【主婦におすすめ】FXを始めると将来の選択肢が増える【勉強プロセスも紹介】



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

一昔前に、FXが主婦の間で流行ったことがありました。あの当時は仮想通貨がブームになったように「何でFXやってないの?」ぐらいのノリでしたが、

 

10数年経った今は、投資ではなく「ギャンブル・怖い存在」として位置づけられた。

 

故に、ビジネスの選択肢として消えたようにも感じます。

 


*この記事での「主婦・奥さん」とは、兼業・専業の方を問わず総称した呼び方とご認識ください。

 

なので、物販やブログ運営・Youtubeに重きを置く方が増えていますが、

 

FXは主婦が始めるにあたって、長期的に見れば「人生の選択肢」を増やせる投資であり、収入の中核にも成りえます。

 

もちろん、他のビジネスに比べるとリスクは大きく増えますが、それだけFXには打ち込む価値があるので、僕は喜んでおすすめします。

 

今回の記事では、FXが主婦におすすめできる理由はもちろん、僕のスクール受講生の兼業主婦リナさんへ許可をいただき、成長過程を書かせていただくことに。

 

日々の勉強や修行僧における状況を赤裸々に書いてるし、FXを検討されている主婦の方に、少しでも実感を持ってもらえればと思います。

 

Youtube

FXの正しい勉強方法に関する動画を重点的にUPしています。

 

主婦がFXを始めるのは「仕事以外の選択肢」としておすすめ

 

 

仕事が家庭と両立していれば、FXやその他ビジネスを始める選択肢は出ないと思いますが、

 

金銭面の問題は、ふとした瞬間に表れたりする。

 

例えば、今まで行ってた仕事を辞めざるを得ない、又は資金がどうしても必要になる状況となった時、以降の選択肢として主に以下の4つが挙げられます。

 


・専業主婦として子育てに専念する

・本業とは別に仕事を持つ

・雇用形態(時短・パート等)を変えて働く

・転職して前職に近い雇用条件で働く

 

ご家庭それぞれ事情は違うし、どの選択肢を選んでも間違いではありません。

 

しかし上記のケースで共通して言えるのは、どれを選んでも、収入が将来的には下がっていく点です。

 

他社にヘッドハンティングされて給料UPならOKですが、それはかなり稀なケースであって、通常はどうしても給与が下がらざるをえません。

 

また、今の仕事とは別に働いたり(パートで掛け持ち等)、在宅ワークで稼いだりする事も選択肢で出ると思いますが、

 

あくまで短期的な即金性が強いだけで、長期的視点で見れば「一時しのぎのビジネス」になってしまいます。

 

また、時給単価もそこまで上げることが難しいため、収入的にも限界が来やすい。さらにそれを、今後10年20年とするのは体力的に難しくなるため、必然的に収入も下落する。

 

短期的に見れば、即お金が入ってくる選択肢に思えますが、将来的な部分まで含めると、必ずしも堅実なチョイスとは言い切れません。

 

故にお勧めしたいのは、長期的に継続した収入を獲得しつつ、さらに稼ぎも必然的に伸ばせる「魅力あるFX」になるんです。

 

FXにはどれだけ時間をかければいいとか、何歳までが稼げる時期という縛りがないし、自分の投資した時間が100%成果として跳ね返ってくる、完全実力主義の仕事とも言える。

 

もちろん、トレード方針を見誤れば損失を出したり、正しい勉強方法で進めないと樹海へ迷い込んでしまう可能性もありますが、

 

今後、数十年間もビジネスとして取り組めると考えれば、十分に時間を投資するに値するジャンルだし、稼げる金額は実質的に「青天井」です。

 

だからこそ、FXは主婦にとって「無限の可能性を秘めた投資」と言えるでしょう。

 

FXで優位性があれば、稼ぐ場所や時間は問わない魅力

 

FXで稼ぐためには、手法に「相場に対する優位性」がなければダメですが、

 

その条件を満たしていれば、どの場所でトレードしても問題ないし、トレードする時間も自分で決めることができます。

 

他のビジネスであれば、どうしても時間や場所が拘束されがちとなりますが、FXはネット環境さえあればトレードが可能な点が強み。

 

また主婦にとって日中は忙しく、画面に張り付いてトレードするわけにはいきませんが、トレードする時間帯にアラートを使ったりして「タイミングを図る」こともできる。

 

場所も問われなければ、トレードするための時間帯も制限されない、これだけ条件の良いビジネスは他と比べても一切ないと思う。

 

もちろん裏を返せば、そこまでたどり着くのに膨大な時間と努力が必要となりますが、とても魅力的な投資ではないでしょうか?

