FXを最短で稼ぐには地道になるのが近道【チャート1000本ノック】



おはこんにちばんは、レギオンです。

 


・FXで大金を稼ぎたい!

・働いてる以上のお金を毎月増やしたい!

 

 

上記のように、FXの学習を始めようとする方にとって不安になる事は、

 


・どれぐらい学習すれば稼げるようになるのか?

・何か最短でトレーダーとして成長できる方法はあるのか?

 

この勉強をしなければいけない期間や方法に関してだと思う。僕としても1年やったら稼げる!とか断言出来るのであればしたいところですが、

 

FXを最短で稼げるようになる為の学習時間は100%分かりませんし、分かったら誰も苦労をしません。

 

ただ努力次第で短縮させる事は可能で、

 

僕がおすすめする最短ルートは、地道にコツコツと継続して、ルーティーンのように勉強するやり方です。

 

今回は上記内容について書きます。

 


FXを最短で稼ぐためのショートカットは存在しない

 

 

誰だって勉強するんであれば、手っ取り早く「最短」で身に付けれる方が良いに決まってます。

 

そういう気持ちを悟ってか、多くの書籍や商材では、

 


・これさえ覚えれば月50万勝てる

・チャートを見なくても稼げます!

・3ヶ月で専業トレーダーになれるetc…

 

「努力を全くしなくてもお金が手に入る」ような記載が多い。だから多くの人が自分でチャートを見ず、手法を教えてくれるようなところに押し掛けるわけですが、

 

それで稼げるようになるんであれば、朝から満員電車に誰も乗りません。

 

仮に稼げる手法を教えてくれる場所があるとしても、自分自身が使いこなせるかどうかは未知数ですし、もしその手法が相場で通用しなくなった時、そこからどのように立て直すのでしょうか?

 

結局は、また同じようにセミナーや商材を買っての繰り返しとなるに決まってる。

 

つまり、勉強の初期段階で楽をしようと近道ばっか経由してれば、必ず負のツケが回ってくるんです。

 

そこから盛り返して勉強するのはメチャクチャきついですし、また勉強の仕方がわかっていない以上、樹海へと突き進む可能性が飛躍的に上がります。

 

FXで稼ぐために、初めから「苦労すること」を前提に学習する

 

・FXで頑張って1年・2年以内!

・最短で勉強を始めて○○ヶ月!etc…

 

このような学習期間の度合いについて多くの人が考えるのは、

 

現代社会の受験勉強や資格試験の勉強において「答え」が存在するからです。

 

答えがあるという事は、そこにたどり着くまでの必要な学習期間や必要な点数が、統計的に大体算出することができる。

 

例えば塾や専門学校などは、合格するまでのプランを逆算することによって、受験生に必要なカリキュラムを提供しています。

 

もちろん全員が志望校に通る事はありませんが、これまでの合格率や問題の傾向などから、これだけやればボーダーを超えることができると推測し、独学でやるよりも「遥かに濃密な受験プラン」を作成できます。

 

ただこれらは全て、問題に対して答えがあることを前提として成り立っている点に、着目をしなければいけません。

 

なぜなら、答えがなければ合格ラインも分かりませんし、問題の傾向を予測するなんて不可能に近いからです。

 

つまり、FXは答えがない受験・資格試験を学習するようなもの。

 

となれば、今まで私たちが義務教育から大学・資格試験に至るまでに、常識として考えていた発想は全く通用しません。

 

FXの学習を始め、いつ大成するかを「ある程度」でもお伝えするなんて事は、どう考えたって言えるわけがないんです。

 

この件に関しては口が酸っぱいかもしれませんが、考えるだけ時間の無駄。

 

FXの学習期間は、自分の行動次第で「長くも最短にもなるんだ」という事実を受け入れる事です。

 

最短で稼ぎたいなら、チャートを千本ノックで見よう

 

チャート千本ノックという言葉はユミンコさんブログから引用したものですが、FXを始めて誰もが思うことは、

 


・底値で拾って高くればいいんでしょ?

・高いところで売って落ちてきたら決済すればいいんでしょ?

