FXでは努力が誰よりも必要になる【本気で勉強しないとムリ】



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

今までに僕はオフ会やSNSを通じ、多くのFXトレーダーに会ったり、またトレーダーが書かれているFXブログにコメントしたり等、多くに目を向けてきました。

 

しかし、過去・直近含めそれらから感じたのは、

 

「本当に稼ぎたい気持ちでFX勉強してる?」と感じるトレーダーが、あまりに多い点でした。

 

また、これからFXの勉強を始める又はスタートして暫く経つ人からすれば、

 

「FXはどれだけの勉強量を費やせばいいのか?」

 

これは気になると思う。

 

しかしタイトルにも書いてる通り、FXで稼ぐまでには圧倒的な努力をこなす必要がある。

 

まだ自分も強く物申せる立場じゃありませんが、上記タイトルで記事を書くことで、何が本当に必要かを感じていただければと思います。

 

FXの努力がほとんどの人は圧倒的に足りない【本気度が低い】

 

 

まず他のブログや問い合わせを見たり、話を聞いたりして感じたのは、

 

圧倒的に勉強(努力)量が足りないって事

 

FXって、リアルタイムで自分のお金が口座から減る、ヤクザもビックリの超特殊な職種。誰もが我先にと参加しては退場する、弱肉強食の世界なんです。

 

そんな世界で、投資を初めて数ヶ月の人間が「悠々自適」に稼げると、どうやったら思えますか?

 

それが私にとっては不思議でなりません。

 


検証とか、まして統計なんてしんどい。

チャートを見る時間ないからムリ。

俺ならリアルでも絶対に勝てる!

FXの力って全然つかないなぁ~etc…

 

こんなブログ記事は、ネットサーフィンしてたら数多く見つかる。またFXのオフ会で、皆が遠まわしに似たようなことを愚痴っぽく言ってたのを憶えてます。

 

さすがに嫌気が差しました、ホントに。

 

努力も何もしてないくせに「FXって難しいよね~」とか言われても困るし、どれだけFXを舐めてかかれば気が済むんでしょうか?

 

FXやめたら?

 

そんな人には、正直こう伝えたいのが本音。まず継続して勉強を続けれないのが目に見えてるし、そう簡単に覚悟は決めれるもんじゃありません。

 

それだけFXは、シビアで壮絶な生き残りゲームだという事を伝えたいんです。

 

【本気で勉強して】難易度は想定より「100倍」は高い

 

FXを始める多くの人は、

 

「何となくデモを始めて、収支がプラスになったらリアルへ移行して稼げばいいんでしょ?」

 

この流れで考えてるかも知れませんが、

 

99%の確率で致命傷となります。

 

FXが難しいと言われているのは、上記のように簡単にトレードで利益が出せそうで出せない、その際どいポイント。

 

しかし、多くの人はそんなことを何も考えず、ただ始めればお金が口座へ湧いてくる、そんな感覚で思ってるようにしか見えません。

 

正しい手順で勉強すれば「難しいけど利益が出せそうな投資」と認識できるはずが、その手順を面倒くさがってパスしがち。

 

だからこそ、損失を出す可能性が格段に高くなるわけで、そして難易度を高く感じてしまう。

 

また、FXはただ単純にトレードしただけだと、目に見える「スキルアップ」を期待することができません。

 

人間心理の根本であるチャートを、徹底的に何枚も何枚も思考しながら見たり、手法の優位性を確かめるために統計取りを行ったり、

 

多くの段階を着実に踏むことによって、チャートの見立てや相場観を鍛えていくんです。

 

この地道な作業がエンドレスのように続くため、途中で努力を諦める人も少なくありません。

 

ですが、この段階を端折ってリアルトレードに行ったり、商材やセミナーで手法を教わる安易な方向に進むと、間違いなく樹海へまっしぐら。

 

残念ながら、FXにショートカットはないんです。

 

そしてこれもブログで何回も言ってますが、FXには絶対にこうしたら勝てる必勝法はないし、このチャートはこういう考え方や戦略が良いといった「方程式的なもの」もありません。

 

つまり、FXの勉強は何もない状態から「自分なりの解答」を導かないとダメで、それが優位性のある手法とも言えます。

 

今まで僕たちは、明かりがついている方向に歩けば「それなりの答え」が用意されてましたが、FXに限っては真っ暗闇で出口が見えないトンネルを、手探りで進んでいくようなもの。

 

答えがない状況下で、勉強方法も自分で考え、チャートを見て優位性も見つけなければならない。

 

途中で断念する人が後を絶たない理由が、何となく分かりませんか?