 

FXは不測の事態が起こっても「在宅」で稼げる強いビジネス

 

2020年2月から中国で広がったコロナウィルスにより、世界はウィルスとともに、経済にも大きな打撃を与えました。

 

通常の仕事ができない状態となり、まだ在宅で会社の業務を行えた方はマシですが、一方では自宅待機で給料が全く出なかったり、働きたくても働けない状況が続いたりと、非常に深刻でした。

 

幸いにも、国から休業補償等の手当てが出ますが、このような不測の事態が起こった時、通常のビジネスでは運営することが困難となる。

 

しかし、FXはネットを通じてトレードするため、最悪どんな場所でも取り組めるし、チャートの動きも緊急時は大きくなるため、手法よっては「大きな利益」を叩き出すことも可能です。

 

また、株式や債券・外貨を長期保有する方が何も出来ない暴落相場であっても、FXは容易に「売り」から入って利益を生み出せる柔軟性を持つ。

 

今回のように、世界的にコロナウイルスで深刻な状況で、かつ自宅待機で身動きが取れない状態であっても、在宅で自力で稼ぐことができるのは、非常に強い大きな強みとなります。

 

なので、どのジャンルに比べても費用対効果は明らかに大きく、ビジネスの寿命も「自分が引退」まで行うことができるため、早く取り組むほど稼げるチャンスは大きくなる。

 

もちろん、今まで紹介したメリットが全て順調に身につく事はないし、主婦業をしながら勉強するのは本当に大変ですが、間違いなく時間を投資する価値があります。

 

以降では、主婦にFXがおすすめできる理由を4項目に分けて紹介していきます。

 

FXが主婦におすすめできる4つの理由【子供の将来にも有益】

 

 

まず主婦が今後悩んでいく課題として、僕が聞いてる限り「下記2つ」がメインに挙げられます。

 

・家計に関する問題

・育児に関する問題

 

この2つを別々に切り離して考えるのは難しく、収入を優先して共働きのフルタイムを継続すれば、お子さんのに時間を割くことが出来なくなってしまう。

 

逆に育児へ集中すると、今度は旦那さんの収入がメインとなるため、後々に家計の問題が浮上する。

 

つまり、双方がトレードオフの関係となってしまうため、この状況下で将来的なことを考えなければいけなくなります。

 

その際に、現状の問題点を「将来的に全て解決できる可能性」を秘めているのが、FXなんです。

 

FXで稼ぐためには「並大抵の苦労じゃない経験」をしないとダメですが、取り組むことによって、間違いなく良い方向へ物事が進む。

 

では具体的に、どういった選択肢が増えていくかを紹介します。

 

主婦をしながら在宅ワークを探す選択肢

 

主婦は仕事をする以上、どうしても普通の考えだと「外へ出て働き口を探す」選択肢をとりますが、FXの勉強を始めるには、ある程度の時間を設けなければいけません。

 

その際に選択肢として登場するのが、在宅ワークという道。

 

そんな事は突出したスキルがないと出来ないでしょ?って言う方が多いと思いますが、今はネットが時代の中心ですし、求人を探せば意外とあちこちに転がっています。

 

特に直近では、2020年2月にコロナウイルスが世界的に蔓延した経緯もあり、今後はテレワークと呼ばれる在宅需要も大きく伸びるでしょうし、

 

近い将来、家で仕事をするのが「当たり前」になるのも遠くはありません。

 

ただ時給で計算するところもあれば、成果条件によって計算する会社もあるので、その辺は詳しくチェックしてください。

 

ですが、勤務先との往復時間や疲労度を考えれば、柔軟に対応出来るのは間違いなく在宅ワーク。

 

FXの勉強も在宅なので兼ね合いが利くし、外出して働くより育児の時間も増える。

 

なので、初めから「在宅ワークはできない!稼げない!」と考えるのではなく、

 

「FXの勉強を始めるのに必要な選択肢」

 

このように捉え、生活に最低限の収入を稼げる所を探せばいいと思います。

 

FXの収入で生活を自由にできる可能性

 