・お金をいきなり突っ込んだ方が勝てるわ!etc…

 

上記のように考えがち。

 

確かに、今まで行ってきた勉強受験や仕事内容に比べれば、チャートが上に行ったり下に行ったりするのを、あらかじめ予測してエントリーする位、どう見たって簡単そうに見えます。

 

でも結果的には、FXに対するイメージは日本で恐ろしいぐらいに悪くなり、むしろFXをしている人が白い目で見られるような村八分的な状況となってしまいました。

 

人それぞれ負けた理由はあると思いますが、

 

その約90%以上は、チャートを本格的にガツガツ見ていく「修行僧のような勉強」を怠っていたからです。

 

言い方をキツくすれば、負けるべくして負けるトレードをしてしまったから。FXは、多通貨のチャートをくまなく見ることによって、

 


・チャートがどのように動いたらこう伸びる

・どういう形をしたら反転したりするのかetc…

 

これらを統計的かつ心理的に理解することで、チャートのメカニズムを捉えていくことができるんです。

 

なので、FXを効率よく勉強して稼いでいこうと考えているのであれば、

 

まずは1割の勝ち続けているトレーダーが行ってきた「大衆とは真逆な行動」をとること。

 

つまり、チャートを1000枚でも2000枚でも真剣に見ていき、そこから自分の判断基準やチャートを捉えていくことに全神経を注ぐことです。

 

これが結果的に見て、最短ルートでトレードスキルを向上させることが可能な方法となります。

 

FXはゼロサムゲームであり、8割9割も負けている人がいるのであれば、その逆の少数がとっている行動をとるのは必然的ではないでしょうか?

 

FXを最短で稼ぐには、修行僧のようにチャートを見るのがベスト

 

 

誰もが早く稼ぎたいと思いつつFXの勉強を始めますが、ほとんどの人は短絡的に取り組みがちとなり、結果的に大きな遠回りをするか、最悪はFX自体をやめていきます。

 


・自分には向いていなかった

・やっぱり簡単に稼げるなんて都合が良かったetc…

 

思う事は人それぞれあると思いますが、

 

その結論に至るまでの努力を、本気でされましたか?

 

大体の人が、中途半端な状況で諦めていくケースをよく見るので、まずは自分を修行僧のような環境に置き、勉強をルーティンさせる習慣をつけましょう。

 

別に山登りして、そこに篭って勉強しろと言ってるわけではありません。今すべきこと、しなくても良い事を選別することで、それに近い状況を再現することはできます。

 

つまり、自分の心持ち次第でFXの勉強方法や質は、いくらでも変わるのです。

 

1割の非大衆となる為にチャートを見る「最短の努力」を続けよう

 

僕のブログでは、最終的にチャートを見ようという結論にかなりの確率でなりますが、

 

ほとんどの人がその努力をせずにFXを始めるから、必死に伝えているんです。

 

それでも、始める際のお手軽感やレバレッジも相まって、勉強する努力を大きくショートカットしてトレードに打ち込む方が多すぎます。

 

でもそういう方が「FXはギャンブルだ、怖い、負けるだけ」と、訳の分からない情報を流布するんですから、風評被害もいいところ。

 

しかし見方を変えれば「8割9割」もFXで負ける人がいるんですから、その逆をこなせば稼げるわけであって、

 

しかもFXはよっぽどのことがない限り、半永久的に人間が参加し続ける投資。

 

つまり一旦スキルを身に付けてしまえば、人間が相場へチャレンジを繰り返す限り、自分は稼ぎ続けることができます。

 

そういった「逆の視点」からFXを見ることができれば、ちょっと時間がかかっても努力して見ていくことの期待値が、将来的にはとんでもない数値に変わる意味が分かると思う。

 

早く稼ぎたい気持ちもわかりますが、良い意味で遠回りを繰り返しつつ、正しい道のりを進んでいただければと思います。

 

今回の記事が、少しでも多くの読者へ参考になれば幸いです。

 

 

個別のFXスクールと関連記事

 

FX独学ガイドブック・各種FXツール

 

 

FX独学ガイドブックの販売ページ


*販売サイトでの購入には「PayPalアカウント」が必要となります。

*銀行振込も可能なので、お問い合わせよりその旨をお送りください。

 

【完全版】第1章~第7章 ¥98,000円(税込)

【分割版】第1章~第3章 ¥59,800円(税込)

【分割版】第4章 ¥29,800円(税込)

【分割版】第5章~第7章 ¥29,800円(税込)






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。