トレードは仲間と一緒に勉強すれば楽しい?FXってそんな甘くない



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

FXの勉強を1人で黙々とするのは心苦しいし、自分が今どのような状況かもわからない。

 

そんな時にふと自然に思うのが、

 

SNSを通じて、FX仲間を作って、みんなで楽しく励ましあればいいんじゃない?といった内容。

 

1人でするのでなく、大勢ですれば団結して勉強へ打ち込めるように見えますが、

 

ほとんどの場合、皆が望むような方向へ行く事はまずありません。

 

今回は、FXで仲間を作って勉強をしていく事について書こうと思います。

 


FX仲間で楽しく勉強するなんて、99%が無理に終わる

 

 

例えば、個別スクールやメンターのように「縦の関係」だったり、稼いでいるトレーダーが大半もいるような輪に入るのであれば、その人たちの話を聞くことによってトレードスキルも向上するでしょう。

 

しかしFXスクールで知り合った人や、セミナーの懇親会で仲良くなった方々というのは「横のつながり」であって、本来はそれぞれが自分の目標へ向かって、必死に努力して向かわなければいけない状況なのです。

 

仮にそこで知識や情報の共有がなされたとしても、これから色々と学んでいこうとする人達の中で、助言や解決策が明確になされるというのは不思議な話です。

 

言い方が悪いかもしれませんが、それって意味が本当にあるのでしょうか?

 

僕も昔にこういった懇親会などに参加したことが何回かありますが、結局はただの飲み会だったり、サークルのような集まりだったような記憶しかありませんし、そこで有益な情報を得たとも思えないのです。

 

絶対に参加をするなと言うわけではありませんし、横のつながりである人の話を全て無視しろとも言ってません。

 

ただ、FXで稼いでいきたいと強く願っているのであれば、本来すべきことや行動すべき事は、もっと他にもあるのではないでしょうか?

 

人間は生きるためには集団化して生活する必要性がありましたが、FXに関しては一匹狼でも構いません。

 

それでもFXをきっかけとしたつながりを求めたいのであれば、自分のメンターを見つけに行くような気概を持って、狼の集団へ積極的に食い込んでいくことです。

 

羊の群れは居心地が良いかもしれませんが、結果的にはそれだけで終わってしまうので、気をつけましょう。FXは友達作りで始めたわけではないですよね?

 

FXは仲間がいなくても問題なし!勉強は淡々とすればいい

 

 

FXの勉強は確かに孤独だし、成功するかも分からない道のりを、ただひたすらに歩いているものですから、不安になってしまうのは仕方ないと思う。

 

そんな時にセミナーやオフ会といった懇親会に行ったり、集団のFXスクールで知り合った方々と仲良くなったりすることによって、皆で頑張って稼ぐぞ!と盛り上がりたい気持ちも分からなくはありません。別に誰かと仲良くしたりするのがダメじゃないですし。

 

ただ私が言いたいのは、「そもそもの目的と大きく逸脱してしまってはいませんか」という問いかけです。

 

なぜなら、こういう横のつながりが著しく強くなってしまうと、それが当たり前のようになってしまうからです。

 

FXの勉強でメンターがいるのであれば構いませんが、それ以外にも多くの仲間が本当に必要あるのか、一度よく考えてみましょう。

 

勉強に本気で取り組んでいる人であれば、むしろ繋がる時間があれば「もっと勉強したい!」と思えるはずです。

 

今回の記事が、少しでも多くの読者に参考となれば幸いです。

 

FXスクールに関する記事一覧

 

 

FX独学ガイドブック販売ページ

 

 






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。