FXは獲得pipsが多いと有利になる【数量でpipsを補ってもOK】



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

どれぐらい獲得pipsってあればいいのか?

 

この命題について、深く考える人も多いハズ。

 

トレードで獲得pipsについて考えた際、スキャルとか長期的運用される方など、人それぞれが持つ手法によって、獲れ幅に関する見解・価値観は大きく違う。

 

例えばスキャルなら、一日のトレードで10~20pips抜いて十分と考える人もいるし、逆にスイングで100pips伸ばして獲るのが当たり前!って人もいる。

 

もちろん、獲得pipsは月単位で多く獲れた方がいいですが、獲れ高(pips)が少なくても「数量」を上乗せして、利益額を大きく伸ばす方法も選択肢としてあります。

 

故にどちらでもOKが現在の見解ですが、

 

数量を積み増しする選択肢は、トレーダーとして「ある程度の成熟期」に入ってないと、増やした数量自体に潰される可能性があるため、初段階からゴリゴリ上げるのはオススメしません。

 

今回の記事は、そんな獲得pipsと数量の関係について掘り下げたいと思います。

 

FXは「pips×数量」で稼いだ利益額が全て【基本的な考え】

 

 

まずトレーダーとして獲るべきpips数は、どのランクまで上り詰めたいかで変わりますが(片手間・兼業・専業など)

 

基本的に、トレードは稼いだ金額が全てです。この事実を履き違えないようにしましょう。

 

例えば、月に1000pips獲れる人が1000通貨で運用してるのと、月に100pipsを1万通貨で結果出してる人の差は、

 

前者 1000通貨×1000pips=1万円

後者 1万通貨×100pips=1万円

 

pips上の成果だと間違いなく前者ですが、結果(金額)だけで判断すれば同じって事です。

 

仕事だとトータルの金額が同じでも「契約件数の差や期間の違い」によって、会社の評価が変わったりする可能性もありますが、​FXに関してそのような事は全くありません。

 

常に「最高金額」を稼いだトレーダーがエラい

 

ヤクザやマフィアのように、組織へ上納金を納める額の多い人間が出世するのと同じで、FXは現金主義かつスーパーカースト制度な世界なんです。

 

まいど先輩もユミンコさんのブログで仰ってますが、

 

トレーダーの実力は「数量×pips」これで決まる

 

要するに受け売りですが(笑)、考えれば考える程、この言葉は的を得てると思う。

 

数量は上げようと思えば、いくらでも証拠金を積んで設定できる反面、その分プレッシャーは計り知れないものとなる。

 

対して、pipsは増やそうと思ってもそう簡単に増やせません。優位性の手法をどれだけ形成出来てるかによって、その取れ高も大きく変わってくるからです。

 

数量(精神力・心の器)× pips(優位性・ルール)

 

これらが複合した結果、最終的に得られる金額がトレーダーとしての実力なんです。

 

初めと似たような例えをすると、

 


・100万通貨で月に50pipsだけ稼ぐトレーダー

・10万通貨で月に500pips稼ぐトレーダー

 

pips数でいうなら、後者の方が明らかに優れています。

 

少しずつ数量を上げれば大物になりそうですが、前者は既に100万通貨という未知の数量を相手に、安定して50pipsを計上する力を持っている。

 

両方ともに優れている点は違えど、結果的には同じ金額を叩き出しているので、現在の実力でいうとイコールに近いと表現できます。

 

pipsより「数量」を増やしていく事は簡単じゃない

 

前項の文章を読んだ方の中には、

 

・ハイレバの方が効率いいじゃん!

・月に50pipsぐらい余裕だぜぃ!

・大衆を狩りまくってやるぜ~!

 

こうしたいのはよく分かりますが、現実的かつ経験論から書くのであれば、獲得pipsを増やしつつ数量を徐々に上げていく方が、どう考えても楽。

 

何故なら、数量を増やす事はそれだけ自分の心に「負荷をかける」のと同じで、下手すると極端なレートアップで判断が狂う可能性があるからです。

 

例えば、今まで1万通貨でトレードしてた方が、2万通貨に数量を上げると2倍となり、更に2万通貨から数量を4万通貨に上げると2倍となり・・・・・

 

2枚ずつ上げる場合は、途中(4枚 ⇒ 6枚)から数量増加率は100%を切りますが、上記のように倍プッシュを短期間で行っていける程、心の器は早く成長しません。

 

こんな簡単にトントン拍子で進めるなら、殆どのトレーダーが月単位で多額の利益を上げてますし、ブログでアップしている数量も「10万20万通貨」がゴロゴロいるハズ。

 

