FXは毎月の獲得pipsを増やす方が有利【数量上げは難しい】



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

私は昔にアメーバブログでFXブログの読者登録をかなりしてたんですが、人によってpipsの獲れ方は千差万別のように感じました。これは実力が云々でなく、スキャルとか長期的運用される方など、人それぞれが持つ手法によって獲れ幅に関する見解・価値観が違うという意味です。

 

例えばスキャルなら、一日のトレードで綺麗に10~20pips抜いて十分だと考える人もいるだろうし、逆にスイングで100pips近くを伸ばして獲るのが当たり前だし、10~20pipsで決済なんてしません!って人もいるでしょう。

 

そう考えると、当然月によって獲るpips数も変わります。多く獲れるに越した事はないんだけど、平均でこれだけって数値は統計を取れば出る。

 

ではどれだけのpipsを獲れていればいいのか?月単位ならどれぐらいの数値が素晴らしいのか?

 

これをテーマに取り上げていきたいと思います。

 


FXトレードの基本的原則は「完全実力制」

 

 

まずトレーダーとして獲るべきpips数は、どのランクにまで登りつめたいのかによって変わりますが(副業レベル・兼業・専業など)

 

基本的にトレードは稼いだ金額が全てです。この事実を履き違えないようにしましょう。

 

例えば月に1000pips獲れる人が1000通貨で運用してるのと、月に100pipsを1万通貨で結果出してる人の差はpips上の成果から見れば間違いなく前者ですが、結果(金額)だけで判断するのであれば同じだという事です。

 

前者 1000通貨×1000pips=1万円

後者 1万通貨×100pips=1万円

 

仕事でいうなら、トータルの金額が同じでも「契約件数の差や期間の違い」によって会社の評価が変わる可能性がありますが、​FXに関してそのような事は全くとしてありません。

 

常に最高金額を稼いだトレーダーがエラい

 

ヤクザやマフィアであれば、上納金を収める金額が一番多い人間が出世できるようなもので、FXは現金主義かつスーパーカースト制度な世界なのです。まいど先輩もユミンコさんのブログで仰ってますが、

 

トレーダーとしての実力は「数量×pips」これで決まる

 

要するに私の考え方は受け売りなんだけど(笑)、考えれば考える程、この考え方は的を得ているし正しいと思います。

 

数量というのは上げようと思えば、いくらでも証拠金積んでレートを青天井で上昇できます。ですが、その分プレッシャーは計り知れないものとなる。

 

pipsは上げようと思ってもそう簡単には上げれません。優位性の手法をどれだけ形成出来ているかによって、その取れ高も大きく変わってくるからです。

 

数量(精神力・心の器) ×   pips(欲の逃がし方・優位性など)

 

これらが複合して行われる結果、最終的に得られる金額がトレーダーとしての実力なんです。初めと似たような例えをすると、

 

100万通貨で月に50pipsだけ稼ぐトレーダーと10万通貨で月に500pips稼ぐトレーダー

 

pips数でいうなら、後者の方が明らかに優れています。少しずつ数量を上げていけば大物になるんでしょうが、前者は既に100万通貨という未知の世界の数量を相手に、安定して50pipsを計上する力を持っているんです。

 

両方ともに優れている点は違えど、結果的には同じ金額を叩き出しているのですから、現在の実力でいうとイコールに近いとなります。

レートアップ(数量上げ)は簡単ではない!

 

 

上記の文章を読んだ方の中には、

 

ハイレバで取り組めば効率いいじゃん!月に50pipsぐらい余裕だぜぃ!ヒャッハー!

 

 

大衆は消毒だぁ~!!

 

(全てyahoo画像「北斗の拳」より引用)

 

こうしたいのはよく分かりますが、私が現実的かつ経験論で言うのであれば「pips数を増やして数量を徐々に上げていく」方がどう考えても楽です。

 

何故なら、数量を増やすという事はそれだけ自分の心に負荷をかけるのと同じで、下手するとレートアップで判断が狂う可能性があるからです。

 

例えば今まで1万通貨でトレードしていた方が、2万通貨に数量を上げると2倍となり更に2万通貨から数量を4万通貨に上げると2倍となり・・・・・

 

2枚ずつ上げていくのであれば途中(4枚→6枚)から数量増加率は100%を大きく切りますが、このレートアップを短期間で行っていける程、心の器は早く成長しません。

 

こんな簡単にトントン拍子で進めるんなら、殆どのトレーダーが月単位で多額の利益を上げてますし、ブログでアップしている数量も10万20万通貨がゴロゴロいるハズです。

 

現状はそんな甘くはない

 

デモで行う10万通貨とリアルの10万通貨は全く違うければ、損切りになる金額も必然的に大きくなる。連敗すれば、数量というのは重圧を押し付ける以外の何者でもありません。

 

莫大な数量を扱い(100万通貨以上)、月に50pips程度を安定的に取り続ける

 

確かにこれならトレードで専業でも食っていけると思うし、もし上記pips数でずっと生きているのなら私は尊敬します。自分には絶対に出来ない方法だから。

 

ですが「レートアップ」という、常に吊り橋を渡るような状況下で辿りつけると思いますか?天才なら出来るでしょうが、我々はそうではないでしょ?

