【個別のFXスクール】問い合わせで多い質問のまとめ



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

最近はブログ経由して、FXスクールへのお問い合わせが増えており、またそれに比例してご入会される方の数も増えています。

 

 

運営している私自身としては非常に嬉しい限りでございますが、その過程で似たような質問や相談内容を受ける機会も増えてきました。

 

ですので、今回はブログやFXスクールのホームページからの問い合わせでよくいただく質問内容をまとめてご紹介すると共に、それに対する回答を明記させていただこうと思います(*質問・相談に関する内容は、個人情報保護の観点から私がアレンジして書いています)

 

事前に見ていただけると分かる内容もあるかと思いますので、当スクールのご検討の方へご参考にしていただけると幸いです。

 


個別のFXスクールに関する質問まとめ

 

 

お問い合わせの際によく聞かれる「個別のFXスクールに関した内容」を紹介していきます。

 

傾向として、「現在の状況でもFXの勉強が出来るのか?」という内容が多いですが、それに関しても下記で取り上げていますので、ご参照ください。

 

現在でFXスクールの受講者数は何名ですか?

 

この質問が、お問い合わせやカウンセリング時に聞く中でも圧倒的に他より多いです。

 

改めて申し上げますと、2019年5月現在で在籍者は21いらっしゃいます。2016年7月からスタートして、間もなく3年が経とうとしていますが、少しづつコンスタントにご入会して下さる方が増え、現在に至る状況となっています。

 

個別の体系をとっているため、授業以外でもメールやLINE・電話でのご相談等、その方の状況やライフスタイルに合わせた勉強の仕方を、家庭教師のような距離感で親身にさせていただいております。

 

また、カウンセリングのお申し込みやご入会に関する相談も増えており、更に受講者の在籍数が増える可能性があります。

 

しかし、個別で行うFXスクールの質を維持できる数を超えてしまうと判断した場合、事前にお伝えする数へ達した段階で募集を一時的に止める措置をとる事は視野に入れています(現在制限等はありません)

 

当スクールは個別に合わせた指導スタイルを徹底していますが、今後人数を極端に増やすと「1人1人にかける時間と質」を絶対的に減らす事になりますし、また現受講生の学習環境を大きく害する事へ繋がりかねません。

 

それらは私がFXスクールを運営する上での信念に大きく逸脱・反します。

 

ですので、受講者様へ誠実かつ充実した最高のサービスを、長期的かつ継続して提供するという観点からも、募集人数の制限は段階的に必要になってくると強く考えております。

 

【質問で多い】どのくらい勉強すればFXで勝てますか?

 

 

この相談内容も比較的多めに聞かれます。

 

初心者やこれから心機一転して始める方からすれば、自分が毎月稼いで自由に暮らすといった、将来のビジョンを勉強前に少しでも描けると安心するのかもしれませんが、残念ながらそう簡単と思える回答をする事は出来ません。

 

私の体感的な目安ですが、

 


・リアルトレードを始めるスタートラインへ立つのに最低1年~2年以上

・トレードで毎月まとまった金額を手にするまでに最低2年~3年以上

 

これぐらいは平気でかかると思っておいた方がいいです。

 

職人や資格取得者が、スキルや経験を身につけて「稼ぐまでに数年から何十年とかかったりする」のが当たり前の世界で、FXだけ初心者同然の人が1年後に月50万を継続的に稼げるなんて、どう考えても都合が良すぎます。

 

ホームページに書いてる文面でもそうですが、簡単だとか短期間だなんて言葉は一切載せてないし、とても書ける言葉ではありません

 

そんな短期間に月100万とか希望されても、絶対に無理なのが分かっているからです。もちろんご入会された方には、自分が持てる限りの力を持って支えていくつもりです。

 

あとは受講者様がどれだけの努力・信念を持ってFXの勉強へ取り組まれるかにかかっています。安易な覚悟で始めても、結果はそれ相応のものしか返ってこない事を留意しておきましょう。

 

働いてても、FXを勉強していくことは可能か?

