記のような疑問点・腑に落ちない内容が浮かぶかもしれませんが、

 

それなら、どうして多くの人はFXで負け続けるのでしょうか?

 

既存の勉強方法が基本として間違ってないなら、確実に稼げる人の割合は多くなるハズです。それなのにFXで稼げるのが1割or2割と言われているのは、

 

明らかに、ほとんどの人が取り組んでいる勉強のやり方に「問題がある」からに違いありません。

 

じゃないと、FXがこれだけ難しいことの説明ができませんし、話の筋も通らないからです。

 

つまり、多くの人の勉強方法は「本来FXでするべき勉強方法」とはズレているため、それがいいと思って真似をすれば、同じように負ける結果となる。

 

このように結論を出さざるを得ません。

 

頭一つ抜け出すには「真逆の行動」を徹底するしかない

 

では、このような状況をどう打破すれば良いかというと、

 

みんなが勉強して嫌がったり苦しんだり、諦めたこと・避けたことの「間逆の行動」をするしかありません。

 

また、逆にみんなが喜んでしたり興味を持って取り組んだりといった事は、優先するべきではないと考えます。

 

周りがやって成果が出ているのであれば、自分もそれに準じてしなければいけませんが、

 

結果的にいい方向へ向いてないんだから、いくら後回しにしても問題ないからです。

 

それよりも絶対に優先するべきは、チャートを徹底して見たり書いたりするといった「アナログ的な作業」であって、率先してデモトレードやテクニカル分析を学ぶといった「優等生の作業」とは別にしなければいけません。

 

稼ぐための最短ルートが「最長」であったとしても、最後に周りと大きな差をつけれるんですから、ドンドンと逆をこなしていくぐらいの取り組みは行いましょう。

 

【具体的な方法】毎日チャートを見る基本的な勉強を徹底する

 

 

多くの人がFXの勉強をする中で、

 

絶対的に避ける傾向が強い勉強方法は、基本的に毎日チャートを見ること。

 

毎日同じことをルーティーンのように繰り返していくことで、それが習慣へとランクアップします。ただこう書くと、

 

毎日大量の勉強をするなんて、今の生活スタイルでは不可能に決まってるやん!!

 

上記のような声が挙がるかもしれませんが、何も膨大な量をいきなり始めてくださいと言っている訳ではありません。

 

毎日チャートを「1枚2枚ずつ見ていく」ところから、無理なくスタートすればいい。

 

まずはチャートを枚数に関係なく毎日見るという行動を、1日の生活リズムに歯磨きやお風呂へ入るごとく、組み入れる事が先決なのです。

 

毎日見るチャートの枚数は人によって違うのは当然

 

枚数に関して更に細かい話をすれば、仮に1日50枚100枚見たからといって、トレードスキルがそれに比例して高くなるわけではありません。

 

チャート枚数は少なくても、1枚1枚を思考しながら「濃く」見れていれば、着実に向上します。

 

枚数を1日で多く見たとしても、それが工場の生産ラインみたいに無機質な作業となってしまっては何の意味もありませんし、思考を止めた状態でチャートを見ても、身に付く事はほとんどありません。

 

なので、1日に見るチャートの枚数に「絶対的な基準」はないと言っても過言ではありません。

 

また生活スタイルによって見れる枚数は変わりますし、仮に1日2枚3枚しか見れないといった状況であったとしても、その枚数に対して思考を集中させ見ることができれば、非常に濃いチャート研究をした事になります。

 

変に10枚20枚をバババ!っと見た人に比べ、脳内に蓄積される情報量は明らかに違う。

 

つまり、自身の生活スタイルの中で確保できる時間を決め、その中でチャートを思考しながら見ることができれば、その見方は非常に効率の良い勉強方法だと言えます。

 

故に毎日見る枚数が少なくても、その方に合っていれば何も問題は無いんです。

 

半月ほどチャートを継続して見れば、習慣化へ近づく

 

とにかくここでの目的は、枚数に関係なくチャートを見るという行動を「生活の中に落とし込むこと」が狙いなので、先ほど書いた無理のない枚数を、

 

体・頭が受け付けなくても、何とか強引に机へ向かって取り組んでください。

 

さすがにこれすらしなくて、毎日チャートを見るようにするのは不可能に近いため、

 

何事も初めが肝心と言うように、チャートを見ていくことも初めの1歩(きっかけ)が大事。

 

スタートの段階だと、強い義務感でやっているように感じると思う。

 

でもそれが当たり前のように感じてくれば、自然と机に向かってチャートを見るのが、以前のイヤイヤ期と比べても大きな心の負担にはなってない事に気づくハズです。

 

これが2~3週間も継続すれば、頭が勝手に「チャートを見る勉強は毎日行うもの」と認識するようになります。

 

ここまでくれば、後はこのペースを維持しつつ、少しずつ勉強するチャートの枚数を増やしていけばいいだけ。

 

更に半月以上をそつなく取り組むことができれば、殆どチャートを見る習慣化は完了に至るといってもいいでしょう。

 