 

FXを努力する時間もビックリするほど必要

 

受験・資格取得の勉強でもそうだったと思いますが、1日に30分・1時間を机に向かったからといって、必ずしも合格するもんじゃありません。

 

休みの日は、朝から晩まで勉強した方もいるだろうし、仕事を辞めて専念した方もいるでしょう。

 

FXも、それと何ら大差はありません。

 

月単位で20万30万、更に膨大な金額をパソコンの前で稼ぐのを「資格」と表現するのであれば、それはどの資格よりも難しいものとなる。

 

稼ぐのであれば、月に50万や100万を最終的に目指すのは自明の理ですが、

 

そこまで到達するのに、どれだけの時間がかかるかを想像する人は、ほとんどいないと思う。

 

デモトレードをやって、入金してリアルタイムでお金を稼ぐ、ここに目線がどうしても偏ります。

 

しかしそんな簡単に稼げるのであれば、誰もが朝から会社へ出勤する事はないでしょうし、リーマンショックでボロ負けした人もいなかったハズ。

 

FXを始める人の大半が、FXを甘い果実だと思って食べたものの、ほとんどが毒リンゴだった。

 

安易に始めるのは構いませんが、舐めてかかると最悪は「破滅」に至るのがFX。となれば、事前に勉強する時間がどれだけかかるかは、敢えて言うまでもないと思う。

 

【補足】上記は独学で約3年半を費やした経験論

 

個人的な話ですが、僕はFXを始めて半年後に大きな損失を目の当たりにし、精神的に挫折して一度止めた時があります。

 

そこから再度この世界へ戻って本格的に勉強を始め、3年半以上の月日をかけ、ようやく軌道に乗ったかもと言える状況になりました。

 

その間はユミンコさんのブログを片手に、ただチャートをひたすら見てを繰り返し、集中して勉強する時間以外でも、

 


・電車の待ち、乗車時間

・仕事の休憩時間

・風呂で半身浴しながらetc…

 

とにかくスキマ時間と言える時間は、全て使ったというぐらい使いました。

 

もっと勉強してる人は山ほどいると思いますが、

 

自分の時間を投げて勉強へ回さないと、トレーダーとして「最低限のライン」に立つのは難しい

 

今でも上記のように感じています。

 

FXの勉強量を増やすために、時間はいくらでも回せます

 

それでもFXで何とか頑張りたい!って人は、下記ぐらいガマンして取り組みましょう。

 

(1)テレビのドラマやバラエティの話してるってことは、仕事帰ってテレビを付けてる時間があるんでしょ?

⇒ テレビ見なければいいやん

 

(2)仕事帰りにパチンコ行く時間あるなら、家へ帰ってチャートを見れる時間あるじゃん!

⇒ パチンコ控えて頑張れ

 

(3)土日の休みは早朝から晩までチャート見れるでしょ(何も約束事がなければ)?

⇒ 脳みそがフリーズするぐらい見れば?

 

(4)もう眠たいから寝たい?

⇒ 睡眠時間を削ってでも、FXに割り当てる覚悟ってないの?いい加減にして下さい。

 

時間なんて、作ろうと思えば「半ば無理矢理」にでも作れる。

 

チャートを見て、他ブログ様で参考になる記事や書籍を見たり、これは使えると閃いた形を分析してみたり等、しなければいけない事は数多く存在するんです。

 

ちなみに、僕の個別スクールへ入会した受講者のリナさんは、今まで朝の5時過ぎに起きてたのを2時起きに短縮し、家の用事を事前に済ませ、その空いた時間をチャート研究に使ってました。

 

僕はチャートを見るための具体的な方法を助言しただけで、早く起きて勉強する事を勧めた訳でもありません。

 