デモで行う10万通貨と、リアルの10万通貨は全くもって違うし、損切りになる金額も必然的に大きくなる。連敗すれば、数量は重圧を押し付ける以外の何者でもありません。

 

莫大な数量を扱い(100万通貨以上)、月に50pips程度を安定的に取り続ける

 

確かにこれなら、トレードで専業でも食っていけると思うし、もし上記pips数でずっと生きているのなら尊敬します。自分には絶対に出来ない方法だから。

 

ですが、常に吊り橋を渡るような数量の増加スピードで、そのレベルにまで辿りつけると思いますか?天才なら出来るでしょうが、我々はそうではないでしょ?

 

少ない獲得pipsを否定してはいません。ただ専業レベル(月に50~100万以上)で大きく稼ぐには、

 

・絶対に揺れない強靭なメンタル

・誰よりも抜けた「自分を信じる力」

 

この2つが客観的に見て、異常かつ狂っているレベルで持ち合わせている必要があります。

 

FXは獲得pipsが多いと数量管理で有利【証拠金も少なめOK】

 

個人的には数量を上げていくより、獲得pips向上を優先して取り組んだ方が、稼ぐスピードは早いと思います。

 

仮にそれをプロセスとして踏んでいくのであれば、

 


1.多少なりとも獲れるpips数を増やす(手法の優位性向上)

2.数ヵ月に1回は「数量の上下調整」を繰り返す

3.結果的に少しつづ扱える数量(心の器)を形成していく

4.「1~3」もしくは「2~3」をループさせる

 

これが数量UPを含めれば、現実的な利益額増加への道だと考えます。

 

ただイメージがしづらい方もいると思うので、以降では月30万を稼ぐと仮定した上で、必要となってくるpipsと数量・証拠金の関係を画像にしてみました。

 

国内口座を想定しての数値が前提

 

想定損切り幅は、これぐらいの獲得pipsならこれだけのリスクは最低取るだろうと、僕の経験なら導き出した数値です。

 

(*2)の必要証拠金は「フルレバレッジ」の金額なので、このトレードは絶対にオススメしない。

 

(*3)損切りのリスクを資産に対し「0.5%前後」にしている理由は、後で説明します。

 

さて、画像の結果通りに見ていくと、

 

明らかに獲得pipsが少ない場合は、多くの証拠金必要です。

 

リアルトレードで「相応の資金」を用意できるなら関係ない話ですが、現実を踏まえて想定するのであれば、初期における証拠金は50~100万前後になると思う。

 

なので、現実的な資金力である50~100万を前提に考えると、50pipsを獲得する場合は現実的な資金力の約1/10~15となるため、稼げる金額も比例して約2万円前後。

 

100pipsだと約3万前後。200pipsだと4~5万、300pipsは約6万程となります。

 

ただ成績が下振れする時期を加味すれば、上記利益の6~7割になると想定するのが無難なので、現実はもっと厳しい数値になるでしょう。

 

ですので、獲得pipsが多ければ多いほど、初期段階で用意する証拠金は少なくて済むし、数量管理も焦らずじっくり調整ができます。

 

【補足】証拠金に対するリスク管理はシビアに【5%は致死量】

 

また、資産に対するリスクを0.5%としているのは

 

トレードの世界で「1%や2%」の数字は、意外に大きくてリスキー

 

経験上このように感じるからです。

 

指南書やメディアでは、損切り額を3%~5%とか簡単にヘラヘラ言ってますが、

 

これはハッキリ言って「正常」に取り組めるリスクではない

 

たった数回でも「連敗」が重なれば、手持ちの資金が大きく削られる状態になるため、トレードでよっぽど優位性が強くない限りは、非常に危険なパーセンテージだと思う。

 

逆に1%は低そうに見えますが、100万円の証拠金がジワジワ1万ずつ削られるのは「意外に大きい」と感じますし、仮に1000万を保有して、毎回10万が消えるのをボーッと眺めてられるでしょうか?

 

この辺は人によって捉え方が違うかもしれませんが、

 

僕は1~2%のリスクも「比較的大きい」と感じています。

 

でも100万円持っていて、3000円や5000円が損切られても「キツい」とは感じないでしょ?

