FXの専業トレーダーになるのは「9割デメリット」しかありません



おはこんにちばんは、レギオンです。

 

誰しも、トレーダーとして憧れるのが「専業」。

 

日々のストレスや時間的拘束から解放され、自分の実力だけで地球上を自由に歩くことが出来る。

 

まさに、現代のハイテク社会が生んだ「究極の職業」と言っても、過言ではないでしょう。

 

私も専業は羨ましいとは思いますが、リスクを考えるとその選択は出来ないため、現在はブログにも書いてるとおり、FXスクール・ブログ運営・不動産・物販とリスクヘッジを徹底する毎日。

 

なので、完全専業トレーダー視点でお答えするのは難しいですが、専業の知り合いから聞いた話などを踏まえ、限りなくリアルに書いていきたいと思います。

 

Youtubeで勉強方法に特化した動画も更新

FX初心者・勉強方法で悩む方向けに、FXで行う正しい勉強のやり方を紹介しています。

stand.fmでの音声配信

聞き流しでもインプット出来る「FXの勉強方法や考え方」を重点的にUPしています。

運営する個別のFXスクール

全ての受講者へ個別のマンツーマンでトレードに関する助言や指導を行っております。

 

FXの専業トレーダーになることの大変さ【過酷な毎日】

 

 

そもそも、専業トレーダーって何かしらの定義があるわけじゃないので、見解に個人差が出るカテゴリーになりますが、

 

トレードだけで、日常生活に至る全ての支出をカバーでき、かつそれ以上の利益を安定的に稼ぐトレーダー

 

僕が定義付けるなら上記となる。

 

FXの利益とは別に会社から給与を得たり、副業で稼いでいる場合、この基準でいうと兼業に該当します。

 

端的に言うと、トレードオンリーで生きている人

 

これってトレードしてる側からすれば「究極形」に見えるし、贅沢三昧の暮らしが待ってるように見えますが、実際はそうでもありません。

 

逆にトレードだけで食ってるからこそ、キャッシュは手元に出来るだけ留保しておきたいし、家族がいる方は別に不動産の定収入を検討するなど、常に見えない不安と戦っています。

 

むしろ稼いで稼ぎ倒している人ほど、自分のFXにおける引き際を考えたり、守りに入っていく傾向が専業者の話を聞いていると強い。

 

専業トレーダーは「専業」になることを絶対勧めない

 

FXで専業トレーダーを目指すのは恐ろしく難しく、先ほども書きましたが、個人的にはお勧めできない職種です。

 

今までに専業トレーダーへお会いしたり、コンタクトを取ったりしたことがありますが、

 

FXの専業トレーダーが、専業を「素晴らしい!」と言ってた記憶がありません。

 

むしろ、今までの苦労話だったり大損した話だったりと、マイナスの話しか覚えてない。

 

その方々は意味不明な金額を稼いだり、数量に至っては3桁以上を当たり前に扱う方々でしたが、

 

あくまでも「地獄のような日々」から生還したのが前提。

 

大体の方が、チャートを見まくったり検証漬けの日々と言ってたので、それを専業レベルにまで昇華させようと思ったら、その努力は想像を絶するものがあります。

 

FXの専業トレーダーへなるにはどうすればいいのか?

 

もちろん専業トレーダーとなる以上は、

 


・事前に相当な金額を稼げている

・十分な資金の蓄えがある

・最悪負けが続いても数年間は生きれるetc…

 

これらが絶対的な前提となりますが、それらを短縮して専業スタートができる「スーパーショートカット」があります。

 

それはそれは簡単な話で、

 

今月で会社を辞め、自分で専業と名乗りましょう(笑)

 

世間はどう見るか分かりませんが、専業トレーダーという職業が国で決まっているわけでなく、言ってしまえば○○コンサルタントのようなもの。

 

自分で先物の専業トレーダーと自称することも出来るし、株の専業と周りに言う事も出来る。

 

とにかく、自分が会社を辞めて「無職」と自覚するのでなければ、それはFXで稼ぐために特化した専業トレーダーになったと「ある意味で」言えます。

 

ふざけて書いたように思うかもしれないですが、単純に専業トレーダーを始めたい場合、これで手続きは終了。

 

もちろん、このようなステップで稼げる人は10000人いて1人ぐらいだと思うし、

 

「ただ専業になる」・「専業に成る」では、意味が全く違います。

 

会社を辞めてから、暫くは失業保険や貯蓄で凌げたとしても、以降で利益が出ないのに専業トレーダーと自称していては、何のために会社を辞め、投資の世界へ飛び込んだか分かりません。

 

ですので、専業になろうと思えば「誰でも」簡単になることは出来ますが、絶対に意味を履き違えてはダメだし、稼げない状態でなること自体が自殺行為です。

 

専業トレーダーとして生きる覚悟と自覚はあるか

 

専業トレーダーとして生きていく場合、途中で諦めず歯を食いしばるのは当たり前に必要。

 

さらに合わせて必要となるのが、

 

FXの専業トレーダーが、社会的にどのような地位・状況にあるか?