むしろ、リナさんはFX以外にも育児や仕事などで山積みなのに、どうにか自分なりに努力しようと考えた結果、このように多少は無理してでも!ってなったそうです。

 

関連記事はこちら

FXで主婦が勉強して成長する過程をご紹介します【本気度が違う】

 

本気で勉強する気がある人は、それぐらいは当然にする。

 

逆に自分では出来ないと思えるような事を、多少はしんどくてもトコトンやっていく人の方が、間違いなく将来的には正解だと断言できます。

 

FXを努力する時間が驚くほど必要な2つの理由

 

 

ここからは「量」もさることながら、なぜFXを努力する時間が多く必要なのかを説明します。

 

端的に言えば、

 

簡単に勝てるような投資はない

 

この言葉で終わりですが、事前に知っておくことで気を引き締め、勉強へ取り組んでいただければと思います。

 

FXの勉強時間は「最難関」の資格受験と引けを取らない

 

数ある資格の中でも、弁護士や医者、公認会計士といったものは、最高峰の資格かつ高収入な職業。

 

実力をつけ独立まですれば、年収は4桁をゆうに達成できるハイスペック資格ですが、そこまでの道のりは全然甘くありません。

 


・何年にも及ぶ、資格取得のための勉強

・研修生として、実務を1から頭へ叩き込む

・勤務時間に見合っていない、時給換算の金額

 

これらに耐えながら、ようやく「一人前の先生」にステップアップし、高収入・権威を持って活躍できるわけです。

 

ここまでにかかった時間は、少なく見積もっても「5年から10年」にはなるでしょう。

 

それでようやく高所得者の域に入りますが、FXはそれらと比較してどうでしょうか?

 

たった1年や2年の勉強で、これらの資格と同等の収入を得るようになるんであれば、あまりに落差があると感じませんか?

 

むしろ、5年~10年かかって稼げるようになっても、全然遅くはないと個人的には思う。

 

なぜなら、FXは上記の資格と違い、地球上いつでもどこでも使える「フリーなスキル」だから。

 

場所を問わず、どこでも稼げるトレーダーの資格

 

それを取得するのに1年・2年だけといった勉強期間は、考え方として絶対に甘い。

 

そもそも、努力して稼げるか全く分からない

 

さらに、FXは答えのある受験勉強や資格試験と違い、

 

「どれだけ努力すれば、どれだけの成果が出るといった基準」がありません。

 

言い換えると、自分のトレードスキルがどの程度あるか確かめれないし、勉強の進捗度を逐一確認するのも難しいってこと。

 

しかしそんな中でも、自分で正しい勉強方法を見つけるか、教えてもらう等して、前へ進まないといけません。

 

進む道でも、受験や資格試験が舗装された道路を歩くのであれば、FXはジャングルの中を手探りで進む位の違いがある。

 

先導役がいれば迷わず進むことも可能ですが、自分で進むとなれば話は別。

 

どっちへ進めばいいかも分からない勉強が、短い時間で終わるという考えこそ、浅はかな発想なんです。

 

故に成果が出るのが遅かろうと、ジャングルの中を最終的に抜けることができれば、何の問題もありません。それだけ、勉強時間がどれぐらい必要か考えるのは、あまり意味がない事です。

 

それを考える暇があるんなら、チャートを1枚でも多く見て、トレードスキルへ直結させる方へ使いましょう。

 

結局は、それが勉強時間を最終的に短くする事に繋がる、唯一の方法となります。

 

FXで努力は圧倒的に必要!時間も投資して本気で頑張ろう

 

 

以上が、FXで努力が圧倒的に必要となってくる点と、それに伴って生じる時間も長期的となる理由です。

 

話は先ほどの延長線上になりますが、FXトレーダーの多くは「理想と現実のギャップ」が離れ過ぎ。これは単純に、勝ちたい気持ちに対しての具体的行動が伴ってないから。

 

「月に100万稼ぐトレーダーになります!」

「1億円稼いで贅沢な暮らしを目指します!」

 

もちろん、個人の目標に対して異議を唱える事はしませんし、夢は万人に与えられる素晴らしいものですから。

 