 

 

これは男性・女性に関わらず、働いていても勉強をしていく事は十分に可能です。

 

男性の方でしたら、受講生でも「日々の勉強が2~3時間」とれる方が殆どで、ただそれでも効率的にチャートを見たり、スキマ時間を上手く活用されたりされて、何の支障もなくトレードスキルを向上されています。

 

入校される女性の方は、育児と仕事の両立をされていますが、それでも早朝や仕事終わり、休日やスキマ時間を利用して勉強されていますので、その辺はご安心いただいても大丈夫です。

 

逆に専業主婦の方はお子様の面倒を見たりで、男性よりもまとまった時間が取れない方も多いため、むしろ受講生の殆どが男性の同じぐらいの勉強時間でされていらっしゃいます。

 

そして受講者の方は、既婚者で子持ちの方が圧倒的に多いため、それでも本人の継続する意志が強ければ、私としては「時間が少ない=勉強出来ない条件」では全然ないです。

 

また、短期でなく長期的な展望を持って勉強を行うことで、むしろ良い意味で自分のできる範囲で余裕を持って取り組めるのではないかと思います。

 

資金が少額からでもトレードは始めれるか?

 

 

これは問題ありません。

 

少額から始めれる国内業者もありますし、海外口座を使えば少額でもレバレッジを効かせれるため、10~20万でも実力に応じた枚数を扱うことができます。

 

あくまでも3桁の証拠金は国内口座でする上だと理想的な金額であって、仮に100万1000万用意できたとしても、それを扱える力がなければ用意しても意味がありません。

 

逆に10~20万でも実力があれば、海外口座経由で1万2万通貨と枚数を上げていってトレードが出来るため、用意できる金額の大小によって問題が生じることはありません。

 

問題は初期投資額ではなく、その時に「自分のトレードスキルが相場より利益を獲得出来るぐらい形成されているか」がポイントとなります。

 

なので真っ先に優先されるのは、準備する資金ではなく、トレードスキルをいかに効率良く高めて準備できるかになります。

 

要するに、いきなり大きな数量を扱うような事はありませんので、その点につきましてはご安心していただいてOKです。

 

FXスクールで行う電話での授業回数や長さは?

 

この質問は以前にどちらかのFXスクールや教室に在籍していた方によく聞かれる内容ですが、他の場所では「月に1回90分」とか「3ヶ月で9時間まで」など、基本的に電話回数や時間に決まりを設けている所が多いようです。

 

当スクールでは、1回の授業を各受講者様の進捗度やライフスタイル等を考慮し臨機応変に組んでいます。また1回の授業時間に関しては特に決まっておらず、大体1.5~3時間ぐらいになります。

 

淡々と授業をすれば早く終わるのかもしれませんが、それだけ僕は受講者様とのコミュニケーションを非常に大事にしていますし、講師と受講者の垣根を殆どない状態でさせていただいてます。

 

フランクにお話をさせていただけるからこそ、受講者様も勉強をしている時に疑問点が出ても「この人にこんな相談はしにくいし聞きにくい!」といった抵抗感とかもなく「気軽にLINEやメールで聞いてみよ!」って積極的に質問などが出来ると考えています。

 

故に受講者様との距離感が近くなるような、楽しくもFXに対する理解やスキルアップが深まるような授業を常に心がけています。授業外における「チャート画像の添削やLINE・メールでの質問」もアフターケアとして行っております。

 

受講者からのチャート添削依頼における例(許可あり)

 

 

 

 

 

 

詳細は下記FXスクールのホームページをご覧いただければと思います。

FXスクールでメンターとして教えるマンツーマンの指導方法

 

大阪府以外の遠方からの受講相談(海外を含む)

 

この点に関しては何の問題もありません。むしろ関東から九州といった畿内以外から受講されている方が多いですし、更に言えば日本を大きく離れた外国から受講されている方もいらっしゃるぐらいですので、授業等で何かしらの支障が出るといった事はないです。

 