 

あくまで0.5%は目安のパーセンテージであって、これを守れとも言いません。でも、これぐらいなら安心して損切り出来るでしょ?ってラインだと思います。

 

【ほぼ上級者向け】獲得pipsが少なくても数量で補うならOK

 

 

ここから先は、

 


・毎月の獲得pipsは多くないけど安定してる

・多少のリスクは背負える

・リアルトレードでメンタルも慣れた

 

上記のような「上級者寄りの中級者」は、数量を通常より多めにあげても構いません。国内で資金的にも限界がある場合は、海外口座を経由してレバレッジを上げてもOK。

 

ですが、この方法を取る場合はリスクが飛躍的に増えますし、

 

・手法に優位性があり、厳格なルールを守る意志力

・相場を気にしないメンタルと「自分」を信じる力

 

前提として、上記2つが備わっていなければなりません。

 

【条件1】手法に優位性があり、厳格なルールを守る意志力

 

手法に優位性があるのは絶対的に必要で、ないにも関わらず「ハイレバ」でトレードをしていたら、お金がいくらあっても足りません。

 

闇雲に数量を上げるのではなく、トータルで着実に積み重ねてきた手法がベースとなります。

 

また、併せて大事なのは

 

その手法を維持・向上させるために「ルール」を厳格に守れているか。

 

現時点で損切りが疎かだったり、利食いがアヤフヤだったりすると、数量を上げて大きくなった「プレッシャー」によって、ルールを逸脱する可能性が出てくる。

 

つまり、ある時のメンタル低下によって「ルールが簡単に破れる環境」になってしまう。

 

ゆえに今の段階で、トレードプロセスを1から10まで「ほぼ完璧」にこなせている必要があります。

 

【条件2】相場を気にしないメンタルと「自分」を信じる力

 

数量を大きくして事が上手く運べばいいですが、そうは簡単にいかないのが相場。当然マイナスが先行する時もあるし、3~5連敗する時もある。

 

また、ハイレバレッジでトレードするなら、2020年2月に生じたコロナウィルスの大暴落でも、平然としていられる位のメンタルがないといけません。

 

また、トレードごとにメンタルをやられていては、いずれFX以外のことが手につかなくなり、生活自体もままならなくなる。

 

しかし大きな数量でトレードする事は、それぐらい当然に受け入れないと話にならないし、常に淡々とトレードできる精神力が必須となります。

 

さらにここで大事となるのは、

 

トレードの決断をどれだけ信じれることができるか?

 

FXで必要となるのは、最終的にこれが1番大きいんじゃないのかなと思う。自分の判断や決断が信じきれなくて発注等はできないし、損切りや利食いにも必ず迷いが出る。

 

たとえ失敗しようが成功しようが、

 

自分の直感や経験、理由や根拠を合理的に判断し、エントリーまで決断できる一貫性

 

これが備わってないと、いつか自分のトレードが崩れる時が来ます。

 

もし数量を上げてトレードをガツガツこなすのであれば、自分を信じる力が「本当に」今現在あるのかについて、自問自答する時間をとって下さい。

 

【まとめ】FXは獲得pipsと共に「心の器」を大きくする投資

 

 

最後に少し余談にはなりますが、目標金額を稼ぐための将来的に扱う数量と獲得pipsは、机の上で電卓を弾けばいくらでも逆算出来ます。

 

でも、絶対にそんな簡単に上手くいきません。

 

リアルでの数量は、紙上に書かれた10万20万通貨とは雲泥の差です。

 

普通の人からすれば、10万や20万通貨は恐怖すら感じる数量だと思う。パートいってる奥さんに知られたら、確実に包丁で刺されるような気しかしない(笑)

 

数量が上がれば上がる程、重圧は心の器を平気で壊しにかかります。

 

それを防ぐためにも余裕あるpipsの稼ぎ方を行い、少しづつ数量UPを受け入れる器を作る。

 

そして現状の数量が「器に満たない量」となった時、チョットずつ溢れないように注いでいき、また少しずつ大きくしていく。

 

こんな感じで、着実かつ確実に心を広くする作業の繰り返しです。要するに、少ないpips数で数量をガンガンに上げて稼ぐよりも、

 

・優位性のある手法でpips数を増やして獲る

・その傍らで、ゆっくり数量を調整していく

 

これが精神的かつ、現実的にもゆとりを持って行えると思う。稼ぐという考えが先行すると、逆にFXの成長は遅くなりますし、最悪の場合は退場というバッドエンドになりかねません。

 

勉強やFXの時間を作るのは必死に、トレーダーとしての成長は着実かつ確実に

 

少し矛盾してますが、これが一番トレーダーとして大成する為のステップだと僕は思います。

 

今回の記事が、少しでも多くの読者へお役に立てば幸いです。

 

 

個別のFXスクールと関連記事

 

FX独学ガイドブック・各種FXツール

 






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。