FXの勉強を長きにわたって取り組み、収入が少しでも上積みすることができた場合、

 

確実に日々の生活は変わります。

 

例えば今まで物を買うにしても、主婦や旦那さんの収入から差し引いて購入と考えたのが、FXの収入から差し引く発想になったりもする。

 

また、FXの利益から掃除や洗濯、その他家事関連で「時間を割かないとダメだった行動」へ資金を投資することにより、自分が負担する時間を大きく削減することも可能。

 

FXの利益が着実に大きくなってくれば、自分が負担する時間は短縮させることができ、かつ仕事にかける時間も少しずつ減らすことができます。

 

フルタイムをパートタイムにすることも出来るし、稼ぎによっては仕事を辞める選択肢も出てくるでしょう。

 

しかし何もしてなかったら、これらの選択肢が生まれる事は「絶対」にありません。

 

それだけの破壊力と将来的な期待値が、FXにはあるんです。

 

FX以外のビジネスを新たに始める選択肢

 

家事や育児の合間にFXを勉強し、仕事も併用してうまく稼いでいき、それなりの金額を毎月得ることができる状態になったとします。

 

その際に増えたのはお金だけじゃありません。「0から1」を生み出すことができる大きな自信と経験です。

 

地球上のどこでもお金を稼げる「錬金術」を手にいれたのであれば、他のビジネスもやり方は違えど、努力の仕方さえ間違えなければ、成功できる可能性が飛躍的に伸びる状態にあると言える。

 

また、そこまでFXで利益を得ている場合は時間的余裕もあるので、他ビジネスの勉強をしたり、実践したりする時間も十分にあるでしょう。

 

つまり、FXでそれなりの成功を収めることができれば、さらに他分野からキャッシュフローを得ることができる「源泉」を作ることが可能となるんです。

 

ブログでもYouTubeでも、何でも構いません。

 

何もないところからお金を生み出せる技術を持っているなら、それが主婦のやる気と成功させる自信を後押しする存在となります。

 

子供の将来を多角的に考えれる

 

日本では、子供が社会人になるまでの道のりとして、専門学校・大学へ行って就職又はそのまま就職する流れがスタンダードですが、

 

世間はこれらの道を外れて違うことをすれば、邪道と言わんばかりに「見る目」が変わります。

 

例えばプロスポーツ選手になりたいとか、芸人になりたいとか、ある道を極めたいとか。

 

もちろん、親として心配や不安からくる拒絶反応だと思いますが、逆にそれは子供の将来の選択肢を「無意識」に縮めることにもなりかねません。

 

しかし、主婦が世間でギャンブル・怖いと言われるFXで稼いでる場合は、話が全く別物になります。

 

皆がやらない・避けることにチャレンジして成功したんだから、むしろ同じように進むことへ違和感が出てくるはず。

 

だから選択肢として、他人が考えるより「広く大きい視野」で見ることができます。

 

極端な例えで書くと、

 


・大学4年行くなら、働きながらFXを4年勉強した方が、絶対稼げるようになる!

・お金を貯めて、物価が安いマレーシアに行って、英語とビジネスの勉強に専念したら?etc…

 

他の親が聞けば「意味不明」と表現できる事が、普通の選択肢として伝えることができる。

 

それは子供にとっても、自分の可能性を広げる上で非常に「先見的な考え方」だと思います。

 

ここまでで、FXのプラス面について多少なりご理解いただけたハズです。

 

以降は、育児に家事・仕事をしながらFXの勉強をしてきた、主婦リナさんの話を中心に書かせていただき、具体的なイメージをしていただければ幸いです。

 

【リナさん】主婦がFXを始める際の勉強プロセスを紹介

 

 

当初から取り組む姿勢が恐ろしく行動的かつ合理的で、かつFXに勉強時間をつぎこむ為に、自分のしたい事を犠牲にしてまで取り組むような、本当に「心の底からFXで財を成したい」という覚悟があったのが印象的でした。

 

特に脳裏に強く残ったのは、以前アメーバブログ(今は削除済)に書かれていた記事で、旦那さんが友達の前で嫁がFXやってる事を小馬鹿にしたシーンがあって、その後友達が帰った後にリナさんがメチャクチャキレたらしい(笑)

 

そりゃあ、自分の夢をFX自体知らないような人に汚されたら、誰でもムカつくでしょ?

