FXを副業で始める感覚だと「甘すぎる」って思う【投資と認識して】



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

ネットが大きく普及した現代において、収入を生み出す方法は多種多様となりました。

 

・ブログ

・YouTube

・物販

・プログラミングetc…

 

元手がなくても「個人のスキル・特技」を活かすことで、それをキャッシュへと変えれるチャンスは増えています。

 

それらを副業として考える方も多いと思いますが、

 

稼げる金額や投資という観点から見ても、FXを「副業」と安易に括るのは良くありません。逆に副業感覚で始めても、お金を失う確率の方が絶対に高くなる。

 

他の副業は稼げなくても資金が大きく減ることはありませんが、FXはまったくの別物。

 

今回は、FXを副業ではなく「投資として考えることの必要性」について書きます。

 

FXを副業で始める感覚だと「ダメ」になる可能性が高い

 

 

ブログで聞き飽きるぐらい言いまくってますが、

 

FXで稼ぐ事は、何よりも大変かつ厳しい。

 

だって目の前に何もないところへ、いきなりお金を出現させる「錬金術」なんだから、当然といえば当然。

 

でもほとんどの人は、それを仕事とは別に「副業感覚」でお手軽に稼げるように見ているから、不思議でなりません。

 

その発想で稼げるなら、何でブログやYouTubeといった「積み重ねのビジネス」が流行るのでしょうか?

 

チャートを見て稼ぐ方がどう考えても楽チンに見えますし、毎日撮影したり書いたりする必要もないんだから、こっちの方が流行りそうですよね?

 

しかし現実はどうかと言えば、前者のような「将来的に資産性の高くなるビジネス」が注目され、逆にFXや仮想通貨といった投資は危険視されているように思う。

 

つまり、それだけFXで稼ぐ事は厳しいよ~って意味の「裏返し」でもあるんです。

 

世界中のトレーダーが副業でFXなんてしない

 

FXで稼ぐためには、世界中のトレーダーと合法的な「金の奪い合い」をしなくてはいけません。

 

そのような修羅の世界に、「副業感覚で何となく始めました」ってノリで稼ぐ人が、本当にいるでしょうか?

 

どう考えたって、全員からカモと思われるだけ。

 

それに相場は多くの金融機関や企業が関わっており、その中で単純に稼いで生きていくことが「簡単」だと思う?

 

マーケットは副業感覚で始める人を儲けさせてくれるほど、お人好しじゃありません。

 

結局は稼ぐことに対する気持ちの度合いと、相場という化け物に意地でも挑むような感覚がなければ、絶対に利益を生み出せる場所ではないんです。

 

とてもじゃないですが、副業と呼べる代物ではありませんし、むしろ勝負の世界と言ったほうが正しいかもしれません。

 

FXは副業の枠を遥かに越える「投資」です

 

世の中にはFXを副業と位置づける考え方もありますが、副業はその名の通り「本業ありき」で並行して稼ぐものであって、金額的にも驚くようなレベルにまでは達しにくい。

 

でもFXは稼げるトレードスキルさえ身に付ければ、月に50万・100万は「なが~い時間」をかけて達成することが可能にもなり得る投資です。

 

つまりFXで力を身に付ける事は、最終的に副業の範囲では留まらないってこと。

 


・FXを副業感覚で始めたい

・月5万ぐらいは稼ぎたい

・少しだけの勉強で頑張りたいetc…

 

気持ちは分からなくないですが、

 

FXと副業では、始める上で「土俵が違う認識」を持たなければいけません。

 

それぐらいFXは、大きく化ける可能性を秘めた「成り上がりビジネス」とも言えるんです。

 

FXで稼ぐためには相当の時間と労力が必要

 

そんな副業とは呼べないFXの世界で稼いでいくためには、いきなりお金を入金して始めるのではなく、

 

試験勉強のようにチャレンジするまで、長きにわたる勉強を行わなければいけません。

 

これはどのビジネスでも共通しますが、特にFXは自分の判断でお金が一瞬で増えたり減ったりする、ヤクザもびっくりの投資です。

 

それを外資系ファンドディーラーのように、淡々とトレードを躊躇なく行っていくには、事前に行う勉強期間の確保は当たり前であって、

 

逆にそれすらしないで、相場の世界へ勇み足で行くのは「自殺行為」にしかなりません。

 

中にはFXを副業の立ち位置で考えており、「別にそれでええやないか」と言う人もいると思いますが、

 

言い方をキツくすると、副業の発想だと「所詮は副業」で終わりますよ?