諸外国の場合は国の規制などによってVPNを事前に使用しなければいけない所もあったりするかもしませんが、SkypeやLINE通話で特に支障なく会話できているので大丈夫です。時差に関しても、事前にお伝えいただければ授業時間を調整したりして始めることも出来ます。

 

授業自体はネット環境と携帯電話(LINE通話でもOK)さえあれば大丈夫です。

 

「画面共有ソフトZOOM」を使って受講者様のチャート画像へペイントで添削しながら説明をしたり、こちらで事前に用意した画像や参考となる実際のチャートを出して知識を深めたりと、会って説明するのと似たような環境でトレードスキル向上へ取り組めます。

 

また、日頃の勉強で疑問点や相談等があれば遠慮なく気軽にLINEやメールをしていただくようにお伝えをしており(チャート画像添削もOK)、遠方だからといって密にコミュニケーションをとれないといった事態もありません(状況によって多少なり返信に時間が必要な場合も有り)

 

対面でカウンセリングする場合はどこで行われる?

 

電話でなく直接お会いしてカウンセリングをさせていただく場合は、JR大阪駅に近いインターコンチネンタルホテル大阪の20Fラウンジ3‐60(スリーシクスティ)で行っております。

 

20Fラウンジ3-60(スリーシクスティ)

 

 

インターコンチの落ち着いた空間と景色のいい眺めを背景に、ざっくばらんにFXスクールの説明を含め、色々な話をさせていただければと思っています。服装に関する規定等はありませんので、そこまで意識されなくても大丈夫です。

 

FXスクールに入会したら必要になる物

 

初めの段階で必要となる物は下記となります。

 


1.FT3(フォレックステスター3)

2.プリンター(印刷・スキャン機能有り)

3.A4用紙(2000~3000枚ぐらい)

4.ものさし、色ペン(3~4種類)

5.その他(必要となったら説明)

 

一番値段的に高いのは「1」ですが、ありとあらゆる通貨ペアの過去チャートを引っ張ってくる事ができるため、今後勉強していく上で無くてはならないツールになりますので必須となります。

 

「2」に関してはインクカートリッジの場合だと印刷で消費するインク量が多くなってしまうため、白黒でプリントアウトするのが節約のコツです(笑)

 

「3~4」に関しては、過去チャートを印刷する枚数が数百枚で終わるなんてことは残念ながらありませんので、事前にA4用紙のセット買いをオススメします(リナさんは約9000枚以上見てるので笑)

 

また、ペンで水平線や思ったこと感じたことをメモしたりする際、数種類あると色分けで視覚的に見やすくなるので復習効率も上がったりするのでポイントです。

 

見てもらえば大層に用意する物なんて特になく、ただ受験勉強のように必要となる問題集を揃えていただくイメージです。それだけFXで稼ごうと思ったら地道にスキルを養っていく他はないのです。

 

個別のFXスクール質問まとめ:地味でも着実に力がつく

 

 

以上が運営する個別のFXスクールへ寄せられる事が多い質問内容となります。

 

私の助言・指導方法は、他のFXスクールやサロン等に比べると地味で下積みの長い事を教えるようなものに聞こえるかもしれません。

 

しかし、特に過去チャートを何年分にもわたって見る事は、自分をFXトレーダーとして長期的に相場へ滞在させてくれるスキルを養うには最も適した勉強方法ですし、確実にチャートの見方が強くなる方法でもあります。

 

・自分で優位性のある手法を構築できる自力をつけたい

・正しい勉強をして、道を踏み外さずスキルアップしたい

・どれだけ時間がかかっても稼げるトレーダーになりたい

 

「個別を希望で、上記のような目標を持たれている方」にとっては、当スクールの方針や勉強のやり方が合っているかもしれません。

 

もしそういった教室やサロンなどでご検討されている場合は、1つの候補として考慮下されば嬉しく思います。今回の記事が少しでも多くの読者へお役に立てれば幸いです。

 

 

FXスクールに関する記事一覧

 

 

FX独学ガイドブック販売ページ

 

 






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。