 

それだけ「執念にも似たようなFXへの思い」を理解する事ができ、同じトレーダーとして素晴らしい人だと思ったのが当初の印象です。

 

行動へ移すまでの時間がとにかく早い

 

とにかくリナさんは、思いついた・言われた事を「行動へ移すまでのタイムラグ」が殆どない。

 

彼女曰く「無理くりでも始めてから徐々に修正するタイプ」らしいですが、普通の人なら躊躇したり考え込んで実行しないような事を、平気で始めたりするから凄い。

 


リナさんの模範とも言えるような行動例

・朝の5時起きだとチャートが見れん⇒じゃあ朝の2時に起きる

・このチャートの見方はダメなんだ⇒なら捨ててしまおうポイ!

・チャートを見る時間が減った⇒空き時間をブログに充てよう

 

他に挙げるとキリがないぐらいですが、ガツガツさが体育会系の営業マン並。

 

ですので、リナさんと話しているとFX以外では「ポジティブなお金系の話」が殆どを占めますし、僕も行動や決断力といった観点からは、非常に勉強させられる事も多々あったり。

 

彼女のアグレッシブな行動力ぐらいあって「初めてFXで成功するのではないか」と再認識するぐらい、リナさんが取り組む姿勢には感心させられてばかりです。

 

全ての努力をFXへ注いできた執念

 

リナさんが他の人よりも大きく突出して凄いところは、その努力量にあります。

 

子供が2人いて仕事もフルタイムで行っている状況下において、家事と育児に仕事の合間を縫って、更にFXの勉強に時間をかけるのは非常に難しいことです。

 

しかし彼女の場合は、朝に早く起きてチャートを見たり、通勤中の信号停止の合間に見たりと、限られた資源(時間)をどのように有効活用するかに重点を置きました。

 

彼女曰く「外出する事も極端に減ったし、遊ぶことも勉強期間中は殆どなかった」と言っています。

 

確かに外野から見ると、「一体あなたは主婦なのに何をしているの?」と声があがるかもしれません。

 

しかしリナさんは、

 

「今の時期はFXへ人生をかけて取り組まねばならないぐらい、それだけ重要な時間軸の中に自分はいるんだ」

 

このように言い聞かせたそうです。

 

結果的に、それはチャートの復習などを含め「約5000枚以上」は軽く見たという自信と経験に変わりました。またリナさんのトレードスキルは飛躍的に上昇し、リアルまでの道のりを大きく短縮もしました。

 

これらは、周りが出来そうでしないことを率先して行ったからこそ、得られた成果といえます。

 

必死に努力しなければ、FXで大成するための礎を築くことすら難しい状況を、執念にも見えるような努力を続ける事で突破したのです。

 

リナさんの努力は、誰にでも出来るような努力の度合いではありません。

 

FXの勉強を始めるにあたって、主婦リナさんへ伝えたこと

 

 

まずは、下記4点を重点的にお伝えしました。ここが根底から理解できていないと、全くズレた方向へいつ行ってもおかしくないからです。

 


1.チャートを見る必要性の理解

2.現時点でデモトレードをする意味が特にない点

3.FXで稼ぐ事が本当に難しいということ

4.稼げるようになるまでの勉学が長期に及ぶ事

 

そして、これらと並行してアドバイスしたのが、

 


1.チャートを見ていると多くのパターンや形・傾向に出会うので、それらを印刷したチャートへ自分なりに色々と書き込み、分けてファイリングする事。

2.チャートは何回見ても新しい発見がある。一度見たからではなく何回も再確認をして「味」を出す

3.実際のチャートで、自分がこれだと思う調べた形を発見したらデモでエントリーしてもよいが、それはデモトレードではなく「デモのデモ」という認識で行う事。

何故なら現状が損益を求めてるトレードではなく、根拠有りのエントリーが結果的にどうなったのかを知る為に行うだけの確認作業に過ぎないのだから、そこを履き違えてはいけない。

4.ユーロ円・ドル円・ポンド円・ユーロドルを徹底的に遡って見る

5.その他(印刷やファイリングの仕方・スキマ時間の使い方など)

 

初段階では何回もこのように伝えました。上記項目を見ていただければ分かると思いますが、基本的にチャートの見方やコツ・重要性についてが殆どで、損切りや利食いなどについては

 

損切りは20~25pips程度、利食いは放置でいい。

 