 

これをどれだけ自覚しているかです。

 

普通に考えてみましょう。ある時友人と飲みに行って、「今何の仕事してんの?」と聞いたとき、

 

「今はユーチューバーやってるよ!」

 

こう友人に言われたら、あなたはどのように感じますか?

 

それと同じで、もし自分が聞かれた時に「FXの専業トレーダーやってるよ!」と言えば、相手はどう思うでしょうか?どう考えたってポカーンとするか、苦笑いをするでしょう。

 

また、社会的に見てもFXトレーダーに信用は何1つありませんし、何のステータスにもなりません。

 

だから、FXの専業トレーダーを目指すって事は、これらを当たり前のように知っていて、かつ開き直るレベルで自覚できてないと、必ず途中で潰れる。

 

稼ぐ以外にも、専業はあらゆる面でデメリットが生じるため、それすらも許容した上で、トレードに打ち込むことが必要となります。

 

【補足】安定収入があるなら、無理に専業を目指す必要はない

 

ここまで書いたように、FXの専業トレーダーはイバラの道でしかない。

 

ですがサラリーマンをされている方であれば、必ず毎月決まった収入が手に入るし、

 

それを無理に放棄する理由がありません。

 

失敗しようが何しようが、毎月必ず固定給が入るのは、この上なく素晴らしいことだから。

 

これがもし専業になったらどうでしょうか?給料を良くも悪くも決めるのは自分次第で、稼いでなければ貯金を切り崩していく羽目になる。

 

それに対し、会社で働きながらFXを兼業でしていれば、仮に損失が大きく発生したとしても、会社の給料で何不自由なく生活する事が可能。

 

この保証は、専業だと絶対にあり得ません。

 

だから、専業トレーダーを目指す気持ちも分かりますが、

 

今の収入を大事にしつつ、FXも大事に扱っていく二刀流

 

これが現状では、ベストなスタイルではないかと僕は思う。FXに限らず、それだけ自分でお金を作るのは難しいんです。

 

FXの専業トレーダーになることはデメリットしかない

 

 

一見すると、専業トレーダーは金銭的に華やかな毎日を送れると感じますが、

 

それとは正反対に「世間の目」は冷ややかなものと言っていい。

 

ここからは専業を目指すことは、どれだけ苦難が待ち受けているかについてご紹介します。

 

現代社会は、FXの専業トレーダーを無職レベルで扱う

 


専業トレーダー?専業主婦の間違いでしょ?

稼げるわけないんだから、コツコツ働きなさい

あそこの○○さんって、いっつも家にいるのよ?

 

まず、専業トレーダーという職業自体が日本で認知されてません。

 

アメリカだと投資の普及で理解はまだありますが、日本では働くことが嫌になった「人間のエゴ」としか解釈されず、その位置はかなり底辺といって過言ではないです。

 

また専業トレーダーは社会的に信用が全くないため、家を借りたりローンを組んだりするのが極めて困難。

 

だからローンが通りやすい「勤務時代」に買った人もいるし、ニコニコ現金払いで購入した人もいる。

 

さらに、専業トレーダーでマンションを借りる際、ユミンコさんも下記のように言及しています。

 


大家さんには「IT関係の会社で働いています!」と言って通しましょう。

仕事内容を突っ込まれたら、「Javaの動きを見て、タイミングが来たら相手先に注文を出すんだ♪」

大家さんは意味プーだから、突っ込まなくなります。

 

タワーマンションだと、明らかに身辺調査で詐称となりそうですが、通常の賃貸なら通りそうですね(笑)

 

とはいっても、自分の住む場所を借りるだけなのに、これだけの労力は地味に大変。

 

安定したキャッシュ・インフローの保証がない

 

そして何よりも、専業は金銭の保証がありません。

 

むしろ、リアルタイムで損失が口座から引かれるという、ヤクザもビックリの「合法的な取り立て」が待っています。

 

月に5~10万稼げるんだし、会社行かなければもっと稼げる!

 

こういった思いを、マーケットはいとも簡単に潰しにかかりますし、更に定収入が無くなった事実が足枷となり、本来のトレードが維持出来るかも怪しい。

 

稼げないと今の場所に住めなくなるんだから、その辺のリスクはサラリーマン時代に比べ、圧倒的に膨大となるでしょう。

 

専業になりたい思いより、安定的に稼げる「現実的な」キャッシュを生む力

 

これが自分にあるかを、最優先して見て下さい。

 

専業トレーダーは社会復帰するのが著しく困難

 

FXは負けてもデモへ戻って鍛錬すればいい話ですが、

 

辞めた会社は、出戻りといった都合のいいUターンを了承するほど良心的ではない。

 

会社で役職があって、月に手取り40万50万を稼いでいたとしても、会社を辞めればそっから無職。再就職しようと思っても、理想の環境は99.9%ありません。

 

また、無職の期間が長いほどキャリアに傷がつき、再就職する際に「専業時代の説明」が困難となります。

 

仮に就職出来たとしても、元のキャリアとは程遠い仕事内容でしょうし、収入も一気に激減することを覚悟しないとダメ。

 