しかし、月に1・2万稼ぐのを目指すならまだしも、その桁が3ケタにまで発展するのであれば

 

「月に100~200万円を稼ぐための努力」が必要になるのは、至極当たり前のことです。

 

普通に働いても、月に20~50万ぐらいですよ?それを大きく超える稼ぎを求めるなら、

 

会社で働いている仕事量

 

これを遥かに上回らなければダメ。

 

FXと会社の仕事内容を比較するのはナンセンスかもしれませんが、そもそもFXで求められるのは数字上の結果。

 

仮に目標値が月100万で、現在手取り30万稼いでいるなら、少なくとも「仕事の3倍」は頑張るぐらいFXに励まないと、その桁を稼ぐのは非常に難しいと思う。

 

更に言うと、FXは自分自身で見て学ぶものであるため、学習姿勢に対する強制力が一切ありません。

 

それを踏まえれば、単純な誰でもできる努力をするのでなく、

 

誰もがしない、苦行とも言える泥水をすする日々

 

これぐらいの努力はしないといけません。

 

僕も3年半以上の長い時間を費やす中で、味わいたくもない辛酸を食らい続けましたが、誰にも負けないぐらいの努力を自分なりにしてきました。

 

だからこそ、今があります。

 

資金がなくても、自力(スキル)は今から下積みできる

 

資金が準備できないんだったら、ゆっくり貯めていけばいい。FXが怖い・負けると思っているんだったら、リアルでトレードしなければいい。

 

その間に、FXの勉強をコツコツと必死に積み上げて行うべきです。

 

それすらしないのに、資金があーだこうだ、FXはあーでこうでと言うのは、少し視点がズレていると言えるのではないでしょうか?

 

トレードスキルさえ貯めれば、後はゆっくり「自分の器の大きさ」に合わせて扱う資金量を決めればいいし、トレードが怖くないと思える位に、資金管理を徹底すればいい。

 

つまり、ほとんどの人の考え方は「真逆」としか思えません。

 

先にすべきなのは資金を貯めることでなく、FXを恐れるのでなく、

 

とにかく自分なりにチャートを見て「地道に勉強していくこと」なんです。

 


・コツコツとチャートを見る

・FXブログや書籍を見て勉強する

・メンターへ分からない点を質問する

・スキマ時間を有効に活用するetc…

 

これらは間違いなくしんどいし、途中で挫折したくなったり、楽な方向へ逃げ出したくもなる。しかし稼ぐためには当たり前に通る道であり、これができないと話になりません。

 

FXで稼ぐためには、辛気臭いルーティンを繰り返し、トレーダーとしての自力を養っていく「忍耐」が必要となります。

 

苦行でも、FXを地道に努力して進むしかない!

 

考えていたよりも、結構な時間・量が必要だと思ったかもしれませんが、

 

内容を吟味すれば、それぐらいかかって当然のスキル

 

これは明白だと言える。

 

長い時間を勉強に費やすって事は、チャートを見たりする作業が「エンドレスのように続くこと」を意味する。

 

これはあまりに大変だし、精神的に耐えていくのが困難な状態になるかもしれませんが、

 

ルーティンのように長時間をこなせば、必ず成果として表れます。

 

結局はここまで到達するのに、修行僧のような長い時間をどれだけ勉強できるか。もし途中でキツくなって、心が折れそうだと感じる時がきても、絶対に諦めず続けることが大切。

 

正しい勉強方法を繰り返して行えば、確実かつ着実にトレードスキルは身に付きます。

 

自分がどこまで成長したか分からなくても、一向に勉強を継続して行い、それが「ある時」にスキルとして表れるようになる。

 

それにかかる勉強時間・こなす量は人によって異なりますが、ここを耐えて頑張り抜いた人だけが、現状もトレーダーとして相場に生き残ってます。

 

そんな世界に立ち向かうんだから、大きなFXの高みを目指す以上

 

大衆の考える努力と真逆の、圧倒的な努力

 

こちらに努めていただければと思います。今回の記事が、少しでも多くの読者に参考となれば幸いです。

 

 

個別のFXスクールと関連記事

 

FX独学ガイドブックの販売を始めました

 

noteで有料記事・画像の販売を始めました






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。