これぐらいしか伝えてません。チャートを見る段階で厳密に定める意味がないからです。

 

それは検証の段階以前におけるルール設定ですることだし、今はとにかくチャートを見る事とその結果どうなったかを具体的に知る事。

 

ただ損切りは絶対にしないとダメだから、その癖付けと利食いは伸ばしてナンボのもんであるから、「ポジションは徹底して放置!」を何回も伝えました。

 

チャートを見過ぎてスランプに追い込まれたことも

 

しかし1・2ヶ月してチャートが見慣れた頃には、彼女にとって壁のようなスランプのような日々が訪れ、

 

「FXって買いか売りの二択ですよね??」

 

いきなりリナさんから究極の命題を質問されたりもしました。

 

ただ本人からすれば至って真面目な話なのですが、ダイエットと同じで「伸びが止まる時期」が勉強に関してはどうしてもあります。

 

この時のリナさん曰く、

 

「チャートが全部同じジグザグに見えた」

 

普段慣れないこと(チャートを見ること)を継続的にこなしてしまったから、脳みそが現状の処理速度を大きく超えてしまいフリーズし、コンクリートのように固まってしまったのが原因かと思います。

 

なので、この時のリナさんは少し気落ちしていました。

 


・自分の能力ってこれが限界なの?

・頑張ってるのに成果が突然と見えなくなってしまった・・・

 

ちなみに、この状況を僕は腐る程経験しましたし、誰にでも訪れるものだと解釈しています。

 

逆にいうと、それだけリナさんは必死にチャートを見続けたから、そのような状況になってしまったんです。

 

励ますのも講師の務めですので(笑)、しっかりと現状に合わせた見方をお伝えしました。

 

すると数週間後、気づけば元通りの見方に戻っていました。リナさんにとってこの時が本当に壁だったらしく、そしてそれを乗り越えた!って初めて実感できた時でもあったそうです。

 

それからというものの、リナさんのチャートに対する感覚はより鋭くなり、特に「V字・逆V字」の理屈が自分にしっくりときたようで、そこからは得意パターンとして用い、他の形や傾向もピックアップ出来るようになっていました。

 

起床時間を2時に繰り上げてチャートを見る努力

 

更に彼女の努力は留まることを知らず、朝5時半に起きていた起床時間を大きくズらし

 

なんと2時起き(笑)

 

哀川翔でも4時起きなのに、更に2時間も早いなんて信じられんw正確には2時10分らしいですが、所々の用事を済ませ3時からチャートをジーッと見てるそうです(現在は落ち着いて3~4時起きにされてるとのこと)

 

また、会社までの移動中にも車内でチャートを見たり、スキマ時間にもチャートを見たりする努力をしていたり。当然帰ってもチャートを見てます。

 

炊事・洗濯・育児に仕事(9~17時)がある状況で、ここまで自分に鞭打って行動へ移せる人が、どれだけいるでしょうか?

 

これを書いた当時の月でもユロドルで一撃を大きくとったり、ポン円暴落もピンポイントで入って大きく伸ばしたりと、とてもラッキーといえるようなエントリーではありませんでした。

 

彼女からすれば「デモのデモだし運が良かった」と言ってますが、全ては誰もがしないような膨大な努力を、自分の時間を犠牲にして取り組んできた結果として得られた「正真正銘の実力」です。

 

【まとめ】リナさんがFXを勉強してきた流れ

 

以上が、リナさんが主婦業をこなしつつ勉強してきた歩みとなります。

 

FXの勉強は誰だってそうですが、始めた当初から勉強や手法構築が上手く出来る訳ではありません。

 

思考を短期的に変える事は難しいですが、チャートを一日に何枚も何時間も見たり、書籍を読んだりメンターの話を何回も聞いたりしていると、

 

少しづつではありますが、「トレーダーとして長期的に生き残れる思考」が確実に形成されていきます。

 

だから、今自分に出来ることを懸命に努力していくことが大事となります。

 

主婦リナさんが勉強して変化した内容

 

当時の数ヶ月(2016~17年)でリナさんが取り組んだ・変化した事を、電話での会話を元にまとめてみました。

 

1.チャートを見るって事の意味が大きく変わった


Before

・初めは見方が不明・コツが分からない・見てたようで見てない

・印刷して色分けしてただけ・資料を作ってただけ。

・各市場のボラ集計作業

After  

今は形探し・縦のレート・横で見る

 

