【FX】いきなりデモトレードを始める?ちなみに全く効果ないで



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

FXを始めようとして書店やセミナー等へ行くと、大体が初めにするべき事として、

 

いきなりお金を入金するのは危ないので、まずはデモトレードから始めましょう

 

ほとんどが、そういった文面で書かれていたり伝えられています。

 

デモトレードをすること自体は別にダメではありませんが、初めから過度に取り組みすぎると、何の意味もない期間を過ごす羽目になります。

 

今回はデモトレードの使い方に関して、掘り下げていきたいと思います。

 


FXでデモトレードをいきなり始めても、効果は殆どない

 

 

本やセミナーでデモトレードが推奨されているのには、下記の理由があります。

 


・実際の相場の動きを体験し、トレードの感覚をつかめるから!

・自分でトレードすることにより、反省すべき点や問題点が明確になるetc…

 

いかにも正論のように聞こえますが、これを本当の初期段階からいきなりしても、99.999%身に付く事はないです。

 

既にちゃんと勉強して自分なりのチャートの方向感や手法の大枠を作り、優位性を構築できた人であれば、デモトレードを積極的に行うことで、何かしらの改善点や新たな発見に繋げれるかもしれません。

 

しかし、勉強を始める人自身が何も持ち合わせていないのに、その状態で相場に参加して、修正やら反省やらできるのか?ということです。

 

初心者がいきなりプロ野球選手とプレーして、基礎も出来てないのに力がメキメキつくと思いますか?考え方はそれと同じです。

 

逆にそれがいきなり出来るのであれば、その人はよっぽどずば抜けたセンスの持ち主か、天才に近いでしょう。

 

つまりそれぐらいの人じゃないと、初めからデモトレードを行ってもトレードスキルの向上には何の効果を示さないんです。

 

またそういう人ほど、途中でデモトレードに飽きてリアルトレードへ進む傾向が強いです。

 

おそらく「やっていて実感がないもん」が主な理由でしょうけど、まず1年持たず相場から消えると思う。それぐらい無謀なことをしているんです。

 

故に、まずしなければダメのはデモトレードではなく、根本であるチャートを自分の目で沢山見て分析することなのです。

 

デモトレードはFXの勉強が「ある程度」進んでから使うこと

 

 

まったくの初心者で、FXのことを何も知らないから、デモトレードでチャートの動きやレート、発注方法などを実体験する位の使い方であれば、何ら問題ありません。

 

しかしそこから何かを得ようにも、チャートを見てきた経験や知識が何もなければ、現段階でそれ以上を見ても仕方ないんです。

 

確かに、止まっているチャートをペン片手に見ているよりも、動いているチャートをジーっと見ている方が勉強している感も出るでしょう。

 

ただ今はその臨場感は全くとして必要なく、

 

本当に必要なのは、後にデモトレードをする為にチャートを1から順番に見ていく地固めの作業です。

 

ここがしっかり踏み固めた上で後にデモトレードを行い、しっかり自分の手法を調整していくのに役立ってください。

 

今回の記事が、少しでも多くの読者に参考となれば幸いです。

 

FXスクールに関する記事一覧

 

 

FX独学ガイドブック販売ページ

 

 






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。