 

少ないpips数の獲れ高(手法)を否定してはいません。ただ専業レベル(月に50~100万)で大きく稼ぐには、

 

・絶対に揺れない強靭なメンタル

・誰よりも抜けた「自分を信じる力」

 

この2つが異常かつ狂っていなければいけません。

FXは毎月の獲得pipsを増やす方が有利

 

 

個人的には数量を上げていくより、pips向上を優先して取り組んだ方が稼ぐスピードは早いと思います。仮にそれをプロセスとして踏んでいくのであれば、

 


1.多少なりとも獲れるpips数を増やす(手法の優位性向上)、

2.数ヵ月に1回数量を上げたり、逆に調整で下げたりを繰り返す(ひたすら数量を上げ続けれる事は殆どない)

3.結果的に少しつづ扱える数量(心の器)を形成していく

 

これが数量UPを含めれば現実的だと考えます。

 

あくまで私の見解ですので、これが今後の数量やpipsの調整などに少しでも参考になれば幸いです。以降では具体的数値を出して考えていきましょう。

ボーダーラインとして月に300pips前後は求めたい

 

 

月単位においての獲得pipsは100人いれば10通りぐらいに意見が分かれそうですが、私は大きく獲れるのであれば獲るべきであると思う。

 

つまり、少ないpipsで数量を青天井に上げていくより、月単位の獲得pipsを増やしつつ、数量を段階的に上げていく方法をオススメしています。

 

そして具体的な獲得pipsについてですが、

 

月で平均300pips

 

個人的にはこれぐらいが必要になると思います。もちろん獲れ高は相場状況によって変わったり、副業や兼業のように本業がしっかり安定しており、そこまで結果を重視していないスタンスだと変わってきますが、

 

・月に正社員以上のお金を稼ぎたい!

・将来的には専業でウハウハするんだもん!

 

こういった目的や願望があるのであれば、それだけの結果を出さないと生きていくことは出来ません。

 

例えば月に50~100pipsを稼げたとしてもそれはあくまで平均値であり、マーケットの状況によっては全く獲れない日が続くこともあれば、損切りがひたすら継続する事もあるでしょう。

 

仮に最悪の状況が続いた場合、獲得pipsが少ないトレーダーからすると地獄です。

 

月にマイナスとか+20pipsなどの結果が続いている状態で、今後冷静な判断が継続して行えるかといえば怪しいし、レバレッジを上げて数量の恩恵で稼いでるのであれば、その心にかかる重圧は更にかかると思う。

 

ましてや、専業とかトレード中心で暮らしたいと願い一念発起して独立したとか、私みたいに半独立している人間なら

 

1ヶ月でもマイナスになるという事実

 

このプレッシャーは計り知れません。そのように追い込まれないためには、獲るべき時に大きく獲る。故に一時的な連敗にも耐えられるだけのアドバンテージが得られるのです。

獲得pipsを増やせるという事実が保険になる

 

 

当然その月のマーケットにおける動き方などによって獲れるpips数に差は出ていますが、私が言う平均300pipsというのは、獲れる獲れない時期を含めた前後約50%近くの変動が考慮されています。

 

数値で単純に表すと150~450pips程でしょうか。これなら、仮にどれだけ最悪の時期が到来したとしても、最低でも50~100pipsほどの利益は残るハズ。

 

しかし50~100pipsが平均的なトレーダーだと、マーケットのちょっとしたイタズラによって一気にマイナスへと転落し、挙句に自分の手法を信じれなくなってしまうような事態になってしまう可能性があります。

 

特に数量を大きく張っているのであれば尚更でしょう。もし10万20万通貨を扱っている状態で、この状況を耐えて凌ぐ事が本当に可能だと思いますか?

 

全てのプレッシャーを押しのけ、自分との戦いに耐える事が出来る優れたトレーダーはそういません。あなたが少ないpipsでもそれを平気で達成出来ているのであれば私は何も言う事がありませんので、そのまま頑張って下さい(笑)

 

ですが、それだけミニマムなpips数で生きていくというのは非常に難しいし、苦しい日々の連続なんです。

 

中には「50pipsでも相場で生きていけます!」って断言して教えている方もいらっしゃいますが、それはハイレベルなトレーダーが出来る事なのであって、初心者でも誰でも出来るような話ではない。

 

獲れない時期でもある程度獲れるというのは、非常に大事な保険です

 

切羽詰まって月末を迎えるよりも、ある程度稼いでいる状態で最後まで勝負出来る余力を残して1ヶ月終える方が、トレード自体楽だと思いませんか?