仮に専業になったとしても、この先ずっと稼いでいける保証は何一つありません。相場は常に変化するし、今使っている手法が通じなくなる可能性もある。

 

専業トレーダーは言ってみれば、自ら「プロ野球選手だ!」と名乗ってるようなものです。

 

相場という打席に立てば、ピッチャーは容赦なく豪速球を投げてきたりするし、ハンデをくれたりはしません。専業ってことは、稼ぐ事が当たり前に求められる「プロの状況」なんだから。

 

そこまでしても「勝算」があるのなら、会社を思い切って退職し、専業という第2のキャリア形成を目指すのもありですが、

 

専業トレーダーに転身後、たった1年で退場

 

これは笑うに笑えません。それぐらい既存の環境を大きく変えてしまうことは、専業をする以前の問題でもあるのです。

 

FXで専業トレーダーを目指す場合の、社会的ハイリスク集

 

ここまでの、社会的にハイリスクと思われる内容をまとめると

 


・稼げないと兵糧攻め(貯金の切り崩し)

・社会は1度抜けた「あなた」を容赦しません

・周りは村八分のように「あなた」をVIP待遇

・家族はスリリングなお金の動きを体感できる

 

こう見ると、専業ってリスキーな内容しか殆どない(笑)

 

世間のメディアは、常に我々へ夢を与える告知をしてくれますが、実際のところはこれが現実。

 

いい部分も頑張って書こうかと考えました。でも考えれば考える程、悪い部分しか思い浮かばないんです。

 

しかも僕自身が専業路線に向かわず、FXを軸にして「多角的なキャッシュフローの源泉」を作ろうとしているため、間違いなく専業に対する怖さがある。

 

専業で成功すれば何でも叶うのは間違いありませんが、そこまで辿り着く人間なんて、10000人目指す人がいれば1人いればマシでしょう。

 

だから僕の経験論としましては、

 

専業を目指しつつも、金銭的な守りに重点を置いたトレーダー

 

少し矛盾した言い回しとはなりますが、堅く上記を目標にしていくのがいいと思います。

 

FXの専業トレーダーになるのは最後に決めればいい

 

 

前の項目からの続きとなりますが、専業を目指しつつも、守りを固めるトレーダーを目指す手順としては、

 


1.専業レベルのトレードスキルを養いつつ、仕事はいつも通りにこなす(正社員が前提)

2.トレードの稼ぎが正社員レベルで安定を始めたら、別に副業を模索し始める。

3.トレードで月30~50万平均で稼げる or 副業と合算で30~50万となった場合、雇用形態を「準正社員 or アルバイトに落とす」

4.トレードの安定と副業を増やす努力をする(仕事は週1~2回行けば、最低限の収入となる)

5.「4」の進捗度に応じ、完全に雇用を外れる。副業を続けるか否かは、現状を踏まえ考える。

6.「5」の結果、専業で進むことを決意した場合は副業をストップし、トレードだけで稼ぐ

 

このように、私は専業になることを「最後の最後」まで口酸っぱくオススメしません。

 

僕が知っている専業は「月に3ケタ」稼ぐ猛者しかいませんし、そこまでトレーダーとして成功してる人は、実質的に小数点以下の確率でしかない。

 

そんな苦難の道を進むより、

 

ハイリスクと真逆の不動産的な収入を持ちつつ、トレードのリスクを想定範囲内で背負っていく

 

この方がよっぽど息苦しくなく、毎日を有意義に過ごせるものと考えています。

 

専業トレーダーを目指すにしても、やっぱり今の収入は大切!

 

FXの専業トレーダーは、聞けば聞くほど自由があるように感じるし、稼げば100%自分に跳ね返ってくるため、実力主義を好む人にとっては「最高の仕事」に思える。

 

しかしそれとは対照的に、目指す上での難易度は考えられない位に高く、維持するのも難しいです。

 

専業トレーダーは、ある意味自己申告でいつでもなれます。ですが、今ある仕事は放棄すると簡単に戻ることはできません。

 

それだけ、今手元に入ってくる安定したキャッシュフローは大切。

 

今すぐ「専業トレーダーを目指す!」ではなく、

 

もっと先を見据え、それから専業への道を歩むか否かを決める

 

これでも、僕は全然遅くはないと思う。

 

今回の記事が、少しでも多くの読者へ参考になれば幸いです。

 

Youtubeで勉強方法に特化した動画も更新

FX初心者・勉強方法で悩む方向けに、FXで行う正しい勉強のやり方を紹介しています。

stand.fmでの音声配信

聞き流しでもインプット出来る「FXの勉強方法や考え方」を重点的にUPしています。

運営する個別のFXスクール

全ての受講者へ個別のマンツーマンでトレードに関する助言や指導を行っております。

 

 

FX独学者向けのガイドブック

noteの記事・チャート画像(V字など)

独学ガイドブックの紹介ページ

noteで販売している有料記事・画像はこちら






Related contents



ABOUTこの記事をかいた人

30代前半の現役FXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを本格的に始める方々へ、正しい勉強を教えてくれる場所を見つけるガイドラインのようなブログになればと思い、このFXブログを書き始めました。