2.損小利大について1:5が外れた

値ごろ感(ここまでいったら下がる) → 今は特に考えない

 

3.ポジポジ・チキン利食いがない

エントリーの意味と利食いの威力が分かったから

 

4.チャートを見た枚数(2016年9月中旬から4ヶ月分を大まかに集計)


・ドル円500~600枚

・ユロ円400~450枚

・ポンド円150~200枚

・ユロドル 未

最初はペースが遅かった⇒今は倍ぐらいのスピードで見れる

 

*2018年12月現在においてリナさんに再度尋ねると、統計含めて最低でも「8,000~9,000枚」は見たと自信を持って力説してました。

 

5.FXに関して


・FXはもっと簡単と思ってたけど、そんな訳ない

・今まで周りにめっちゃ難しいって言う人がいなかった

・FXで稼ぐのが、正社員で働いで稼ぐ時間以上にかけないとダメってのがよく分かった

 

6.自身の成長・今後の取り組みに関して


・まだまだ先だとは思わない、早く出来るように頑張りたい

・早く達成したいという思いはあるけど、マイナス要素的な焦りはない

・まだ自分が大きく飛躍したとは思ってない。それが思えるようになった頃がデモか統計してる時、つまりチャートを目一杯見たと思える時じゃないかな。

 

7.最後に一言どうぞ!

本業(仕事・子育て・家事等)も頑張ってると書いてほしい(笑)!

 

FXを主婦が始めるのは「100%」おすすめできる

 

 

ここまで、主婦がFXを選択肢として入れるのが「おすすめ」と書きましたが、そんな簡単に勉強して上手くいくものではないし、途中でしんどかったり投げ出したくなったりは少なくありません。

 

もちろん即金性はないし、逆に今までの貯蓄を失うリスクすらあります。

 

しかしそれ以上にFXを勉強することで頭が徐々に「投資脳」となってくるし、

 


・お金が欲しい

・でもリスクは取りたくない

・勉強もしたくない

・だけど稼ぎたい!

 

上記のような「都合のいい考え方」は、明らかに常軌を逸しているのが分かる。当然そんな都合よく世の中はいかないから、普通に生きていく選択肢を選ぶかもしれない。

 

もちろん、その選択肢が間違ってるわけではありませんが、主婦が何かを始める「ターニングポイント」に立っている以上は、それに見合った選択肢を選んでも良いのではと思います。

 

ただ、仕事をしつつ家事をこなし、かつ育児も両立してこなす状況だと「自分の時間を作ること」が難しいでしょうし、まして将来のために投資を勉強するのは「不確定な未来」である以上、始めることも躊躇するハズ。

 

しかし、働きながら更に収入をあげたいと思ったり、もっと自分がしたい事のために「自由な時間が欲しい!」と考えるのであれば、

 

FXは間違いなく、その夢や目標を叶えるためのツールになります。

 

もし現状を変えるために、何か仕事と別なことを始めたい、勉強したい!と考えている場合は、

 

僕は間違いなくFXを「良い意味」でおすすめします。

 

初めからお金を突っ込んではダメですが、FXを地道に始めることが、身の回りの生活が変わることに繋がり、最終的にご家族が幸せに暮らせる選択肢を準備できると思う。

 

【補足】FXを勉強する場合は旦那さんと良い関係で

 

ただFXを始めると、旦那さんも知るところになると思いますが、

 

1番良いのは「FXの勉強がしたい!」って話をした時、旦那さんが「やってみれば?応援するよ!」と承諾を得れるような関係です。

 

逆に反対されるような状況で、FXを影でコソコソ勉強していると、その後の大きな火種にもなりかねません。

 

ですから、しっかりお互いが理解し合えるまで話を行い、双方が納得できた上で、FXの勉強を本格的にスタートされるのがいいかと思います。

 

そうすれば、旦那さんが休みのときに育児を積極的にやってくれたり、奥さんの勉強する手助けをしてくれるようになるハズ。

 

自分だけでなく、家族が今よりも豊かで幸せある暮らしを得られるよう、頑張っていきましょう。

 

今回の記事が、少しでも多くの読者へ参考になれば幸いです。

 

 

FX独学者向けのガイドブック

noteの記事・チャート画像(V字など)

独学ガイドブックの紹介ページ

noteで販売している有料記事・画像はこちら






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。