毎月の獲得pipsが増えるほど数量調整で有利

 

 

もし貴方が月の目標金額を正社員のように稼ぎたいと考えるのであれば、税金や保険などを考慮すると約30万は最低必要と思う。専業であればギリギリの金額となりますが、この数字をあげるのに必要なpips数によって証拠金は大きく変わってきます。

 

 

想定損切り幅は、これぐらいの獲得pipsならこれだけのリスクを普段取るだろうと、私の経験から導き出した数値です。またポン円を無理やり150円と考えたのはレバレッジ上の計算が簡単だったという個人的理由もありますが、想定するレートをキツめに設定する意味があります。

 

また資産に対するリスクを0.5%としているのは

 

トレードの世界で1%や2%という数字は意外に大きくてリスキー

 

このように感じるからです。

 

指南書やメディアでは、資産に対する損切り額を3%や5%とか簡単にヘラヘラと言っている人が多いですが、これは私からすれば正常で取り組めるようなリスクではない。

 

逆に1%は低そうに見えますが、100万円の証拠金がジワジワと1万ずつ削られていくのは意外に大きいと感じますし、仮にあなたが1000万を保有して、毎回10万が消えていくのをボーッと眺めていられるでしょうか?

 

この辺は人によって捉え方が大きく違うかもしれませんが、私は1%のリスクが非常に大きいと感じています。でも100万円持っていて3000円や5000円が損切られても特にキツいとは感じないでしょ?

 

あくまで0.5%は目安のパーセンテージであって、これを守れといった訳ではありません。でもこれぐらいなら安心して損切り出来るでしょ?っていうラインだと私は思います。

 

画像に基づく証拠金額について

 

大げさかもしれませんが、私が経験上感じてきた事を数値に表すと、このようになりました。

 

(*2)の必要証拠金はフルレバレッジにおける金額であり、これでトレードする事はオススメしません。全財産をフルレバレッジでひたすらトレードを繰り返し、未だにトレードで生き残っている人を噂でも聞いた事がないので、その資産計上はあまりに非現実的です。

 

そこで画像の結果通りに見ていくと、明らかに獲得pipsが少ない場合は多くの証拠金が必要です。

 

リアルトレード開始前から相応のカネを用意できる強者なら関係のない話ですが、現実を踏まえて想定するのであれば初期における証拠金は100万前後になるのではないでしょうか?

 

私は数量を上げる際の資金や心の余裕を考慮し理想で300万、ボーダーで200万と過去に書いてます。でも実際はそこまで事前準備出来る方が多いとは限りませんし、むしろ少ないと思います(特にご家族がいらっしゃる方)

 

そう考えると、次にボーダーとされる金額が100万以外は他にありませんが、それでは50pipsにおける必要証拠金に全くとして届かない為、扱う数量を絶対に下げないといけません。

 

実質的な数量は5万前後

 

しかしそれでは月に確実に50pips獲れても大した利益とならず、今後トレーダーとして大きく成長していくのが非常に難しく、下手すれば海外口座使ってフルレバといった暴挙に走り、最悪はトレード自体が自滅する可能性だってある。

 

そのような複合的リスクを抱えてトレードするより、証拠金が100万円でも200~300pips獲れれば、同じ5万通貨前後でも後者は10~20万稼ぐ事ができる。

 

ですので、後者のスタイルの方が現実的かつ効率的にトレードを行い、かつ数量調整を着実に行って成長できると思います。レバレッジかけて勝負したい気持ちも同じトレーダーとして分からなくないですが、大体が駅のホームに飛び込み自殺をするような悲惨な最後を迎えられてます。

 

無理してリアル相場のFXに飛び込む勇気を持つ必要はありますか?

FXは毎月の獲得pipsを増やしつつ心の器を大きくする

 

 

最後に少し余談にはなりますが、目標金額を稼ぐための将来的に扱う数量と獲得pipsは、机の上で電卓を弾けばいくらでも逆算出来ます。

 

でも、絶対にそんな簡単に上手くいきません。

 

少ない獲得pipsで生き残るのであれば数量は単なる通過点かも過ぎませんが、リアルでの数量は紙の上に書かれた10万20万通貨とは雲泥の差です。普通の人からすれば、10万や20万通貨は恐怖すら感じる数量だと思う。パートいってる奥さんに知られたら、確実に包丁で刺されるような気しかしません(笑)

 

数量が上がれば上がる程、重圧は心の器を平気で壊しにかかります。

 

それを防ぐためにも余裕のあるpipsの勝ち方を行い、少しづつレートアップを受け入れる器をろくろで作るんです。そして現状の数量が器に満たないような重圧になった時、チョットずつ溢れないように注いでいき、また少しずつ大きくしていく。

 

こんな感じで、着実かつ確実に心を広くする作業の繰り返しです。要するに少ないpips数で数量を上げて稼ぐよりも、

 

・優位性のある手法で平均的に200pipsとか300pips獲る

・その傍らで、ゆっくり数量調整していく

 

これが精神的かつ現実的にもゆとりを持って行えると思う。稼ぐという考えが先行すると逆にFXの成長は一気に遅くなりますし、最悪の場合は資産を失って退場というバッドエンドにもなりかねません。

 

勉強やFXの時間を作るのは必死に、トレーダーとしての成長は着実かつ確実に

 

矛盾しているように見えますが、これが一番トレーダーとして大成する為のステップです。今回の記事が少しでも読者へお役に立てば幸いです。

 

併せて読まれる記事一覧

 

ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。