 

投資と捉え本気で勉強していく人と、副業のスタンスで捉え勉強する人では、将来的に見てもそのスキル・資産形成に雲泥の差が出るのは明白。

 

数年後に稼いで、人生を自分の好きなように生きたいなら、どちらの意気込みで取り組むかは一瞬で分かるはずです。

 

FXを副業で始めるのではなく、「投資」と考えて取り組む

 

 

以上が、FXを副業ではなく「投資」として取り組むべき理由となります。

 

「FXを副業としてやったらいいんじゃない?」とか、「とりあえず調べてみよっかな~」って考える人がダメだと言ってる訳じゃありませんが、

 

明らかに、FXに対する考え方や発想が「ヌルい」とだけは言える。

 

本来は、商社や商いを専門にしてきた人の業務・取引が、誰でもトレード出来るようにしたのがFX。

 

つまり、元々はプロがやって当たり前だった事を、素人である我々が「気軽」に始めようとしているんです。

 

それを副業と軽く呼んでいいものでしょうか?

 

だから僕は副業って言い方は好きじゃないし、むしろ何よりも重い存在として受け止めてます。

 

それぐらいの心構えがないと、自分のお金をリスクに晒して稼ぐなんて出来る訳ないし、何より勉強に身が入りません。

 

副業という立ち位置で考えるのではなく、可能性が無限に広がるビジネスと捉えるからこそ、取り組む甲斐があるってもの。

 

稼ぎ始める序盤は副業的な収入かもしれませんが、後々の稼いでいく金額を考えれば、必ず自分にとって有益となります。

 

FXで月1万の収入は、将来的な月10万を意味する

 

仮にFXで、継続的に月1万円ほどの利益を上げることが出来るとしましょう。

 

金額的に見れば、心もとない数字に思うかもしれませんが、

 

月単位でプラスを残すことが、どれだけ凄いことか分かりますか?

 

これをできないから多くが足を洗うのであって、金額ではなく「pips」でプラスを継続できれば、それは後々に月10万円稼げるスキルを潜在的に有していると解釈できる。

 

なぜなら、以降で自分がトレードですべき事は何も変わらず、ただ数量を自分のトレードが崩れないよう、こまめに調整しながら増やすだけだからです。

 

FXで月1万円を稼げる、これを馬鹿にしてはダメ。

 

すでにその方は、1年・2年後でもう一つ「0」をつける可能性を、周りの誰よりも持っているのだから。

 

優先すべきは稼げる金額じゃなく、そこまで到達するための着実な方法なんです。

 

長期的な目線で、副業に留まらない稼ぎを身に付けよう

 

FXをもし本気で収入源の1つとして育てたいなら、

 

短期的な目線で「副業」として取り組むのではなく、長期的な目線で「投資」として勉強を行ってください。

 

FXは、ブログやYouTubeのように「Googleのさじ加減」で収入が減ることはなく、そのビジネス自体が消滅することもありません。

 

しかも、企業や自分以外の誰かに依存しなくていい。

 

これだけ自力で取り組め、かつ稼ぐ場所もどんな存在にも縛られない、こんな職業って他にはないと思う。

 

ですが、そういったメリットを持つ反面、努力しなければダメな取り組みも多い。

 

それでも、時間を先行投資する価値は十分あると断言できる。

 

故に、FXを副業的な位置づけで取り組むのでなく、

 

5年10年後を見据えた、自力でお金を生み出す投資

 

上記のように把握した上で、本格的にFXの勉強をスタートしていただければと思います。

 

今回の記事が、少しでも多くの読者に参考となれば幸いです。

 

 

個別のFXスクールと関連記事

 

FX独学ガイドブック・各種FXツール

 

 

FX独学ガイドブックの販売ページ


*販売サイトでの購入には「PayPalアカウント」が必要となります。

*銀行振込も可能なので、お問い合わせよりその旨をお送りください。

 

【完全版】第1章~第7章 ¥98,000円(税込)

【分割版】第1章~第3章 ¥59,800円(税込)

【分割版】第4章 ¥29,800円(税込)

【分割版】第5章~第7章 ¥29,800円(税込)






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。