FXの指標は羊飼いのFXブログを使って調べよう【要人発言もOK】



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

FXで指標や要人発言があるのを、イチイチ検索したりして調べるのはめんどくさいし、何が重要でそうでないかも分かりにくい。

 

そんな方にお勧めしたいのが、羊飼いのFXブログ

 

トレードの決済やエントリーに使えるのはもちろん、その日に何が起こってどうなったかを全て記載してるのため、過去チャートの研究をしたりする際にも、並行して見ることができるのも特徴。

 

今回は、羊飼いのFXブログがトレードへ利用しやすい点について説明します。

 

FXの指標は羊飼いのFXブログで確認すればOK

 

羊飼いのFXブログはこちら

 

このFXブログ自体はかなり昔からあるため、認知度としては高いかも知れませんが、

 

指標や発言に関して確認するツールとしては、非常に優秀。

 

パっと見は「アフィリ」があちこちに貼ってて見にくいですが(笑)、週間の指標や発言・各国の情勢等を網羅しているので、情報量としてはこれだけで充分な位。

 

僕も昔はいろいろな情報サイトを見ていましたが、このFXブログにしてからは見方がシンプルになったし、使ってても全く違和感や嫌悪感もないので、初心者にもツールとしてお勧めできるFXブログです。

 

重要指標から要人発言まで全てを「ランク付け」で掲載

 

基本的に、各国の指標から要人に至るまでの発言やイベント等を網羅しており、マイナーな通貨ペアに関する情報も掲載。

 

また、1週間後までの情報も事前掲載してくれるため、今週は何が何曜日にあるのかを念頭に、トレードを考えることも可能。

 

更に、指標や発言の重要度を「記号やアルファベット」でランク付けしています。

 

なので、どの指標がどれぐらいの動きやリスクがあるのかを、シンプルに読み取ることができる。

 

例えば、雇用統計やFOMCといった重要指標は「SS」と明記されていたり、逆に相場にほとんど影響与えない指標については「BBや✖」といった風に書かれていたり。

 

自分でどの指標や発言が動くのかを、ネットサーフィンして精査する必要がありません。

 

そういった意味では、非常にシンプルにまとめられていると言えます。

 

過去の動きもチャート付きで掲載

 

ただ、どの指標や発言が過去にどれだけ動いたかを「数値やチャート目線」で知りたい方もいるでしょう。

 

そういった方は、下記画像のように指標や発言の下にある「過去発表時」をご覧ください(赤線で引いている箇所)。

 

羊飼いのFXブログはこちら

 

すると、今までその指標で動いたときのデータがチャート付きで掲載されており、どれだけ動いたかが一目瞭然にわかります。

 

遡っていけば、かなり前まで見ていくことができるので、過去チャートでエアトレード・検証したりする際にも役立てることができるでしょう。

 

ここまで上記ブログの使い方に関してご紹介しましたが、このFXブログを使う上で「絶対に注視してほしい箇所」があるため、そこを次項目で説明します。

 

【注意】FXブログの「SS」指標・発言は安易にトレードしない

 

 

指標や発言の中で、普段の動きとは明らかにボラティリティが違うものがあります。

 

・雇用統計

・FOMC

・要人発言etc…

 

これらは、羊飼いのFXブログで主に「SS」ランクで表示されるものですが、

 

特に初心者が軽い気持ちでトレードすれば、最悪は大損する位に「アグレッシブな指標・発言」なんです。

 

だから、上記のような指標・発言時に優位性も何もない状態で行うのは、あまりに自殺行為に近い行動となる。

 

確かに大きく動くものの、それだけリスクが大きい点を見逃してはいけません。

 

発表・発言時のスプレッドの開き方が異常

 

発表・発言の5分前ぐらいから動きが少しずつ大きくなり、直前から直後にかけて非常に大きなスプレッドが開きます。

 

しかも、このスプレッド開きはしばらく続き、閉じたり開いたりがランダム。

 

スプレッドの幅も10pips程度は軽く開くため、エントリーしようにも入った瞬間に「まさかの損切り!」も珍しくありません。

 

まるでギロチンに自ら首を突っ込むような行動となってしまうので、直後にトレードは非常に危険。

 

指標・発表後はチャートの動きも「飛び飛び」で動く

 

スプレッドの開きも酷いですが、チャートの動きに至っては「普段見たことがないような動き」をします。

 

ジリジリ上がったり大きく伸びるといった動きではなく、

 

まるで瞬間移動するかのような動き

 

これを見たことがない人にとっては、いったい何が起こってるのか分からないと思う。

 

それぐらいアグレッシブな動きなので、トレードがまともに出来ない人にとっては、魅入られたかのように固まってしまい、発注操作を誤る可能性すらあります。

 

冷静に判断しないと「含み損」が急激に増える

 

そしてこれらの動きは、急激にどちらかに偏って伸びるケースも少なくない。

 

その大きな動きに動揺してしまい、無意識に損切りを躊躇してしまった結果、たった数分で大きな含み損を抱えてしまうケースも少なくありません。

 

つまり、そのような相場でも何なくトレードする上級者でない限り、雇用統計の動きは「非現実的なチャート」だということ。

 

普段から冷静にエントリー・決済できる、それぐらい当たり前にこなせない限りは、指標トレードってひじょ~に難しいと思います。

 

FXの指標は羊飼いのFXブログを補助ツールに使おう

 

 

羊飼いのFXブログは非常に使い勝手が良く、指標や発言に関する情報を効率よく収集するのにも活用することができます。

 

実際にトレードするときの事前確認として使えるのはもちろん、過去チャートを研究する際、より本格的に行うことも可能なため、あらゆる場面でぜひ使ってみてください。

 

重要指標・発言でトレードせず、普段のチャートを頑張ろう

 

過去の動きを見たりすれば、後付けだったとしても「ボラティリティ」によだれが出るだろうし、積極的に仕掛けたくなるかもしれません。

 

ですが、長期的に安定したトレードを続けるのであれば、これら以外のトレードへ積極的に取り組むべきであり、

 

むしろ、重要指標・発言の日は手前でトレードを切り上げるか、動きが全く出ない場合はパスして避けるのが無難。

 

もし、普段のトレードも完璧で更なる利益追求をしたいなら、こういったトレードの研究をしてもいいと思う。

 

でも、これからトレードを本格的に勉強していく場合、現時点で重要指標・発言は「避けるべきもの」だと認識するべきです。

 

それよりも、チャートを思考しながら見ていくことに集中し、本来の正しい勉強方法を続けていくこと。

 

先ほども書きましたが、その際に併用するツールとして、羊飼いのFXブログを有効活用していただければと思います。

 

今回の記事が、少しでも多くの読者へ参考になれば幸いです。

 

 

個別のFXスクールと関連記事

 

FX独学ガイドブック・各種FXツール

 

 

FX独学ガイドブックの販売ページ


*販売サイトでの購入には「PayPalアカウント」が必要となります。

*銀行振込も可能なので、お問い合わせよりその旨をお送りください。

 

【完全版】第1章~第7章 ¥98,000円(税込)

【分割版】第1章~第3章 ¥59,800円(税込)

【分割版】第4章 ¥29,800円(税込)

【分割版】第5章~第7章 ¥29,800円(税込)






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。