【補足】習慣化が崩れる「過度な勉強」だけは絶対にしない

 

ただここで気をつけて欲しいのは、

 

勉強時間がいつもより多く取れるからといって、日ごろの数倍の量を見るといった「極端な勉強」をしないこと。

 

多少は増やしても構いませんが、日頃とのギャップがあまりに大きいとモチベーションが低下する時期に

 

「自分は他の人より勉強が全然できていないのかもしれない…」

 

このように変な錯覚を起こし、勉強するペースが著しく低下する危険性がありますので、大きく差をつけないようにだけ気をつけましょう。

 

また、それだけ過度なチャート枚数をこなしてしまうと、せっかく習慣化にまでこぎつけた「チャートを見るペース配分」を著しく壊すことに繋がる可能性もあります。

 

時間が取れたからといって、何もチャートだけに特化するのではなく、ブックマークしているFXブログを見たりして「文字」からもインプットしたりと、

 

違う角度から勉強する時間に、回したりもしましょう。

 

トレーダーとして成長していくためには、チャートは切っても切り離せない存在であり、また避けることは絶対にできません。

 

そのチャートに嫌悪感を抱くのではなく、

 

こちらから「自発的かつ積極的」に勉強へ取り組むことによって、まずチャートを見ることに免疫をつけていきます。

 

それを継続させることで、勉強があたかも生活スタイルの中の一部になるよう、習慣化させていく。

 

このようなステップアップをしていくことによって、チャートを見ることが「苦とも感じない脳の状態」を作り出していくんです。

 

だから、早い段階で毎日チャートを勉強していくことを、1日のルーティンのように習慣化ができていれば、トレードスキルは瞬く間に大きく伸びていくでしょう。

 

それだけチャートを生活の一部にすることは、FXを勉強していく上で大きなアドバンテージとなります。

 

FXで勉強の基本は、大衆とは違う「差別化」を作ること

 

 

学校の勉強みたいに「答えがある前提」で始めるのであれば、FXもセオリーのような勉強方法が確立できるかもしれません。

 

しかし僕たちが行っているのは「答えのない世界で稼ぐこと」であって、その勉強方法は統一もされてなければ、確立もされていません。

 

それなのに、義務教育を経てきた我々はFXに「現代社会の勉強方法」を持ち込むわけであって、それが結果的に本質からズれているわけです。

 

なので、FXで基本となる勉強の仕方は

 

答えを探すような方法ではなく、「自分なりの答えを構築する真逆の勉強方法」なのです。

 

それがどれだけ周りと違うイレギュラーであったとしても、結果的には頭1つ突き抜けたトレーダーになるのは間違いないと思う。

 

FXでの基本を「当たり前」にまで落とし込めば稼げる

 

現代社会での当たり前は、FXの相場だと「負ける思考やプロセス」に変換され、逆に実生活で嫌がられたり避けられたりする勉強や考え方は、トレードの世界だと大いに歓迎されます。

 

しかしこの事実は、初心者が勉強を始めてすぐに受け入れることは難しいし、今まで損失が膨らんでしまい、心機一転してやり直そうと決意された方でも難しいでしょう。

 


・チャートを100枚でも1000枚でも見る

・常にFXのことを思考して勉強する

・スキマ時間を有効に活用する

・トレードの反省を詳細に行うetc…

 

上記は誰もが進んで取り組みたくない内容ばかりですが、それを生活の中でルーティンのようにこなすことを当然としなければいけません。

 

そのために必要なのが、

 

FXの基本的な考え方・勉強方法等は、「取り組む上で当たり前にすべき事」だと脳内へ粘り強くインプットすること

 

これができれば、自然と稼ぐためにしなければダメな正しい勉強が、当然のように行えるようになる。

 

それは言い換えると、将来的に稼げるようになる確率が飛躍的に向上するってことです。

 

大衆の勉強に対する取り組みを反面教師にしよう

 

言い方は悪いですが、ここまで損失を出す人の割合が多いのは、トレードの仕方に問題があったり、勉強の仕方を改善するべき箇所があるからに他なりません。

 


・いきなりリアルトレードで経験値を積む

・チャートも普段から全く見ないでサボりがち

・セミナーや商材で購入した手法を必死に使うetc…

 

こういった明らかに真似してはいけない勉強方法は、調べればあちこちに紹介されています。

 

ただ上記のように行っていくのは、実社会ではあながちセオリーかもしれませんが、

 

相場に対しては非常にナンセンスな方法になります。

 

故に、彼らの行動と真逆に動くことを意識し、考え方も出来る限り「非大衆的な発想」をしていくよう心がけてください。

 

周りと同じような考え・勉強方法だと、同じように負けてしまう絶対的な事実

 

これを真摯に受け止め、反面教師として基本的な勉強(チャートを思考しながら見る方法)から始めていただければと思います。

 

今回の記事が、少しでも多くの読者へ参考になれば幸いです。

 

 

個別のFXスクールと関連記事

 

FX独学ガイドブック・各種FXツール

 






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。